--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KRAFTWERK『DER KATALOG』その3

2010年06月13日 10:44

クラフトワークの豪華BOXセット『DER KATALOG』のレビューを少しづつ書いています。
カタログ1
[関連記事]「KRAFTWERK『DER KATALOG』到着!!」
      「KRAFTWERK『DER KATALOG』価格変動に注意!」

さて、この『DER KATALOG』すべてデジタルリマスターされている
とのことですが、どれくらい違うのでしょうか。
ボクが以前からCDで所有していたものは、
『Electric Cafe』『THE MIX』『Tour de France Soundtracks』のみです。

『Tour de France Soundtracks』は最も新しいアルバムで2003年のリリースです。
なのでウチの安い再生機器では、その差はあまり感じませんでした。
確かに一音一音ハッキリしているし、低音も増しているように思いましたが、
2003年に出たバージョンもかなりよかったので・・・
amazonのレビューでは「かなり向上している」というかたもおられました。


そして『Electric Cafe』と『THE MIX』に関してですが、

これは、ハッキリ違います!!

ボクのオーディオマニアでもない、素人耳でもその差は歴然です。
もの凄いクリアで、「こんな音あったのか!」という発見もあります。
中低音の迫力も増していて、特に『THE MIX』を聴くと、

『THE MIX』のMIXなのか!と思う程。よりダンサブルにノレます。

『DER KATALOG』に収録されているものはドイツ語というのもあって、
ほとんどクラフトワークの新作を聴いている気分でした。


『Electric Cafe』は今回のリマスタリングを機に『TECHNO POP』というタイトルに変更されています。
83年頃でしょうか、クラフトワークの新作が『TECHNO POP』というタイトルらしい、というので、
話題になった記憶があります。結局86年に『Electric Cafe』としてリリースされました。

今回の『TECHNO POP』、『Electric Cafe』の時にはなかった1曲が追加されています。
5曲目の「House Phone」という曲です。
4曲目の「Telephone call」の流れを次いで、再構築したような曲です。
もともと、存在していた曲のようですが、そのあたりの経緯は、
国内版『テクノ・ポップ』の解説で明らかなようです。


You Tubeで見つけた「House Phone」ですが、今回収められた音とは大分違います。
下の動画で聴こえる「シャッ、シャッ」という音はなく、もっとビート感が強く、
「ドルルル、ドルルル」という響きが強調され、精悍な印象です。
どちらも、とてもファンキーでカッコいいです!


Der Katalog
Der Katalog
posted with amazlet at 10.06.13
Kraftwerk
(2009-11-06)
売り上げランキング: 38741

THE MIX
THE MIX
posted with amazlet at 10.06.13
クラフトワーク
EMIミュージックジャパン (2009-11-04)
売り上げランキング: 118976

Techno Pop: Remastered
Techno Pop: Remastered
posted with amazlet at 10.06.13
Kraftwerk
Mute (2009-08-20)
売り上げランキング: 206955



クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/60-033b619e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。