--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギタリスト「大村憲司」の哀愁

2010年04月20日 19:45

どうも、ロボトリアです。
今年はなかなか春らしい春がやってきませんね。
そんな時は気分だけでも、春を迎えましょう!
コチラのアルバム。

春がいっぱい

大村憲司『春がいっぱい』1981年発売。
今、新品では入手困難のようですね。
ボクもレコードでしかもっていません。
紙ジャケCD買っておけばよかった!

大村憲司さんは、
YMOのワールドツアーにギターの渡辺香津美の後をうけて、
サポートメンバーとして参加していました。
当時は地味なギタリストだなと思いましたが、まだ中学生のボクには、
大村憲司さんの良さがわかっていなかったのです。

このアルバムは、そんなキラキラとした夢のような時代(個人的感想(^^))に、
YMOの全面バックアップのもとに制作されました。
「MAPS」という幸宏さんの曲はツアーでも大村憲司自身のボーカルで披露されていました。
ピコピコフワフワ、春を意識した当時のYMOアレンジと、彼の渋いギターサウンドとがMIXされ、
ギタリスト大村憲司の新しい魅力があふれています。
個人的なお気に入りはアルバム最後を飾る「THE PRINCE OF SHABA」です。

これ超名曲!

インストで、明るく、希望に満ちた、高揚感あふれるサウンドなんですが、
なんか切ない。たまらなく切ないです。
今でも、聴くと泣いてしまうかも。

このアルバム以外の他の作品もそうですが、この人の作る曲とかギターソロとか唄とか、
渋くてカッコイイんですが、ほんと切ないですよね。
何なんでしょう? この哀愁は。

アレンジとギターで参加した、このアルバムも大好きです。

スライスオブライフ
大貫妙子『A Slice of life』
これも入手困難のようですね。
繊細な大貫妙子の世界を、骨太の硬質なアレンジで色付けた
いいアルバムなのになあ。再発されないかなあ…

ご存知の方も多いとおもいますが、大村憲司さんは、98年に49歳という若さで、
惜しくも亡くなられてしまいました。
本当に残念です。もっとソロアルバムをつくってほしかったです。


春の気分を迎えるつもりが、なんだかしんみりしてしまいました。
でも春って、そういう何か物憂い季節でもありますよね。



愛あふれる素敵な作品みつけました!


コメント

  1. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    初めまして。テクノ好き49才。です。

    やー、涙が止まらない。サイコーです。ウクレレバージョンの「THE PRINCE OF SHABA」。
    私も1980年のYMOの2度目のワールドツアーをきっかけに憲司さんを知りました。
    翌年の2月に出た憲司さんの「春がいっぱい」は名盤でした。その翌月に出た
    BGMが
    賛否両論だったころ、よく友人にそんなにつまんないなら、憲司さん聴けよ、
    とこの
    アルバムをよく貸したのを覚えてます。
    このアルバムのプロモで私の地元のFM横浜に憲司さんが来た時も観にいきました。
    腕っこきのスタジオミュージシャンであった憲司さん。よくレコーディングの時、
    「○○風に弾いてよ」と言われるので何でもこなしましたが、大好きなのは「クラプトン」
    だと言ってた憲司さん。当日ギターを持ち込んでた憲司さんに「じゃ、ポリスの
    アンディー・サマーズみたいに弾いて」と言って「エッ...」と困らせてしまった
    記憶があります。
    90年代になって今はなき六本木ピットインでやってたライブに通った時期もありました。
    ドラムス:村上ポンタ秀一、ベース:高水健司、キーボード:重見徹という不動の
    メンバー。
    ブルースフィーリングあふれるステージ、大好きでした。
    そして98年の暮、渋谷NHKホールのアッコちゃんのコンサートで。「先月、他界した
    大村憲司に捧げます」という衝撃のMCを聞いた私。そのMCのあと聴いた「また会おね」
    を号泣で聴きました。
    このウクレレバージョンはそんな憲司さんにまつわるいろいろな事を思いださせて
    くれました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

  2. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    はじめまして! コメントありがとうございます。

    ウクレレバージョンの「THE PRINCE OF SHABA」、偶然見つけましてボクも感激しました。
    チョービギナーさん、ボクよりほんの少し年上でいらっしゃって、いろんな現場を見て来ているのですね。
    かけがえのない貴重な体験で、とてもうらやましいです。

    大村憲司さん、本当に残念です。円熟したギターも聴きたかった・・・
    あっ、もう十分円熟されてましたね(^^)

    こちらこそ、よろしくお願いします。

  3. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    大変恐縮です。

    ロボトリアさんに「かけがえのない貴重な体験」とおっしゃっていただき、何やら気恥ずかしい思いです。
    あ、それから憲司さんと言えば。83年リリースの「外人天国」も名作です。スティーリーダンや
    シックのカバーまで入ったこちらもオススメの一枚です。

  4. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    『外人天国』レコードで持ってますよ~。
    カッコイイアルバムでしたね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/9-fd8569d0
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。