--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリーンで「時をかける少女」を観る

2014年05月31日 23:38

Bo8SvV1CEAExnSd.jpeg


今日は神保町シアターへ映画を観に。

「麗しき美少女伝説」という企画の中の1本。



Bo8TcgWCAAA9c9Y.jpeg
Bo8TN08CMAAZ43.jpeg
手作りのPOPが劇場からの愛を感じます…



知世版「時をかける少女」


このブログでも度々記してきたように、ボクのバイブルのような作品であります。
何回観てきたことか…

そう、名画座時代、映画館では10回ほど。
ちょうどボクが浪人時代でもあり、半ば現実逃避でもあったような(笑)

DVDでも持っているこの映画、スクリーンで観るのは30年ぶり近い(え!)

よかったです。

時を超えても尚。


瓦屋根
土壁
タイル小径
格子戸
障子
竹やぶ
天井の低い屋根裏部屋
ボンボン時計
土曜日の実験室…


さまざまなアイテムがしっとりとした陰影を持ち、
映画向きな質感にあふれています。


クライマックスの深町くんが未来人であることを明かすシーン。
恋心に気づき、別れに苦しむ芳山和子。

そのシーンではボクは、なぜか昔から泣くことはなかった…

それよりも、無言で深町くんと下校するシーン。
石の階段を昇り、風を頬に受け、ただふたりでだまって歩く…
あるいは醤油屋の吾郎の家にハンカチを返しに行くシーン…
そんな繊細なシーンの積み重ねに、ボクはずっと心を掴まれてきました。

松任谷正隆氏によるクラシカルな劇伴もまた、素晴らしいのです。



尾道の陰影のある町並みに、原田知世の鮮烈な透明感がこの映画には定着されています。

確信犯的な大林監督による知世さんの顔のドアップ。
透き通るような白い肌がスクリーンいっぱいに映し出され、
まるで発光しているよう。
その圧倒的な、それでいて控えめな存在感に、ボクは打ちのめされるのです。


何十年かぶりに、スクリーンで再会した知世さん。
16歳の(撮影時は15歳か?)キラッキラにはじける知世さんがそこには存在していて。


神社

下駄
赤いカーディガン


当たり前だけど、当時のままの笑顔で、表情で、イキイキと存在していて。
儚なげな、二度とは帰らない、その時代の知世さんを観て、
その映画にとって、なんでもない幾多のシーンを観ては、
なんだか泣けてきてしまうのでした。



「麗しき美少女伝説」

まさにこの企画には欠かせない、名画でありましょう。。





うまれて初めてプロマイドなるものを買いました(^^)

tomoyo puromaido







時をかける少女  ブルーレイ [Blu-ray]
角川書店 (2012-09-28)
売り上げランキング: 4,702



時をかける少女 デジタル・リマスター版 [DVD]
角川書店 (2011-06-24)
売り上げランキング: 17,014



コメント

  1. omi_rena | URL | UDXYUPZw

    ロケ地めぐりは行かれましてか?

    はじめまして。
    私も「時をかける少女」大好きです。

    好きが高じてロケ地めぐり動画を作りました。
    https://www.youtube.com/watch?v=LW9Q9PpwzSQ

    facebookのファンページにも是非いらしてください。
    https://www.facebook.com/tomoyolove

  2. ロボトリア | URL | -

    >omi_renaさん

    はじめまして。コメントありがとうございます。

    おお、ロケ地めぐりの動画、いいですね〜。
    もう20年以上前になりますが、尾道行きましたよ。
    タイル小径にいちばん感動しましたね。
    まだ残ってるんですね〜、奇跡的だと思います!
    またいつか行ってみたいです(^_^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/810-0ef9ca23
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。