--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

capsuleの衝撃

2010年06月27日 00:15

capsuleを初めて聴いたのは、2007年の夏です。
Perfumeの『Complete Best』を最初に聴いて、「中田ヤスタカ・・・何者!」と思い、
翌日位にCDを買いに行ったと思います。

capsule.jpg
最初に買ったのは『FRUITS CLiPPER』でした。
(今見たらiだけ小文字でした。こういうの好きなんですね^^)

イヤ~圧倒されましたね。
いきなり強烈なライトで目の前を照らされたような。


リミッターがはずれてるな、と思いました。


少し生意気なことを言わせてもらえば、
ものづくりにおいての基本は、「動」を際立たせるには必ず「静」が必要で、
絵画やグラフィックの世界も同様で「余白をいかに美しく配置できるか」が、
構成の要といわれています。

ところが、この『FRUITS CLiPPER』ではそんなことはおかまい無しに、
気持ちのいいものはドンドン詰め込んでしまえといわんばかりに、
ギラギラとした音の洪水で聴く者を圧倒します。
理性よりも本能に訴えかけてくる感じ。

もちろん実際には、全体のメリハリや緩急の付け方など、
緻密な計算があることは間違いありません。
その辺はむしろ、恐ろしい程のバランス感覚で聴く者に意識させません。
ハイテンションな音に酔いしれている内は、そんな事には気が付かないのです。


そこが中田ヤスタカのスゴいところですね。


初めての『FRUITS CLiPPER』をそんな衝撃を受けつつ、聴いていました。

そして、聴き進めていくと、

「おっ」

「何!」

「へ~、いまどきの若い人が・・・」←おっさんですね(^^)

と思う曲に出会いました。「megalopolis」です。



ボクが連想したのは、こちらです。(このライブヴァージョンかっこいい!)


別にパクリだどうこう言うつもりは一切ないです。

ボクは「capsuleのmegalopolisは超ハイテンションなクラフトワークだ!」と思ったのです。
クラフトワークの独特な未来感覚を、
今のクラブシーン最先端の人が面白がって取り入れていることが、
なんだか嬉しくなってしまったのです。

中田ヤスタカは自分が影響を受けた音楽やアーティストについて、ほとんど言及しませんね。

「耳に入ってくる音楽は聴いてますけどね」

な~んて言ったりして。


どこか憎めないヤツ、いや神です(^^)




FRUITS CLiPPER
FRUITS CLiPPER
posted with amazlet at 10.06.26
capsule
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2006-05-10)
売り上げランキング: 4783
おすすめ度の平均: 4.5
5 表題曲が
5 とても好きです
5 無限リピートOKなアルバム
5 capsuleの転換期の重要盤
5 電子音ばりばり!!




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. Buchousan(wakasa991) | URL | -

    中年には~

    実は私はこのページで初めて中田氏の曲を聞きました。
    正直な感想は想像通りでした。他も聞いてみないと?かもしれませんが・・・。
    中年にとってはクラフトワークに軍配を上げたくなりますなー。
    おっと、おっさん口調でした。
    しかし中田氏のこれからはもっと楽しみだと思うのは私だけでしょうか?

  2. PPPHIVE | URL | -

    とうとう神来ましたね(^^)

    僕もパフュ→神の流れでした。最初に聴いたのは何だったんだろう。
    たぶん道夏のバックで流れたSugarless GiRL(ここにも小文字が笑)
    だったかと思います。
    バッキバキのフロア対応エレクトロな人かと最初思ってたんですが
    色々な過去作品見ていくうちにこの人何でもやれる人なんだなぁと(^^)
    Perfumeにこの人をプロデュースさせた方の先見の明!

    初期の"ハイカラガール"や"CUTIE CINEMA REPLAY""phony phonic"
    なんかも大好きですね。

    capsuleとPerfumeの作品のリリース時期を見てみると"S.F.s.f""NEXUS-2060"などの
    SFコンセプトや、"L.D.K""FRUITS CLiPPER"以降のフロア対応エレクトロが、SF的な
    近未来3部作、PSPS、TSPS、ポリなどアイドルなのにフロアライクな作品になったり
    して、capsuleで実験した事をPerfumeで実践してた感じですね。

    僕は何気に一番好きなのは百瀬ヨシユキさんとのコラボ3部作です(^^)
    あれもSF世界観タップリでした。またああいうのやってくれないかなぁ
    まあ過去に未練が無く、忘れ去る人なので無理でしょうけど(笑)

  3. ロボトリア | URL | -

    >Buchousan(wakasa991)さん

    コメントありがとうございます。

    本当はクラフトワークと比較すること自体あまり意味があるとは思いません(笑)
    ただこの曲に限っては記事のような思いもあったので・・・
    『FRUITS CLiPPER』以前はまたかなり違った世界観なので一聴をおすすめします。

    中田さんはこの先もいろいろやってくれると信じています。
    そうでないと困ります~(^^)

  4. ロボトリア | URL | -

    >PPPHIVEさん

    コメントありがとうございます。

    初期の作品を聴くと、懐の深さがわかって、なんか安心しますね。
    ボクは曲でいちばん好きなのは、「グライダー」なんです。
    中田氏の真骨頂はメロディにあると思っているので。

    その時々の音がPerfumeに反映されるので、capsuleの新作は毎回ドキドキします。

    何か他の分野とのコラボは確かに面白いですね。
    中田氏自身の世界観も更に広がると思うのでまた是非やって欲しいです(^^)

  5. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    変化が楽しみ

    私もPerfumeからcapsuleに流れたのですが、初期のcapsuleはあまりにもピチカートV色が強くて驚きました。しかし、中期はバラエティにも富んでいて私は『Lounge Designers Killer』が一番好きです。その後のテクノ、エレクトロ色が強まってからのサウンドも良いですが、変遷していくのがcapsuleという実験的要素が濃いユニットの本領なんだと思います。

  6. ロボトリア | URL | -

    >ngo900jpさん

    コメントありがとうございます。

    あれだけピチカート色が強かったにも関わらず、「ちゃんと聴いたことはない」と
    神はおっしゃっていました(^^) 小西氏との対談記事によると、存在自体はあこがれの対象として、
    意識していたみたいですね。

    capsuleのスゴいところは実験的にあれこれためしつつも、結果的にはPOPSとして
    成り立たせているところですね。あのバランス感覚はすばらしいです。
    これからの変化が楽しみです(^^)

  7. myoogy | URL | SIn0xEr6

    はじめまして

    テクノポップ検索してたらたどり着きました。
    ハジメちゃんも好きだったなー、ムーンライダース最近どうしてるんだろう?と、楽しく拝見させていただきました。
    最近パフューム聞いてます。でもフリッパーズもピチカートVもとおってるので、ちょっと方向違いますが。そこで「ゆらゆら帝国」でてくるか・・・と思いながら。
    どうも、パフューム>中田に行くのにまだ躊躇があるのですが、腐ってしまわないうちに聞いてみたいなと思いました。
    駄文失礼いたします。

  8. ロボトリア | URL | -

    >myoogyさん

    いらっしゃいませ! コメントありがとうございます。

    テクノポップ好きな方に楽しんでいただけて嬉しいです! 同世代の方かな?
    「ゆらゆら帝国」たしかに異質なんですけど、好きなんです。

    パフューム聴かれているならcapsuleまではひとっ飛びですよ(^^)オススメです。
    またいらしてくださいね。(^_^)/

  9. P120548 | URL | -

    ちょこちょことすいません(笑)

    ここだけの話ですが、
    ヤスタカさんはモーツァルトの生まれ変わりではないかとにらんでいます。
    アマデウス観ましたか?
    モーツァルトがサリエリの曲をおもしろおかしく真似したあげくに
    「自分だったらこんなふうにアレンジしちゃうんだけど」みたいな場面がありましたよね。
    そして、圧倒的に原曲を凌駕してしまい、
    原曲の作曲者であるサリエリがそれを一番理解してしまうという。

    あれ、ヤスタカさんですね。
    僕だったらYMOこんな風にやるんだけど、どう?みたいな。

    ナイトフライトを聴いたときに、
    体に異変が生じました。
    腕だけじゃなく、太ももとかいろいろな部位に鳥肌が立ちました。
    そう、こんな曲が欲しかったんだって。なんで、わかるんだ~?って。
    絶対同世代って思いました。(実は全然違いましたけど。)
    ユキヒロのボーカル嫌いじゃないけど、
    もし歌のうまいかわいい女の子に歌わせたら
    YMOはどんなふうになるんだろう?っていう
    僕の夢をかなえてくれたのが
    ヤスタカさんなんです。
    ありがとう。ヤスタカさん。
    あなたと同時代に生きていることを幸せに感じます。
    そしてあなたが日本に生まれてくれたことに感謝します。

  10. ロボトリア | URL | -

    >P120548さん

    コメントありがとうございます。

    アマデウスは観ていないのですが、そのエピソードを聞きますと、
    まるで中田さんが弾いているようですね。

    ナイトフライトは衝撃でしたね。
    最初サビだけ聴いた時はそれほどでもなかったのですが、
    代々木のライブで初めて全貌を見せた時、「YMOだ!」と思いましたね。

    中田さん、最近雑誌で自分が影響を受けたアーティストの方との対談をされているようなので、
    YMOの方とも、と、ほんの少しだけ期待していますが・・・多分ないでしょうね(;^_^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/71-c8c877c8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。