--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Perfume FES!! 2015 ~三人祭~ 」Negiccoのセトリを予想してみる

2015年08月17日 23:43

出囃子(Make Up Prelude)

1.BLUE, GREEN, RED AND GONE

2.アイドルばかり聴かないで

3.ねぇバーディア

MC(こんばんネギネギー!!)

4.圧倒的なスタイル(Perfumeとのコラボ)

5.トリプル!WONDERLAND





クールなNegiccoでアッと言わせ
シニカルなアイばかでうならせ
王道POPのバーディアでハッピーな空気にして
圧倒的でPerfumeとの感涙のラインダンス
トリワンでぶち上がって終了。



かえぽどうよ?


何曲やらせてもらえるのだろうか?(笑)








ねぇバーディア 初回限定盤A [CD+DVD]
Negicco
T-Palette Records (2015-08-11)
売り上げランキング: 732



ねぇバーディア 初回限定盤B
Negicco
T-Palette Records (2015-08-11)
売り上げランキング: 573



ねぇバーディア 通常盤
Negicco
T-Palette Records (2015-08-11)
売り上げランキング: 40,659



Rice&Snow
Rice&Snow
posted with amazlet at 15.08.17
Negicco
T-Palette Records (2015-01-20)
売り上げランキング: 10,011



Melody Palette
Melody Palette
posted with amazlet at 15.08.17
Negicco
T-Palette Records (2013-07-17)
売り上げランキング: 3,899



Negicco 2003~2012 -BEST-
Negicco 2003~2012 -BEST-
posted with amazlet at 15.08.17
Negicco ねぎっ娘
T-Palette Records (2012-02-22)
売り上げランキング: 4,612


音楽と物語性

2015年06月16日 20:40

PerfumeやNegiccoの曲を聴くと泣ける。
という話をよく聞きます。


売れない長い年月を経験し、まっとうに努力、活動し、
様々な奇跡とも呼べる出会いを経て、夢をかなえてゆく…
そんな物語が両者には共通しています。
その物語性を音楽に重ね合わせ、涙腺を刺激される。
そういった効果があると思われます。


一方で、そんな物語性などいらない。
浪花節の苦労話はもうたくさん。
自分は音楽がただ好きなんだ。
という意見の話もよく聞きます。


さて、
音楽は、音楽だけで独立できるものでしょうか?
音の高低、音色、サウンドの拡がり、歌、歌詞…
それらをなんらかの意図を持って、
プロフェッショナルな技術とセンスで構築し、
リスナーに提示する。
さあ、感動してください。

そんな簡単な話であるわけがありません。

あいまいで、ファジーで、
脳や心のしくみさえ完全に解明されていない「人間」が聴くのです。
人は音楽を聴く時、無意識にこれまでの経験、
生き方、現在の状況、心のありよう、
そんなようなものと、「音楽」を掛け合わせて受け入れ、
共鳴、共感できるか否かを判断しているのではないでしょうか。



前述したPerfumeとNegiccoについてですが、
ボクは実は両者ともに、いわゆる「苦労話」は知らずに出会い、気に入りました。
ということは、ボク自身の個人的経験や蓄積、
その時の「心のありよう」とちょうどリンクしたのだと思います。
それがよく言われる好きになる「タイミング」というものだと思います。

そして気に入った後、そのグループがたどって来た過去の歴史を知り、
思い入れを増し、「やはりそうか!」みたいな勝手な解釈、納得をし、
特別なお気に入りになっていくわけです。




Negiccoの曲、歌を聴いて感じることがあります。
それはメンバー個々のパーソナリティを知ることと、音楽への影響についてです。

例えばNegiccoさんは、ライブやイベントなどで、間近で表情や話しぶりを伺える機会があり、
その飾らない人柄の良さに触れると、更にファンになってしまうという特性があります(笑)

そんな愛すべきキャラクター、パーソナリティを持つメンバーが発する「声」は、
人間が奏でる「楽器」として、大きな武器になっているのでは?と思う時があります。

持って生まれた魅力的な声質に加え、性格の良さがにじみ出た「声」
さまざまな経験を経て、磨かれ、紡ぎ出され、時に哀愁さえ帯びた「声」
それが、もともとお気に入りだった素晴らしいメロディ乗って、
目の前で「歌声」に変化するとき、

ボクは心揺さぶられるのです。

3人のことを何も知らず、最初に聴いた時の印象とはかなり違って聴こえてきます。
これも「歌声」の中に「物語」を聴いているのだと思います。


彼女たちを知れば知るほど、味わいは増し、
それに加え、先ほどから言っている「自分自身の経験」や「心のありよう」とリンクした時、
言いようの無い感動に襲われ、「泣ける」という現象が起こります。
これもまた、何にも代えがたい音楽経験ではないでしょうか。




kaekenmin.jpg



naokenmin.jpg



ponnkenmin.jpg





さて、Negiccoさんは武道館で行われるPerfumeFESへの出演が決定しました。
MJから始まったドラマチックな再会のストーリーは、まだまだ終わってはいませんでした。
それぞれにドラマを持ち、あ〜ちゃん曰く同志と思って活動してきた両グループの共演。
また新たな物語が加わるに違いありません。

その後にどんな音楽が聴こえくるのか、
ボクは楽しみでしかたありません(^^)





perfunegimj.jpeg

Negiccoの出囃子「Make Up Prelude」の可憐と気品

2015年05月28日 19:38

Negiccoのライブで、
本人たちが登場する前にいつも流れる出囃子。

「Make Up Prelude」

アルバム「Melody Palette」で「イミシン☆かもだけど」を手がけた
長谷泰宏さん(ユメトコスメ)によるもの。

ボク、これが大好きで。


初お目見えは昨年7月の東京・WWWでのワンマンライブ
「Road of Negiiiiii ~Negicco One Man Show~」

negimakeup.jpg


Negicco東京ワンマン大成功で12年目に弾み


これにはボクは行けてないのですが、
その直後くらいからボクはNegiccoの現場に頻繁に通うようになり、
対バン、ワンマンに関わらず、Negiccoが登場する前には
必ずこの曲を聴くことになるのです。


なんて素敵なのだろうと。
ストリングスを中心にした、華やかで高揚感あふれる音楽。
イメージされるのは、夢、希望、キラキラとしたアイドル感、
そして、これから何か素敵なことが始まるワクワク感!

それらが見事に表現されていて、
もうなんと言うかNegiccoさんにピッタリなんですよ!
会場によってはスポットライトが点滅したり、
スモークがたかれる中、これが流れるともう期待感しか湧かなくて。

特に対バンなどでは、それまで他のアーティスト、アイドルさんが放っていた空気を
一掃する効果がありますね。
場の空気が一気に和やかで気品あふれるNegiccoモードに切り替わるのも痛快です。



後日、長谷さんが裏話として、
「ザ・ベストテン」のオープニングテーマをイメージしたと、
ツイッターで明かしていました。
オリコンでトップテン入りを果たせるよう願掛けの意味もあったとか…





「ザ・ベストテン」のテーマから猥雑さを取り去って、
可憐さと上品さを上乗せすると近づくかな(笑)(個人の感想です)


これからもNegiccoさんの出囃子はこの曲でお願いしたいですし、
個人的には出囃子はずっとこの曲でよいです(^^)
永く使われることによって、味わいも増してくると思います。






これがその出囃子です!

ボクのNegiccoイベント参加備忘録 その3

2015年04月24日 13:50

やっぱり書いて置かないと忘れる。
なんせ数が多いから(笑)
でも忘れるにはあまりにもったいない、
楽しかったイベントの記憶です。



2014年12月12日(金)
Negi ROAD~「光のシュプール」リリースイベントありがとうございました!会~
代官山LOOP


negiarigato.jpg

オリコン5位という結果を受けて、
地元新潟に引き続いて東京での感謝のイベントですね。
Negiccoさん、どこまで義理堅いのでしょう。
この日はデビュー曲「恋するねぎっ娘」を観れました。
Negiccoさんは昔の曲でも臆することなく、
堂々と、可愛さたっぷりに、アイドル全開でやってくれる所が好きですね。




2014年12月30日(火)
Negicco「Rice&Snow」先行試聴イベント
@タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」


年の瀬も押し詰まるなか、
ステージで椅子に座る3人と、一緒に新譜を聴くイベント。
ツイート自由ということで、カエポもスマホを片手に生ツイート。
それが見れて嬉しかったです(笑)
初めて聴く「Rice&Snow」。
後半の楽曲のバラエティに富んだ振り幅の広さ、
そして3人のボーカルの表現力の上達に驚いたものです。




2015年1月12日(月)
『Negiccoの岡山で初ネギネギ―!』〜blueblues


okayamaromen.jpg

ワンマンに飢えていたのでしょうね(笑)
ついに岡山まで遠征。
渋いハコでした。
ウッディなステージはシンプル極まり、
白い衣装を着た3人がよく映えました。
照明も演出も無くてもこれだけ楽しく、魅せるステージが出来るんですねぇ。
終演後はチェキ会。

negiokayayamabu.jpg





2015年1月18日(日)
「ロッテのお菓子が食べられる Negiccoスペシャルライブ&イベントご招待」
水戸プラザホテル


negimitookasi.jpg

ロッテ商品を含むお買い物をして応募する企画に当選!
レアなイベントに参加することができました。
お菓子を食べながらのトークと、ミニライブ。
ミニライブでは客席の円卓までNegiccoさんが歌いながら来てくれるという
いわゆる「まつり湯」方式。
ほんわかした楽しいイベントでした。




2015年1月21日(水)
Negicco「Rice&Snow」発売記念アウトストアイベント
新宿LOFT


この日は「BLUE, GREEN, RED AND GONE」のパフォーマンスを
初めて観たのでした。
ダンスはクールで、カッコイイ!
再現出来るのか!?と思われていた難易度の高い複雑なボーカルも
しっかり歌っていて、そのスキルの高さに驚きました。
これからのNegicco、ますます期待できる!
そう思った瞬間でした。





はい、まったく追いつきませんが、今日はこの辺で(笑)

ボクのNegiccoイベント参加備忘録 その2

2015年03月25日 20:34

つづきであります。
Negiccoさんはいよいよ「光のシュプール」リリイベに突入します。
オリコントップテン入りを目指した本気のチャレンジに、
ボクも出来る限り並走したのでした。




2014年11月23日(日)
東大駒場祭「なんで新潟のアイドルが東大に!?」
「光のシュプール」リリースイベント@大宮ステラタウンインストアイベント


東大には、なんとNegicco同好会なるものがあるんですね。
この日はその方々によるNegiccoのコピーバンドの演奏、歌もあり、
晴れた午前の秋空に爽やかな音楽が流れた心地よいイベントでした。

続いて午後は大宮ステラタウンにてリリイベ。
第一部、第二部とあったのですが、
この日は東大でも見れたし、一部で帰ってもいいかなと思っていたのですが、
一緒に行っていたぽんぬーさんに引き留められ、第二部まで見ることに(笑)
結果、正解でした。セトリが一部、二部と変えていて、
通して見るとなんともドラマチックな構成となっていたのです。
そしてこの日は初のチェキ会参加!
ぽんぬーさんがなんとネギ券をプレゼントしてくれたのです。
緊張しましたー(笑)
でもNegiccoの皆さんは優しくさりげなく誘導してくれて、
スムースに撮れました。
帰り際、Meguさんが小声で「新曲よろしくお願いしますね」と一言。
その声が可愛いのなんの。ボク1人だけに発せられたキャンディボイスです←




2014年11月28日(金)
下北沢「涙のコンチェルト」@mona records


小さなハコでステージは踊るスペースも無さそう。
この日は椅子3つ並べられ、ユメトコスメの長谷さんのピアノ、
スカート澤部さんのギター他の演奏によるアコースティックライブ。
ゆったりとしたテンポで、バラードアレンジで聴かせてくれるプレミアムなライブでした。
が、しかし!
この日、かえぽさんが喉を痛めてしまったらしく、声が〜。
自分でも歯がゆかったのでしょう。表情がきびしいです。
でもなんとかがんばって歌ってましたし、
ハーモニーの美しさは存分に堪能できましたよ。




2014年12月3日(水)
「光のシュプール」リリースイベント@タワーレコード錦糸町店


「サンシャイン日本海」以来の錦糸町。
あの時より、明らかにお客さん多かったです!
特典会始まっても、新たにCD買い求めるお客さんの列が途絶えず、
永遠に続くのでは?と思えたほどでした。
錦糸町タワレコはお店の方も協力的であたたかい雰囲気のイベントでした。




2014年12月4日(木)
「光のシュプール」リリースイベント@タワーレコード新宿店


夕方にまずサイン会。
その後は屋上にてライブ。
45分たっぷりパフォーマンスしてくれました。
MCでオリコントップ10入りを目指す決意をあらためて語っていました。
特にぽんちゃの「私たち、笑ってますけど本気ですからー!」ということばが印象的。




2014年12月5日(金)
「光のシュプール」リリースイベント@池袋サンシャインシティ 噴水広場


Perfumeさんも立った池袋サンシャイン噴水広場ということで、
ぽんちゃのテンションも上がって、謎のステップを踏んでいましたね。
嬉しさが伝わってきました(笑)
この日のセトリで印象的だったのは長谷さんアレンジによる、
「恋のEXPRESS TRAIN」クリスマスバージョン。
舞台にクリスマスツリーもあり、まさに雰囲気ぴったり。
噴水広場にこだまする3人のハーモニーは夢心地でした。
後日その感想をネギラヂに投稿したら採用されて更に夢心地になったのでした!(笑)




2014年12月7日(日)
『Negiccoニューシングル発売記念イベント at AIR』
「光のシュプール」リリースイベント感謝挨拶会@タワーレコード新宿店


リリイベ最終日は代官山の小さなライブハウスで。
若干の入場料を課したイベントでしたがオーバーキャパシティでしたね。
番号が後ろだと場内に入れない人続出でした。
ボクは第一部では物販後に行ったら入れずでした。
第二部ではなんとか前方を確保。
ぎゅうぎゅう詰めのライブでしたが、さすがに最終日ということもあり、
盛り上がりは凄かったですね。

その後は急遽設定されたタワレコ新宿での感謝の挨拶会。
けっこう夜遅い時間でしたがたくさんの人が集まりましたね。
そこで、リリイベに対する感謝のことばと、
2ndアルバム「Rice&Snow」の発売発表がありました。
リリイベが終わったと思ったら、ひと月後には今度はアルバムか〜いという、
驚きと同時に最高に嬉しい発表でもありました。

そして最後にNegiccoから感謝の気持ちを込めて、
ニューアルバムから「ありがとうのプレゼント」の歌が初披露されました。
ボクは最初、このイベントでNegiccoの皆さん泣いてしまわれるんじゃないかと、
思ってたんですよ。だって今回のリリイベは本当に過密だったし、
トップテンに向けて本当に体力ギリギリでがんばっているのがわかりましたから。
ところが、曲紹介のMCでは息が合わずグダグダで終始笑いに包まれていました。
あー、Negiccoさんらしいなあと。。
でも目の前で「ありがとうのプレゼント」を歌われた時は、
ボクは込み上げてくるものがありました。
こちらこそありがとう、と。
どうかトップテン入りしますように!
どうかこの子たちをよろしくお願いします!!
そんな気持ちでいっぱいでした。
みんなそう願って、みんな信じていたと思います。







そして結果は最高のカタチで出ました。

negiorikonkeka.jpg

Negiccoさんにこの最高に幸せな瞬間が訪れて、
そしてそのことに少しでも関われたことを幸せに思います。
あらためておめでとうございます!!






こんど発売されるDVDにはそのドキュメントも収録されるんですね。
これはまた最高のプレゼントとなりそうです。。。








LIVE & LIFE Negicco 2014-15 Winter [DVD]
T-Palette Records (2015-04-07)
売り上げランキング: 1,932




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。