☆短編妄想小説☆「本日休講」第六話

2012年06月28日 20:11

お待たせ?しました!
ご都合主義型自己満足妄想小説の続きです(笑)

さてさて、季節は春から夏へと移り変わってきました。
大本さんと、ろぼっちくんの行方やいかに・・・(*^^*)


第一話は→コチラ
第二話は→コチラ
第三話は→コチラ
第四話は→コチラ
第五話は→コチラ




「ろぼっちは・・・どうするの? 行くの? 清里」

「う~ん、試験が終わればどうせヒマだし。行ってみようかなぁ」


大学の研究室の掲示板の前で、学生たち数人がその張り紙を見ていた。

山梨の高原、清里に大学の研修施設がある。
毎年、夏になるとこの施設を利用し、クラス単位で1泊2日程度のリクリエーションが行われる。
バーベキューや、周辺の散策。夜は肝試し・・・
学生なら1500円程度の費用で利用でき、参加は自由だ。


「じゃあ、わたしも行こっかなぁ」

「えっ、あ、うん」


***



森に囲まれた大学の施設、清里寮。
ヒグラシ、ツクツクホーシ、ウグイス・・・
いろんな虫や鳥たちが、うるさいくらいに鳴いている。


日も暮れかけたその芝生の庭で、
ボクは缶ビールを片手にぼんやり佇みながら、
大本との、あの時のやりとりを思い出していた。



(じゃあ、わたしも行こっかなぁ・・・)



薄オレンジ色の日が包む中、
周りの学生たちはバーベキューの準備に忙しい。
男子は炭や薪に火をつけている。
女子は食材の下ごしらえに取りかかっていた。


西脇さんが手慣れた包丁さばきで、野菜を刻んでいた。
となりで大本が見よう見まねで、同じく野菜を刻む。


「ちょっと、あんたもう少し細く切れん? 太すぎるじゃろ」

「え~、そお? おっかしいなあ、同じにやってるのに」

「どこが同じなんよ・・・家で料理とかせんの?」

「えへへ~、秘密!」

「何が秘密じゃ!」


ボクは少し離れて、ふたりのやりとりを見ていた。
なんだか心が和んだ。
高原の清らかな空気とあいまって、ボクの心は浄化される。
来て良かった。


「あ! ろぼっち! ぼんやり見てないでこれ運んで!」

「あー、はいはい・・・え? 大本のこれ、太くない?」

「いいから黙って運ぶ!」

「ひ~!」



***



たわいもない会話をしながら、バーベキューを楽しむ学生たち。
皆、缶ビールを片手にほろ酔い気分だ。


大本もどうやらごきげんだ。

「どうよ、ろぼっち。わたしが切った野菜。うまいじゃろ?
食べてしまえば同じじゃろ?」

「え? うん、美味しいよ。むしろ歯ごたえがあって」

「でしょう~! 計算よ。け・い・さ・ん!」

「大本、だいぶ酔ってるな、だいじょぶ?」

「だいじょうぶれす! 全然酔ってませ〜ん! わたしのボブは誰にも負けましぇん!」

「はあ?? だいじょうぶか? あははははは」

「えへへへ~、だいじょうぶよ。だってわたしが飲んでるの、これだもん」


大本は手に持っていた缶ビールを、ボクの目の前に差し出した。
ノンアルコールのビールだった。


「そっか、大本まだ19だもんな。ボクは20だけど・・・でも、酔ってるとしか見えないけど・・・」

「ふふん、だって、こうしてると気軽にしゃべれるんだもん・・・ろぼっ」


そのとき、大本のことばを遮るように、研究室助手のIさんの大きな声が響いた。


「さあ、あたりも真っ暗になってきたし、バーベキューはお開きにしまーす。
みんな片付けたら、お風呂に入ってくださーい。その後にまた集合してもらいまーす」

「もう、お開きだってさ、ろぼっち。さあ、片付けましょー」

「うん、そだね。あの、大本さっき・・・」

「え?」

「いや、なんでも・・・」


夏とはいえ、高原の夜はぐっと冷え込む。
ほろ酔い気分が一気に冷めてきたのは、この冷たい空気のせいだけだろうか・・・


テキパキと片付けを終えると、皆、寮の中へと入っていった。






6:29大本



※この物語はフィクションであり実在の人物とは一切関係がありません♪


コメント

  1. おとわ しゅな | URL | QFk3YRjk

    あー!

    なんなん、これなんなん(笑
    じらされてドキドキ感がタマリマセンwww

    ロボッチさんの実体験、少し入ってます?妙にリアッリティがあるんだ・よ♪

    ここらから一気にクライマックスですよね?!

  2. ロボトリア | URL | -

    >おとわ しゅなさん

    コメントありがとうございます。

    このジラされ感、作者もジレております(笑)

    >ロボッチさんの実体験、少し入ってます?妙にリアッリティがあるんだ・よ♪

    いえいえ、この物語の場所は地図には載っていますが、実際には見当たりませんよ♪

    >ここらから一気にクライマックスですよね?!

    スイッチを押したいのですが、景色は消えて欲しくないですねー(笑)

  3. mtst | URL | WU..WH7.

    十分に分かってるんですよ

    毎度作り話って事は。

    でもですね、読んでるうちに「楽しそうな青春時代を送りよってからに〜。」
    となってしまいます(笑)

  4. RM-2 | URL | J7hHUTVE

    いいですな〜 w

    ん〜。こんな感じの時間帯が一番楽しいんですよね。 ^-^
    それは多くの人が共感できる部分ではないでしょうか? 
    なにげに遠くにいても目と目があってもうて、ちょっと嬉しかったりね。
    しかし この 大本さん、可愛すぎて、読んでて、ちょっと 酔ってしまいました w
    こーゆーのを書かせたら流石に恋の百戦錬磨と称されるロボ様ですね〜。
    相手が何か言いかける時にジャマが入って、そのままわからず。。。
    昭和のトレンディドラマでおなじみの手法も効いてますね〜(笑)
    まだまだ、結果をいそがず、ポワ〜ンとした時間帯を続けてほしーれす。 ファンよりw

    PS:ワールドオーダー買う予定〜♪^o^ 

  5. azu | URL | -

    いつ連載再開するのかと楽しみにしてましたw

    何かよくわからんですがすごいリアルな。
    ほんとにしゃべりそうなセリフです。
    感情移入してしまいます。^^

    毎度そうなんですけど、今回の後ろ向きの写真合い過ぎ!
    どっから持ってくるんだw

  6. リニアモーターボーイ | URL | mggyZOgk

    久々の再開に読む前からドキドキしていました。

    この奥歯に挟まった感じの展開はまさに昭和~バブル期の
    ドラマですね。
    登場人物の設定も少し天然で茶目っ気のある女の子、
    なんでもこなしてしまう完璧な女の子(でも勝気なとこアリ)、
    そして優しいんだけどちょっと優柔不断な男の子。
    あの頃のドラマみたいです。のっちは男女7人夏物語でいうところの
    大竹しのぶさんといったところでしょうか?違っていたらゴメンナサイ。

    そしてドラマといえば主題歌ですが
    『男女7人夏物語』には『CHA-CHA-CHA』
    『101回目のプロポーズ』には『SAY-YES』
    『東京ラブストーリー』には『ラブストーリーは突然に』

    そして『本日休講』には……


    やっぱり『マカロニ』しかないでしょう。
    これも違っていたらゴメンナサイ。

  7. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    あはは、体験10%、願望90%で構成されてますので(^^)
    ボクも妄想の中で青春を取り戻しているんですよ。
    ろぼっちコンチクショーですよね(笑)

  8. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    夕日の時間帯は、どこか人を幸せにする魔法のようなものを感じますね。

    >なにげに遠くにいても目と目があってもうて、ちょっと嬉しかったりね。

    そうそう、そんな距離感がたまらないです!

    >こーゆーのを書かせたら流石に恋の百戦錬磨と称されるロボ様ですね〜。

    あの〜、いつどこで称されたんでしょうか? 初耳です(爆笑)

    >昭和のトレンディドラマでおなじみの手法も効いてますね〜(笑)

    トレンディドラマじっくり見た記憶がないのですが、
    やはり無意識に刷り込まれているんでしょうね。年齢はごまかせないなと思いました(笑)

    >まだまだ、結果をいそがず、ポワ〜ンとした時間帯を続けてほしーれす。 ファンよりw

    そう言っていただけると気が楽です。でも、書いてる本人がじれてくるかもしれません(笑)

    >PS:ワールドオーダー買う予定〜♪^o^

    ぜひぜひ、期待は裏切らないとおもいます♪

  9. ロボトリア | URL | -

    >azuさん

    コメントありがとうございます。

    >いつ連載再開するのかと楽しみにしてましたw

    ちょっとアイディアが湧いてきたので再開してみました。
    感情移入していただけたなら嬉しいです。

    写真は2008年7月に「週刊ビッグコミックスピリッツ」にグラビア登場した時のものです。
    ボクは買いそびれてしまったのですが、ネットから拾ってモノクロ加工しました。
    屋外の写真は貴重で、雰囲気のいいものが多いですね。
    かなり厳選しているつもりなので、そこ触れてもらって嬉しかったです♪

  10. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    男女7人シリーズも「101回目〜」も「東京ラブストーリー」も見てないんですよね(;^_^
    ただ、題名も思い出せない、あの頃のドラマは見ていたハズですから、
    はやり刷り込まれているんでしょうね。

    >やっぱり『マカロニ』しかないでしょう。
    これも違っていたらゴメンナサイ。

    もったいなくて恐縮ですが、恋愛以前の距離感の切なさや幸福感が
    描かれているので、マッチしていると思います!
    でも、最後はおとずれて欲しくないなあ・・・('-'*)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/591-6ecfec24
この記事へのトラックバック