--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクのNegiccoイベント参加備忘録 その1

2015年03月22日 17:15

昨日、お台場シネマメディアージュにて、
Negiccoの4/7に発売されるDVDの特別編集版の上映会がありました。
昨年冬の「光のシュプール」リリイベから、
今年1月のリキッドワンマンまでを追ったドキュメントだったのですが、
これを観て自分はあらためてこのタイミングに間に合い、
Negiccoのファンになってよかったという思いを強くしました。

Negiccoがこれまでの活動の成果を実らせ、
大きく開花させようとしている今。
自分が参加したNegiccoに関するイベントを
自分の備忘録を兼ねて記しておきたいと思います。




negiccobibouroku.png





2014年7月24日(木)
「サンシャイン日本海」発売記念インストアイベント@タワーレコード錦糸町店


「サンシャイン日本海」があまりに好き過ぎて参加した初の生Negiccoイベント。
観覧フリーのイベントというのは新参者にとってはたいへんありがたいのです。
通りすがりのテイで行けますからね(笑)
Negiccoに関する事前知識がほとんどないまま参加しました。
「こんばんネギネギー!」に、なんてベタなんだ!という新鮮な驚き。
MCの時、観客が座り始めて衝撃を受ける。
ラインダンスに巻き込まれ衝撃を受ける。
楽しげに歌い、踊る3人が印象的でした。
ハイタッチ特典会には参加せず。
ネギ券てなんですか?状態。
その様子をしばらく観察。
ファンと親しげに会話し、一人一人認識しているように見える。
ともかくファンも本人たちも楽しそう。
正直このとき、Negiccoさんをとんでもなく可愛い!とは思いませんでした。
ダンスに関しても、どうしてもPerfumeと比べてしまう自分にとっては、
「まあまあかな…」という印象でした。
でもそれはNegiccoさんに関してはたいへん薄っぺらな感想だったことを、
後々思い知らされることになるのです。



2014年8月26日(火)
9gilrs!ツアー東京最終日@LIQUIDROOM


ちょうどこの時期、Especiaさんとのコラボ「Negipecia」の真っ最中で、
Negiccoの音楽にみるみるハマっていくボクは、
どんなイベントでも見たい!という気持ちでいました。
リキッド2Fの待機所の着くと特典会が終わろうとする頃でした。
ボクはライブだけ観れればいいやと思っていたのですが、
ネギ券を余らせていた知り合いに「これどうぞ!行っちゃってください!」
と、譲ってもらい、最後の最後にNegipeciaメンバーとハイタッチしたのでした(笑)
間近で見るNegiccoさん、やっぱり可愛かったなあ(笑)
ライブはやはりキャリアを感じさせる安定感で、
「歌がうまいなあ」という感想を持ちました。



2014年8月30日(土)
Negipecia「Girl’s Life」発売記念インストアイベント@タワーレコード渋谷店


この時の記憶がなぜかあまりありません(笑)
けっこう前方の真ん中へんで見ていたのですが、
Especiaのもなりちゃんと何度か視線が合い、ドキドキしました←
この時も特典会には参加せず。
余っていて困っているというTシャツを購入して帰りました。



2014年9月19日(金)
「新宿ロフトpresents乙女の事情」Negicco/Shiggy Jr.


このイベントは記事にしましたので割愛します。
ライブ黄金週間(その3)Negicco×Shiggy Jr.



2014年10月12日(日)
新潟古町どんどん


毎年、春と秋に開催されるNegiccoさんがずっと立ってきた、
新潟の商店街のイベント。
ついに遠征してしまいました。
子どもから、おじいちゃんおばあちゃんまでいる観客席で
パフォーマンスするNegiccoさん、よかったなあ。
アーケード街なのですがほどよく外光が差し込み、良い雰囲気でした。
Negiccoさんは自然光が似合う!というのが持論です。
この時初めて握手会に参加したのでした。
せっかく新潟まで来たのだからという思いもあり…
めっちゃ緊張しました。
しばらく胃が痛かったです(笑)
いやあ、可愛かったです。



2014年10月31日(金),11月1日(土)
代官山UNIT 2days


この時ようやくネギライトを買う。
1日目はハロウィンパーティー風のステージ。
いろんなコスチュームで楽しませてくれました。
MCはほとんどなく、歌い、踊りまくってましたね。
すごい汗をかいていました。
2日目は初の全編生バンドによるステージ。
Negiccoさんの生歌とあいまって極めて有機的なステージでした。
特にバラードでハーモニーを聴かせるコーナーには
聴き入ってしまいました。素晴らしかったです。



2014年11月2日(日)
第3回アイ文研アイドルライブ ~ご当地アイドル選手権法政大会~
@法政大学市ヶ谷キャンパス


いろんなアイドルさんが出てくる企画でした。
Negicco以外、ボクが知っているアイドルさんはいませんでした。
この時思ったのは、自分はやっぱりいかにもアイドルアイドルしている感じは
苦手なんだなあということ。
本人のパフォーマンスしかり、ファンの応援スタイルしかり…
何組かモヤモヤした気分でステージを見ていたのですが、
Negiccoさんが登場した瞬間に、爽やかな「大人の風」を感じたんですよ。
これなんだなと。
この上品さなんだなと。
この余裕なんだなと。
あらためてNegiccoさんがアイドルでありながら、
極めて希有な存在なのだと認識できたイベントでした。
ちなみにこの時のセトリ1曲目は「アイドルばかり聴かないで」。
痛快であります。



ふ〜、けっこう疲れました。
今回はこの辺にしておきます。

Negiccoさんは小さなイベントも多いのですが、
どれも外れが無いんですよね。
行くと必ず来てよかった!って思えます。
だから行ってしまうんですね(^^)

続きはまたそのうち…






LIVE & LIFE Negicco 2014-15 Winter [DVD]
T-Palette Records (2015-04-07)
売り上げランキング: 1,080



コメント

  1. ヤジオショー | URL | -

    大人の風ね

    大人の風、上品、余裕。
    これがキーワードなんですかね。

    これは、僕がRIJF2014で観た時にも感じましたね。
    後からドキュメントなんか見ると結構緊張してたみたいですが、そんな感じは微塵も感じさせませんでしたね。
    ではまた。

  2. ロボトリア | URL | -

    >ヤジオショーさん

    コメントありがとうございます。

    ステージ前はいつも緊張しているようです。
    ですが、ステージに立ってしまえば勝手に身体が動くくらいには、
    経験と訓練を積んでいると思いますので、
    余裕のステージングに見えるんでしょうね(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/834-960acd3c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。