--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉体で歌う

2013年07月10日 22:34

カンヌ広告祭の映像でのMIKIKO先生のことば。

mikikosensei.jpg

「音楽と歌詞をすごく魅力的に体現できてるアーティストだと思うので、
ただダンスをしているってだけじゃなくて、ほんとに肉体で歌って表現している。
彼女達の魅力的なとこだと思うので、そこをいちばん見てほしいですかね。」


これにはスネが水平になるくらい膝を打ちました。
バシッ!!、ピーンッ!!てね(笑)
ずっと思ってたんですよ。
Perfumeはダンスで歌ってるって。
たまに口パク論争とか起こるじゃないですか。
歌ってないじゃん?いやいや歌ってるんだよ、かぶせてるよ、とか。

ボクにとって、正直それはどっちでもよくて。
Perfumeは全身で歌ってるよ!!と、ずっと思ってました。

だからコレオグラファーであり、表現に関わる当事者のMIKIKO先生から、
このことばを聞けたのは嬉しかったですね。



池袋サンシャインのイベントで、初めて生で踊るPerfumeを見た時のあの感覚。
指先からつま先まで全神経に気を行き渡らせ、ダイナミックに踊るPerfumeを見て、

「うんうん、そうだよねえ・・・」

という、わけのわからない納得感があふれ出て来て、なぜだか感極まってきて・・・
そう、あれはPerfumeが踊って発してることばを、ボクが受け取ったからなんだ。
そう思えてならなかったのです。



Perfumeは今、ふたつのワールドツアーを大成功させました。
大成功というのは、Perfumeが発するメッセージを、
海外の人も日本人と変わらぬ感覚でしっかりと受け止めてくれたということ。
ボクはそう解釈しています。


かつてYMOが海外公演を成功させた要因のひとつは、
日本語詩のない、インスツルメンタルのナンバーが多かったからだ、
と分析されたこともあります。(そればかりでないことは言うまでもありませんが)


Perfumeは基本、日本語の歌詞です。
それでも海外で受け入れられるのは、中田さんの音楽の力も大きいですが、
MIKIKO先生による振り付け、それをより魅力的に見せることのできるPerfume。
これがかなり大きいのではないかと思います・・・
あれ?なんか今更なこと言ってます?(汗)


つまり言いたいのはMIKIKO先生もおっしゃっていたように、
ただ踊ってるんじゃなくて、「肉体で歌って表現している」んですよ、
ということです。(くりかえし)



MIKIKO先生は続けてこうもおっしゃっていました。

「3人自身も『自分たちはPerfumeなんだけど、ファンの力を借りて、クリエーターの力を借りて、
ぜんぶの力が揃ってPerfumeなんです。』と言い切っているので、みんなでPerfumeを造りたい、
みんなで参加してくれることがないとPerfumeじゃないし、
今回のプロジェクトでそれが実現できたことが、夢がかなったことであったし、
3人にとってもよかったです。」


このことばにも多くの人が感動したことでしょう。

でも、なぜ多くのファンが、クリエイターが、惜しみなくPerfumeに力を貸すのでしょう?
それはPerfumeが肉体で歌って踊って、全身で表現しているメッセージを受け取ったからでしょう。
そのメッセージを理解し、感動した人は、みんなファンになってしまう。
その「有り様」そのものがPerfumeなのだ。


今回のワールドツアーは、そのことを、またしても実証してしまった・・・
そんなツアーだったのではないでしょうか。





Perfumekerun.jpg




***




それと、印象に残ったのがこのMIKIKO先生のしゃべり方。
語尾までことばを濁さず、ハッキリとしゃべる。
なんだかPerfumeのダンスのように隅々までパキパキしていて、
ああ、とても好ましい話し方だな、と思いました(^^)















ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    マーベラス! ロボッチさん!!

    ナルホド。私はこのロボッチさんの記事を見て
    スネが自分のカオにぶつかるくらい、膝を打ちましたね。
    バシッ! ピーン!! 鼻血ブーッ!!!てね(笑)

    そうですよね。
    「ただダンスをしているだけじゃなくって、ほんとに肉体で歌って表現している」
    何となく感覚的にPerfumeのことをいいなあ、と思っていたポイントを
    見事に指摘している。さすが師匠・MIKIKOテンテー!!
    そしてロボッチさん!!!

    「Perfumeは踊ってコトバを発している」
    そうなんだ。その通りですよね!!
    かつてMIKIKO先生は、Perfumeのダンスはプロフェッショナルなダンサーの
    それとは違う、というニュアンスのことを言ってました。
    ある曲のパートではバスドラやベースのリズムをなぞるように、
    その曲のちがうパートではシンセのリフをサラリとトレースするように、
    かと思えば歌詞の世界観を切り取って、とても印象的なポーズをかたちづくってみたり...。

    Perfumeのダンスの不思議さ、オリジナリティーは、
    歌詞や、メロディー、リズムのいろいろなところをひらひらと舞うように、寄り添ったり
    離れたりして構築されている面白さなのかなあ、と改めて気づかされます
    どこにも準拠しない「あいまいな」世界。まさにそれは、肉体が歌う世界観。。

    そして今回のWT2ndでも披露された「ニューSamt」は、
    自らの肉体をフロジェクション・マッピングのカンバスにしてしまっている!
    ファンの想いを具現化したCGが次々にPerfumeのメンバーの身体に降臨して
    いくさまは、とても美しく、彼女たちの抑制されたしなやかな動きは、
    なまめかしくさえ感じました。

    MIKIKO先生とPerfumeが創り上げてきたその独特な表現の世界は、
    「カラオケ」や「カワイイ」と同じように、「フリツケ」という
    ニッポン発の新しいジャンルとして、世界にアピールできるんじゃないでしょうか。
    新たなる表現を携えた、カンヌでの試みはそのお披露目の場所であり、
    それはチームPerfumeにとっての、文字通りの「新たなフェイズ」の始まりだった...。

    そんなサイコーのプロローグで始まった今回のWT2ndが、
    現地での圧倒的な支持を得て、大成功を収める...。
    そう。
    「多くのファンが、クリエイターが、惜しみなくPerfumeに力を貸し一体化し」、
    「Perfumeが肉体で歌って踊って、全身で表現しているメッセージ」は
    LVを通じて世界のあちこちにいた3万人のココロに繋がっていった。

    その有り様そのものが、私たちが愛してやまないPerfumeなんですもんね。
    ああ、何だろうこのすがすがしい感覚!


    とても素晴らしい記事をありがとうございました。

  2. セラミックおじさん | URL | -

    うーん ボクなんかちょっと違うんだけど…

    やっぱり、三人のダンスって歌っていると思うんだ。

    それは振り付けというのではなくて、バレエのような気がするんだよなぁ〜

    それと歌詞を表現しているだけのように見えて音そのものを表現していると思うわけよ〜

    うん、脚気気味だから膝を叩いてもすぐに足が上がらなかったけどね…

    まぁ、Perfumeは全身で歌っているって思うわけよ(^_^)

  3. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    「マーベラス!」いただきました!
    チョーさんのマーベラス!がいただけたのでこの記事は本望です(日本語忘れました)

    >何となく感覚的にPerfumeのことをいいなあ、と思っていたポイントを

    Perfumeを見てなんとなく感じている「なんかいいなあ」という感覚。
    これを言語化するのはとても難しいですね。だって彼女たちは踊って伝えてるんですもの。
    言葉で伝わるなら、言葉で伝えればいいし、歌って伝わるなら、歌えばいい。
    それらの要素だけでなく、あえて高度なスキルと感覚でもって誰にでもわかるように表現している。
    ああ、なんだかわからなくなってきました。
    Perfumeは複雑なのか、簡単なのか・・・(笑)

    >とても素晴らしい記事をありがとうございました。

    いえいえ、拙い記事ですが、記事の趣旨をきちんと汲み取っていただき、
    しかもブログ主をいい気分にさせるというチョーさん節が堪能できてシアワセでございます(*^^*)←

  4. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさん

    コメントありがとうございます。

    うーん、ロックのレコード8万枚持ってるボクから言わせてもらうと、
    セラミックおじさんとはちょっと違うんだけどねー・・・

    やっぱりPerfumeは全身で歌っている。こう思うわけです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/753-1d82d562
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。