ワンルームディスコ

2013年04月05日 23:30

昨日はMJが時間帯を夜に変えての初めての放送。

これを期に、音楽番組から離れすぎた番組構成を変えてくるのではないかという、
淡い期待を抱いていたが、あえなく打ち砕かれた(笑)
まあ、いいのだ。
毎週、Perfumeの存在が確認できるレギュラー番組があること。
これがとても重要なことなのだ。


今日はテレビ番組について肯定的なことを書こう。
番組の新スタートを記念してか、Perfumeさんにも歌う枠を提供していただいた。
曲は「ワンルームディスコ」。

この曲はボクの中で、Perfumeの楽曲の中でいちばん化けた曲だ。
初めて聴いた時は、刺激的なイントロに耳を奪われたものの、
全体的には薄味のJ-POP寄りの曲に思えた。
でも退屈とは思わなかった。
その内、数々のテレビ出演、イベント出演において、
この曲はどんどん練られたきた。
印象的なのは「直角二等辺三角形ツアー」でのワンルームディスコだった。
堂々たる風格を感じたのである。
曲を完全にモノにし、ダンスのキレも絶好調だった。
そして東京ドーム公演。
イントロとともに放たれたあ〜ちゃんの、「東京ドーーーム!!!!」という雄叫びで、
一気にヒートアップしたあの瞬間は忘れられない。
「ワンルームディスコ」がライブの鉄板曲のひとつとして、地位を固めた瞬間だった。


そして、昨日のMJ・・・
テレビ放送では、ライブでのテンション爆上げ的な「ワンルームディスコ」は望むべくもない。
しかもショートバージョンだ。あっという間に終わる。
メインMCでもあの扱い・・・そんな失望の声も聞えてくる。


しかし彼女たちはいつも通り全力だった。
明るい笑顔をふりまきながら、ユニークなダンスパフォーマンスをきめている。

何度、踊ったことだろう。
何度、伝えたことだろう。



この春、家を出て新生活を始めた人も多い。

いくつも物件巡りをして、ようやく探し当てた小さな生活の場。
荷ほどきもひと通り済んで、少し落ち着いてきたある夜。
ふと「ひとり」を実感して無性にさびしくなる瞬間。

人恋しさに、テレビをつけると、
三人組の女の子が踊って歌ってるのを見て、
その“彼”はどう思うだろうか。


窓をあけても 見慣れない風景
ちょっとおちつかないけれど
そのうち楽しくなるでしょ

新しい場所でうまくやっていけるかな?




これはたまらないと思う。
ボクだったら泣く(笑)
不安と期待でいっぱいで、
自由だけど、さびしさもあって・・・
そんな気持ちを見透かされたような気持ちになって、
そして勇気をもらう。やさしく、さりげなく。



遠い空の向こう キミは何を思うの?
たぶん できるはずって 思わなきゃしょうがない

ディスコディスコ ワンルームディスコ




あくる日、彼はCDショップに向かうだろう。
メモする必要もない印象的なそのタイトルの曲を探しに・・・


***


テレビにはそんな役割があると思う。
ふとした瞬間に、何かが心に分け入ってくることが誰でもあると思う。

芸術性がどうの。
ショートバージョンだからどうの。
音響がどうの・・・と。

ほとんどの人にとっては、どうでもいいことだろう。

テレビは日常のメディアだ。
きっかけを与えてくれる大切な窓だと思う。

それをどう受け取るかどうかは、その人の感性とタイミング次第。
もしかしたら、その先に新しい扉が待っているかもしれないのだ。
それを開くかどうかもその人次第。


昨日のMJを見て思ったのはそんなこと。



Perfumeのパフォーマンスは番組のトリだった。

ワンルームディスコのアウトロが静かに消え入る。

華やかなパフォーマンスの余韻、夢心地の時間が終わると、


時刻は23:30をむかえていた。




美しい〜

夜のラ〜イ・・・









ワンルーム・ディスコ(通常盤)
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2009-03-25)
売り上げランキング: 26,786




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. minotti | URL | -

    絶妙です。

    『ワンルーム・ディスコ』『23:30』どちらも
    一人でいることや孤独の寂しさを愛しく思う感覚に包まれます。
    でも『ワンルーム・ディスコ』の方はライブのノリを思い出して、
    イントロからひたすら楽しくなってしまいます^^;あれれ。
    『23:30』は直角DVDのエンドロールの印象が強くてほろり、なんですが。

    三人の笑顔とともに、誰かの心にひっそりと忍び込めるといいですね。

  2. あ〜クリオネ | URL | -

    いい曲です!

    ワンルーム・ディスコは私にとって「シャンデリアハウス」のエンディング曲の印象が強く、少しもの悲しい気持ちになりますが、三人で生活する女子大生という設定にピッタリの曲でしたよね。
    半年くらい前のファンになった頃夢中で見てましたので、大変思い出深い曲でもあります。

    来年もMJ続投してくれれば、またこの時期に披露してくれるんでしょうね。
    是非お願いしたいものです^ ^

    ところでロボトリアさんの投稿時間が23:30になっているのがまたニクイですね(笑)

  3. セラミックおじさん | URL | -

    ええこと言うね〜

    私とワンルームディスコの印象は、代々木体育館の異様な雰囲気です
    いや、スモークというか霧というか…その香りです

    そして、巨大なミラーボールが上昇して…
    あの瞬間に、私にとってのワンルーム・ディスコはガンあがり曲になってしまいました

    でも、多くのPerfumeファン以外の方にとって
    「一人暮らし応援ソング」としての働きをしてくれているんですね

    歌詞に興味が無い体を装いながら、中田氏の詩の世界は、多くの人の心に染み入るものとなっているのが不思議ですね

  4. massasue | URL | -

    ちょっと反省

    私も放映時間変更でPerfumeとゲストの音楽談義みたいな構成変更を期待していたので、今まで同様の音楽以外のゲストが音楽以外の話題で番組を引っ張る構成にはがっかりしました。更に追い討ちをかけるようにぶつ切りのワンコであまり楽しまないで見ていました。

    でも、おっしゃる通り、毎週顔が見られるだけでもありがたいことですし、この季節のワンルーム・デイスコは特別な意味がありますね。

    不満ばかりを並べて目の前にある楽しみを享受しようとしない自分に少し反省です。

    私も、何気なくつけたテレビでたまたま流れているのを見て、以後お気に入りになった音楽や映画がいくつかあります。そういう形でPerfumeのファンが増えてくれると嬉しいです。

  5. shirakata | URL | sM/y3BmM

    ああっ~↓

    素晴らしいエントリーですね。
    そして、少し耳が痛くなるエントリーでした←

    仰るように、TVは日常的な窓であり、扉ではないんですよね。
    思い出してみれば、私もTVがキッカケで彼女達に興味を持ちました。

    >ふとした瞬間に、何かが心に分け入ってくる・・・

    物事にはタイミングというか小さな運命って、確かにありますね。
    ロボトリアさんの語り口や視線は優しくて慈愛に溢れています。

    良い所を見付けていこうとする文章は清々しいです(←すでに批評している)
    こちらのブログを拝読する度に、自信を喪失します。

    最近、私は少し疲れているのでしょうか(←すでに愚痴っている)

  6. ロボトリア | URL | -

    >minottiさん

    コメントありがとうございます。

    >『ワンルーム・ディスコ』『23:30』どちらも
    一人でいることや孤独の寂しさを愛しく思う感覚に包まれます。

    そうですねー。初めは対照的な曲だと思っていたんですが、
    形を変えて同じテーマを表現していたのかもしれませんね。
    なんと素晴らしいシングルでしょうか。中田さんニク過ぎです(笑)

    >三人の笑顔とともに、誰かの心にひっそりと忍び込めるといいですね。

    気がついたら・・・ガッツリと忍び込まれた人多数と予測しています!(笑)

  7. ロボトリア | URL | -

    >あ〜クリオネさん

    コメントありがとうございます。

    >ワンルーム・ディスコは私にとって「シャンデリアハウス」のエンディング曲の印象が強く、少しもの悲しい気持ちになりますが、三人で生活する女子大生という設定にピッタリの曲でしたよね。

    あー、そうでしたね〜。たしか「気になる子ちゃん」のエンディングでも紹介していました。
    ファンになった頃の曲であれば尚更印象強くなりますね!

    >来年もMJ続投してくれれば、またこの時期に披露してくれるんでしょうね。
    是非お願いしたいものです^ ^

    チョコレイトディスコとともに季節の定番曲になりそうですね。
    しかもディスコ繋がりとか・・・おもしろいですね。

    >ところでロボトリアさんの投稿時間が23:30になっているのがまたニクイですね(笑)

    気がつかれましたか! 記事を書き上げたのが23:25くらいだったので、
    どうせならと予約投稿しました(^^) 拾ってくれてありがとうございます!

  8. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさん

    コメントありがとうございます。

    >私とワンルームディスコの印象は、代々木体育館の異様な雰囲気です
    いや、スモークというか霧というか…その香りです

    そうでした。代々木はディスコ!ディスコ!ディスコ!というくらいですから、
    この曲の占める役割は重要なものでしたね。

    >歌詞に興味が無い体を装いながら、中田氏の詩の世界は、多くの人の心に染み入るものとなっているのが不思議ですね

    この曲は特に引っ越し業者のタイアップというわけでもないのに、
    なぜこのテーマを選んだのか不思議ですね。
    「ワンルームディスコ」という曲名を聞いた時は、聞き間違いかと思いましたよ(笑)

  9. ロボトリア | URL | -

    >massasueさん

    コメントありがとうございます。

    >今まで同様の音楽以外のゲストが音楽以外の話題で番組を引っ張る構成にはがっかりしました。

    のっけから変わらなさ具合にびっくりしましたね(笑)

    >更に追い討ちをかけるようにぶつ切りのワンコであまり楽しまないで見ていました。

    ボクはもうテレビからはじっくり鑑賞するメディアであるという期待はしていませんので、
    素直に楽しむことができました(笑)

    >でも、おっしゃる通り、毎週顔が見られるだけでもありがたいことですし、この季節のワンルーム・デイスコは特別な意味がありますね。

    ライブやイベントに気軽に参加できない人にとっては特に大きな意味があると思います。
    Perfumeはそういった人達に向けて笑顔を送っているのではないかと思うくらいです。

    >不満ばかりを並べて目の前にある楽しみを享受しようとしない自分に少し反省です。

    いえいえ、ファン目線で見れば不満はあって当然です。
    この記事では少し視点をずらして、考えを述べたまでですので(;^_^

    >私も、何気なくつけたテレビでたまたま流れているのを見て、以後お気に入りになった音楽や映画がいくつかあります。そういう形でPerfumeのファンが増えてくれると嬉しいです。

    なんだかんだいっても、いまだテレビの影響力は絶大なものがあると思います。
    いくらブツ切りでも音が悪くても、伝わる人には伝わると思いますし、
    そうあってほしいですね(^^)

  10. ロボトリア | URL | -

    >shirakataさん

    コメントありがとうございます。

    >ああっ~↓

    そんなに落ち込まないでください(笑)

    >そして、少し耳が痛くなるエントリーでした←

    あ、芸術性や音響のくだりですか?w
    いえ、Perfumeは芸術であり、shirakataさんが口すっぱく啓蒙されている
    音響面が重要なことは間違いないと思いますよ。

    ただ今回のエントリーでは、人の心に分け入る入り口としては、
    必ずしもそれだけではないのではないかということを言いたかったのです。
    その後に、それらの事にきっと気づくハズですと思います(←日本語!)

    >物事にはタイミングというか小さな運命って、確かにありますね。
    ロボトリアさんの語り口や視線は優しくて慈愛に溢れています。

    ありがとうございます。どんなにいいものを薦めてもその人の人生のタイミングに合わなければ、
    まったく反応してくれないものだと思うのです。自分がそうですので。。

    >こちらのブログを拝読する度に、自信を喪失します。

    何をおっしゃいますか。
    shirakataさんのユーモアも交えた独特の切り口は誰も真似できませんよ(^^)

    >最近、私は少し疲れているのでしょうか(←すでに愚痴っている)

    あのー、最近の画像をいっぱい貼るシリーズ・・・
    あれは疲れると思いますよー(笑)
    でも、需要に応えて毎日エントリーされてるshirakataさん、
    本当に尊敬しています!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/722-64078d28
この記事へのトラックバック