--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WORLD ORDER in 武道館 Bul-ray

2013年08月10日 15:55

WORLD ORDER IN 武道館のBlu-rayを見た。

wobudokanbr.jpg

素晴らしいの一言。
アートとエンターテインメントの境界という、
独自のポジションに君臨する日本が世界に誇るユニット。
そのひとつの集大成としての武道館での360°パフォーマンス、
圧巻であります。
当日、あの場所にいたことを誇りに思います。


関連記事→「WORLD ORDER in 武道館」


カメラワークも素晴らしく、
当日のパフォーマンスの肝を余すところなく切り取っていると思う。
TVでは表現しきれないトータライズされたステージング。
また、メンバー個々のポテンシャルの高さを証明するがごとく披露された、
ソロダンスパフォーマンス。
円形センターステージに映し出されたパフォーマンスとシンクロする、
プロジェクションマッピングの美しさ。
シンクロ・・・
そう、人間は訓練によってここまでシンクロできるものなのか!という、
驚異の肉体パフォーマンス。

未見の方には是非、おすすめしたい!
演者は無表情で、解釈はあなた任せという、突き放したような演出にもかかわらず、
子どもから大人まで、理屈抜きに堪能できる希有な芸術作品です!



◎一言ロボッチ
曲だけでいうと「BLUE BOUNDARY」やっぱり好きなんだなぁ。
なぜだか泣けてくるんですよ。
今回は「FIND THE LIGHT」とリミックスされて鳥肌ものの展開でした(*^^*)













須藤元気 Presents WORLD ORDER in 武道館 初回限定版Blu-ray
ポニーキャニオン (2013-08-07)
売り上げランキング: 113





須藤元気 Presents WORLD ORDER in 武道館 Blu-ray
ポニーキャニオン (2013-08-07)
売り上げランキング: 1,266





須藤元気 Presents WORLD ORDER in 武道館 DVD
ポニーキャニオン (2013-08-07)
売り上げランキング: 141




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. 楽日(kira) | URL | -

    和ーるど・おーだー

    テクノロジーでなければ表現できないものを、肉体で表現しきったライブでした。これこそが『テクノ』の本質ではないでしょうか。ライトとパフォーマンスの見事なクロス。リレー形式でソロを踊る場面は、各自の踊りと照明がマッチングして、何回見ても鳥肌が立ちます。各人の情熱、技術、努力がなければ完成しなかった奇跡のライブ。須藤元気氏はブログで「いつライブが中止になってもおかしく無い状態だった」、メンバーの高橋昭博氏の弟さん(漫画家です)は、「兄は練習のたびに体重が2~3kg減った」と語っています。
    踊るマネキン人形とでもいうべきWORLD ORDERの息遣い、汗、一瞬の笑顔やドヤ顔(笑)が見られるのは、映像ならでは。
    WORLD ORDERがなぜ“和”を感じさせるのか考えたのですが、ロボットダンスは歌舞伎の人形振りに通じる・・・日本舞踊の基本はシンクロシニティーだ・・・と一人で勝手に納得。今年の9月に平安神宮奉納ライブが予定されていたのですが、流れてしまったのがつくづく残念。

    佐久間正英さんの病状を教えていただきありがとうございます。奇跡が起こらんことを。私が最初に夢中になったテクノはプラスチックスです。

  2. ロボトリア | URL | -

    >楽日さん

    コメントありがとうございます。

    ソロのダンスでの照明とのシンクロはかっこ良かったですね。
    各人の力量があってこそWORLD ORDERは成り立つのだと再認識させられました。

    「和」については、演者が無表情で観客が想像力によって補うという点では、
    能や文楽に通じるものがあるような気もしますね。
    テクノの本質とも言えるもので、実は日本人が得意としてる分野と思っています。

    佐久間さんについてはボクも驚きましたが、
    命は誰でも有限であり、最後はいつ訪れるかはわからない。
    その点については病気になっても同じである、という趣旨のことを
    ブログで述べており、感銘しました。。

  3. haru | URL | -

    本当にすばらしい…
    あのステージと同じ空間にいたんですよねぇ
    その後のドキュメンタリー番組等で全ての振り付けが出来上がったのが本番数日前とか…
    そんな状態であの細かく計算しつくされたステージを見事に成功させた彼らは正にプロフェッショナルです。
    私も是非たくさんの方に観ていただきたいと思うのですがアニメオタクの息子の心にはいっさい響かなかったようで哀しいです(T_T)

     ※最後に一言…BLUE BOUNDARYとのリミックスはFIND THE LIGHTでは?(^_^;)

  4. ロボトリア | URL | -

    >haruさん

    コメントありがとうございます。

    あらためて見るとあんな緊張感ある緻密なステージ、1時間半が限界だよなと思いました。
    アンコールがないのもそれだけ限界ギリギリだったのだろうと・・・

    >アニメオタクの息子の心にはいっさい響かなかったようで哀しいです(T_T)

    そうですかー、そんなはずはないのですが(笑)うーん、謎です←

    >※最後に一言…BLUE BOUNDARYとのリミックスはFIND THE LIGHTでは?(^_^;)

    あら!そうでした! なぜ「CHANGE YOUR LIFE」と間違えたのでしょう?(しらんがな)
    最近、暑すぎてアタマの調子に難ありです(笑)
    ありがとうございます。修正させていただきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/759-0894c15f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。