--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「佐野元春のザ・ソングライターズ」始まってます

2010年07月06日 20:34

佐野元春
佐野元春のザ・ソングライターズ」2ndシーズンが
7/3(土)からNHK教育にて始まっています。

佐野元春が音楽における言葉、「歌詞」をテーマに
ゲストとともに探求していきます。


“ポップソングは時代の表現であり、時代を超えたポエトリー”。


佐野の母校である立教大学の教室で番組は収録され、
クリエイティブライティングを志す学生たちとの
対話も見所のひとつです。
佐野元春はボクが好きなアーティストの中のひとりです。

1年前に放送された1stシーズンを非常に興味深く見ていました。

1stシーズンのゲストは、
小田和正、さだまさし、松本隆、スガシカオ、矢野顕子、kj(Dragon Ash)でした。
超豪華ですね。

印象に残っているのは、さだまさしの回と、矢野顕子の回。
毎回、学生にテーマを与え、詩の断片のようなものを創らせるのですが、
さだまさしと矢野顕子のふたりは、学生から巧みに想いを引き出します。
そして、その場でメロディを紡ぎだし、曲が立ち現れていく様は、圧巻でした。
特に矢野顕子の即興音楽を聴いた佐野元春の驚愕した顔が忘れられません。


2ndシーズンの放送予定です。(毎週土曜日)
鈴木慶一
7/3 桜井和寿(Mr.Children) Part1
7/10 桜井和寿 Part2
7/17 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION) Part1
7/24 後藤正文 Part2
7/31 鈴木慶一(ムーンライダーズ) Part1
8/7 鈴木慶一 Part2
8/14 岸田繁(くるり) Part1
8/21 岸田繁 Part2



楽しみなのは、なんといっても今回の中では最年長、鈴木慶一の回です!
鈴木慶一はムーンライダーズの中心人物であると同時に
日本屈指のソングライターでもあり、ある年齢にならなければ
到達しえない境地から繰り出される、ことばの数々は
若いソングライターの追随を許さない程のものだと思っています。
佐野元春と絡んでいるところを見た事がないので、そちらも楽しみです。


1991年にリリースされた鈴木慶一のソロ・アルバム『SUZUKI白書』から「サラダボウルの中の二人」。
好き同士、一緒に暮らしながらも所詮は他人同士。
どうしても混ざり合えない強烈な自意識を、切々と唄い上げます。




最後に元春さんに、パワーをもらいましょう!



ちなみにボクは学生時代に、顔が佐野元春に似ていると数人から言われたことがあります(´⊆`*)ゞテヘヘ
現在は・・・見る影もございません(´Д`) はるか年上の佐野さんのほうが断然カッコイイです。



[関連記事]→ムーンライダーズ『最後の晩餐』を歌詞で聴く

SUZUKI白書~スズキ・ホワイト・リポート
鈴木慶一
株式会社EMIミュージック・ジャパン (1991-11-27)
売り上げランキング: 124293


EPIC YEARS THE SINGLES 1980-2004
佐野元春
Sony Music Direct (2006-06-28)
売り上げランキング: 19019




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. Buchousan(wakasa991) | URL | -

    Motoharu Radio Show~

    いや2nd段始まりましたか!
    1stのときは松本さんまで見ました。
    鈴木慶一氏も見逃せない。
    I wanna be with you tonigth!
    (矢野さんは天才だー。既に見ておられるかもしれませんが、教授と糸井さんが
    矢野さんについて語っておられたサイトありましね)

  2. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    すごい面子ですね

    残念ながらこのシリーズ見ていませんでしたが、日本の音楽シーンを語る上で、外せないすごい人ばかりですね。あとはBEGINとTHE BOOMの宮沢氏ぐらいでしょうか。

    Moto the lionは、翻訳調という、ちょっと気取ったスタイルが、たとえばわたせせいぞう的に当時の雰囲気にマッチしていました。私も好きでしたが、若干スプリングスティーン、そしてその後Style Council色が強かったという印象がありますが、やがて「約束の橋」のような強力な曲を生み出しています。

    彼の翻訳調の典型はサウンドストリートにおける、英語に近い下記のような語りに見られました。日本語としては倒置になっています。

    「僕はこう思うんだ、XはYだと。」
    これって、I think that X is Y.なんですよね。

  3. electrocat | URL | Aiam0OL6

    しまった!

    見忘れましたorz
    僕は1stシーズンが終わった後に番組を知ったので、今度はちゃんと見ようと思っていたのに~ \(`△´)/
    しかし、ngo900jpさんもおっしゃっているように、1stシーズンはすごい面子ですね。
    この流れで行くと、2ndシーズンのゲストは、個人的にはちょっと違います。あ、鈴木慶一は超goodですが^^

    番宣を見ましたけど、元春さん、白髪が増えましたけど印象が昔と変らずに相変わらず格好いいですね!
    なんかサンストを思い出しました^^

  4. ロボトリア | URL | -

    >Buchousan(wakasa991) さん

    コメントありがとうございます。

    佐野元春のサンストはほとんど聴いておりませんでした。
    あんまり流暢すぎて、かえって耳に入ってこない感じがして(今は違います)。
    鈴木慶一は楽しみです。というか鈴木慶一だけ楽しみです(^^)

  5. ロボトリア | URL | -

    >ngo900jpさん

    コメントありがとうございます。

    ボクは、かなりの後追いでして自分が30代前後の頃でした。
    リアルタイムの頃は、おっしゃるように「翻訳調という、ちょっと気取ったスタイル」も含めて、
    ステレオタイプのかっこよさがちょっと違うような気がしてました。
    ただ、やはり楽曲は素晴らしいし、特に後期の「君がいなければ」「経験の唄」などの
    バラード系が好きです。アッコちゃんとのコラボ「自転車でおいで」も素敵でした(^^)

  6. ロボトリア | URL | -

    >electrocatさん

    コメントありがとうございます。

    再放送も何度かやるので詳しくは番組HPまで(^^)
    1stシーズンは歴史を作って来た人中心。2ndシーズンは鈴木慶一以外は、
    歴史をこれから作る人でしょうか。アジカン、くるりについてはほとんど知識がありません(;^_^

    あのー違っていたらゴメンナサイですが、You Tubeに佐野さんの曲
    「Visitors」とかUPしているのは電脳猫さんですか?(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/83-cdbefb34
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。