--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfumeの未知

2012年05月29日 19:56

ライトファンを自認するボクでも、ここ最近はJPNツアーの余韻に浸り、
なんとなく頭がフワフワしています。
特に追加の武道館公演は決定的で、まざまざとPerfumeの素晴らしさを見せつけられ、
Perfumeから受け取った「幸福の種」においては、いくら感謝してもしきれない思いでいます。

だんだん文章が意味不明になってきました。

「少年時代に自転車に乗れなかった人は例外なく理屈っぽい」

このような仮説のもと、たまには理屈っぽい記事でも書いてみようと思います(たまには?)


あらためて考えてみたいと思います。
Perfumeはなぜ、こんなにも素晴らしいのでしょうか?
(カレーはどうして美味しいんですかby武田選手)


「Perfumeは、前人未到の開拓者であるがゆえに、現在は未来であり、また過去でもある」


これはボクが先日、人様のブログのコメント欄に書き込んだものですが、
我ながら中々言い得て妙だと思い、もったいないので自分のブログでも言いたくなりました。(ぷっ)
もちろんこれは、そのブログ主様の記事を読んで導き出されたフレーズです。
読んでいただければわかると思います。

→ブログ「全身蜂の巣」~Perfumeと理屈


多くのファンは、どっぷりとPerfumeのコアなファンになる過程において、
大量の過去動画、資料を読みあさり、あまりにドラマチックなその道程に魅了されるはずです。


●幼い頃からの努力、諦めない心。

●中田さんやMIKIKO先生との出会い。
 (この二人の才能はPerfumeと同時進行形で花開いていく)

●本人たちの資質による「好かれること」の強み。
 (これが多くのプロフェッショナルの本気を引き出す)

●アイドルの活動から逸脱した挑戦する姿勢。
 (グラビアはやらない、ロックフェスへの出演等)


それらの要素が奇跡的に融合し、誰もが予測不可能な化学反応を起こし、
成功への階段を登りつめていく。

現代のショービジネスの世界で、これほど恣意的な要素の少ない事例があるでしょうか。
計算ずくの乾ききった世の中で、Perfumeの中に「一服の清涼」を見い出す人も多いでしょう。

ライブで、目の前でパフォーマンスを繰り広げる彼女たちを見る時、
私たちがそうした「Perfume物語」を共有していることは間違いありません。


「現在は過去でもある」


しかし、
「故意に作ろうと思っても、絶対に作ることの出来ないPerfume」という存在は、
道無き道を行く、開拓者でもあります。

お手本のいないPerfumeの前進は、模索を意味します。
チームPerfumeは持てる叡智を結集し、未来のPerfume像を常に提示しなければなりません。

そう、あなたがライブで見ているPerfumeは、
いまだかつて、誰も見たことがない未来のパフォーマンスグループなのです。
そのようなパフォーマンスを前に、私たちは絶句し、賞賛するほかはありません。

もう一度言いましょう。


「Perfumeは、前人未到の開拓者であるがゆえに、現在は未来であり、また過去でもある」


あ~ちゃんが、よく言う「この先は、な~んにも決まってませ~ん!」
というのは、冗談でもあり、半ば真実なのだろうと思います。


この先のPerfumeを、長期の視点において予測できる人などいないのです。
でも、私たちはそんなPerfumeを信頼し、同じ船に乗ることで共感の意思を表明します。
それがあの巨大な会場を、ひとつに束ねる一体感なのでしょう。


これからPerfumeは、未来からどんなプレゼントを届けてくれるのでしょうか?





JPN_S5:29






Spring of Life (初回限定盤)(DVD付)
Perfume
ユニバーサルJ (2012-04-11)
売り上げランキング: 240



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. きなこ | URL | mQop/nM.

    すいません、タイトルが宣伝に邪魔されてかけませんでした(汗)

    いいですね、その文言。
    ロボッチさん名言集にまたひとつ刻まれましたね!

    心からここまで彼女たちをそしてチームを思えるって素晴らしい、
    そんな存在に出会えた事に感謝、ですね。

    しかしあれです、
    ロボッチさんはライトファンではないです。
    ライトファンとは私の様な者を言うのです(笑)

    いやいや、ファンクラブ入ってないけど、
    ものすごく好きな人もいるし、
    ライトとかコアとか、ホントはあんまり分けたくないですけどね。
    ライブに沢山行って追っかけてる人しか、
    ファンとは言えないみたいな考えの人もいるかも知れないけど。
    好きにレベル分けなんてして欲しくないけどね。

    何を言ってるかわからなくなってきましたが(笑)

    なんだかんだ、
    昔からのファンや、
    沢山ライブに足を運ぶファンには、
    かなわないな~って思う自分がいます。

    あーこんな話になっちゃってすみませんf^_^;)

  2. ロボトリア | URL | -

    >きなこさん

    コメントありがとうございます。

    スマホの広告は鬱陶しいですねー(笑)

    >ロボッチさん名言集にまたひとつ刻まれましたね!

    ありがとうございます! って他のが思い出せませんw

    >ファンクラブ入ってないけど、ものすごく好きな人もいるし、
    ライトとかコアとか、ホントはあんまり分けたくないですけどね。

    おっしゃる通りですね。ボクもホントはライトとかコアとか、
    全然こだわってないですよ。なんか自虐的で面白いかなと思って。
    後は周りの人があまりに凄過ぎるというのもあります(笑)
    でもライブの回数も、知識も関係ないですよ。
    もう、ほんと好きと思う気持ちが大事! それだけです!(笑)

  3. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    幼稚園時代に手放し運転が出来た私は、間違いなく理屈に弱い。

    うーん。この「前人未到の開拓者であるがゆえに」というところに
    禿同であります。(←誰がハゲやねん! by セラミックおじさん:笑)

    いろいろなキセキをまるでタペストリーのように織り上げて、
    ここまで歩んできたPerfume。振り返るたびによくぞここまで、という思いがします。

    ポリリズム リリースの時に中田さんが事務所に乗り込んだ、というあの
    有名な逸話に象徴されるように、「アイドル」というカテゴリーが最初から眼中になく、
    自らの内なる声にのみ、忠実にクリエイティブを重ねてきた彼の功績は、
    本当に計り知れないモノがあります。
    アルバム「JPN」がリリースされた時に、新録4曲について「J-POP寄りの路線」
    云々のレビューが数多く出ていましたが、ツアーで披露された新曲群のド迫力は、
    そんな声をあっさりと打ち消してくれました。

    本当にPerfumeというグループのやっていること、って立ち止まって考えれば考えるほど
    納得のゆく確たる答えが導き出せない。そうこうしているうちに彼女たちはどんどん
    歩みを早めてゆく。
    「壮大なる現在進行形」。
    これがPerufumeなんだ、という確たるカタチを求めること自体が間違っているのかも知れない。
    私が常々不思議だな、と思っているのは、いわゆるプロの「音楽評論」のフィールドから
    本格的な「Perfume論」というものがなかなか出てこない、ということ。
    ナタリーとかのレビューをたまに観ていると、あのレベルだったらこの界隈の人たちの
    記事を読んでるだけで充分、というカンジですし。

    あらゆるメディアに表出するさまざまを嬉々として追っかける私。
    そのさまを「アイドルに夢中になってるオタク」なんだ、と言わればそうなのかも知れない。
    こんなにワクワクする日本人アーティストって80年代のYMO、
    90年代のピチカート・ファイブ位しか思いつかない。
    彼女たちの活動を今、リアルタイムで共有できているというヨロコビ。

    >私たちはそんなPerfumeを信頼し、同じ船に乗ることで共感の意思を表明します。

    というロボッチさんの言葉に強く共鳴する私であります。

  4. shirakata | URL | sM/y3BmM

    全身蜂の巣になりました。

    ロボトリアさん、私の拙い記事をフューチャーして頂きありがとうございます。

    あ~っ、私が心の中に思い描いていた理想のPerfume啓蒙記事がココに~
    あ~っ、私が321ッコの駄記事で主張してきた要点が見事にまとめられてココに~

    >これほど恣意的な要素の少ない事例があるでしょうか
    >お手本のいないPerfumeの前進は、模索を意味します

    私の文章力では、どうやっても出てこない素晴らしい表現です。
    自分の文才の無さにチョット凹みました。

    しばらく自転車に乗って修行の旅に出ます。
    捜さないでください←

  5. Perfume好きなJ-POP世代 | URL | .lrEKno.

    のっちにデレッ

    僕もどっぷりはまっちゃいましたね(笑)

    音楽先行と言いつつも、のっち!(爆)
    のっちがいいんです!
    彼女の澄ました冷たい視線に、かっこよさを感じながら、
    『Go To ツンデレ』にヤラレたんですね。
    それからは勝手に妄想シリーズが始まっていったわけです。

    もちろんそれだけじゃないですよ(笑)

    やっぱり道夏も見てましたし、
    個人的にはBEEカメよりも過去のラジオでしたね。
    本当に一貫した彼女達の精神にただただ感心していました。
    ライブに行ってから、さらに好奇心が増しましたね。



    ちなみにロボトリアさんの仰るライトファンとは、
    ある程度、Perfumeと保つべき距離感を、
    ロボトリアさんの長年の経験から心得たということなんでしょうか。

  6. mtst | URL | WU..WH7.

    なんて言いましょうか

    いつも思うんですが、ムダな言葉が無いというか…
    言葉のボキャブラリーが無いんでこれ以上うまく言えないです(笑)
    あえて言うならシュッと読めるんですがブワーっとイメージが広がります。

    たまに思うんです。
    なんで中田さんだったんだろう。
    なんで関さんだったんだろう。
    なんでMIKIKO先生だったんだろう。
    今となっては彼女達に欠かせない要素だと思います。
    今や皆さんそれぞれPerfumeに同調するように活躍の場が広がってるように感じます
    でもこれは言い換えればPerfumeが評価されてるから新たな依頼が舞い込んでいるとも言えると思います。
    何が言いたいのか分からなくなってきましたが
    彼女達は関わってくれた人達に恥をかかせないように懸命に努力してるようにも感じます。
    そこが彼女達の強みだと思います。

    やっぱりまとまらない(苦笑)
    あ、そういう事か
    「自転車に乗ったくらいで腱鞘炎になるヤツは考えがまとまらない」←ただいま軽い腱鞘炎中

    以上、それだけです。(runrunさん使わせて頂きました)

  7. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    >幼稚園時代に手放し運転が出来た私は、

    えー、まじですかー、凄いーマジ凄いー(羨望のまなざし)
    やっぱりチョーさんは、直感力が強いのでしょうか。それとも天才でしょうか。
    理屈で考えがちなボクは、いまだに手放し運転は出来ません、だってコワイもんw

    >禿同であります。(←誰がハゲやねん! by セラミックおじさん:笑)

    そのジョークをボクに使うことに恣意的なものを感じます( ̄∇ ̄*)
    うそです。共感ありがとうございます(笑)

    >「壮大なる現在進行形」。

    そうですね、このような現象を後追いでなく、並走出来ている事が、
    楽しくてしかたないですね。どれほど人生に潤いを与えてもらっていることか・・・
    またこの船の乗客もチョーさん始め、面白い方々ばかりで興味が尽きませんw

  8. ロボトリア | URL | -

    >shirakataさん

    コメントありがとうございます。

    断りもなく引用してしまいました、すみません!

    >私の文章力では、どうやっても出てこない素晴らしい表現です。

    とんでもございませんよ。
    もともとこの記事内容はshirakataさんの記事の焼き直しのようなものです。
    shirakataさんは謙遜しておられますが、いつも独自の切り口の分析と、
    ユーモアを絡めた辛口の記事に感心しています(あれ、上からっぽくなってます?)

    shirakataさんのブログをもっと知ってもらいたいという企みもございました(^_^)

    >しばらく自転車に乗って修行の旅に出ます。
    捜さないでください←

    サイクリングですか? 自転車は楽しいですよねー。
    気をつけて行ってらっしゃ〜いヾ(´▽`)

  9. ロボトリア | URL | -

    >Perfume好きなJ-POP世代さん

    コメントありがとうございます。

    >のっちがいいんです!

    おお! 言い切られてしまいました(笑)
    そうですねー、あのギャップにやられますよねー。ますます美しいですし。
    ボクは最近、のっちが大きく見えるんですよ(まだ成長しているのか?)

    ああ、ラジオの影響も大きかったですね。あの頃のパンパカやマジカルで、
    彼女達のパーソナリティを理解したような気がします。

    >ちなみにロボトリアさんの仰るライトファンとは、
    ある程度、Perfumeと保つべき距離感を、
    ロボトリアさんの長年の経験から心得たということなんでしょうか。

    ホントは「ヘタレファン」と言った方が正しいのかもしれません(;^_^
    でも、J-POPさんの解釈があまりに美しいので、そっちがいいです( ̄∇ ̄*)

  10. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    >あえて言うならシュッと読めるんですがブワーっとイメージが広がります。

    おお、嬉しいですね。シュッと読めるというところが。(笑)
    イメージが広がるのはmtstさん自身の想像力が豊かだからでしょう。

    >なんで中田さんだったんだろう~

    細かい理由はその時々であるのでしょうが、巡り合わせというか、「運」ですよね。
    言ってしまえば「偶然」なんでしょうけど、「偶然」を「必然」に変える力。
    それを持っているのがPerfumeなんだと思います。

    >「自転車に乗ったくらいで腱鞘炎になるヤツは考えがまとまらない」←ただいま軽い腱鞘炎中

    お仕事でしょうか? レジャーでしょうか? どちらにしても「もの凄く乗った」のですね。
    下り坂でブレーキを握り過ぎたのでしょうか?(笑)

  11. ゆりこ | URL | -

    こんにちは

    今回の記事、ちょっとテイストが違って面白いです。
    shirakataさん節なんですね~

    「前人未踏の開拓者」

    本当に、こんな存在は他にいないですよね。
    そう思うとますます目が離せないです。

    同じ船、って言い方いいですね。運命的でステキ~



    私、自転車でドリフトしたことあるよ!(失敗したけど

  12. ロボトリア | URL | -

    >ゆりこさん

    コメントありがとうございます。

    >shirakataさん節

    自分ツッコミとか参考にさせてもらってます(そこか!)

    >本当に、こんな存在は他にいないですよね。

    こんなにメジャーになっても似た人が出てこないですもんね。
    真似出来ないんでしょうね。

    >私、自転車でドリフトしたことあるよ!(失敗したけど

    ズザザーーー!!って。姐さんかっけーですね。
    ゆりこさんとは二人乗りできないと思いました(笑)

  13. mtst | URL | WU..WH7.

    いや〜

    運動不足気味なのでちょっと自転車でも乗ろうかと
    しかしただ道を黙々と走ってるとか出来ない人間なので
    ちょっとした段差を登ったり降りたして遊んでたら
    こんなんなっちゃいました(笑)
    体絞るつもりが怪我してるって言う
    年なんですね〜、なんか切ないですわ。

    ゆりこさん結構おてんばですね←死語ですか?
    自分も子供の頃地面が砂の広場とかで鬼漕ぎからリア流して遊んでましたね〜。
    やり過ぎてリムが歪んでしまい親に呆れられた覚えがあります。

  14. solaris | URL | -

    四次元感覚

    放浪のコメンテーターSolarisです。

    「Perfumeは、前人未到の開拓者であるがゆえに、現在は未来であり、また過去でもある」

    なんと、崇高な言葉でしょうか。

    「唯一無二の存在」

    「絶対的な存在」

    「永遠に不滅」 こんな事言ったオッサンがいたな。

    我々が死に絶えた時、語り継がれているでしょう。
    モーツアルトと共に。

  15. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    >ちょっとした段差を登ったり降りたして遊んでたら

    マウンテンバイク的な遊びですね。mtstさんもけっこうやんちゃですね(笑)
    ボクは町並をキョロキョロしながら黙々と走るのも好きですよ(^^)

    >自分も子供の頃地面が砂の広場とかで鬼漕ぎからリア流して遊んでましたね〜。

    そんなヤツらを木の影から眺めていました( ̄∇ ̄*)

  16. ロボトリア | URL | -

    >solarisさん

    コメントありがとうございます。


    >なんと、崇高な言葉でしょうか。

    恐縮です(;^_^ でも「前人未到の開拓者」ってなんか文法的にヘンかなと思い始めました。
    「前人未到の地を行く開拓者」が正しいかな? 細かいことですが(笑)

    とりあえず我々が生きている間、存分に楽しめれば幸せです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/578-1ea4d673
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【Perfumeの未知】

ライトファンを自認するボクでも、ここ最近はJPNツアーの余韻に浸り、なんとなく頭がフワフワしています。特に追加の武道館公演は決定的で、まざまざとPerfumeの素晴らしさを見せつけ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。