--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマイキな?坂本龍一

2012年10月21日 15:37

サンレコの対談で教授は、
中田さんくらいの年齢の頃はどんなことを考えていたかを問われ、

「今考えるとすごく生意気でしたね。“そろそろローリング・ストーンズも
俺たちにプロデュースを頼みに来るんじゃないの?”ってくらい
ブイブイ言わせてた感じで(笑)。当時の自分に会ったらなぐりたくなると思う(笑)。」

と答えていました。
そうなんです。今では「品のいい渋いおじいさん」の風情を漂わせている坂本教授。
80年代の教授は「生意気」というか、それはもうナイフのように尖っていて、
近寄り難い雰囲気も醸し出していました。
でも、それがカッコ良かったんだよな〜(笑)
***



下で紹介する古い雑誌インタビューは、
1980年秋頃の女性雑誌「MORE」による坂本龍一インタビュー。
これはYMOファンの人でも見た人は少ないかもしれません。
ボクはたまたま姉がいたので、この記事を知り、切り抜いて今まで保存していました。
(保存状態悪くて恐縮です。。)

当時、坂本教授は28歳。32歳の頃を振り返っても「生意気」と表現していましたが、
この頃は剥き出しの感受性を持つ孤高の天才が、YMOのブレイクに戸惑いつつ、
その知性とクールネスで、精神の格闘をしている様子が見て取れます。
まさに生意気どころではない、「なぐりたくなる自分」がいると思われます(笑)


more坂本01


more坂本02


more坂本03




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 



コメント

  1. RM-2 | URL | J7hHUTVE

    いいですね!

    坂本さんの若い頃のキレとカッコ良さ、私もキライじゃないです!
    当時の写真見ると、やっぱり孤高の天才っぽい風貌と雰囲気を感じます。
    新宿高校時代、バリケード封鎖の中でメットかぶってドビュッシー弾いたとか弾かないとか...どっち?w
    今もフツウとは思いませんが、本当に素敵なおじさまになったと思います。
    あと、教授の弾くピアノの音色は、もう泣けるほど好きです。

    ちなみに“YMO写楽祭LIVE” 参戦を思い出した私が、ツイッタで教授に、、、
    「武道館で女装するとかそんな感じのライブはもうしないのですか? 期待してます」と送ったら
    「も〜 イヤ」と、オネエ言葉のリプいただきました(笑)   こ-ゆ-とこが素敵 w

  2. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    おお、“YMO写楽祭LIVE” に参戦したということは教授のあの伝説の一言を聞いたのですね!

    「ウルセェゾ!バカヤロウ!!」

    YMOがなかなか演奏しないことにざわついた観客の向かって放ったあのお言葉を!(笑)

    >「も〜 イヤ」と、オネエ言葉のリプいただきました(笑)   こ-ゆ-とこが素敵 w

    クールな反面、悪ノリも大好きな教授ですから(^^)
    さすがにもう、モジモジくんとかア○○ホマンとかはやらないでしょうけどね(笑)

  3. 子猫のしっぽ | URL | SJMMuUIM

    現在の教授からは想像できませんが・・・

    YMOの全盛期の頃の自分について語ったインタビュー等で、「その頃の生意気な自分を殴ってやりたい」という発言はあちこちでされていますね。

    現在のライブでは、ぼそぼそとユーモアあるMCをされているので、教授にもそんな血気盛んな頃があったとは、信じ難いですが・・・。

    還暦を迎えられた教授の印象は、いい意味で学生っぽいな、という事です。
    歳を取ったからといって妙に分別臭くなく、言葉は悪いかもしれませんが、青臭いというか理想主義的な感じが。
    脱原発やクラブ規制反対運動やらいろいろされてますよね。

    ところで、僕もYahoo!ブログなんぞしております。
    「子猫のしっぽ」とはまた違う名前ですが。
    ホントに気が向いた時しか更新しておりませんが、よかったらご覧下さい。

  4. ロボトリア | URL | -

    >子猫のしっぽさん

    コメントありがとうございます。

    >「その頃の生意気な自分を殴ってやりたい」という発言はあちこちでされていますね。

    そうですね。そして今は仲のよさそうなYMOをみると微笑ましいです(^^)

    >現在のライブでは、ぼそぼそとユーモアあるMCをされているので、

    一昨年、大貫妙子さんとのコンサートを観に行ったのですが、
    ほんとに冗談を交えた楽しいMCでしたね。大人の余裕でしょうか(笑)

    >青臭いというか理想主義的な感じが。

    根っからの芸術家なんでしょうね。
    教授の音楽以外の活動についてはいろいろな意見がありますが、ボクは全面的に支持しています。
    ご自分でもおっしゃってますが、非難は覚悟の上「自分が言わなきゃ誰が言う」という
    信念のもと、行動されています。一見、芸術活動とは相反するようにも思いますが、
    教授の中では、繋がっているように思います。

    >ところで、僕もYahoo!ブログなんぞしております。

    えっと、リンクからは見つかりませんでした〜(汗
    なんていうブログですか?(*´∇`*)

  5. ヒロシキ | URL | -

    確かに血気盛んでした

    丁度この雑誌記事が掲載された頃、中学生の私はYMOにどっぷり
    ハマり、少ない小遣いから音楽雑誌を買っておりました。

    どの雑誌か忘れましたが、教授がある女優との対談で、
    東南アジアのある国に日本人がカメラ持って観光に行くと、
    現地人が腕ごと切って、カメラを持って行っちゃう事に触れ、
    「そういうアナーキーって大好きだよ」と話していたのを
    鮮明に覚えています。

    あの当時、お子さんが生まれていたのか分かりませんが、
    今の教授なら、そんな危ない発言はさすがにしないだろうと
    思います。

    幾星霜を経て、教授もいささか丸くなられたのでは
    ないでしょうかw

  6. 子猫のしっぽ | URL | SJMMuUIM

    失礼しました!

    すみません!
    ブログ、上手くリンクしてませんか?
    PCではなく携帯のURLがダメなのか原因がわかりませんが。

    上手くリンクできないようですので、お手数ですが、Yahoo!ブログから検索して頂けたらありがたいです。

    ブログ:Yahoo!ブログ
    ブログ名:Fly me to the moon
    Yahoo!ID:sha*e_1*19

    以上、でいかがでしょうか?
    もしそれでもダメなら、再度お知らせ下さい。
    よろしくお願いします。

  7. ロボトリア | URL | -

    >ヒロシキさん

    コメントありがとうございます。

    >「そういうアナーキーって大好きだよ」と話していたのを鮮明に覚えています。

    当時はそういったやんちゃな発言をよくされてましたねぇ。
    教授独特の毒舌で、額面通りの意味ではないんですよね。

    「YMOは趣味でやっている」というような発言も、
    趣味だからこそ本気だ、という意味だったり(^^)

  8. ロボトリア | URL | -

    >子猫のしっぽさん

    コメントありがとうございます。

    「Fly me to the moon」で見つかりましたよ〜(^^)
    ブックマークに登録しました♪

  9. 子猫のしっぽ | URL | SJMMuUIM

    お手数お掛けしました!

    気が向いた時に、衝動にまかせて書き散らしておりますゆえ、内容は薄いかもしれませんが、よろしければ時々覗いてやって下さい!

    よろしくお願いします。

  10. ロボトリア | URL | -

    >子猫のしっぽさん

    いえいえ、すぐ見つかりましたよ(^^)
    ボクも最近は更新頻度下がってます〜(笑)
    香川の方なんですねー。
    こちらこそよろしくです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/655-0d06b16c
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。