--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スター松田聖子さんについて

2012年06月30日 23:58

昨日のミュージックステーションで、
昭和VS平成のアイドルでシングルの売り上げのベストを競っていまして、
昭和部門では松田聖子さんが1位でした。

松田聖子さんが1位というのは、
シングルの売り上げを抜きに考えても、大いに納得です。


間違いなく彼女は昭和の歌謡史に燦然と輝くスターですから!
(今も活躍されているのもこれまた凄い話です)



聖子ちゃんがデビューしたのは、ボクが中学生の頃。
当時ボクはYMOに夢中でしたので、アイドルシーンというものには、
まったく興味がありませんでした。

でも普通にテレビで歌番組は見ていましたので、聖子ちゃんの歌も普通に聴いていました。

デビューしたての聖子ちゃんは、ポスト山口百恵などと紹介されることもあり、
「おお、大きくでたな!」と思いつつ、その華奢な身体に似合わない声量に驚いたものでした。
しかし、大人の色気を漂わせていた百恵ちゃんと比べて、ちょっと落ち着きがなく感じられ
(比較すること自体、間違っているのですが)、「まだまだ、だな」みたいな、
お前何様だよ的な、厨ニ全開の感想を抱いてしまっていたのでした。


「ぶりっこ」という言葉が流行り、揶揄されることも多かった聖子ちゃんですが、
同性からの人気も厚く、当時の女の子は皆、「聖子ちゃんカット」と呼ばれる髪型で、
一体何が入るの?というくらいの小さなポシェットをたすき掛けにするのが、
80年代スタイルでした(笑)


***


聖子ちゃんの曲を「お、いいかも!」と思った最初の曲は、「白いパラソル」でした。


高校一年の時に林間学校へ行く途中にバスの中で、当時のいろんな歌謡曲を
流しているやつがいて、その中の一曲でした。


それまでの元気いっぱいのキラキラ路線から、グッと落ち着いて、
しっとりと歌い上げる聖子ちゃんの歌声にやられました。
このあたりから、もしかして発声方を少し変えたのか、
それとも声がこなれてきたのか、ちょっとハスキーな感じになり、
それも財津和夫さんの曲調にぴったりと合っていてよかったんです。


でもボクが聖子ちゃんの曲を意識的に聴き直したのは、社会人になってからでした。
きっかけは忘れてしまったのですが、今思えば当時、あがた森魚さんがライブで、
よく「風立ちぬ」をカバーしていまして、それが刺激になったのかもしれません。
あがたさんの「風立ちぬ」、絶品でした。
一見、意外な取り合わせと思うかもしれませんが、松本隆、大瀧詠一という、
はっぴいえんど、ティンパンアレイの系譜からみると全然違和感はない訳です(笑)


それで、聖子ちゃんのベストアルバムをレンタルして、
カセットにダビングしてよく聴いておりました。

聖子ちゃんカセット


あらためて凄いなと思いました。
この時すでに10年を経過していましたが、まったく古びていない楽曲群に驚きました。


好きな曲は、先ほどの財津和夫さんの「白いパラソル」、大瀧詠一さんの「風立ちぬ」、
それに細野晴臣さんの「天国のキッス」「ガラスの林檎」、
佐野元春さんの「ハートのイヤリング」、尾崎亜美さんの「天使のウインク」、
そしてユーミンの「瞳はダイアモンド」です。

こうしてみると作家陣も超一流ですね。
まさに松本隆を中心とする、大「松田聖子プロジェクト」と言っていいでしょう。


しかし、聖子ちゃんの最大の魅力は、何と言ってもその「歌の表現力」です。
いくら良曲に恵まれても、その歌をモノに出来るかは、
その歌手の技量に大きくかかっているのです。

そしてその点においても松田聖子は、
曲のポテンシャル以上のものを引き出す天才だったのではないかと思います。


「ぶりっこ」という言葉も、その歌世界を表現するための手段から放出される、
本人もどうしようもないものであり、大衆もそのことは理解していたように思います。
だからこそ広く支持されたのであり、人々の心に深く刻まれたのでしょう。


松田聖子さんについて大した知識もない自分なのに、
たいへんおこがましいのですが、懐かしさのあまり長々と語ってしまいました。
やっぱり昭和はいいよね〜(笑)








SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~
松田聖子
ソニー・ミュージックダイレクト (2011-12-07)
売り上げランキング: 201



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. 通りすがりの広島県人 | URL | -

    はじめまして、いつも拝見しております。
    どうしても気になったのでコメントさせて頂きました
    「白いパラソル」は財津和夫さんですよね。

    一郎さんですと「白いタケモトピアノ」になってしまいます(笑)

    私は「制服」が大好きです。

  2. リニアモーターボーイ | URL | mggyZOgk

    非っ常にキビシ〜ッ!

    ハハハ。和夫と一郎でこんなに違うんですね。
    面白すぎです。

    それにしてもロボッチさんのフォロー範囲の広さに
    恐縮です。
    聖子さんは僕が小学校の5~6年生頃デビューして
    あの伝説の『ベストテン嘘泣き(?)事件』はリアルタイムで
    観ました。曲は『青い珊瑚礁』でしたね。

    彼女の場合、優れた作家陣に恵まれていたのがヒットの一因でも
    あるでしょう。
    ロボッチさんが紹介していたユーミンは呉田軽穂名義で
    名曲『赤いスイートピー』も書いていました。
    細野さんといえばご自身の作品の『天国のキッス』がオリコン等の
    1位となった為に『君に胸キュン』が2位に終わったという逸話も
    ありました。

    今、改めて聴くと現代のアイドルとは歌唱力やダンスのスキルは
    多少劣るところがあると思いますがスターのオーラは80年代アイドルの
    彼女たちの方が出まっくていた感があると思います。

    この80年代歌謡曲も是非シリーズ化していただきたいです。
    よろしくお願いいたします。

  3. ロボトリア | URL | -

    >通りすがりの広島県人さん

    コメントありがとうございます。

    あわわ! リアルに間違えてしまいました(汗
    早めのご指摘助かりました。早速訂正させていただきました。ありがとうございました!
    これ、よくごっちゃになるんですよ(笑)ちゃんと調べないといけませんね。

    「制服」も隠れた名曲ですよね!
    これに懲りずどうか今後ともよろしくお願いします(*^^*)

  4. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    いやいやホントお恥ずかしい!
    ボクのオツムも「非っ常にキビシ〜ッ!」状態となって参りました(笑)

    「赤いスイートピー」も非常に人気がありますね。ボクも好きですが、
    「瞳はダイアモンド」の方が聖子歌謡曲として、ひとつの完成型のような気がして大好きなんです。

    >細野さんといえばご自身の作品の『天国のキッス』がオリコン等の
    1位となった為に『君に胸キュン』が2位に終わったという逸話もありました。

    そうでしたね。なんとも皮肉ですが、細野さんの天才ぶりも再確認された出来事でした。

    聖子さんは歌で勝負してきた人だと思っています。歌唱力では今でも、
    適うアイドルの人はいないんじゃないかあ、なんて思ってるんですが・・
    オーラもものすごいですよね。今はピンで勝負する人いなくなってしまいましたね。

    >この80年代歌謡曲も是非シリーズ化していただきたいです。
    よろしくお願いいたします。

    70年代から80年代前半の歌謡曲は大好きなので、また取り上げるかもしれませんので、
    その時はよろしくお願いします(^^)

  5. eelfish | URL | -

    モンスター

    松田聖子さんといえば、この前、NHKEテレで、藤井隆さんと対談してましたが、その時に流れた曲のどれもこれも、知ってる曲ばかりでした。
    特にファンでもなかった僕でさえ、こうなんですから、狭義のアイドルでありつつ、広義のアイドルでもあるというまさにモンスターとでもいうべき存在ではないかと思います。
    国民的というなら、やっぱりこの位の存在感がないと(笑)

  6. ロボトリア | URL | -

    >eelfishさん

    コメントありがとうございます。

    その番組、ボクも後半だけ見ました! 聖子さんをリスペクトしている人はホントに多いですね。

    >狭義のアイドルでありつつ、広義のアイドルでもあるという〜

    おっしゃる通りですね。聖子さんはもしかして自分がアイドルであるかどうかは、
    どちらでもよかったと考えていたのかもしれません。 歌が命、そんなような気がします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/592-a8bf4f03
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【スター松田聖子さんについて】

昨日のミュージックステーションで、昭和VS平成のアイドルでシングルの売り上げのベストを競っていまして、昭和部門では松田聖子さんが1位でした。松田聖子さんが1位というのは、シ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。