--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わーはぴ2012

2012年08月14日 11:14

8/12、「WORLD HAPPINESS 2012」に初めて行ってきました。

わーはぴTシャツ
(細野さんによるタイポグラフィTシャツです♪)
朝10時に新木場駅に、チョービギナーさんといけぽんさんと待ち合わせ。
会場に向かうと既にかなりの入場待ちの列が。
しかしチョーさんによれば、これくらいならかなり良い場所が取れそうとのこと。
途中、整列中にポツポツと雨のしずくが・・・と、思ってたらあれよあれよと豪雨に。
あわててカッパを取り出す。この日のために買ったカッパが無駄にならず良かったです(苦笑)
雨は間もなく止み、今度は太陽の日射しが。

Aブロックのほぼセンターの位置に場所取りし(入場時に畳半畳ほどのレジャーシートが配布されます)、
グッズを買い、食事をしていると、演奏が始まった模様。ちょっとフライング気味。
しかしその曲はYMOの「Tighten up」でした。
トップバッターのEGO-WRAPPINがカバー。いきなり上げてくれます。
陣地に戻り、生きのいいEGO-WRAPPINさんの演奏を鑑賞。
しかし、じりじりと照りつける太陽に、早くも危機感をおぼえる。
夜のYMOまで、なんとしても体力を持たせなければなりません。
ロボッチ早くも離脱。木陰へ退避。
そんなワケで、飛び飛びでアーティストを観戦することとなります(笑)


●坂本美雨
初めて見ました。聴きました。
灼熱の暑さを潤す、爽やかなものすっごい美声。


●オリジナル・ラブ
ファンキーなリズムに思わず身体が動く。
カッコイイね〜、田島くん。


●THE BEATNIKS
きましたね。全員白のワイシャツに黒のネクタイ。オシャレな大人のバンド。
暑くて「ちょっとツラインダ」とやってくれました(笑)
思わず一緒に歌っちゃう。明るいけど切ないのよねこの曲。

そして「この場所でどうしてもやりたかった。きっと合うと思います」という、
「LEFT BANK」。名曲です。幸宏、慶一ともにソロアルバムに収録しています。

♪この川はいつからか 水が流れてない ゴミの山と 錆び付いた船 あるだけ 苔のように
恐竜の時代から 変わってない事は 太陽と 空と 生と 死が あること 過ぎてしまうこと


この曲、詩がたまらんのです。これも一緒に歌いました〜。感極まりました(涙

1.Dohro Niwa
2.Ark Diamant
3.ちょっとツラインダ
4.Go and Go
5.NO WAY OUT
6.Inevitable
7.LEFT BANK
8.Total Recall


●きゃりーぱみゅぱみゅ
THE BEATNIKSからのきゃりー。なんだこの流れ(笑)
「今日、いちばん場違いな私」みたいなこと言ってましたが、なんのなんの。
中田サウンドが爆音で流れると、会場総立ちでしたよ。
となりのお父さん、娘さんを肩車。娘さん腕を交差させながら、
♪CANDY CANDYって振りコピしてました。きゃりーちゃん目当てだったみたい。
「きゃりーAN AN」や「つけまつける」の振り付け指導も皆、従順にやってました(笑)
短い時間でしたが、完璧に会場を掌握してましたよ。きゃりーちゃん恐るべし!

1.ぱみゅぱみゅレボリューション
2.CANDY CANDY
3.PON PON PON
4.きゃりーAN AN
5.つけまつける

慶一きゃりー
@keiichi_suzuki: ビートニクスが終わった、その足でキャリーぱみゅぱみゅのステージを見に来た慶一さん。(〜twitterより)


●KREVA
登場の仕方から、立ち振る舞いから、
何から何までカッコイイですねー。
サウンドもカッコイイし、歌詞も骨を感じさせるKREVA兄さんめっちゃ男前。


●岡村靖幸
岡村ちゃんもボクは初めて見ました。
ボクと多分同世代だと思うんだけど、この人のこと何も知りませんでした。
いや、びっくりしましたー。スーツで登場して、ユニークなダンス!
サウンドも尖ってたなー。もう独特です。我が道を行く人ですね。
会場はもちろん大盛り上がり。カリスマを感じました。



●Yellow Magic Orchestra with 小山田圭吾, 高田漣, 権藤知彦
待ってましたYMO。
この日のYMOはキレてた。教授のシンセも、幸宏のドラムも、細野さんのベースも。
アレンジは全てオリジナルに近い感じ。でもほとんど人力生演奏で再現してるんだよね。
サポートメンバーも含めて、もう圧倒的なプロ集団でした。
「Absolute Ego Dance」フルでやってれて歓喜。踊り狂いました。

@room66plus ワーハピ楽しみにしてまーす♪ またABSOLUTE EGO DANCEやってくれると嬉しいです。NO NUKES見に行って感激しました!

こんなツイートを幸宏さんに送っていたので、叶えてくれたように思えて感激しました。

そして「Nice Age」盛り上がりましたねー。
♪Nice Age Ripe ageでコブシが上がってましたね。
エンディングの、♪Redy to be kill by the thrill thrill rill rill・・・
のエコーが、もうね、1980年の武道館公演を彷彿とさせます。
堂々たる演奏の「東風」で締めたあとはアンコール。

来ました、まさかの「磁世紀 - 開け心」。
事前情報があったとはいえ半信半疑でした。
だって過去にも一度もやった事ないし、これライブで再現可能なのかってくらい、
シュールでアヴァンギャルドで難解な曲。

しかし、テケテケテケ テケテケテケって音が流れると場内大興奮。
圧倒的プロ集団はこの曲さえも再現してくれましたよ!
一見はちゃめちゃな曲なんだけど、ああやって生演奏で再現してくれると、
あらためて曲としてのクオリティの高さが伺い知れますね。

そしてそして、ラストはこれも超久しぶりの「TECHNOPOLIS」!
教授のボコーダーによる「トキオ!」がカッコイイのなんの(涙)
キレイなボコーダーだったなあ。かなりオリジナルに忠実な感じ。

間違いないよ。ボコーダーで発する最も美しい単語は「トキオ」だよ。

「T・E・C・H・N・O・P・O・L・I・S!」

「トキオ!」「トキオ!」

右手拳を握りしめ、ひとつひとつに思いを込めて発する教授の「トキオ!」
あんなに「気」が入った「トキオ!」は初めて聴いたな・・・

きっと教授なりの想いがあったと思います。
日本の要としての東京への、また日本への教授からのエールと受け取りました。

曲の最後も「トキオ!」で締め、教授頬を膨らませて、「どうだ!」みたいな表情してた。
最高に痺れました。かつての「オレがオレが」と前のめりな、攻撃的な教授がそこにいました。

ありがとうYMO。
この日のYMOは、ボクたちが見たかったあのYMOでした。
最高。


SE.Computer Game
1.Firecracker
2.Rydeen
3.Solid State Survivor
4.Absolute Ego Dance
5.灰色の段階
6.中国女
7.Cosmic Surfin'
8.Nice Age
9.東風
E1.磁世紀 - 開け心
E2.TECHNOPOLIS





セトリ等はこちらの記事からのものです。
<ワールドハピネス2012>、YMO初期作品の応酬に泣き崩れる人続出




【追記】
きゃりーぱみゅぱみゅ ‏@pamyurin
YMOかっこいい!!!シンセサイザーで可愛い音いっぱい入ってるハァハァ
2012年8月12日 - 19:28
(きゃりーのtwitterより)



(*´∇`*)



UC YMO [Ultimate Collection of Yellow Magic Orchestra] (通常盤)
YMO
Sony Music Direct (2003-08-06)
売り上げランキング: 5422


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. いけぽん | URL | -

    ブログ更新待ってました!
    当日は、同じ時間を過ごす事が出来てとても楽しかったです。
    本当にありがとうございましたヽ(´▽`)/

    『ワーハピ』 イベントタイトル通り幸せな気分になれました。
    出演者も絶妙な人選で実に良いフェスでしたね。

    いやあ生きてて良かったですw

    僕も初めて聴くアーティストさんが何組もいましたが
    幾つかハマってしまいCDのチェックを始めてしまいました(^_^;)

    それだけあの会場の雰囲気、空気感、一体感が良かったんだと思います。

    そして我らが『YMO』
    ロボッチさんが書かれている通り最高でした!
    完全に超絶テクニックのロックバンドでしたよね!

    こりゃあ、またYMOから目が離せなくなってしまいましたw

    また縁がありましたらご一緒させてくださいねヽ(´▽`)/

    コメントというより自分の感想文になってしまいました。
    すいません(^_^;)

  2. smile | URL | -

    フェス

    楽しそうですね~
    フェスって未だ行ったこと無くて
    今週末のサマソニ大阪が初なんですが
    知らない歌手に触れることも1つの楽しみなんだなと感じ
    今からワクワクドキドキです。
    1人で参戦なので要領がわからないのが不安ですが
    うさT集団見付けたら人知れず着いていくことにしますwww

    しかしTシャツが派手ですね~www

  3. ロボトリア | URL | -

    >いけぽんさん

    コメントありがとうございます。

    わーはぴのように、レジャーシートで場所を1日中確保出来て、
    ゆったりアーティストを堪能出来るフェスは他にないですね。
    ですから、未知のアーティストとの出会いの場としては最高ですね。
    暑さ対策さえしていれば(笑)

    会場の雰囲気、客層、出演するアーティスト、全てに品を感じました。
    これも一重に幸宏さんの醸し出す品の良さに由来していると思いました。

    YMOは人気曲てんこ盛りで、サービス精神満載でしたね!
    ボクも一生の思い出になりました!

    >コメントというより自分の感想文になってしまいました。

    いえいえ、ノープロブレムです(笑)

  4. ロボトリア | URL | -

    >smileさん

    コメントありがとうございます。

    >知らない歌手に触れることも1つの楽しみなんだなと感じ

    はい、それはもう絶好の機会だと思います。
    テレビなんかでは見られないアーティストもたくさん出ますからね。

    >うさT集団見付けたら人知れず着いていくことにしますwww

    暑いので、くれぐれも自分のペースを見失わないことですね。
    ボクもマイペースに徹したつもりでしたが、後半軽い頭痛来ましたから(笑)

    >しかしTシャツが派手ですね~www

    会社に着ていこうと思ってますが・・・(笑)

  5. RM-2 | URL | J7hHUTVE

    このYMOはゼイタク!

    YMOのセトリがとにかくマニア心をくすぐりますね!
    Absolute Ego Dance、灰色の段階、Nice Age、磁世紀- 開け心 て. . . ><
    二度と見れないかも的な素晴らしさ、レアさです。
    ロボ様の簡潔にして細かい部分まで照らす筆はこびのおかげで、臨場感をちょっと味わえました。
    基本ライブはワンマン派で、フェスとかは行かないのですが、考え方が変わりそうです。

    追記: 慶一さん、ぱみゅ見てどう思ったのかが気になる気になる. . . w '~'

  6. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    やっとロボッチさんとご一緒できたヨロコビ(笑)。

    私が WORLD HAPPINESSに通い出すようになったのは2010年、ちょうどこちらの「テクノの庭」に
    コメを入れさせていただくようになった頃。その頃から、一度はロボッチさんとワーハピに行って
    みたいなあ、いや、ロボッチさんにも現在のYMOのライブをゼヒ、味わってもらいたい...
    と思いはじめてから2年。
    いけぽんさんも含め、3人で朝の新木場駅に揃ったとき、「オッシャー!!」という人に伝えづらい
    「達成感」を、そのとき私は密かに味わっていたのでした(笑)。

    >レジャーシートで場所を1日中確保出来て、 ゆったりアーティストを堪能出来るフェスは他にないですね。
    まさにその通り。東京の都心で、こんなメンツが揃い、こんなのんびりとした、でもとても音楽
    そのものへのこだわりが鮮明になってるフェスがもう5年も続いている、そしてもれなくYMOの
    スバラシイライブが大トリでついてくる!....というのが本当に奇跡のようで(笑)。

    ○のっけから「Tighten up」で煽ってくるEGO-WRAPPINにはやられましたね。私はしばらくC席の一番
     後ろの方で芝生に寝そべりながら、ビールを飲んだり、EGO-WRAPPINを子守唄がわりに昼寝してる
     人たちのゾーンの中でみていましたが、あのダラダラしたノリもキチョーだなあ、
     改めて認識しました(笑)。

    ○ロボッチさんが一回目の退避(笑)をしていた時に出てた さかいゆう。この人以前
     タツローの「FUTARI」と いう曲をストレート勝負のコピー、のCDを出していた実力派のヒトですが、
     私もライブは全くの初。でも予想以上にソウルフルで、オルガンを弾きながら、アゲてくるパワフルな
     歌い方をする彼。機会があればもう一度観てみたい。いっぺんで好きになってしまいました(笑)。

    ○坂本美雨ちゃんは、お母さんのアッコちゃんがスティーブ・フェローンのドラムでレコーディング
     してたいくつかの曲を思い出させてくれました。どうしても教授とアッコちゃんのことが頭から
     離れなくて、今度は純粋に彼女の音楽に向き合えたらな、と少し反省。

    ○オリジナル・ラブの田島クンをライブで観るのは、16、7年ぶり。ひたすら「グルーブの鬼」 と
     化していた彼が、最後にメロディアスなあの名曲をやってくれたのにはシビれました。

    ○冒頭ケーイチのヴォーカル2曲で入ってきたBEATNIKS。「ちょっとツラインダ」とか 野外で初めて
     聴く「LEFT BANK」とか、口ずさんでいるだけで鼻の奥がツン、となってしまう(笑)。
     私事ですが、このフェスの前日 会社で私のことをを可愛がってくれていた先輩の告別式があり、
     アンチヘブリンガンのご主人と一緒にお線香をあげてきてました。
     そんな状況だったので、あの日はことさらケーイチの詩が沁みました。ユキヒロも曲ナカ、
     歌いながら何度も空を見上げていましたね。誰かのことを思いながら歌っていたのでしょうか...。

    ○野外だろうが、サブステージだろうが、開始前の「ややアウエー感」を一気に消し去った
     「高性能 ナカタ・サウンド」(笑)。YMOがお目当ての人たちだったらあの音の塊を聴かされたら
     じっとしてはいられない、ってトコだったんでしょうね。痛快でした。
      2010年のサカナクション、11年の神聖かまってちゃんにつぐ ワーハピにおける
     「ブライテスト・ホープ」は間違いなくきゃりーでした。
     この音のあとだった KREVA兄ィさん、ちょっとワリ食ってましたよね(笑)。
     でもあの爆音の中でもキッチリ聴こえてくる彼のラップは、ホントに見事な職人芸だと思いました。

    ○そして新木場の夕暮れの怪人、岡村靖幸。あのもてあますほどの異常なテンション、痛々しいまでの
     ナルシズム(笑)。最初の登場からあっけにとられてしまいましたね。「スーツを着たニセ 中村勘三郎」
     のような風体からは想像できないファンクネス。
     「あの娘ぼくがロングシュートを決めたらどんな顔するだろう」や「カルアミルク」とか、 
     映画「モテキ」でも使われた曲もバッチリ演ってくれて、大満足!

    ○ロボッチさん、入念なコンディショニング調整の甲斐もあり(笑)、大トリのYMOに。
     先月のNO NUKES でもマニュアル演奏を貫き、聴く者を圧倒したYMOですが、今回殊にユキヒロの
     RYDEEN などで顕著だった、若い頃と何一つ変わらない、アグレッシブな「オカズ」の入れ方が凄まじかった!
     気合い、というYMOにはピンとこないフレーズが頭をよぎりました。
     NICE AGEって1980年のワールドツアーの武道館以来なんですって? 32年ぶりにあの夜、
     私は聴いたということになる訳か(笑)。
     ♪Nice Age Ripe age Ready to be kill by the thrill
     もう歌い倒しちゃいましたね(笑)。
     >来ました、まさかの「磁世紀 - 開け心」。事前情報があったとはいえ半信半疑でした。
     本当に。でも演奏してた本人たちもまさか全員還暦すぎになって、これをライブで演るようになる、
     なんて当時想像できていたでしょうか(笑)。YMOと私達。双方にとってシアワセな時間でした。
     >間違いないよ。ボコーダーで発する最も美しい単語は「トキオ」だよ。
     >東京への、また日本への教授からのエールと受け取りました。
     本当にその通りだと思いました。あんなに野太い迫力満点の「トキオッ!」ってあったかな、という位。
     みんないいトシになってるかつてのテクノ少年、少女だった人達にとって間違いなく
     サイコーのブレゼントだった筈(笑)。
     こう書いていると、単なる懐メロバンドのようになってしまうのですが、YMOの場合、今でも一線級の
     クオリティを保ちながら、そのヘンの現役バンドじゃ太刀打ちできない凄まじさ、を見せつけてくれる
     ところが本当に素晴らしい!と、3年も通いつめてそんな当たり前のことしか言えない私(笑)。

    いやあ、ロボッチさん、いけぽんさんとご一緒できてホントに楽しかったです。
    あ、でも何か自分勝手なペースで楽しんじゃったので、コンディションとか大丈夫だったでしょうか。
    何一つナビゲートすることが出来ずお二人には申し訳なく。
    でも。ちょっとオツな反省会会場(笑)も含め、何から何までホントに楽しい一日でした。
    YMOも辞めるなんて一言も言ってない、どうしてそういう話が流れちゃうんだ、という力強い本人たちの
    コメもあったようなので、来年以降も楽しみにしたい、と思っています。 

    シャレにならないチョー文、本当にシツレイしました!

  7. やぷ | URL | YrGnQh/o

    ワーハピが初だなんて意外でした。
    今年は例年に比べて雲も多くかなり快適でした。
    YMOも今までで一番サービス精神旺盛なセトリ

    きゃりーよかったです。
    ワンマンも凄かったしRIJでも凄かった。
    でもワーハピは不安でしたね、小難しいおっさんの集まりなのでw
    振り付けちゃんとやってくれんのか?とか。
    昔のPerfumeで言うやり逃げが完璧でした。
    ワーハピでYMO以外で総立ちって少ないですからね。

  8. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    今回のセトリ、演奏ともにとにかく素晴らしかったです。
    フェスは新しい音楽との出会いと、なんともいえない「幸せな空間」を味わえるのが魅力ですね。
    ただ、体力はめっちゃ消耗します(笑)

    >追記: 慶一さん、ぱみゅ見てどう思ったのかが気になる気になる. . . w '~'

    慶一さんは、貪欲に他のアーティストを見るタイプらしいですね。
    YMOの方を含め、感想が気になりますよねー

  9. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    チョーさんのコメントを持ってこの記事は完成されました。
    ボクの薄っぺらいレポを補完してくれた見事なコメントであります!!

    >「達成感」を、そのとき私は密かに味わっていたのでした(笑)。

    そうだったんですか。いや、でもチョーさんが以前よりワーハピを熱く語っていた事が
    今回参加した大きなモチベーションであったことは間違いないと思います。
    そして参加して良かった。ほんとに楽しい1日でございました。
    あらためてお礼申し上げます。

    >会社で私のことをを可愛がってくれていた先輩の告別式があり、

    そんなことがあったんですね。なんとかワーハピには来られて良かったですが、
    お互い歳を食うといろんなことが、ありますよね。
    ですから余計にこういったハレの場のありがたみ、というものが身にしみます。
    ところで、アンチヘブリンガンいつか連れてってくださいね♪

    >コンディションとか大丈夫だったでしょうか。

    失礼とはわかりつつ、度々おさぼりさせていただいたので、
    反省会まで体力を保つことができました(笑)
    いやでも炎天下はやっぱりキツかったです。皆さんのタフさが羨ましいです。
    来年に向けての体力づくりのため、ストレッチを今日も頑張ります←

  10. ロボトリア | URL | -

    >やぷさん

    コメントありがとうございます。

    フェスは1日勝負なので、体力面でどうしても躊躇してしまうんですよ。
    真夏の野外フェスとなると尚更です。

    >今年は例年に比べて雲も多くかなり快適でした。

    そうなんですか! たしかに午前中の整列時に雨にあったとは言え、
    涼しい風に恵まれたのはラッキーでした。
    でも、日中はやっぱり日射しがキツかったですよ〜(苦笑)

    >でもワーハピは不安でしたね、小難しいおっさんの集まりなのでw

    きゃりーちゃん、期待通り盛上げてくれましたね。
    ボクの周りには子連れのファミリーもけっこういましたよ。
    小難しいおっさんも多いですが、そんなおっさんは、
    モノの良し悪しの判断についてはいささかの自信があるハズです(笑)

  11. koh | URL | -

    自分もワーハピに参加しました!
    Bブロックの左後ろ、まったりと楽しみましたよ(笑)

    YMOはまさかのTECHNOPOLISで狂喜しました。
    TOKYOにこだまするTOKIO。
    聴けたらラッキーと思っていたので、この1曲だけでも
    行った価値がありました。

    自分もブログに感想をアップしましたので
    良かったら読んでみてください。

    来年もワーハピ開催するといいな~

  12. ロボトリア | URL | -

    >kohさん

    コメントありがとうございます。

    kohさんは、広島から上京しての参加だったんですね。
    そのパワーが素晴らしいです。
    後ろの方でまったりと、というのもいいですよね。
    前の方はかなり密集していて、出入りの時の足の踏み場がけっこう大変でした(笑)
    TECHNOPOLISは興奮しましたね。実はボクはTECHNOPOLISはあまりライブ向けではないと
    思ってたんですよ。過去の音源を聴いてもオリジナル版の方がいいと思ってました。
    しかし、今回はそんなことは無かったですね。オリジナルの良さも忠実に再現した、
    素晴らしい演奏でした。教授の「トキオ!」は痺れましたね〜。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/619-99d3c95b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。