『高橋幸宏  60th Anniversary Live』

2012年12月23日 15:11

12/22日。
全33曲3時間30分を超える、これまでのキャリアを集大成する壮大なライブでありました。

ボクが高校2年の時に行った幸宏さんの第1回のソロライブ。
それがボクの人生初のライブ体験でした。
誰でもそうだと思いますが、憧れのアーティストの初めてのライブ体験は、
忘れられない思い出となりますね。
昨日のライブは、そのボクの原点から始まり、
過去をすべてトレースされたような気持ちになり、とても感慨深いものでした。


出演者アーティスト:
高橋幸宏
Sketch Show(細野晴臣) / THE BEATNIKS(鈴木慶一) / pupa(知世ちゃん♡) /
Steve Jansen / 小原礼 / 徳武弘文 / Dr.kyOn / 矢口博康 / 高野寛 /
白根賢一 / 高桑圭 / 小山田圭吾 / 高田漣 / 堀江博久 / 権藤知彦/ BUZZ 他


セトリが公表されたので、コメントを加えつつ紹介したいと思います。



opening - YUKIHIRO SONGS Special Mix
 スクリーンに映し出される過去の様々な映像。もうこの時点で感無量なんですけど。。
01 世界中が I Love You
 アルバム『THE DEAREST FOOL』からでしたね。
 正直、初っぱなのこの選曲はまったく予想出来なかった(笑)
 歌詞に伝えたいモノがあったのかな。。
02 It's Gonna Work Out
 ひたすらカッコええです。高校の時この英詩全部おぼえました(笑)
03 Murdered By The Music
04 Radio Activist

 BUZZの東郷昌和さんが参加。『音楽殺人』の中でも大好きな曲。
 まさかこの曲が聴けるとは!
05 Drip Dry Eyes
 名曲でございます。
06 Now and Then
 ここでスティーブ・ジャンセン参加。二人で歌います。
 この後スティーブは、いーっぱいドラム叩いてくれます。
07 Stay Close
 スティーブといえばこれやね。
08 Still Walking to The Beat
 ここでベースに小原礼参加。腹に響くベース最高。
09 My Bright Tomorrow
 カッコイイ幸宏バンド炸裂。
10 Disposable Love
 思い出します82年のライブ。あの時もスティーブがドラム叩いてくれてました。
11 前兆
 大バラードですね。かなりキーが高い曲ですが幸宏さん声出てましたね。
12 The Price to Pay
13 元気ならうれしいね

 知世ちゃん参加。pupa編成ですね。
 一気に空気に清涼感が出ます(笑)
14 At Dawn
15 Laika
16 Blue Moon Blue

 近年のアルバムでは『Blue Moon Blue』が好きです。
 このアルバムに漂う「暖かい寂寥感」みたいな雰囲気がたまりません。
17 The Words
18 In This Life

intermission - A Stormy Day〜Poisson D'Avril(休憩です)

19 Chronograph
 おおっと!しれーっと細野さん参加。SKETCH SHOWですね。
 ここでもスティーブが変則的なドラムを披露。
20 Stella
 SKETCH SHOWのアルバム『LOOPHOLE』は傑作だったと思い出しました。
 幸宏さんと細野さんのしっとりとしたコーラス、絶品です。
21 Ekot
22 Inevitable

 鈴木慶一参加。THE BEATNIKSですね。
 慶一曰く「ブラックピューパ」(笑)
23 Left Bank
24 ちょっとツラインダ

 ヒットスタジオの思い出話など。ひな壇にずっと座っているのは「ちょっとツラインダ」(笑)
25 1%の関係
 これも今聴くと、しみじみと切ないですなぁ。
26 X'mas Day in The Next Life
27 Glass

 再び昔の曲へ。ああ、大村憲司さんがいたらなあ。。
28 Something in The Air
 やばい。この流れ。高校の時の自分の気持ちとかいろんなこと思い出す。
 美術の授業でこの曲を頭の中に流しながら描いた絵が先生に評価されて、
 今の職業に至るわけで・・・人生の一曲です。
29 今日の空
 ラストにこれ持ってきますか・・・涙。
(本編終了)

30 Set Sail
 こういう曲多いけど、幸宏さんの十八番だよねー。この曲も好きですよ。
31 Prayer of Gold
32 Sunset

 ライブ初披露!1stアルバムから。聴きながらよく歌ってました〜。
 出だしのシンセの音が原曲のまんまでした。大感激!
33 Saravah!
 幸宏さんの美意識の原点のような曲で締めたわけですね。お見事でした!


セトリ出典




この長丁場。ほとんど歌いっぱなしの幸宏さん。
腰が痛いと言いつつ、後半のMCは声も枯れていましたが、歌い切りましたよねー。
ほんとに素晴らしいライブでした。
踊り狂うというライブではありませんが、
演奏の素晴らしさ、特にベテラン勢のグルーヴは凄いです。

最後は観客全員スタンディングオベーション。
終演のアナウンスがあるまで万雷の拍手は止まずでした。

今日のライブへの満足感と、
自分の人生を左右するような、素晴らしい数々の音楽への感謝、
そしてこれからへの期待。

みんなそんな気持ちで拍手していたと思います。
・・・もちろんボクも。

2012年の締めくくりに、幸せな時間をありがとうございました。






サラヴァ !
サラヴァ !
posted with amazlet at 12.12.23
高橋幸宏
キングレコード (2005-03-24)
売り上げランキング: 5,159




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. 風の靴 | URL | -

    ユキヒロ様

    ロボトリア様

    こんばんは・・
    どうしても、コメントせずに居れなくなりました。(笑)

    なんと!ユキヒロさんのLIVEに行かれたのですね!!
    羨ましいです~、これは私も行きたかった!(笑)
    (ユキヒロさんが60歳!これには驚きデス!)

    ザッと出演者の方々を拝見しただけでも、超豪華メンバーでございます。
    も~このセットリストは、ファンなら文句なく垂涎ものの内容かと・・・

    特に私などは、なんと言いましても!ユキヒロさんとスティーヴの[Now and Then] [Stay Close]その場に居りましたら、も~卒倒ものでございますっ(笑)

    そして最後は・・・
    スタンディングオベーション「万雷の拍手なり止まず」でございましたか・・・
    ・・う~ん分かります・・・おそらくそうでございましょう・・・(笑)

    おっしゃる通り!ロボトリア様の一年を締めくくるに相応しい、素晴しい内容の
    真に味わい深~いLIVEとなったのではないでしょうか?
    (ホント羨ましいです。)

    アッ、それはそうと・・・
    ユキヒロさんのLIVEは、奥さまと御一緒に行かれたのでしょうか?(笑)

    奥さまのイラスト、またまた拝見させて頂きました。ヤッパリお上手ですね・・
    それぞれの方の個性をよく捉えていらっしゃいます。
    「表現力」が素晴しい!
    (また、最後は奥さまのお話しになってしまいました・・)(笑)

    雪が降っています。明日はホワイトクリスマスになるでしょうか?・・・
    ―どうぞ素敵なクリスマスをお迎え下さい―


  2. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    土曜日はありがとうございました!

    ユキヒロ本人が事前にツイッターで長くなるよ~、とは告知してましたが、
    ライブを実際に体感してみたら...そのバラエティの豊かさにも舌を巻きましたね。

    ○そうそ。ライブ後の反省会でワカラニャイ、といってた「世界中が I Love You」
    タイトルにも聞き覚えがあると思ったら、W.アレンの映画のタイトルだったし、
    もっと遡ると、1930年代のマルクス兄弟の映画にまで辿り着く、といういかにも
    ユキヒロなもの(笑)。

    ○「It's Gonna Work Out」が始まったとたん、82年のツアーにタイムスリップした私ら。
    あの日のライブは随所でその折々の年代のライブがよぎりましたね。
    何より感心したのが GREAT3のドラムの白根クンですね。彼のタイム感がまるで
    ユキヒロそのもので(笑)。歴代ドラマーの中でもそれは屈指のもの。
    始まった途端、腰がイタイと泣きごとを言ってたりしましたが、「Radio Activist」みたいな
    こんな曲がまさかライブで、というサプライズまで用意してくれる
    ユキヒロのサービス精神にはホント脱帽でした。

    ○「Now and Then」でナマで聴いても本人そのものじゃないか、というヴォーカルを披露して
    くれたスティーブ・ジャンセンの見どころは「Still Walking to The Beat」でした。
    白根クン、ユキヒロ、スティーブの中で、特に独特のタイム感、ハネを持ってるなあ、と
    感心したのがスティーブ。いやあ、身体中の血がたぎりました(笑)。

    ○「My Bright Tomorrow」あたりからの「年寄り組」と言われていたほぼ91年ツアー組の
    ユニットは見どころ満載、いいバンドでした。特に矢口クンのサックス、小原のベース、
    kyonのキーボード! 久々に聴いたけど、みんなスバラシイ! 「My Bright~」での矢口クンの
    サックス。いやあ.....。

    ○「前兆」は、このライブの前に知った個人的なことでのちょっと悲しい知らせのことが
    フィードバックしてしまい、涙なしでは聴けませんでした。こういうあたりのレパートリーが
    ホントに聴けるシアワセ....堪能しました。

    ○「元気ならうれしいね」からのpupaパート。最近すっかりおなじみのこの音も、ユキヒロの
    音楽という数十年の大きな樹木になった、たわわな果実だということがよく判りました。
    一見、穏やかなエレクトロニカに聴こえても、とてもよく配慮されたリズムの面白さが
    込められている。もっともっと新しい曲が聴きたいです。
    ああ、そうそう。このエレクトロニカ・パートに、ユキヒロをこの路線にのめり込ませる
    キッカケになった LALI PUNA のヴァレリーとかが来て「Out There」とかやってくれたなら、
    間違いなく私は卒倒していたでしょうね(笑)。

    ○>しれーっと細野さん参加。 ねー。どうしてあの人はいつもああなんだろ(笑)。
    教授がこのイベントに参加できない詫びのメールが届いていたことを聞くや、
    「そうか、その手があったか!」とか。「65までは元気だけど、そのあとはどーなるかわかんないよ」
    とか、ケーイチと双璧をなす無法ぶり(笑)。
    でもホソノさんとユキヒロの二声って、他に代え難い魅力ですよね。SKETCH SHOWで改めて
    それを確認。

    ○「ザ・ビートニクス、またの名を ブラック・ピューパ!」というこの日一番の迷言を
    吐くためだけに来た、といっても過言でない、羽田が生んだ怪人・鈴木慶一(笑)。
    ユキヒロは「ケーイチの書く詞は、女の子を影から見てた、とかそんなのばっかし」とか
    冷やかしてましたが、「Left Bank」以降の「X'mas Day in The Next Life」までの
    あの晩演奏されたケーイチ作詞のあの曲たちの「乾いた独特の視点」の世界観は、
    ユキヒロソロの楽曲群にあの時期独特のカラーをもたらしたと思っています。
    「1%の関係」とか。再びあの頃のレパートリーが聴ける日がくるなんて
    思ってもみなかったんで、そこでも私はシアワセを噛みしめていました。

    ○「Glass」「Something in The Air」私にとっても今だに「人生のなかの5枚」である
    ニウロマンティックかのレパートリー。そうでしたか。「Something~」はロボッチさんに
    とってそんな思い出のある曲だったんですね。私もあのアルバムの中の
    「非・凡」に特別な思い入れあったので、あのメンツなら...と期待しましたが
    淡い夢でした(笑)。アンコール前が「今日の空」だった時は、あ、今ごろロボッチさん
    泣いてるなあ~、と即座に思ったくらい(笑)。

    ○アンコールでの「サラヴァ!」からの2曲。一体会場に詰め掛けていたいた人で
    これを予想できた人はどれくらいいたのでしょうか。
    まさかコレをライブで聴けるなんて...突然の事態にどう対処していいか
    わからなくなってる、ほとんどのお客さんの静まりかえった状況はそんな風に見えました。

    ユキヒロの今までのライブだと、こうした大棚揃えの、過去のマスターピース大フィーチャー、
    というセットリストのライブが皆無だったこともあり、とても新鮮でしたね。
    これからのユキヒロのライブ活動の中で、従来通りの新作中心の現在進行形のものと、
    こうした30数年のキャリアの中から選りすぐられたセトリのツアー、2通りあってもいいなあ、
    と、帰りの猛ラッシュの電車でモミクチャにされながら、ひとりごちておりました(笑)。

    P.S.
    あの日コーラスで来ていた東郷昌和サンたちの「BUZZ」。
    こないだの反省会で話していた曲、つべにありました↓
    http://www.youtube.com/watch?v=Eunqtuc7i-8

  3. リニアモーターボーイ | URL | mggyZOgk

    後悔先に立たず

    セトリとロボッチさんのレポートを
    読んでいて参加できなかった事が残念でなりません。

    こんな素晴らしいライブならDVDはリリースしてくれるでしょうね。

    来年からは少ない小遣いを貯めておいて後悔しないようにしようと
    肝に命じました。

    ロボッチさんにとっては今年のライブの締めくくりが
    今回のライブで本当に良かったですね。

  4. ロボトリア | URL | -

    >風の靴さん

    コメントありがとうございます。

    幸宏さんの還暦を祝う趣旨のライブだったはずですが、フタを開けてみれば、
    幸宏さんの大サービスによるファンへの感謝イベントだったような気もしています。
    それほど頑張ってくれましたし、満腹にもなりました。

    >ユキヒロさんのLIVEは、奥さまと御一緒に行かれたのでしょうか?(笑)

    いえ、今回はひとりです。妻はなかなか出不精なもので(;^_^
    ムーンライダーズ色がもっと濃ければ来たかもしれません(笑)

    >奥さまのイラスト、またまた拝見させて頂きました。ヤッパリお上手ですね・・

    ありがとうございます。今回は苦戦してましたので、嬉しいです。

    >―どうぞ素敵なクリスマスをお迎え下さい―

    今日は寒いですね(≧ω≦) もし雨だったら雪になっていたと思います。
    風の靴さんにとっても素敵なクリスマスでありますように♪

  5. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    でた!久々のチョーさんのチョー長文コメ(笑)
    いやいや、ボクの舌足らずなレポの補足たいへんありがとうございます。

    いやー、楽しかったですねー。
    そう、考えてみれば幸宏さんがあんなにファンが喜ぶ曲ばかりやるライブってなかったかもですね。
    ほんとに還暦を祝うつもりが、こちらが出血超大サービスをうけてしまったようなもので。。
    最後にスタンディングオベーションで応えるしかありませんでした。

  6. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    ボクもまさかここまで超濃厚なライブになるとは思わなかったですよ。
    還暦というくらいですからね〜。体力面もありますし。
    しかし幸宏さんの底力なめてましたね。いやー恐れ入りやした。。

    DVDは出ると思いますよ。カメラもたくさん入っていましたし。
    あのライブを記録に残さないのは罪ですよ。

    >ロボッチさんにとっては今年のライブの締めくくりが
    今回のライブで本当に良かったですね。

    はい。知世ちゃんも拝めましたし、夢心地のライブでございました♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/682-6e467b78
この記事へのトラックバック