原田知世 カコのヒミツ

2010年06月25日 20:56

知世カコ

原田知世『カコ』(1994年)

歌手活動“も”していた女優原田知世が、
アーティストとして能動的に作品作りに関わり始めた前作『GARDEN』。
ムーンライダーズの鈴木慶一との出会いが、その大きなきっかけだったわけですが、
このアルバムはその第2弾。60年代を中心とした洋楽をカバーしています。
全7曲のミニアルバムのような体裁ですが、
非常に丁寧につくられ、渾身の1枚となっています。
今回は、
ジャケット写真に注目したいと思います。
少し緊張した面持ちの女の子がポツンと立っています。
一瞬、原田知世の幼少時代の写真かと思ってしまいますが、違います。
世界的な写真家、植田正治(1913~2000年)の作品です。

そして女の子は植田正治氏の娘さん(植田和子さん、愛称カコ)です。

作品名「カコ」(1949年)。

この作品を気に入った原田知世は、
これをそのままアルバムタイトルとしました。
過去の曲を集めた「過去」と「カコ」のダブル・ミーニングでしょうか。
ちなみに映画『時をかける少女』の原田知世演じる主人公も「芳山“和子”」でした。

ジャケットに自分の写真を使わない。
過去のアイドルタレント、原田知世との決別とも読み取れます。
そして植田正治氏を起用したセンス!
脱帽です。

ボクは写真集を持っているくらいの植田正治氏のファンです。
植田氏は、出身地である鳥取砂丘を舞台にした「砂丘シリーズ」などで、
オブジェのように人物を配し、演出を施し、偶然にたよらない独自の作風で知られています。
これはUeda-cho(植田調)とよばれ、世界的にも有名です。
下はボクが大学時代に買った写真集。

植田写真集 植田正治氏
植田写真集中面


余談ですが、現在龍馬伝で活躍中の福山雅治の素人離れした、
写真の腕前をご存知の方も多いと思いますが、
彼は植田正治氏との出会いによって、その才能を開花させました。
植田氏と数々のフォトセッションを重ね、師と仰ぎ、父のように慕っていた彼は、
最後の愛弟子だった、ともいえるかもしれません。
きっかけはこちらの植田正治氏が撮影した
1995年発売のマキシシングル『HELLO』のジャケット。
福山hello


話を『カコ』に戻します。

収録曲です。
1.THE END OF THE WORLD(詩:Sylvia Dee 曲:Arthur Kent)
2.UN BUCO NELLA SABBIA(詩:A.Testa 曲:P.Soffici)
3.THE LITTLE BIRD(詩・曲:John D.Loudermilk)
4.WINCHESTER CATHEDRAL(詩・曲:Geoff Stephens)
5.BOTH SIDES NOW(詩・曲:Joni Mitchell)
6.ERECTRIC MOON(詩・曲:Leitch Donovan)
7.T'EN VA PAS(詩:Regis Wargnir,Cathrine Cohen 曲:Romano Musumarra)

個人的お気に入りは1曲目「THE END OF THE WORLD」。
元々名曲ですが、ロケット打ち上げの発射音のようなSEが効果的に使われ、
果てしない空間の広がりと、いいようのない切なさ。秀逸な出来です。

そしてラストを飾る「T'EN VA PAS」。
以前にも原田知世は「彼と彼女のソネット」として大貫妙子の日本語詩でカバーしていましたが、
今回は原曲通りフランス語で再び挑戦。
原田知世の、はかなげで可愛らしい発音がフランス語と、この美しいメロディにベストマッチ!
とても気持ちのよい1曲となっています。






ジャケットの中面には、植田正治氏撮り下ろしの写真。

知世植田1

知世植田2

知世ちゃん、美しすぎです・・・


カコ
カコ
posted with amazlet at 10.06.25
原田知世
フォーライフ ミュージックエンタテイメント (1994-02-18)
売り上げランキング: 128978
おすすめ度の平均: 4.5
4 単なるポップスアルバムに終わっていない
5 名盤です!
5 私の癒しアルバム
4 ひそかなお気に入りです
5 いや、これ、おすすめです。




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. electrocat | URL | -

    うわぁ

    知世ちゃん(*^_^*)
    僕は昔、武道館のコンサートにも行ったことがあります。
    たしかシャンプーの会社がスポンサーだったような・・・
    「彼と彼女のソネット」も大好きでよく聴きました。
    でもこのフランス語ヴァージョンもいいですね~(^^)/
    フランス語、違和感ないように感じますが、僕はフランス語が話せませんので本当はわかりません(汗)
    彼女の歌を聴かなくなって久しいので、なんかグッときちゃいました(T_T)

  2. PPPHIVE | URL | -

    深い!

    ロボトリアさん深すぎます。DEEPです。
    う~ん、いつも記事の視点で唸らされますね。

    彼女もPerfumeと同じで性的な部分を感じさせない稀有の存在です。
    僕の中ではいつまでも“芳山和子”のままで止まっているような。
    あの名作が僕の中で“時をかける”ではなく“時を止めて”
    しまったのかもしれません。

  3. Buchousan(wakasa991) | URL | -

    時をかける少女は

    大人の女性らしくこの時代でも輝いていますね。
    ボーカルは癖がなく聴きやすくてここちよいです。

  4. ロボトリア | URL | -

    Re: うわぁ

    electrocatさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

    >僕は昔、武道館のコンサートにも行ったことがあります。

    ちょっと、マジですかー。うらやましいじゃないですか。
    ボクは2006年のムーンライダーズ30周年の日比谷野音でゲストで来た、
    知世ちゃんが初めてだったんですよー。キレイでした~(*´∇`*)

    フランス語の他にも、イタリア語、英語とがんばって挑戦しているようです。
    すべて100点です。だって知世ちゃんだから。

    声も可愛いだけじゃなく美しいですね~(^^)

  5. ロボトリア | URL | -

    Re: 深い!

    PPPHIVEさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

    >う~ん、いつも記事の視点で唸らされますね。

    いやぁ、事実関係を確認するためにちょっと調べていたら、
    いろいろ面白いことが出るわ出るわで、このようになったというのが真相です(^^)

    >彼女もPerfumeと同じで性的な部分を感じさせない稀有の存在です。
    僕の中ではいつまでも“芳山和子”のままで止まっているような。
    あの名作が僕の中で“時をかける”ではなく“時を止めて”
    しまったのかもしれません。

    なんとロマンティックな言い方! まったく同じ思いです!

  6. ロボトリア | URL | -

    Re: 時をかける少女は

    Buchousan(wakasa991) さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

    知世ちゃんは、Perfumeは別として、ボクの永遠のアイドルなんですよ~(^^)
    なぜか、ボクが好きなアーティスト周辺のかたと、つながりが深く、
    よけいに入れ込んじゃうんですよね。

  7. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    おお

    思いもよらぬ写真の方向から知世ちゃんの記事なんですね。恥ずかしながら植田正治氏のことを知りませんでした。ご紹介されている少しの写真だけでも素敵なことが分かります。

    知世ちゃんですが、歌の発声方法ももちろんですが、その際の言葉の発音も雰囲気があります。

  8. ロボトリア | URL | -

    Re: おお

    ngo900jpさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

    >植田正治氏のことを知りませんでした。

    知らなくて普通だと思いますよ(^^) でも影響された人は多いと思います。
    あの年代であの斬新さはスゴいです。80年代のPARCOのCMの様です。

    >その際の言葉の発音も雰囲気があります。

    そこです!その微妙にクセのある可愛さ。なんとも言えない個性があるんですよね(*^-^)

  9. HiRO | URL | HfMzn2gY

    この感じイイですね、涼しげで♪

    スウェディッシュ化以前のお話ですね。
    学生時代、夏休みとかは角川映画に夢中でした。。。

  10. ロボトリア | URL | -

    Re: この感じイイですね、涼しげで♪

    HiROさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    スウェディッシュ化以前の方が、どちらかといえば好きです。
    どちらの知世ちゃんも好きですが(笑)

    またお待ちしています(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/70-a812bf7f
この記事へのトラックバック