--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfume 成功の法則

2012年11月25日 21:33

シンガポールでもPerfumeは圧巻のステージを披露!
ボクもライブビューイングで、その歴史の瞬間を目撃することが出来ました。

ライブハウスという、規模的にはGAMEツアーを彷彿とさせる今回のワールドツアーでしたが、
3人のパフォーマンス、ステージのクオリティは、はるかにあの頃より進化していましたね。

特に「Spending all my time」のあの複雑なダンスを余裕でかましてるカッコ良さといったら!
あれテレビでやらない理由わかりましたよ。
あんなんやってくれたら、他の自称アーティストの方々が自信喪失して、
芸能界を引退し、路頭に迷ってしまうじゃないですか・・・(笑)

半分冗談はさておき・・・
今回のワールドツアーは、Perfumeが世界に向かって、
「どうですか!私たち凄いでしょう!」というツアーでは無かったと思います。
いえ、結果的には凄かったのですが。
あくまでも、Perfumeのことを待っている人たちがいるので、
そこに行ったまで。
ボクはそう思っています。
それがたまたま海外だったと。

最後のMCであ〜ちゃんは語ってくれましたね。
自分たちが海外に来た理由、経緯。
それにはいくつも解決しなければいけない問題があったことなど。
モニターに字幕でも表示されていたので、
どうしても伝えたいメッセージだったと思います。


ボクが最も心うたれたのは、徳間ジャパンさんについてのお話です。
売れない時も、悲しい時も、目標を見失いそうになった時も、
見放さずいつも守ってくれた徳間ジャパンさん。
そんな恩もあり、共に苦楽を経験してきたスタッフさんとの別れ。
そう、海外に打って出るには海外に販路を持っているユニバーサルさんに
移籍しなければなりません。

何年も前から海外進出の待望論がありながら、具体化にいたらなかったのは、
そのあたりの彼女らの心の揺れにあったと推測します。
しかし、カーズ2のワールドプレミアで外国にもPerfumeのライブを熱望しているファンが、
大勢いると知り、大きく心が動いたといいます。

そして徳間ジャパンさんは・・・
「今しかないよ!海外に行っておいでよ!」
と、背中を押してくれたといいます。




自分さえよければ、という時代です。
ビジネスの世界では、いかにライバルを出し抜き、自分が利益を得られるか。
そのような振る舞いが当たり前です。

オレが、オレが・・・

自らの失敗を省みず、おのれの成果を誇張して猛アピールしている人をニュースで見ました。
人の欠点をあげつあらい、本質とはかけ離れた論戦を繰り広げる大人を見ました。

オレが、オレが・・・

そんな徳のない人たちを誰が支持するでしょうか。




CD不況といわれて久しいです。
そんな中、確実に10万枚単位で売り上げを叩き出してくれるPerfumeの存在。
そんなPerfumeが徳間ジャパンさんにとって軽いはずもありません。

でも、背中を押してくれた。

自分たちには、海外展開のノウハウがないからといって・・・
何よりもPerfumeの未来を、第一に考えて・・・




Perfumeが持つ、大きな強み。
それは周りの人をすべて味方にしてしまうこと。

徳間ジャパンさんの英断はPerfumeだからこそ出来たことだと思います。
Perfumeと共に歩んでいく内に、心の粒子が伝染したのかもしれません(笑)


声高に「オレが、オレが」と言わなくても、結果的に成功を導き出しているPerfume。

強く主張すべきはいつでもパフォーマンスの中。

この事をいつも証明してくれるPerfume。

そんな希有な存在を応援できる喜び。


懸念されていたアジアでのツアーを大成功に終わらせた今、
またそんなことを実感させてもらっています。


ありがとうPerfume。
ありがとう徳間ジャパンさん。





Perfumeどら
ドラえもんのTシャツはXLサイズ? 首周りはどうなってるんだ?(笑)






Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD(初回限定盤)(DVD付)
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2012-09-12)
売り上げランキング: 222


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. ヤジオショー | URL | -

    志の強さと恩を忘れない謙虚さ

    今回のライブビューイング、僕も全国3万人の一人として参加させていただきました。
    あえてライブハウスを選んでシンプルなステージでのライブの意味するところは、「初心に帰って(もちろんパフォーマンスはスパイラルアップして)」ということなのかなぁ、と思います。
    日本ではそれなりに一目置かれる存在になっているPefumeですが、いくら待ってくれているファンがいるとはいえ海外ではさほど知名度もないはずだから、上京した当時からのライブハウスを中心とした活動に戻って始めてみよう、との判断だったと思うんです。

    海外に販路をもたないレーベルでは海外進出できない、だから徳間からユニバーサルに移籍したのだと理由も含めて明確に話したのはJPNでもほとんどなかったのではないか、とMCを聴きながら思いましたが、単純にビジネスライクに契約終了、とできたはずです。しかし、それをせずに長い時間(たぶん2010年の下期には移籍の話が出ていたのではないかと思います)かけて移籍に踏み切った背景には、業界の仁義のようなモノもあったとは思いますがそれだけではないでしょう。

    あ~ちゃん曰く「恩は返すモノではなくて忘れないこと」であるならば、インディーズからメジャーデビューへの扉を開いてくれ、コンプリートベストという名の実質ラストアルバムの後にさらにCDとDVDを出させてくれた徳間に対する恩義は並大抵ではなかったはずです。
    当時の徳間(もしかしたがアミューズの幹部でも)としては、アルバムを想定以上に頑張って売った事へのご褒美としてCDとDVDを出してあげよう、くらいに考えていたかもしれませんけどね。(YMOの散開後のアルバムも、サーヴィスとアフターサーヴィスですから)

    現在の徳間にとってはロボトリアさんおっしゃるように移籍は営業的にかなり痛いはずです、それをあえて同意したのはアミューズや移籍先のユニバーサルさえも真摯に誠実に時間をかけて納得のいく合意を目指して交渉したからに他なりませんが、業界の慣習ではここまではしないはずです。
    その裏にあったものは三人の気持ちを大切にして交渉しようという大人達の思いがあったように思えてなりません。
    そんな3人だからこそ移籍について徳間から背中を押してくれたのだと思います。

    これからの海外進出は今回のアジアツアーほどやさしくないと思います、逆風ならまだしも相手にすらされないかもしれない。でも志の強さと謙虚さに最近ではしなやかささえも体得しつつあるように見える彼女達ですから、必ずや周りが味方になってしまうという「みんな身内にして行く」結果になっていくのだろうと思います。
    私もFanになってしまった以上、これからも老骨にむち打って応援していくしか生きていくすべがなさそうですね(笑)

  2. リニアモーターボーイ | URL | mggyZOgk

    そうですよね。ロボッチさんの仰るとおりです。
    とても義理堅い3人の事ですし
    (今のご時世、ここが大切です。)
    断腸の思いの移籍だったことがあ~ちゃんの
    表情からうかがうことができました。
    徳間さんのアーティストを育てる姿勢にも
    感服しました。

    こういうエピソードを聞くと是が非でも
    世界に羽ばたいて欲しいですし
    今以上に応援したいと思います。

  3. ロボトリア | URL | -

    >ヤジオショーさん

    コメントありがとうございます。

    >上京した当時からのライブハウスを中心とした活動に戻って始めてみよう、との判断だったと思うんです。

    その辺いちいち律儀ですよね。でもそこがいいんだなあ(笑)

    >その裏にあったものは三人の気持ちを大切にして交渉しようという大人達の思いがあったように思えてなりません。

    そこなんですよ。もちろんビジネスですから、損得勘定を全く抜きにすることはあり得ませんが、
    ことPerfumeに関しては、それらを超えたやり取りがあったことを信じたいですね。
    きっと巡り巡って徳間さんには何か大きなご褒美がある、そう思っています。

    >これからの海外進出は今回のアジアツアーほどやさしくないと思います、

    今回のように待っている人のところへ行くのか? あえて挑戦するのか?
    どちらもPerfumeらしいですね。アウェイのPerfumeもボクは好きですね〜(^^)
    今は帰る場所があるのですから、どこへ行ってもきっと大丈夫でしょう♪

  4. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    Perfumeを見てていつも思うのは「正義は勝つ」ということです。
    その様を見るのが、なんとも痛快なんですよね。
    だから応援したくなっちゃうんですね。

  5. ayaka | URL | yD6IxOi.

    えっじえぢ!  ありがたや~

    ロボッチさん達の☆感動的なコメント☆の後に、KY↓差込んで申し訳ないです。

    今週土曜の サイエンスZERO再放送 は 録画をオススメしま~す!

  6. セラミックおじさん | URL | -

    生きていてよかったと思う瞬間…(おおげさだけどね)

    ほんとうに、正しいものが勝つ  そんな瞬間を体験させてくれた気がします

    会場のみんなの顔は、僕達の顔でした

    言葉の壁なんて、どーーーでも良いことでした

    Perfumeが光輝けば輝くほど、  腐れ切った政治屋どもがドス黒く見えます(笑

  7. イトナオ | URL | -

    こんにちは

    MC
    TJCさんについてのお話は、僕の心も打ちました。
    おそらく、ほかの多くの人の心をも。
    「彼女たちの為なら」
    ホントにそう思わせてしまうだけの魅力を持ってますよね…

    このLVをもって、今年の僕のPerfume関連イベントは終了。
    来年はどんなものを見せてくれるのか、ワクワクした気持ちと共にしばしの冬眠です。

    ※LVは僕もコルトンでした。

  8. ロボトリア | URL | -

    >ayakaさん

    コメントありがとうございます。

    氷結ナイトの映像が紹介されたみたいですね!
    本放送を見逃したので録画します!ありがとうございます!

  9. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさんさん

    コメントありがとうございます。

    いえいえ、本当に世の中捨てたもんじゃないなと思わせてくれることが多いです。

    >言葉の壁なんて、どーーーでも良いことでした

    シンガポールのお客さんのノリが素晴らしかったですね。
    圧縮がないことに驚きました。
    本当に眼に焼き付けたいのだな、と思いました。。。

    >Perfumeが光輝けば輝くほど、  腐れ切った政治屋どもがドス黒く見えます(笑

    そこが思わぬ副作用ですね。ニュースを見るのが辛いです(苦笑)

  10. ロボトリア | URL | -

    >イトナオさん

    コメントありがとうございます。

    >「彼女たちの為なら」
    ホントにそう思わせてしまうだけの魅力を持ってますよね…

    そうしないと、地獄におちるような気さえします(笑)

    >来年はどんなものを見せてくれるのか、ワクワクした気持ちと共にしばしの冬眠です。

    ボクもおそらくそうですねぇ。
    しかし毎年新しいニュースを持ってくるんですから、いつまでも目が離せないですね。

    >※LVは僕もコルトンでした。

    そうだったんですかー! コルトン盛り上がりましたよねー。
    声をかけてくれればよかったのにー、ってわからないですね(;^_^
    ご近所さんなんでしょうか。親近感わきますね(*^^*)
    あ、拍手コメントも見てますよ。いつもありがとうございます♪

  11. 風の靴 | URL | -

    のっち様

    ロボトリア様

    また、お邪魔致します。(笑)

    遂に昨夜!噂の「のっち様」を拝見致しました。!

    夕べ、「番組名」は何だったかのか思いだせませんが(笑)
    ・・歌番組だったと思います。
    TVをつけていたもので、司会の方の「Perfume・・」との声が耳に入りまし故・・
    (ドキッ)思わず手を止め、テレビの前に行ってしまいました。(笑)
    食入る様に見てしまいましたよ~(笑)

    皆さん可愛らしいですが・・・
    分かりました!「のっち様」!とても脚線美の素敵な女性でいらっしゃいますね。
    ロボトリア様がおっしゃるような「柔らかな女性美」を感じました。
    それでいて凛とされている所もお持ちの様ですね・。

    不思議な事に脳内では・・・
    のっち様=ロボトリア様の奥さまと言う面白い現象が起きております。(笑)

    ロボトリア様といい、そして先日のリニアモーターボーイ様といい、本当に「素敵な奥さま方」でいらっしゃいます。

    ご主人様方にして、この奥さま有りなのでしょうか・・?(微笑)


  12. ロボトリア | URL | -

    >風の靴さん

    コメントありがとうございます。

    おお!「ベストヒットアーティスト」偶然ご覧になったのですね♪
    それはラッキーでした。最近は音楽番組自体少ない事もあり、
    Perfumeのパフォーマンスを偶然目にする確立はかなり低いと思いますので。

    そうですね。脚線美は3人とも素晴らしいです。
    単に細くて長いのではなく、ダンスのための適度な筋肉もついておるのです(笑)

    >ロボトリア様がおっしゃるような「柔らかな女性美」を感じました。
    それでいて凛とされている所もお持ちの様ですね・。

    あのイラストは4〜5年前ののっちで、ボーイッシュな面も残していましたが、
    今は女性のしなやかさが際立っている気がします。
    しかしながら凛としている所にも気付かれる風の靴さんさすがです(笑)

    >のっち様=ロボトリア様の奥さまと言う面白い現象が起きております。(笑)

    いえいえ、まったくの別人ですので←(あたりまえ)

    >ご主人様方にして、この奥さま有りなのでしょうか・・?(微笑)

    あはは(;^_^ お世辞とはいえ嬉しゅうございます(照

  13. ayaka | URL | yD6IxOi.

    こぴぺ

    東京は、住むには最高、稼ぐには最低 シンガポール・香港になぜ勝てないのか?
    2012年11月22日(木)12:20

    (東洋経済オンライン)
    グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。しかし、そのリアルな姿はなかなか伝わってこない。グローバルエリートたちは何を考え、何に悩み、どんな日々を送っているのか? 日本生まれの韓国人であり、国際金融マンとして、シンガポール、香港、欧州を舞台に活動する著者が、経済、ビジネス、キャリア、そして、身近な生活ネタを縦横無尽につづる。



    急速な発展を遂げるシンガポール。アジアの中心都市として、香港とともに存在感を増している(写真:ロイター/アフロ)



    「キムさん、今度、『東洋経済オンライン』を大リニューアルすることになったので、また連載を持ちませんか? キムさんみたいなグローバル金融マンで、面白おかしく書ける人は、なかなかいないですよ」

    日本橋のコレドの近くのオープンカフェで、30分遅れてシンガポールから到着した私は、ちょっと薄めのカツオのたたき(タレが多すぎて好みではなかった)をつまみながら、『東洋経済オンライン』新米編集長の、“おだて&ヨイショ”に乗せられていた。

    私は以前、『東洋経済オンライン』で連載コラムを担当していた。その際はキャリア相談という形をとっていたが、最後は旅行記や恋愛の思い出など当初の約束を逸脱したコラムばかり書いていた。

    今回も、「日本の一線で活躍するビジネスパーソンを惹きつけるコラムなど到底書けない」と固辞したのだが、編集長のおだてにすっかり気をよくし、久しぶりに無い文才を振り絞ってみることにした。

    香港・シンガポール vs. 東京
    私は幸運にも複数のグローバル企業での勤務経験がある。

    日本・香港・シンガポールを拠点として、韓国、インド、中国、東南アジアなど幅広い市場の投資案件を見てきた。東京での勤務後、アジア金融センターの盟主を争う香港とシンガポールで勤務してきたので、そこで感じたこと、思ったことがユニークな書き物に変わるかもしれない。

    加えて2005年以降の趣味は、バックパッキング旅行であり、インドやチベット、東南アジアやアフリカで経験したこともグローバルな視点で考えるヒントになるだろう。

    何よりも私は日本で生まれ育った韓国人であるとともに、中華圏で働いてきた経験を持っており、この3国に尊敬と愛着と友人を有している。

    何かといざこざの絶えないこの地域に、国際的な視点からささやかながら懸け橋的な役割を担えれば、これ幸いである。さて、そんな記念すべき第一回目のトピックは、国際金融で働く立場で見た、“香港/シンガポールと比較した東京”についてだ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/671-51841f6c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。