見せない美学

2012年08月04日 21:36

金曜日の会社からの帰り、地下鉄の車内で見つけました。

JPN DVD広告

クールな広告ですね。
クールというのは、デザインやレイアウトのことだけではありません。
ここでは、その姿勢について思いを馳せてみます。
普通、広告や告知ポスターというのもは一瞬の勝負ですから、
「一目でわかる」、もしくは、多少えげつなくても「強引に目を引く」というのが
セオリーなはずです。
ところがこの広告の静かな佇まいはどうでしょう。
知らない人から見たらなんの広告か、分からないくらいです。
当人たちの顔写真も無ければ、ライブパフォーマンスの写真もありません。
字面を追って初めて内容が理解できます。
それでいいんでしょうか?

いいんです!

この広告からは「わかる人に伝わればいい」というメッセージを感じとれます。
「わかる人」というのは、すでにファンの人は、言われなくても買うでしょうから、
ここでは除外します。


まずは、この白地に立体的な三角形の幾何学模様のカッコ良さ。
そこにシンプルな黒の文字が乗っかった清潔なレイアウト。
このクールさが伝わるか?

Perfumeという文字が入っています。
JPN LIVE DVDとあります。

「あぁ、あの前から気になっていたPerfumeのLIVE DVDか・・・
むー、このレイアウト、逆に確かな自信を感じるぞ、買ってみようか・・・」
そう思ってくれる人に伝わればそれでオーケー。

そうした人たちは、このおしつけがましくない広告に好感を持ち、
発見したことの喜びを、必ず感じるハズです。
逆に、この広告を見てもピンとこない方々には、Perfumeはまだ早い。
いくらクドクド説明したところで仕方が無い・・・
そんな風に言ってるようにも思えます。


なんと潔いクールな広告でしょうか。


そしてPerfumeはクールなだけではない「優しさ」も併せ持っています。

Perufmeのメインコンテンツとも言えるライブDVD。
そのジャケットは、毎回、極力自分たちの写真は出さずに、
「初めての人でも手に取りやすい」、「抵抗なくレジに向かえる」デザインになっています。

当人たちの照れもあるのでしょうが、
曲がりなりにもアイドルという側面もあるというのに、
なんという奥ゆかしさでしょうか・・・

いかにもPerfumeらしい「引きの美学」ですが、それと同時に、
アイドルに対する偏見を超えて、「1人でも多くの人たちに、手に取ってもらいたい!」
という、静かな情熱の炎もその奥に見てとれます。





FAN SERVICE~BITTER~ Normal Edition [DVD]
Tokuma Japan Communications CO.,LTD(TK)(M) (2008-02-13)
売り上げランキング: 1965



Perfume First Tour 『GAME』 [DVD]
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2008-10-15)
売り上げランキング: 2146




Perfume 『BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!』
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2009-04-22)
売り上げランキング: 1640




Perfume Second Tour 2009『直角二等辺三角形TOUR』 [DVD]
Tokuma Japan Communications CO.,LTD(TK)(M) (2010-01-13)
売り上げランキング: 1681








Perfume 3rd Tour「JPN」(通常盤) [DVD]
ユニバーサルJ (2012-08-01)
売り上げランキング: 18




ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. mtst | URL | WU..WH7.

    田舎じゃ中々お目にかかれない

    広告です、ありがとうございます。
    地下鉄は当然ありませんし、
    鉄道にもまず乗らないですし。

    ロボトリアさん、目の付けどころがやはり違うのですね。
    確かに分かりやすさでいけばポスターとかと同じデザインでも良い訳ですもんね。
    視覚に訴えるより感覚に訴えるって事なんでしょうか。

    >「引きの美学」
    かっこいい言葉です!

  2. セラミックおじさん | URL | -

    贔屓の美学

    そうかぁ〜
    理解できるものだけが到達できる境地なんですな
    それでも、いつの日にか三人がデーーーーンと映った
    DVD Liveアルバムの告知を見てみたいです
    「えぇ!?パヒュームってMSGでライブやったの!?」
    ってな感じで…

  3. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    Perfumeの窓枠広告ってボクも初めて見ました。
    今までにもあったのでしょうか・・・

    今回の記事はボクの勝手な思い込みの部分が多いのですが、
    当たらずとも遠からずかなと思ってます(;^_^

    広告を見る時は、細かい表現方法よりも、これで何をうったえたいのかが
    どうしても気になってしまいますねー。
    それで、音楽と同じで、100%の人に伝えるのは無理だなと、いつも思います(笑)

    >>「引きの美学」
    かっこいい言葉です!

    前から思っていて、何回か使っていることばなのですが、
    やっぱりボクはPerfumeのそういうところ好きなんだなぁ、
    とあらためて思う今日この頃です(笑)

  4. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさんさん

    コメントありがとうございます。

    MSGを埋め尽くす観客の前のPerfume。圧巻ですねー。
    でも、それでもあえて文字だけの広告もカッコ良くないですか?
    白地にたっぷり余白をとって真ん中に文字。
    「Perfume Live in LSG. on sale!!」
    なんて(^^)

  5. smile | URL | -

    なんて慎ましい

    なんと好感の持てる広告でしょうか!
    むしろ好きな人でも見逃しそうなレベルです(笑)
    でもこれで充分なんですね。
    ターゲットは
    音だけ聴いてるライトファンや
    夏フェスで盛り上がったロックファン!
    もともと好感を持ってる人しか
    ライブDVDになんて手が伸びませんからね~
    一般の方にアピールする必要はありませんね。
    お父様方やロックファンにとって
    アイドルのDVDはすごくハードル高いですから
    お求めやすいジャケット意味ありますね~

    さあ、そこのお父様やロックファン!
    気になるなら見てみな~
    お買い求めやすくなっております!

    で、見ちゃったら底なし沼のようにドップリと(笑)

    Well Come to Perfume WORLD !!

  6. ロボトリア | URL | -

    >smileさん

    コメントありがとうございます。

    >むしろ好きな人でも見逃しそうなレベルです(笑)

    通常盤ジャケットのデザインをすでに知っていたので、簡単に気付くことが出来ましたが、
    そうでなかったら果たしてどうでしたでしょうか?(笑)

    電車の、特に地下鉄は外の景色が見えませんから、つい広告をぼんやり眺めてしまう事が多いですね。
    ドアにもたれかかった、ちょっと感度のいいサラリーマンが、
    この広告に気付くのを待っているのでしょう。

    >アイドルのDVDはすごくハードル高いですから

    いや、ほんとにそうだと思います。
    PerfumeのDVDジャケのデザインは「これなら買ってもいいんだ!」という
    わけのわからない自信を与えてくれます(笑)

  7. ぷなしめじ | URL | NXXK8szM

    引きの美学からの

    氷結の巨大広告での畳み掛けですね!

    電車乗り降りしてる間にいつの間にか刷り込まれる三角形。。。
    停車時にふと外に目をやれば飛び込んでくる三人の笑顔。。。

    クール、キュート、クール、キュートの繰り返しを見れる東京は楽しいですかっっていってんぬ!!(´;ω;`)

    ごめんなさい、RIJのセトリに七天が入っていて少しやさぐれております笑


    >逆に、この広告を見てもピンとこない方々には、Perfumeはまだ早い。

    納得です。
    ちょっとでも感性のアンテナに引っかかる人にはPerfumeにハマる素地があるとおもいます。
    まったく興味がない人には存在すら感じさせない広告ですから。

  8. ロボトリア | URL | -

    >ぷなしめじさん

    コメントありがとうございます。

    >クール、キュート、クール、キュートの繰り返し

    そうですね、そのどちらもあるので、両方が引き立つんですね。
    キュートなイメージは氷結さんをはじめ、テレビなどで存分に発揮されていますから、
    Perfume側からの、ここぞという時の発信はいつもクール寄りですね。

    >RIJのセトリに七天が入っていて少しやさぐれております笑

    お察しいたします(笑)
    ボクは「Spending all my time」の初披露にもグギギっております(笑)

    >まったく興味がない人には存在すら感じさせない広告ですから。

    ボクもうっかり見過ごすところでした〜(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/613-ed96c1a0
この記事へのトラックバック