--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下達郎とCM

2012年06月14日 20:12

達郎01

昨日は、山中湖での音楽フェス「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012」 に、
なんと山下達郎さんの出演が発表され、大いに話題になりました。

9/2、Perfumeと同日です。俄然SLSへの注目が高まりましたね。
これまでたびたび「Perfume」という名を口にしてきた達郎さん、
はたしてライブをご覧になってくれるのでしょうか♪
ステージ裏でなんらかの交流はあるのでしょうか♪

あの達郎さんが、数あるフェスの中でSLSを選んでくれたのですから、
SLSはそれだけの価値があるフェスだということでしょうか。
ボクはこの夏、Perfumeが出演するフェスはここ一点買いですので、
大いに期待が高まりました。 どうかいいお天気でありますように・・・
ボクは達郎さんに関して何か語るほどの蘊蓄は持ち合わせていないのですが、
ベスト版2枚、オリジナルアルバムも4枚くらいは持っていて普通にファンです。


達郎さんは、音楽や音に対して、
職人気質とも言えるほど、尋常じゃないこだわりをお持ちですが、
発信する音楽は、万人が「いい!」と思う非常にポピュラリティあふれるものです。
そう、日本人なら知らない人はいない。聴いた事のない人はいない音楽です。


それは手がけたCM音楽の多さからも伺い知れます。
特にボクらの年代の人間は、ものごころ付いたときから、
タツローサウンドに接してきたと言っても過言ではないでしょう。



懐かしのCMも網羅した、達郎&まりやさんのCM動画集を見つけました。
なんか胸がきゅーっとなります(笑)

達郎03

達郎04

達郎05

達郎06

達郎07

達郎08

達郎09








代表作はやっぱりこのシリーズですかね♪










TREASURES
TREASURES
posted with amazlet at 12.06.14
山下達郎
Warner Music Japan =music= (1999-06-02)
売り上げランキング: 2366



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. ロボトリア | URL | HVBca1Fo

    自己レスw

    このCM集の最後の方の、坂井真紀さんの可愛さにヤラレマシタw

    坂井真紀さんはPerfumeファンでもあります(*^^*)

  2. 噛みの子 | URL | -

    SLS、行こうと思っていたので俄然気合い入りますね。山下達郎さんは生で見たことはまだないんですが、子どもの頃からよく耳にしていたので、「ついに生で見れるのかー」という感慨です。

    ちなみに「ヘロン」が好きっす(笑)

  3. いけぽん | URL | -

    達郎さんとPerfume

    ロボッチさんはじめまして!
    コメント入れさせて頂きます(^O^)/

    どうやら達郎さんは、Perfumeを聴いている(研究している?)ようなのです。

    3月に達郎さんのライブに行く機会があったのですが、MCで「私がオートチューンを使うと出来損ないのPerfumeになる」と発言し、まさかのコメントに回りが静かにしている場面で、1人で大受けしてしまいました。

    そんな二組が、SLSで接触するなんて夢のようです。
    後日談があれば是非とも聞いてみたいものですね(まだ終わってもいないのに)w

  4. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    チョーチョーチョー! 楽しみにしてる人!! ハアアーーイ!!!

    「山下達郎&竹内まりあ夫妻 70's~'90sCM」、結構見どころ満載ですね。
    特にタツローの80年代初期までのヤツは、楽曲としてはおなじみですが映像はホント久しぶり、
    というモノが多くて眼福でありました。

    ですが、ここに集められている80年「RIDE ON TIME」あたりまでのCMは、
    本業である筈のアルバム、シングルのリリースでは全く喰っていけず、それこそ
    「食いぶち」としてコマソンをシコシコ作ることで何とか、しのいでいた時代らしくて。
    (誰かさんいうところの「ガケっぷち」ってヤツですね:笑)
    その中でコカコーラのような、一人多重録音でビーチボーイズのようなコーラスワークを
    ヒネり出したり、そのノウハウがのちの一人アカペラ「ON THE STREET CORNER」に
    結実したり、と達っつぁんにとってのCM音楽とは、そうした苦しい中でもクリエイティブの
    幅を徐々に拡げていった「思索と格闘の歴史」、と言い換えることも出来るようです。

    私が達っつぁんの音楽に触れるようになったのは81年になって聴いた「RIDE ON TIME」から。
    思いきりファンク丸出しだったり、70年代ソウルの影響をモロに感じさせる玄人好みの
    マニアックな16ビートのアンサンブルは、その当時の邦楽とは明らかに異なるものでした。
    そしてあの常軌を逸した圧倒的なヴォーカル!
    さらにタマげたのは82年から通い出したライブに行った時。
    レコーディングメンバーをそのままツアーに帯同させて、アルバムの音そのままが
    寸分違わずキッチリ再現されている! 何というコトなんだろう!!
    その超絶クオリティに、文字通り腰を抜かしました。
    ライブはいつも手抜きなしの3時間オーバー。メンバー間の壮絶なソロ合戦をたっぷり
    組み込んだ10分ちかく演奏する曲があったり、とにかく達っつぁんのライブはそれまでの
    私のライブ歴で経験してたいろいろなものを、根底から覆すインパクトを持っていました。
    そしてそのスタンスは30年以上経ち、達っつぁんが59才になる今年のライブツアーでも
    変わらず健在でした。
    「爆音」とは無縁の、個々の楽器の音やボーカルやコーラスのニュアンスまでバッチリ
    堪能できる、これぞプロフェッショナル! の音。

    今回のSLSは、彼を除く2世代以上若いアーティストのファンが集まる文字通りのアウェイの場です。
    そのオーディエンスの人達にタツローのあの唯一無二のバンドサウンドがどう受け止められるのか、
    特に今回Perfumeをお目当てにくるような人たちに、達っつぁんはどんなインパクトを残すことが
    出来るのか。
    山中湖、という屋外で達っつぁんの音がどんな鳴りをするんだろう、それよりも
    フェスでしょ? セトリとかどーすんだろ! 持ち時間ン10分じゃモッタイないゾー!
    ....とか、そんなことを考えていると、ワクワクが止まらないのであります(笑)。

    Perfume、達っつぁん双方のファンクラブ会員であるこの私にとって、今回のSLS参戦表明は
    サイコーのプレゼントになりました。まさかその両者が「同じイタ」を踏む、
    そんなフェスを目の当たりにするとは。....その昂奮に私はまだうち奮えています(笑)。

  5. リニアモーターボーイ | URL | Z/geisXc

    ここってテクノの庭ですよね?
    この2~3日、おっさんが聴くアーティストばっかりなんですけど。
    な~んて冗談ですよ。

    僕も達郎は好きでよく聴きますよ。
    一番好きな曲は【メロディーズ】収録の【メリーゴーラウンド】です。
    高校時代の夏、プールの授業の次の授業は決まって
    この曲を聴きながら窓から見える空を見ながら聴いていました。
    もちろん寝ながらです。
    達郎さんは日本のフィル・スペクターと言われていますが、
    テクノ界のフィル・スペクターは中田ヤスタカであると
    ここに断言します。音の壁という所にそう感じたのですが。

    陽水さんはあまり知りませんが、【氷の世界】のリンゴ売りって
    何なんだよ。未だにわかんないよ。

    最近、男性ソロアーティストでは高野寛君を良く聴いています。

  6. イノー | URL | 08UMUgdw

    懐かCM2

    こうやって見てみると夏の作品が多いですね。でも、やっぱりトドメはJR東海「クリスマスエクスプレス」シリーズでしょう。
    歌がどうこうっていうより、一番好きな女優の深津絵里さんの出演作だから。
    変なメイクでも、変な衣装でも、相手の男が変な踊りをしていて、お寒くても、ずっと記憶に残っています。
    CMの出来としては翌年の牧瀬里穂バージョンの方が良かったんですけれどもね。何せこれだけで彼女をスターダムに押し上げてしまったのだから。

  7. ロボトリア | URL | -

    >噛みの子さん

    コメントありがとうございます。

    思いもかけないビッグアーティストの登場ですね。
    あ、達郎さんは「アーティスト」って呼び方キライだったんだ(笑)

    「ヘロン」ボクも好きですよー。長野オリンピックを思い出しますなー。

  8. ロボトリア | URL | -

    >いけぽんさん

    コメントありがとうございます。こちらでは初めまして!

    >MCで「私がオートチューンを使うと出来損ないのPerfumeになる」と発言し

    おお、その時にいらしたんですか!
    達郎さんは、かなりPerfumeを研究してるし、好意的に見てくれている感じはしますよね。

    おととしくらいだったでしょうか。「山下達郎のサンデーソングブック」で、毎年正月恒例の、
    大瀧詠一さんとの「新春放談」の時に、達郎さんの口からPerfumeという名前が出たんです。
    その時、大瀧さんはPerfumeを知りませんでした(笑)

  9. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    >「食いぶち」としてコマソンをシコシコ作ることで何とか、しのいでいた

    たしかに初期の頃は商品名まで織り込んで、いわゆるCMソングでしたね。
    なかなか自分からやりたい仕事ではなかったかもしれません。
    でも、おっしゃるようにクリエイティブの幅を拡げていった「蓄積」の期間でもあったわけですし、
    何より実力がなければオファーも来ないわけですから、
    当時から実力はお墨付きではあったのだと思います。

    >今回のSLSは、彼を除く2世代以上若いアーティストのファンが集まる文字通りのアウェイの場です。

    チョーさんのように生粋のタツローファンの方で、フェスにまで参加する人は多くない気もします。
    大きく世代も違いますからね。ですからチョーさんの若い方の反応が気になる気持ちは良くわかります。
    ボクも思いもかけず達郎さんを見れることになり興奮しています!

  10. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    だいぶ初期からなんでもアリのブログになっています(笑)

    >高校時代の夏、プールの授業の次の授業は決まって
    この曲を聴きながら窓から見える空を見ながら聴いていました。

    達郎さんの音楽は夏の情景にピッタリとはまる曲が多いですよね。
    その時の景色が目に浮かぶようです。

    陽水さんの場合はもう少し、個々の受け止め方に幅があるというか・・・

    映像派ユーミンに対する、心情派中島みゆきみたいな感じでしょうか?(違うか:汗)

  11. ロボトリア | URL | -

    >イノーさん

    コメントありがとうございます。

    またまたJRが来てしまいましたね(笑)

    深津絵里さん素敵でした。

    >変なメイクでも、変な衣装でも、相手の男が変な踊りをしていて、

    いえいえ、あの当時はあのメイクもファッションも男の寒い感じ(笑)も、
    全部イケてたんですよ。全然不自然と思いませんでした。みんな肩パット入れてたし(笑)

    牧瀬さんはあのCMがきっかけだったんですか。
    ボクは映画「つぐみ」を観たのでその印象が強いですねー

  12. イノー | URL | 08UMUgdw

    「つぐみ」

    クリスマスエクスプレスの翌年に「東京上空いらっしゃいませ」と「つぐみ」に出たんですよね。
    「つぐみ」は私も大好きで舞台の松崎町まで行きました。

  13. ロボトリア | URL | -

    >イノーさん

    コメントありがとうございます。

    ああ、伊豆の松崎でしたね。潮の香りが漂ってくるような・・・

    「東京上空〜」は観てないのですが、相米監督の作品でしたね。
    「台風クラブ」は好きでした(^^)

  14. イノー | URL | -

    東京上空×井上揚水

    「東京上空いらっしゃいませ」では井上陽水の「帰れない二人」が使われてましたね。
    私はこの曲が陽水の曲を初めて聴いた時だったと思います。
    「台風クラブ」はまさに憧れでしたね、あのシチュエーション。
    好きな子と学校で一泊なんてもう考えただけでも...
    しかも雨の降りしきる中、校庭で「もしも明日が」を歌いながら....
    ああ、青春。

  15. ロボトリア | URL | -

    >イノーさん

    コメントありがとうございます。

    「帰れない二人」ですか、ますます気になるじゃないですか!(笑)

    「台風クラブ」はもうストーリーは忘れかけていますが、
    台風によって運ばれてくる非日常感が、妙にリアルに描かれていたのは、よく覚えていますね。
    工藤夕貴さんの出世作かな?

  16. amashock | URL | -

    達郎×Perfmeが見れる日がくるとは!

    ロボトリアさん。はじめてコメントします。ちょくちょくPerfume関連では「テクノの庭」にはお邪魔させて頂いています。いわゆるROM専ですが。
    いやあ、山下達郎とPerfumeが、ライブで同じステージに立つ日がくるとは。長生きするもんですねぇ。山下達郎のライブは遥か20年以上前、中野サンプラザでした。その前は、荻窪ロフトででのシュガーベイブ解散ライブでしたからね。
    いずれも日本を代表するライブパフォーマーであることは疑いもありません。当日、どんな「奇跡」が起きるか、いまから楽しみです!!

  17. ロボトリア | URL | -

    >amashockさん

    初めまして! コメントありがとうございます。

    無数にあるPerfumeの事を記したブログの中から、当ブログを読んでいただき光栄に思います。
    ここはPerfume以外の記事もたくさんありますが、きっとamashockさんが、当ブログに
    同世代的な話題の共通性を見つけてくださっているのではと勝手に推測しております(^^)

    なんとシュガーベイブ解散ライブもご覧になっているとのこと。
    そんな貴重な方は日本中にほんの一握りの中の、ほんの数粒の人たちですよ(笑)

    >いずれも日本を代表するライブパフォーマーであることは疑いもありません。

    カタチは違えど、他の追随を許さぬ、という点では同じですね。
    ボクも初めての達郎さんのライブともども、とても楽しみにしています(^^)

  18. kazz | URL | -

    貴重な野外ライブ

    愚直に鍛錬せよ、ファンに忠実であれ、己を貫き通せ。
    達郎にもPerfumeにも共通する姿勢ですが、手法に全く共通点がない。
    達郎がPerfumeをどう思っているのか、知る由もありませんが、
    ひょっとするとかなりショックを受けているのかも。
    達郎が現場でPerfumeを表敬訪問、なんてないかなぁ・・・。

    YouTubeにあの「イチジク○○(ハジかれるかもしれないので伏字w)」のCMあるかな?
    と思ったのですが見つからず。家庭用VTR登場以前の時代だったかも。

    JR東海のCM、牧瀬里穂ver.が一番有名だと思うのですが、吉本多香美ver.ですか!
    好きな女優さん、というより好きなタイプの顔の女性なんですよw
    ひょっとしてロボトリアさんも?

  19. ロボトリア | URL | -

    >kazzさん

    コメントありがとうございます。

    >愚直に鍛錬せよ、ファンに忠実であれ、己を貫き通せ。

    なるほど。プロスポーツ選手のような共通項ですね(笑)
    ストイックにスキルを磨き、身につけているのに関わらず、
    ひょうひょうとやってのけている点も、似ているような気がします。

    イチジク○○もやってたんですか?w
    紹介した動画も70年代前半のものもありますから家庭用VTRなんて、
    ほとんどなかったと思いますね。どうして残っているのか不思議です。

    >ひょっとしてロボトリアさんも?

    吉本多香美さんだから、というわけでなくストーリーが割と好きだったんです(;^_^
    もちろんこのストーリーを際立たせたのは、吉本多香美さんの明るい雰囲気が
    あってこそだったと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/585-3271017d
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【山下達郎とCM】

昨日は、山中湖での音楽フェス「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012」 に、なんと山下達郎さんの出演が発表され、大いに話題になりました。9/2、Perfumeと同日です。俄然SLSへの注目が高まりまし




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。