--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキーとPerfume

2013年01月03日 15:49

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、この正月休みを利用してロボッチは新年早々、
ボケたアタマで無謀にも、難解な「お題」に挑んでしまいました。
略して「難題」です(なんだい?そりゃ←)
ひょっとすると誰もが感じつつも、避けてきたタブーな「お題」かもしれません(大げさだよ)
ひとつお年玉でもあげてやる、くらいの寛容なこころを持って、
聞き流していただけると幸いです(^^)
世界が土曜の本

『世界が土曜の夜の夢なら ヤンキーと精神分析』斎藤 環著


「日本人の3〜5割はヤンキー的な美意識を好む」という故ナンシー関さんの持論に、
大きく影響を受けた精神科医、斎藤環さんによるヤンキー論。
この本では、不良を出自とした真性のヤンキーというよりは、それらヤンキーの持つ美学と、
そのいわゆる「ヤンキー的なるもの」に共感する日本人とは何か?を論じています。
「気合いとアゲ」でなんでも乗り切る、「投企的行動主義」の彼らとは・・・


うーん、正直ボクにはちと難しい本でした(;^_^
でも、「ヤンキー的なるもの」が身の回りを席巻しているのはヒシヒシと感じますね。

土曜の夜例

上記の中には「ん?これが?」というものも含まれていると思いますが、
それがなぜかは、本に書いてあります(説明しろよ)

ボクの解釈としましては、彼らはダイレクトに本能を刺激してくるものを好むのかなと。
それに、「舐められまい」とする「オラオラ」を体現する威圧感。
また、それとは相反するファンシーなモノへの共感。
それがたとえ倒錯したキッチュな「バッド・センス」だとしてもかまわない。
仲間がそうしているから、そうする。という関係性、繋がりの重視。
強烈な生存本能に根ざす上下関係への徹底したこだわり・・・etc. 
そんなようなものを感じます。


斎藤環さんは「それを歓迎するか危惧するかは別として、できるだけ多くの国民を
“動員”しようと考えるなら、ヤンキー的なものを避けては通れない」
と言います。

なるほどなと。

ヒットチャートやドラマなど、
現在、日本で流行っているものを見渡すと、うなずくものがあります。

年末年始のテレビ番組や音楽特番を見て、「くだらねー」と思った人も多いと思いますが、
(もちろんいいものもあります)
いくらテレビメディアが凋落したと言っても、彼らもバカではありません。
そこに、確実に「需要を見込める」と踏んだ上での番組作りのハズです。
そうです。あのような番組を求める層は少なからず、いや大量に存在するのです。

誤解がないように述べておきますが、
ボクはとりたてて「ヤンキー的なもの」を、揶揄するつもりも、否定するつもりもありません。
まあ、好きではありませんが(どっちやねん)
また「ヤンキー的な人」と「ヤンキー的でない人」と、パッキリ分けられるとも思っていません。
ボクの中にも「ヤンキー的なもの」は、少なからず存在していると自覚しています。
そうですね、、、10〜20%くらいはあるのかなと。もっとかな・・・?



そこで、Perfumeさんのことを思う時、
それらの感性のものと、対極なものを感じざるをえません。

「ヤンキー的な感性」からすると、例えばPerfumeのボーカルを聴いても、
「気合いが入っていない」「声が出ていない」「歌ってんのか?」となるでしょう。

曲に関しても、中田さんは一見「アゲアゲ」なようでも、どこか抑制したところがあります。
それが楽曲の深み、想像力を広げる要素なのですが、音質にとことんこだわった中田サウンドは、
テレビでは魅力が5割減で放送されることも相まって、彼らは「物足りない」と感じるでしょう。

またファッション、容姿に関しても、ダイレクトに性本能に訴えかけるモノを好む彼らには、
Perfumeの持つ「上品な色気」に「美」を見つけるのは、困難なのではないでしょうか。



ボクは以前から思っているのですが、すでにブレイクしているPerfumeですが、
今後更に、日本のメインストリーム、例えばスタジアムツアーを敢行しても壮絶なチケット争い・・・
というようなグループには、ならないと思っています。
もし、なるとするなら、上記で述べた「ヤンキー的美意識」を持った層も、
もっともっと取り込まなければなりません。
しかし、ボクはそのような方向性は望みません。



Perfumeが敢行した第1回World Tour。
その目的は、海外にいるPerfumeを待ち望んでいるファンのために行ったツアー、
と、ボクは認識していますが、それともうひとつ。

「質を落とさずファンを拡げていく」というところにもあるのでは、と思っています。

それぞれの国に存在する、Perfumeを本当に理解し、好きで、応援してくれるファンの存在。
各国では、さほど多くはなくても、それが集まれば・・・


年末のNHKの「MJ presents Perfume ドキュメント 今 世界へ」に登場した、
今のPerfumeを受け入れてくれる、愛あふれる熱心な海外のファンの姿を見て、
そんなことを思いました。








世界が土曜の夜の夢なら  ヤンキーと精神分析
斎藤 環
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 1,238


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. セラミックおじさん | URL | -

    書こうと思っていたテーマで書かれちゃった

     ここで、重要なのは、ヤンキーの対義語として「ヲタク」という分類を持ってきてはいけないということだと思っています。
     ここでいう「ヲタク」というのは珍古と呼ばれる言動をする人たちのことで(というコトは共通理解ですよね(笑))

     決して、エリート意識というのではなく…
     作法をわきまえた上で楽しむ芸事 
      それがPerfumeのパフォーマンスだと思っています。

     うーーん この質を下げないでファンを獲得していくための海外進出

    それと同時に、ファンを育てていく品性を、Perfumeが持っているって言うことについても語り合いたい…(笑

  2. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさん

    コメントありがとうございます。

    >書こうと思っていたテーマで書かれちゃった

    おや、そうだったっんですか。それは光栄ですね(^^)

    「ヲタク」と「オタク」の区別も実はボクはよくわからないのですが、
    相反すると思われる「ヤンキー」と「オタク」も、最近ではパチスロに「エヴァ」のキャラが登場したり、
    双方の裾野の広さと、ある種、価値観を共有するコミュニティという意味では共通するものがありますね。

    えーと、書いてて何を言っているのかわからなくなりました(笑)

    >ファンを育てていく品性を、Perfumeが持っているって言うこと

    そうですね。ボクもホントは以前書いた「とあるダフ屋の男」のように、
    Perfumeには、どんな人間の価値観も超越した存在であってほしいし、
    またそうなれる可能性を信じています。

  3. 風の靴 | URL | -

    あけまして、おめでとうございます。

    遅ればせながら、

    明けましておめでとうございます。

    本年もどうぞよろしくお願い致します。

    昨年は思いがけず、ロボトリア様のブログに出会うことが出来まして、楽しい時間を過ごすことが出来たように思います。
    ありがとうございました。(笑)

    これから先もこの奇跡的な素晴しいご縁を大切にして行きたいと思います。

    2013年もロボトリア様、そして奥さまにとられましても、実り多い素晴しい一年となられますように心よりお祈り申し上げます。

    お正月三が日も、もう過ぎようとしております。
    アッもう針が回ってしまいました~早いですね~(笑)
    追伸

    年末から年始にかけまして・・
    歌番組が普段より多く放送されていましたので・・・
    Perfumeの方々を、何度か拝見する機会に恵まれました。(笑)

    何度、拝見しましても、プロポーション抜群の素敵な女性達でございますね・・

    のっち様の魅力・・・う~んロボトリア様のお気持ち・・分かります。(笑)

  4. ロボトリア | URL | -

    >風の靴さん

    コメントありがとうございます。

    風の靴さんとは、デヴィッド・シルヴィアンの記事がきっかけでしたが、
    その後もたびたびコメントをいただいたり、そこがとても嬉しいです。

    >これから先もこの奇跡的な素晴しいご縁を大切にして行きたいと思います。

    今後も時おり覗いていただいて、気の向いた時にかまってもらえると喜びますので(^^)
    こちらこそよろしくお願いします。

    >Perfumeの方々を、何度か拝見する機会に恵まれました。(笑)

    そうですかー(^^) やはり多くの人に知ってもらうには、テレビはまだまだ強いメディアですね。
    今年ものっち共々よろしくお願いします(^^)/

  5. shirakata | URL | sM/y3BmM

    あけましておめでとうございます(遅いっ)

    今年もインテリブログ全開で、よろしくお願いいたします(笑顔)

    さて、本案件は(硬いっ)

     普通の感性をお持ちの方の人口が一番多い
             ↓
     Perfume立ち位置は、広く一般の方に受け入れられにくい

    …という事の、ひとつの見解ですね(エラそうだなっ)

    私も以前から、大局的に見ると
    国内でのPerfumeの人気は頭打ちではないかと感じています。

    >今後更に、日本のメインストリーム、例えばスタジアムツアーを敢行しても壮絶なチケット争い・・・
    >というようなグループには、ならないと思っています

    Perfumeにヤンキー理論を重ねてみるロボトリアさんの視点・・・
    ↑シャープですっ、惚れ惚れしますっ←
    何処かの誰かのような”切り口”とはえらい違いです。
    何処かの誰かは、自爆していましたが(自分の事だろっ)
    ロボトリアさんのようなご意見が、広くPerfumeファンに理解される事を私は望んでいます。
    私は、現実を知ることがPerfume啓蒙につながると信じています。

    今年もよろしくお願いいたします(遅いってばっ)

  6. ロボトリア | URL | -

    >shirakataさん

    コメントありがとうございます。

    >今年もインテリブログ全開で、よろしくお願いいたします(笑顔)

    ちょっ、笑顔が怖いです。ぷれっしゃ〜(笑)
    インテリぢゃないから!w

    >私も以前から、大局的に見ると
    国内でのPerfumeの人気は頭打ちではないかと感じています。

    ボクは出来たら今くらいの売り上げや、動員数をキープしつつ、
    もう少し世間様からのステイタスが上がるといいな、という贅沢な願望を持っています。
    テレビでの扱われ方などを見ますと、まだまだだなと感じるからです。
    ただ現実には、その為には記事に書いたような“リアルな動員数”が求められますので、
    ジレンマを感じますね。
    ボクらにもし出来ることがあるとしたら“良質のファン”でい続けることかなと思ったります(^^)

    こちらこそ今年もよろしくお願いします(全然遅くないですよっ)

  7. P120548 | URL | -

    謹賀新年

    自分の中ではまだ終わっていません。
    何が?って、ロボッチさんとのっちさんの恋の行方が気になって仕方ないのです。
    ドキドキドキドキ。楽しみにしています。

    ちなみに昔、中学校でベン図というものを習ったような気がします。
    あの輪っかが重なるやつ。
    ロボッチ様とわたくし、とてもベン図が重なるような気がしてならないのです。
    (たぶん、片思い)
    例えば、昭和40年生まれ、山羊座、A型、身長176センチ、体重69キロ(公称)、PTA会員、好きなアーティストはPerfume、capsule、YMO、高橋幸宏、細野晴臣、JAPAN、デビッド・シルビアン、ロキシー・ミュージック、スティーリー・ダン、ドナルド・フェイゲン、ドゥービー・ブラザーズ、ヴァン・ヘイレン、ラリー・カールトン、ハーブ・アルパート、バッハ、モーツァルト、中島みゆき、渡辺真知子、八神純子、kaede等々等々そして、ロボッチ様に紹介していただいたワールドオーダーなどなどまだまだ全然あげ足りないですが、ま、いっか、これからもロボッチ様のインテリアブログに期待しています。ん?

  8. ゆりこ | URL | -

    あけましておめでとうございます。

    今年もロボトリアさんのブログ更新が楽しみです(^_^)

    「ヤンキー的なるもの」東京でも西多摩のど田舎なので、この傾向がよーくわかりますわ~
    友人の車はラメ入りの太いハンドルで、カーステからはいつもBOOWYですwバックもヴィトンが好きですね~
    でも一貫していて流浪せず、流行りに飛びついたりしないイメージです。

    流行りのお笑いや音楽を受け入れる大勢とヤンキーではちょっと違うイメージでした…でも大勢がなんのかは解らないです。難しいw
    オタクやヤンキーやぱふゅファンは近いほうかと漠然と思ってました。あ、だからヤンキー「的」なのか。

    うち妻の新刊、発売してたんですね!買わなきゃ~(^O^)

    今年もよろしくお願いいたします。

  9. mtst | URL | WU..WH7.

    今年もよろしくお願いします。

    年末の挨拶もなしでスミマセン。

    ヤンキーですか、メッチャ荒れた中学に通ってた頃を思い出してしまいました。

    さて、「ヤンキー的」な物と言うかどうか分かりませんが自分も自動車はシャコタンでタイヤが太くて、さらにビス止めのオーバーフェンダーが付いていたら単純にかっこえぇ、と思ってしまったりします。
    色んなスタイルがあるので全てをカッコいいと思う訳ではないですが。(どうでもいい話ですね)

    >それぞれの国に存在する、Perfumeを本当に理解し、好きで、応援してくれるファンの存在。
    Perfumeは今後、色んな事に挑戦していくのでしょうが彼女達が変わらない姿勢で活動し続ける限り、長くファンで居続ける人達の傾向はそんなに変わらないと感じます。あの姿勢に共感出来るかどうかで既にふるいに掛けられてるんじゃ無いでしょうか。

  10. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    えっと、いまさらの明けましておめでとうございます。

    ふーーん。見事ですね。「ヤンキー的なるもの」でリストアップされたものの
    ほとんどが生活の中にない(笑)。
    それも何で? わざとそうしてんの? てくらいに見事にカスらない....。

    このロボッチさんが提示した切り口はオモシロいですねえ。
    確かにPerfumeが作りだす世界観や、彼女たち3人のキャラクター、人柄を考えると
    およそ「ヤンキー的」なものにリンクしていかない、ような気がします。
    観方を替えると、それは「マス」がとれないマイノリティのもの、という言い方もできるわけで。
    時折、わたしらファンですらやきもきするほど、淡泊で真正直すぎるビジネスの進め方などを
    思い起こすと、そうかそもそもその根底に「マス」には決して繋がっていかないものを
    抱えているのかな、根本的な姿勢として「マス」に向かえないものを宿しているのかもしれない、
    と感じるほどです。

    そのあたりをセラミックおじさんは「品」いう言葉で、ここ最近指摘をしておられるのでしょうか。
    そういえば一年くらい前、アルバム「JPN」がリリースされる時、中田サンがあ~ちゃんに、
    今度のアルバムは正月の帰省で家族連れでドライブしてるヤンキーだった人のカーステから
    流れてもおかしくないアルバムだよ、と言っていたことを思い出しました。
    その雑誌を見た時に、いや「JPN」はそんな聴かれ方をするアルバムじゃあないよなあ、
    と思ったのですが、その予感はある意味ちょっと残念ではありますが、当たってしまっていました(笑)。

    「敷居を下げてまでファン層の拡大はしない」
    マスを取るために、自分たちのポリシーを替えてゆくこと。
    私がチームPerfumeに寄せている信頼とは、まずそういうコトはゼッタイにやらかさないだろう、
    というコトであります。
    2013年も、懲りることなく手前勝手なPerfume愛に突き進むんだろうな。ワタシャ(笑)。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  11. ロボトリア | URL | -

    >P120548さん

    コメントありがとうございます。

    >ロボッチさんとのっちさんの恋の行方が気になって仕方ないのです。

    そんな風に書かれるとボクもドキドキしてきますね〜(*^^*)ウフフ
    どうでしょうか? 空気が春めいてきたら、何かキモチワルイ妄想が湧いてくるかもしれませんね〜

    >ロボッチ様とわたくし、とてもベン図が重なるような気がしてならないのです。

    お、どれどれ・・・重なるものを残していきますね(^^)
    昭和40年生まれ、PTA会員、好きなアーティストはPerfume、capsule、YMO、高橋幸宏、細野晴臣、JAPAN、デビッド・シルビアン、ロキシー・ミュージック、スティーリー・ダン、ドナルド・フェイゲン、中島みゆき、渡辺真知子、八神純子、ワールドオーダー 以上。

    おお、リアル世界でここまで重なる人とはまず出会えないですねー。
    P120548さん、どうしてボクと同じクラスにいなかったのですか?←
    これだけ趣味が共通していれば、ボクがどんなネタを書こうとも共感していただけますね!(脅迫)
    どうかこれからもかまってやってください。今年もよろしくおねがいします♪

    ん? インテリ・・・ア!(笑)
    家具のようなブログ目指してがんばります(^^)/←

  12. ロボトリア | URL | -

    >ゆりこさん

    コメントありがとうございます。

    >今年もロボトリアさんのブログ更新が楽しみです(^_^)

    ありがとうございます。ゆるい更新になるかと思いますが、気になる記事がありましたら、
    共感のコメント、あるいはキビシイつっこみ、待っています(笑)

    >「ヤンキー的なるもの」東京でも西多摩のど田舎なので、この傾向がよーくわかりますわ~

    やはり都心よりも郊外ですよね。
    西多摩の線対称にあたるボクの住んでる地域も、少し奥へ行きますと、
    「ヤンキー的なるもの」の宝庫ですよ(笑) ダッシュボードに白いファー、
    でっかいルームミラーにぬいぐるみやサイコロぶらさげてますよね・・・

    >流行りのお笑いや音楽を受け入れる大勢とヤンキーではちょっと違うイメージでした…

    なるほど。ヤンキー純度の高い人は、けっこう頑固なのかもしれませんね。硬派というか。
    流行に乗るタイプは、うっすら「ヤンキー的なるもの」を宿している大勢なのかもしれません。
    なんとなくですが(;^_^

    こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

  13. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    >年末の挨拶もなしでスミマセン。

    あ、いえいえ、ボクはそういうのまったく気にしないタイプなので無問題です(^^)

    >メッチャ荒れた中学に通ってた頃を思い出してしまいました。

    そんなに荒れてたんですか。まだ校内暴力の名残のあった時代でしょうか。
    ボクの時代はまさに真っただ中でしたね。あの頃は「ヤンキー」という言葉は使わなかった気がします。

    >自動車はシャコタンでタイヤが太くて、さらにビス止めのオーバーフェンダーが付いていたら

    えーとそれはなんでしょうか?デコチャリ?(笑)
    ボクは自転車は畏怖する乗り物というトラウマがありますので、改造とかはしなかったです(笑)

    >色んな事に挑戦していくのでしょうが彼女達が変わらない姿勢で活動し続ける限り、

    そうですね。表層的な表現が変化しても、変わらない部分はありますからね。
    逆にもっとふるいに掛けてくるかもしれませんね(笑)

    今年もよろしくお願いします(^^)

  14. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    あっ、どうも、明けましておめでとうございます(;^_^

    >それも何で? わざとそうしてんの? てくらいに見事にカスらない....。

    いや、わざとしてる人も多いと思います。「ほんとにそれが気に入ってるの?」と、
    問うと必ずしもYesではないみたいです。「そうするもの」という、なんらかの呪縛を感じますね。
    やはり「舐められない」「仲間意識」がキーワードかなと。

    >根本的な姿勢として「マス」に向かえないものを宿しているのかもしれない、

    さすがチョーさん、ボクが言いたいことを1行でさらっと言いましたね。

    >そのあたりをセラミックおじさんは「品」いう言葉で、ここ最近指摘をしておられるのでしょうか。

    おなじくセラミックおじさんは「売れるということはバカに見つかること」という有吉くんの名台詞も
    以前に引用されていましたね。いずれにしても「マス」に向かっていくというのは、
    様々なリスクも背負い込むわけですね。
    Perfumeというのは良い意味で不器用なユニットだと思っています。
    そのあたりはまさに「宿命」という気がいたします。
    だからよりいっそう、目が離せない、応援したくなるんですね(^^)

    >その予感はある意味ちょっと残念ではありますが、当たってしまっていました(笑)。

    お、実際にヤンキーさんがカーステで鳴らしている現場を目撃されたのでしょうか?
    ヤンキーの方の中にもPerfume好きという方はおられると思いますから、
    どのへんに惹かれたのか、意見を聞いてみたいですね。

    今年もよろしくお願いします。
    チョーさんの、偉大なる記事補強コメント期待しています(^^)

  15. kazz | URL | -

    チョーさん同様、該当せず。

    musicman-netは業界人向けの情報サイトですが、音楽ファンにとっても示唆に富む記事が多く、
    半端な音楽誌よりよほどためになります。

    http://www.musicman-net.com/SPPJ01/40-2.html

    佐久間正英氏へのインタビュー、あぁ言っちまったなぁみたいな・・・。
    でもこれ、批判ではないんですよね。妙なドメスティック化への違和感。

    MJ特番で見たアジアツアーのオープニング、
    「Welcome to PerfumeWorld ~ Theme of Perfume-Global」の胸のすくようなクールさ。
    紅白での、PerfumeのTV番組出演史上、最高級と言える先鋭的なパフォーマンス。

    「どこがいいのかわからん」と言う人に出会ったわけではないけれど、
    もしもそういう人がいるとしたら「わからんというあんたの感性がわからん」と言ってしまいそう。
    でもこれもまた批判では毛頭ありません。困惑・不可解という感情に近いのです。

  16. ロボトリア | URL | -

    >kazzさん

    コメントありがとうございます。

    >佐久間正英氏へのインタビュー、あぁ言っちまったなぁみたいな・・・。

    うはは、佐久間さんも如実に感じられておられるのですね。
    なるほど。日本ではメインストリームのヤンキー音楽も、海外ではまるで受け入れられないと。
    やはり、たとえ日本ではマイノリティでも、真摯に質の高いオリジナルを目指すべきなんでしょうね。

    >MJ特番で見たアジアツアーのオープニング、
    「Welcome to PerfumeWorld ~ Theme of Perfume-Global」の胸のすくようなクールさ。
    紅白での、PerfumeのTV番組出演史上、最高級と言える先鋭的なパフォーマンス。

    そうですそうです。たまんないですよね〜!
    あれだけ立派なステージを見せてくれた紅白さんには大感謝ですが、
    日本では主流に成り得ない価値観なんだと思うと、なんとも言いようがないことですね(;^_^

  17. smile | URL | -

    なるほど

    たしかにPerfumeはヤンキー的ではないですね。
    でもそもそもヤンキー的とは?
    「派手」+「奇抜」+「ちょいわる」
    私の感覚ではこんな感じ。
    これって本当に魅力的なものの条件なんでしょうか?
    上に挙げられてる例のものをみても
    ヤンキーとヤンキー好き女子が
    好きなだけのものが多くないでしょうか?

    とか、
    思っちゃいましたw

    あと、
    Perfumeの頭打ち感がヤンキー的美意識層を取り込んでないから
    ってのもなんだかシックリきません。
    非ヤンキー的美意識層の何%がPerfumeファンなのでしょうか?
    まだまだ微々たるものだと思います。
    もちろん
    非ヤンキー的美意識層=Perfumeの魅力をわかる人
    でないのはわかっていますが
    ヤンキー的美意識層を取り込まなくても
    まだまだ伸び代はあるし伸びていけると思います。

    そうゆうのは関係無しに私は単に
    日本人のすでに売れてるものに今更乗っかりたくない気質が
    今のPerfumeの頭打ち感じゃないかなと思っています。
    それでもファンが減らないPerfumeは凄いし
    少しずつだけどファンも増えてると思います。

    今以上に売れるにはやっぱり第2のブレイクが必要で…
    それにはある意味ヤンキー的要素が必要かもしれませんが(^^;
    個人的には良い曲をやってじわじわファンが増えて
    いつの間にやらドームツアー出来てる!
    ってのがいいなぁ~なんて思いますね。

    あと、若者DLだけじゃなく
    ちゃんとCD買えやって感じですw

    あ、批判っぽくなっちゃいましたが
    面白い切り口だと思います(^^)

  18. ロボトリア | URL | -

    >smileさん

    コメントありがとうございます。

    日本のヤンキー、及びヤンキー的な趣味を好む人数がどれくらいなのかの統計があるわけではありませんので、この分野の研究はまだまだ未開拓であり、ヤンキー自体が「本質」を伴わない文化であることから、実体が掴みにくいのが現状のようです。
    コメント欄でkazzさんが紹介してくれた佐久間正英さんのインタビューが、
    ボクの記事の意図と近いので読んでいただけると幸いです。

    >今以上に売れるにはやっぱり第2のブレイクが必要で…
    それにはある意味ヤンキー的要素が必要かもしれませんが(^^;

    そうなんです。「爆発的に売れるには」いい悪いは別にして、現状そうだと思います。

    >個人的には良い曲をやってじわじわファンが増えて
    いつの間にやらドームツアー出来てる!

    おっしゃる通りで、今のスタンスでジワジワ売れてくれるのがベストですよねー。
    でもボクは、ドームツアーよりもホールツアーの方が観たいのが本音です。
    ほんとはライブハウス希望ですが、それはさすがに超プレミアになってしまいますからね(;^_^

    規模よりも質。瞬発力より持続性を求めたいと思っているこのボクの考え方も、
    マイノリティに属するのでしょうか(笑)

    ややこしくて、未熟な記事にコメントありがとうございました♪

  19. Sawmasu | URL | 2wT3Kc/2

    今更ですが・・・。

    Twitterのほうではお世話になってます。
    少し時間が空いてしまいましたが、気になったのでコメントさせてください!

    ヤンキー。確かに面白い論点ですね。自然とコメントしたいと思いました。
    多少無理がありますが、ヤンキー=一般大衆というロジックで考えてみました。

    これは決して某グループとの比較ではありませんが、
    Perfumeがバラエティーや歌番組、CMなどの各種メディアへの露出を増やしたしたとところで、
    一般大衆の認知度は上がるでしょうが、果たしてその人たちはCDを買って、ライブに来てくれるのでしょうかねぇ?
    ビジネスとして考えたときに一番良いお客さんは、ライブに来て、CD買って、グッズ買ってくれる人なはずですから・・・。
    認知度=売り上げに繋がるとは一概には言えないでしょう。ある程度の時期を超えると。

    ファンがyoutubeなどに勝手にupして、それを偶然見つけた人がPerfumeの魅力に気づいてファンになる。
    これはもちろんPerfumeが送り出す作品の質が高く、メンバーやスタッフの方が素晴らしいからこそですけどね。

    こういう過程でファンになった人って忠実で、長続きすると思います。
    誰から勧められたわけでもなく、自分で好きになったわけですから。
    僕もそのクチですからw

    だから、僕自身は人に勧めるの好きじゃないんですよ。
    Perfume好きだという機会ないこともありますが、
    Perfumeという単語吹き込むくらいがちょうど良いと思っています。
    相手が、何かの拍子で自分自身で気づいて好きになってくれたら嬉しいですね。

    Perfumeってコアだと思います。
    今でもかなり人気あると思いますが、これ以上の爆発的ブレークはなかなか厳しいと思います。

    だけど、Perfumeにとって大切なモノはみんなで共有出来ている気がするんです。
    アジアツアーによって、海外にも同じように伝わってることがわかりました。
    個人的にはものすごく嬉しく、衝撃的でした。台湾なんて初ワンマンとは思えない雰囲気でしたから。
    僕たちと同じ気持ちを持った人達が日本以外にもたくさんいて、いつかPerfumeが来てくれるのを待ってる人がたくさんいる。
    これって素晴らしいことじゃないですか。会い行ってあげて欲しいな。
    出来たら僕も立会人で行きたいですがw

    「これくらいの感じで、多分ちょうどいいよね」僕はそう思ってます。

    人気を伸ばすために僕たちが一番簡単に出来ることは「ファンをやめないこと」だと思います。
    そうすれば微増していく新たなファンの分純増していくわけですから。

    Perfumeの活動が長続きすると仮定するならば、健康に気をつけて長生きするというのが加わるかもしれませんw

    まとまりがなく、長いコメント失礼しました。
    これからもよろしくお願いします!!

  20. ロボトリア | URL | -

    >Sawmasuさん

    コメントありがとうございます。

    >自然とコメントしたいと思いました。

    ありがとうございます。そのようにこの記事を認識してもらい嬉しいです(^^)

    >これは決して某グループとの比較ではありませんが、
    Perfumeがバラエティーや歌番組、CMなどの各種メディアへの露出を増やしたしたとところで、
    一般大衆の認知度は上がるでしょうが、果たしてその人たちはCDを買って、ライブに来てくれるのでしょうかねぇ?

    多分、Sawmasuさんのおっしゃる某グループの方々は、露出の効果が如実に表れるのでしょうね。
    Perfumeさんの場合はそちらに比べますと、必ずしもわかりやすいグループではないので、
    効率の面では劣るかもしれませんね。
    しかし、なんだかんだ言ってもテレビはまだ影響力が大きいですから、ある程度の露出は必要でしょうね。
    実際、テレビをきっかけにPerfumeにハマった人も少なくないと思いますよ。
    でもいつも感じるのは「Perfumeはこんなもんじゃないんだよ〜〜!!」ということですけど(笑)

    >誰から勧められたわけでもなく、自分で好きになったわけですから。

    その点は大事ですね。ボクもどんなに人が勧めても簡単には聴かないですから(笑)
    むしろ強く勧められれば、られるほど、引きますからね。
    ですのでボクもSawmasuさん同様、無理に人には勧めないですよ。
    能動的に探っていったものの方が、誇りを持って応援出来る気がします。

    >アジアツアーによって、海外にも同じように伝わってることがわかりました。

    実際に目撃されたSawmasuさんはその思いを、一層強くされたでしょうね。
    圧倒的マジョリティではないにしろ、世界にはまだまだ沢山のファンの方が存在すると思います。
    これからはそんなファンの方々に実際にPerfumeを観てもらう機会が増えると思うと、
    ワクワクしますよね♪

    >健康に気をつけて長生きするというのが加わるかもしれませんw

    はい、健康あっての応援ですね。末永く見届けたいですね(笑)

  21. smile | URL | -

    Perfumeはテクノなのか?

    を読んでなんとなくこちらの意味が分かったような気がします。
    やっぱり私の捉えていたヤンキー的とは違うように思いました。
    個人の差なのか世代の差なのかw

    「引きの美学」の対のような感じなのでしょうか?
    そう思って読み直すとなるほど納得。

    ライブハウスで観たいのと
    彼女達の夢が叶ってほしいと思う気持ち
    どちらも持ってるのがファンってもんでしょうね。
    でもゆっくりでいいから
    夢をかなえてほしいと思いますね~私は(^^)


    でもライブハウスでも観たい!←オイ

  22. ロボトリア | URL | -

    >smileさん

    コメントありがとうございます。

    >「引きの美学」の対のような感じなのでしょうか?
    そう思って読み直すとなるほど納得。

    ヤンキーさんはグイグイ押してきますからね。
    それが強みでもあるんですが。個人的には引いたものの方が気になります。

    >でもゆっくりでいいから
    夢をかなえてほしいと思いますね~私は(^^)

    彼女たちが望んでいるなら・・・(;´Д`)

    >でもライブハウスでも観たい!←オイ

    ( ̄▽ ̄;)

  23. あやか | URL | yD6IxOi.

    マジすか楽園

    彩香参上! 毘沙門天!! 自炊裁判上等!!! みたいな;

    ヤンキーてかB系多いな?自分の周り・・; 
    インテリヤクザのハシモちゃんに感動してるからかな?


    パフュの曲は、ファンですら右から左、5~6回聞いて初めて「いい曲や」と気づくのも・・ごにょ2

    (嫌いなクレヨン ドラに ドン引きしてるヤシ居る?)



  24. ロボトリア | URL | -

    >あやかさん

    コメントありがとうございます。

    >パフュの曲は、ファンですら右から左、5~6回聞いて初めて「いい曲や」と気づくのも・・

    そういう曲もたしかにありますね。
    パッと聴いて、引っかからなければ、パッとやめちゃうような性格の人にはなかなか伝わりづらいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/688-287bf795
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。