BREEZEが心の中を通り抜ける。

2010年07月05日 21:05

EACH TIME部分
今日も蒸し暑かったです・・・梅雨ってこんなでしたっけ?

年々夏が嫌いになってゆくボクです(´⊆`)

そ・こ・で、「気分だけでも涼しくなろう」の時間が
やってまいりました(*^^*)

左はあるジャケットの一部です。なんでしょうか?
EACH TIME

大滝詠一EACH TIMEでした。
涼しげな映像とともにお楽しみください。



1984年に発売されたこのアルバムは、現在でも大滝詠一の最新アルバムです。
「自分だけの時計」を持った人なんですね。
実際、今年出た最新アルバムですと言われても信じられる普遍性があります。

A LONG VACATION部分
1981年に発売された名作中の名作
『A LONG VACATION』の雰囲気をそのまま踏襲し、
更にその世界を磨きに磨いたといった感じです。

『A LONG VACATION』は
永井博のジャケットイラストでも有名ですね。

『EACH TIME』も同じ雰囲気のジャケットイラストですが
こちらは河田久雄という人です。より細密ですね。


永井博の絵の方が要素が少なく、「自分でも描けるんじゃないか」と思ってしまいますが、
模写はできても、オリジナルはむしろこちらの方が難しいのではと思います。


永井博のイラストは80年代前半『A LONG VACATION』とともに街中にあふれ、
一世を風靡しました。




EACH TIME 20th Annniversary Edition
大滝詠一 多羅尾伴内 松本隆 伊藤アキラ
ソニーミュージックエンタテインメント (2004-03-21)
売り上げランキング: 1384


A LONG VACATION 20th Anniversary Edition
大滝詠一
ソニーレコード (2001-03-22)
売り上げランキング: 1537



[気分だけでも涼しくなる関連記事]→ビールが飲みたくなる曲?



クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. Buchousan(wakasa991) | URL | -

    いやー涼しいなー

    大滝詠一!何時聞いてもいい雰囲気ですね。
    イラストと言えば、鈴木英人や少し違いますが、わたせせいぞう
    も雰囲気があっていいですね。

  2. ロボトリア | URL | -

    >Buchousan(wakasa991)さん

    コメントありがとうございます。

    鈴木英人も懐かしいですね!こちらは山下達郎『For You』ですね。
    「FM STATION」とか・・・80年代全開! カラフルな時代でしたね。

  3. チョービギナー | URL | -

    確かに。体感温度、3℃下がりました。(笑)

    やー久し振りに大瀧さん聴いた気がする。
    恥ずかしながら、昔ロンバケの永井博さんのイラスト、模写して部屋に
    貼ってた時期があります。(恥)
    うん。このペパーミントブルーとか聴くとこの人とか、タツローさんなんかにも
    散見される、ラテン、カンツォーネ的要素がチラリと楽しめるのがグーなのであります。
    「現在でも最新アルバム」というくだりが笑えます。
    いいかげんタツローさんのとこの「新春放談」(←そういえば今年の放談の時、何気なくPerfume、
    とタツローさんの口から出た時、多羅尾老人は何の事か判らず、タツローさんに知らないの?
    Perfume。とかイジラレてました:笑)
    でも新春放談以外にもそろそろちゃんと仕事してーなァ、と毒づきたくもなるのです。(笑)

  4. PPPHIVE | URL | -

    じめじめふっ飛ばしましょー

    いやあTHE80年代!この頃の曲はホントいいですねぇ。
    最近Perfumeやその界隈に浸りきってますから、何だか自分の
    青春時代の原点に戻れるって感じで、だからロボトリアさんの
    この庭は大好きです。居心地がいいんですよね(褒めまくり^^)
    色んなジャンルがありましたね。シティポップス(古っ)や
    リゾートポップス、アーバンコンテンポラリーとか。最終僕は
    ブラコンに行っちゃいました。昔はR&Bなんて言わなかったような…
    で、なんかどれもちょっと軟派(笑)

    とにかく80年代中盤はバブル前の何とも言えない雰囲気が漂う
    まさに軟派な学生生活送ってました(笑)

  5. PATTAYA | URL | -

    夏と言えば、大瀧さん、達郎さん、その繋がりで村田和人さん、楠瀬誠志郎さんなども聞いていましたが、個人的には実は、Hi-Fi Setの夏向きの曲がベストでした。山本潤子さんの伸びやかな歌声が、非常に心地よかったものです。
    『Pasadena Park』のジャケットは、夏、、、という感じではありませんが、暑そって感じで、夏の愛聴版でした。

  6. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    永井さんのイラストは省略の仕方が絶妙なので、つい模写したくなる気持ちわかります(^^)
    ラテン、カンツォーネですか。その辺のルーツも歌に深みを与えているのでしょうね。

    「新春放談」のPerfumeのくだり、偶然クルマの中で聴きました(^^)
    どんだけ世の中から隠遁してるんだと思いましたね。
    大滝さんの存在を確認できる貴重な番組です。(1年に1回だけどw)

  7. ロボトリア | URL | -

    >PPPHIVEさん

    コメントありがとうございます。

    とりあえずお茶でも…つ旦。どうぞいくらでも褒めてください(笑)ボクは褒めて伸びる子です。

    80年代・・・今から振り返っているせいもあるかもわかりませんが、ホントいい時代でした。
    モノをつくるパワーも溢れていたし、いろんなものがごちゃ混ぜで、ダサさも含めて、魅力的で
    面白かったですね。それにこうやって今でも共通体験として語り合えるのは素晴らしいことです。

    この小さな庭でのひとときは振り返る事も、許してほしい・・・そんな気持ちです(^^)

  8. ロボトリア | URL | -

    >PATTAYAさん

    コメントありがとうございます。

    ゴメンナサイ。達郎さん以外、挙げられたお名前の方をよく存じ上げません。
    それでもHi-Fi Setなどは自然に耳に入ってきます。清涼感があってとても心地よいですね。
    『Pasadena Park』のジャケット、ググってみました。上品でとても素敵です。
    また、夏関連で思いついたら上げますので、見てやってください(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/82-f450e7dc
この記事へのトラックバック