--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「THE PRINCE OF SHABA」

2012年11月18日 21:06

大村憲司さんは偉大なギタリストでしたが、
優れたメロディメーカーでもあったと思います。

名アルバム『春がいっぱい』のラストをかざる名曲「THE PRINCE OF SHABA」。
当時、この曲は一発で気に入りました。
なんていい曲なんだ!と。
初聴で好きになった曲は、飽きることが多いのですが、
この曲はいまだに好き。
それだけ圧倒的な「力」があると思います。
特にこのサビはいつ聴いてもグッとくる・・・
ギタリストだったせいでしょうか、威風堂々とした高揚感は官能的でさえあります。






1998年11月18日、49歳の若さで天に召された憲司さん。

うーむ、だんだん憲司さんの年齢に近づいてきてしまった・・・
でもまったく近づいた気がしないのはなぜだろう(笑)








春がいっぱい(紙)
春がいっぱい(紙)
posted with amazlet at 12.11.18
大村憲司
Sony Music Direct (2003-08-06)
売り上げランキング: 107691



コメント

  1. RM-2 | URL | J7hHUTVE

    名曲中の名曲!

    なつかしいなー。 大村憲司さんのギター、大好きです。 そして これは名曲ですよね!
    YMOサポートメンバー時に演奏された「MAPS」というボーカルナンバーが有名です。 が. . .
    この 「THE PRINCE OF SHABA」の曲の素晴らしさ、聴き心地の良さはサイコーだと思います。
    高中さんのような “ 歌うギター ” で、しかも80年代当時流行してたテクノっぽいアレンジが秀逸!!
    で、わたしRM-2もロボ様同様、いまだにカーオーディオで聴いてますよ! ナゼか飽きませんよね^^
    実はこれが弾きたくて一度ギターに手を出しましたが指が痛いのでやめた軟弱者です、すみません w

  2. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    >高中さんのような “ 歌うギター ”

    なるほど、たしかに。メロディアスでドラマチックですよね。
    でも男性的なので甘くならないんですよね。
    テクノっぽいアレンジ、教授の仕事でしょうか「ピュッピュッ」っていう、
    パーカッシブな音が、絶妙なアクセントなんですよね。
    春を感じさせるというか(*^^*)

    >実はこれが弾きたくて一度ギターに手を出しましたが指が痛いのでやめた軟弱者です、

    今なら手も大きくなって、弾けるかもしれませんよー(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/667-e8c9b16f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。