--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW備忘録 〜ロボッチ、ヲタ活のすべて

2018年05月07日 20:39

4/30 ハコムス〜ミハマニューポート

01mihama.jpg


千葉の商業施設での無料イベント。
屋外でのバンドセットは魅力的で、天気もよくフラリとでかけました。
スカーフェイスというバンドは先日のハコムス主催のプレミアムなライブでバックをつとめており、
今回はその縁で逆にハコムスがお呼ばれされた形。

のんびんりとした空気、屋外に響き渡る爽やかな歌声に癒やされました。
オールディーズ風の衣装も可愛かった!
長居するとうっかり特典会に参加してしまいそうになるのでそそくさと帰宅(笑)
ひるなちゃん(写真中央)が可愛すぎてやばいのです←


02mihamahakomusu.jpg




…………………………




5/3 MARQUEE祭 Vol.13〜TSUTAYA O-WEST

03maakii.jpg

パンダみっく、オサカナ目当てに。
しかしパンダは野邑仁衣菜、オサカナは山崎愛がケガでそれぞれ欠場。
両グループともメンバーの穴をカバーしつつ頑張っているステージが熱い。
しかし少人数グループでのメンバー欠席は正直痛い。
いつもと変わらなかったと言ったら休んでるメンバーにも失礼であろう。
Task have Funを久しぶりに見る。やはり楽しいグループ。
一緒に振りコピして乗るのが正しい楽しみ方でしょう(笑)
曲名はわからないがいくつか好きな曲がある。フルアルバムが待たれるところ。




…………………………




5/4 IDOL Pop'n Party〜品川インターシティホール

amiinA、パンダ、オサカナがラインナップされた実質ロボッチフェス。
行かない理由がなかった(笑)
品川インターシティホールは初めてであったが会場は広く、
特典会スペースであるロビーも広大、設備も清潔で非常に快適であった。

パンダ特典会でりおりおと2チェキ。
キャンペーン企画の手書きのTシャツのイラストが洒落てて、
「イラスト好きなの?」とたずねたら、
「絵を描いたりモノを作ったりするのが好きなんです。
図工や美術が大好き。将来は美術系に行きたいんです!」
なんて言うもんだから軽い進路相談みたいな流れになった(笑)
テンション高いおちゃらけキャラだけど真面目な会話もビシッとできるんだよなー
とてもいい子←

04popnrio.jpg
(5/4だねりおりお笑)




amiinAのライブはCanvasの歌い出しでマイクトラブル。
ラストに盛り上がるもっとも大事なところ。
amiちゃん自分の歌が届かないもどかしさで泣いてしまう。
あとで知ったのはファンの方が代わりに歌っていたのが聞こえて、
余計に泣けてきてしまったと…

どのグループもそうかもしれないけど、
amiinAはひとつひとつのステージに、全身全霊をかけているのが特にわかるので、
amiちゃんの悔しい気持ちは痛いほどわかった。

しかし、新曲を織り交ぜたステージは素晴らしいものであった。




…………………………




5/5 AIS-Carnival vol.2 〜アコースティックで結成2周年〜
〜AKIBAカルチャーズ劇場

AISをいいなと思い始めたのが昨年高円寺で行われた
いくつかのアイドルさんを集めたアコースティックライブだったので、
この企画は楽しみだった。

アコースティックライブは良くも悪くもそのアイドルの実力、
また「素」の部分が垣間見えてしまうので実はリスクのある試みかもしれない。

AISは圧倒的な歌唱力のあるグループ、とは言えないまでも総じて平均点が高い。
だからシンプルな伴奏での(この日はピアノのみ)歌声のアンサンブルは
とても聴かせるものがある。
この日印象に残ったのは「ALL THE THINGS SHE SAID/ジュエミリア」
のカバーであった。いちばん難しかったと言っていたが、
荘厳な雰囲気さえ感じられてすばらしかった。

06aisakostik.jpg




夜は白金高輪SELENE b2にてDDD~Discovery iDol Depot~

雑多なアイドルフェスは基本スルーしたいのだが、
タイムテーブルにパンダ、AIS、オサカナと固めてきたので急遽参加←

AISは昼のアコースティックと対照的にアゲアゲのセトリで攻める。
「Over The Future/可憐Girl’s」からの
「レントゲン/12.ヒトエ」の流れがたまらない。
ガチなヲタの人の隣で大いに沸いて楽しんだ(笑)
こんなAISのかっこいい面も大好き。

パンダ、オサカナもメンバーを欠いたままのステージだったが、
盛大にフロアを沸かせて頼もしさを感じた。

しかし最前の管理者()らしき若者たちが終始目障りで辟易した。
どこのヲタクか知らないが目当て以外地蔵だと叩かれると思ったか、
オーバーアクションのケチャ、推しジャン(推してねぇだろ)がわざとらしく鼻につく。
そしておしゃべり、頻繁なお仲間との入れ替わり…
入れ替わりを見たふぅちゃんの笑顔の奥の冷ややかな眼差しを
ボクは見逃さなかった。やはりこの手のフェスに行くのはやめようと思った。


そんな負の感情は横に置いといて、この日は久しぶりにふぅちゃんとチェキ。

07dddhuu.jpg

「チェキは久しぶりだよね」とか
「いつも見えてるよ」といったヲタク殺しのセリフかましてきます←
近くで見ると圧倒的にかわいいです。。




…………………………




5/6 VDC Presents Live『Vocal & Dance Collection Vol.2』
〜STUDIO COAST(新木場)

amiinA、パンダ目当てに。
amiinAは思い入れのあるSTUDIO COASTということもあり、
リベンジの意図もあってか1曲目はCanvas。冒頭から沸点に到達。
新曲3曲すべて投入した渾身のステージ。
特に新曲「eve」のパフォーマンスは新境地であり、
すでにアイドル界でも異彩を放っているamiinAの中でも、
表現の特殊性が際立っている。もはやアートの世界。
特にmiyuちゃんのポテンシャルの底が知れない。
恐ろしい子…

amiinA今年屈指の、素晴らしい完成度のステージであったが、
この日は他にたくさんのイベントもあってか、
集客がいまひとつであったのがもったいない。

08vdcamina.jpg




この日の個人的なもう一つの目玉は、
ONEPIXCELの田辺奈菜美さん、callmeのMIMORIさん、
そして最近のロボッチ激推しのパンダみっく中嶋莉緒さん(りおりお)による
コラボコーナー、曲はなんとポリリズム!!!

ショートバージョンながらポリループもありで
出来はまあ本家に比べたらまあアレですけど1日の練習でがんばったと思います。
りおりおはあ〜ちゃんパート。生歌でしっかり声出してました。
あの曲は音程も難しいんだなと人の歌を聴いて再認識。

終演後はりおりおに感想を伝えたくて特典会へ。

09vdcriorio.jpg

ポリリズムは好きでずっと聴いていたそうです。
ポリループの箇所がやっぱり特に難しかったと。
「あの部分はPerfumeさんも最初は振り無かったんだよ。
あれに振りを付けるのは不可能だと言われてたんだから」といったら
「ほんとそれ!ほんとそれ!」
まさかりおりおとPerfume談義できる日が来るとは思わなかったです。
とてもいい思い出になりました。



ボクのゴールデンウィークはこんな感じです。
全部ヲタ活だ…
これでいいのだろうか(笑)







好きな曜日はxx
好きな曜日はxx
posted with amazlet at 18.05.07
パンダみっく
アクアファクトリー (2017-11-29)
売り上げランキング: 74,036



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/851-7d49b85a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。