--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木野花さんが語った能年玲奈さんのこと

2013年12月09日 21:57

先週6日の、NHK「あさイチ プレミアムトーク “あまちゃん”スペシャル!女三代語ります」
ご覧になりましたか? 面白かったですねー。

あまちゃん出演者のひとりであり、女優でもあり演出家でもある、木野花さんをスタジオに招いて、
これまで「あさイチ」に出演した能年玲奈、小泉今日子、宮本信子、宮藤官九郎出演回を振り返り、
トークをしてくれました。

asaitikinosann.jpg



その中で、木野花さんが能年玲奈さんについて語った、
印象深く、的確なコメントがあったので抜粋したいと思います。





●能年玲奈のインタビュー映像を見て


「玲奈ちゃんはねえ、本当に訥々と、でも自分の言葉で、本当に思ったこと話すじゃないですか。
適当に何かしゃべるってことないんですよね。
だからしばらく待たなきゃなんない時もあるんですけど、でも出てくる言葉が、
けっこうこっちを裏切るような、面白いこととか、意外なことを言うでしょう。
だからなんだろうなあ。あの子って本物だなあって思った。




asaitinonen01.jpg





●能年玲奈の演技について


「あのねえ、何がいちばん驚いたって、楽しい!とか嬉しい!とか、
笑うっていう表現が、すごく自然なんですよ。
それって意外と難しくて、本当に心から、「わあ面白い」とか「楽しい」とか、
笑えるとかって、けっこう出来ないっていうか、特に若い人たちって、
やっぱりどこかで閉じてる分だけ、愛想笑いになってしまいがちなんだけど、
(玲奈ちゃんは)本当に楽しそうで。
あの、最初、久慈の海から始まったんですけど、
本当にあのまんまアキが、パーっと私たちの中に飛び込んで来たという感じがあって、
凄い自然に笑えるんだなあと思って。




asaitinonen02.jpg




 イノッチ「木野さんは演出されたりとかもするじゃないですか。
 やっぱりあの世代でそれが出来るって凄いことですか?」



「私なんかが若い子たちの言うのって、「もう全然笑えてない!」っていうか、
顔がこわばってたりするし、そこってやっぱり閉じてる時に笑いにくいだろうなって、思うんだけど。
本当にね(玲奈ちゃんは)普通に相手の話を聞いて、考えたり、
その場でちゃんと、演技を超えた感じで、こう聞いているような気がする。
だから本当に、玲奈ちゃんなんだか、アキちゃんなんだかっていう・・・
こっちもだから普通にこう会話が出来る、ドラマの中でね。
こっちも自然にさせてもらえるっていう。」




***





ボクは演じてる時以外の能年さんを、バラエティなどで見て以来、
あまちゃんにおける能年さんの演技は本当にすごい!と思っています。

お芝居をしている時以外の能年さんの佇まいは、本当にぎこちなくて、
手に汗握るハラハラ具合(笑)なんですけど、
演技となると、木野さんもおっしゃっているように、
もう、完全にその世界の人になりきってしまうんですね。
憑依ですね。
このスイッチの入れ方は本当にプロフェッショナルだと思います。

ボクはそんな優れた女優さんとしての、能年玲奈さんのファンです!





asaitinonen03.jpg
よっしゃ! 褒められた!!


コメント

  1. セラミックおじさん | URL | -

    能年玲奈さんの凄さ!

    「ヤンキーになる少女」をどのように演じるかで決まりますね〜

    彼女は天才型女優なのか? 興味深いです

  2. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさん

    コメントありがとうございます。

    「ホットロード」については、映画の出来に少々の不安がありますが、
    能年ちゃんの演技についてはまったく心配してないですね。
    「カラスの親指」や「動物の狩り方」では全然違うキャラターを演じてましたから(^_^)

    今から楽しみにしています!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/791-7a1bebcc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。