--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆短編妄想小説☆「本日休講」第四話

2012年05月22日 19:40

ちょっとした思いつきの妄想記事のつもりが、
気が付けば第四話とか言い出してます。
ほんとにいつまで続くのでしょうか?(笑)


第一話は→コチラ
第二話は→コチラ
第三話は→コチラ




大学へは私鉄の他に、バスでも行ける。
本数の少ない私鉄を乗りそこねた時などは、バスを利用する。
運賃は少々かかるが、大学の門の前までつけてくれるので便利だ。
お金に余裕のある学生はもっぱらバスを利用しているようだ。

その日ボクは寝坊してしまい、駅からバスに乗り込んだ。
揺られるバスのつり革につかまりながら、
昨日、大本と過ごした半日を反芻していた。

デパートの屋上でうどんを食べたあと、
大本はバイトがあると言い出して、あっけなく帰ってしまった。

「今日は楽しかったー。たまにはサボりも悪くないね♪」

その時の明るい大本の笑顔。
そんな顔をボクは初めて見たような気がして嬉しかった。

あの幸福な半日。あれは夢だったのだろうか・・・
半分寝ぼけた頭の中で、ボクは記憶を定着させるのに懸命だった。


バスの中は、当然同じ大学の学生でいっぱいだ。
前の方の座席から、甲高い女性の明るい話し声が聞こえる。

「・・・じゃけえ・・・しとるん・・・・」

広島弁? 大本も確か・・・
その方向に目をやると、髪をポニーテールに結わいた女の子が友人と話していた。
大本と同じ、今時珍しい黒髪。清楚なお嬢様という印象だ。

あれはたしか西脇さん・・・
4月の始めの顔合わせの自己紹介の時、
ハキハキとした広島弁と、キラキラ輝く目元が印象的だった。
大本とも同郷ということで、すぐに打ち解けていたはず。

ぼんやりと眺めていたら、目が合ってしまった。
(やべっ)
彼女は笑顔のままに、軽く会釈してくれた。
(覚えててくれたのか。同じクラスとはいえ、何の特徴もないこのボクを・・・)



大学に着くと、皆それぞれ教室に向かった。
広い敷地を歩いてゆくと、灰色の絵画棟が見えてくる。

今日は、絵画の授業だ。
予備校時代にさんざ積み重ねてきた基礎練習を、まだやらせるのか。
いささかウンザリしながらも、先の見えない浪人時代とは違い、
自由に、気楽に取り組めるお絵かきは楽しみでもあった。

教室に入ると、ぐるりとイーゼルに囲まれた中央の台にパイプ椅子が乗っかっている。

(今日は人物か・・・人物苦手なんだよな・・・)

無機質な静物や石膏像は好きだったが、人間を描くのはどうも苦手だった。

皆、おのおの好きな場所に陣取り、席についた。
ボクはいつものお決まりの場所。側面、やや逆光の位置につく。
逆光気味の方が、形を捉えやすく絵になるのだ。

といめんに西脇さんが陣取り、道具を準備していた。
(順光で描くのか・・・勝負するな・・・)

やがて教授が現れた。

「おはようございます。
今日は、女性の人物を描いてもらいます。着衣です。
皆さんはこれまでにも何度も描いて来たかと思いますが、
描写力はデザインの仕事も含めてすべての基礎です。
観る力をこれまで以上に養ってください。
受験の時とは違い、上手く描こうとしなくて結構ですので、
よく人物を観察して、自分なりの表現を心がけてみてください。
では、モデルさんに入ってもらいます・・・樫野さん」


教室の隣の控え室から、その女性モデルが入ってきた時、
ボクは息を飲んだ。教室も一瞬どよめいた。・・・ように感じた。


つややかな黒いロングヘアをなびかせ、
前髪をきれいに切りそろえた、小さな顔立ち。
決して大きくはない伏し目がちなつぶらな瞳。
その中に内に秘めた強い意志のようなものをボクは感じた。

衣服は古代ギリシャを思わせるクラシックなものだった。
淡いモスグリーンとベージュのグラデーション。
着衣というよりは、衣を纏っているという感じだ。
片方の足が膝の上まで露出している。
スラリと伸びた長く引き締まった足。華奢ではない。
なにか訓練を受けているか、ほどよい筋肉がついていた。

「では樫野さん、よろしくお願いします」

教授に促されると、彼女は黙って会釈して、中央の台に登った。
パイプ椅子に座りポーズをとる。
ゆっくりと足を組み、上半身を軽くひねり、背もたれに片肘をのせた。
もう一方の手は、軽く頬に手をあてている。

教室を覆い尽くす、ただならぬ空気。
女性ヌードデッサンも何度か経験しているが、これほどの緊張感は初めてだ。
皆、このモデルさんのオーラというかレベルの高さに、
ただただ圧倒されていた。

(人間のプロポーションというのは、こんなに美しいものなんだ・・・)

しばし呆然と眺め、絵を描くという行為を忘れかけていた。


その時・・・


ガラガラガッシャーーーン!!!


教室入り口付近で、大きな物音が。

「あいてててて、すいませーん。オハヨウゴザイマス・・・」

大本だ。

「すいませ~ん、遅刻しました・・・」

誰に言うでもない小声で、大本はイーゼルの間を大股ですり抜け、
適当な場所に落ち着いた。
ガチャガチャと申し訳なさそうに道具を広げている大本が、
ボクに気づき、ペロッと舌を出した。

(えへへ)

(しょうがないなぁ)

目でそんな会話をしたあと、ボクはキャンバスに向き直り、
デッサンに集中し始めた。




(つづく・・・?)





5:22kashiyuka



※この物語はフィクションであり実在の人物とは一切関係がありません。多分…絶対。


だんだん自分の首を絞めている・・・
そんな気がしてきました。。。(汗





ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. P120548 | URL | -

    ええぞ。ええぞ。

    (なぜか、おやじ風)

    (あっ、おやじであってるわ)

  2. ロボトリア | URL | -

    >P120548さん

    コメントありがとうございます。

    ええですか(笑)
    ボクもおやじです。おじやではありません(←これがおやじw)

  3. おとわ しゅな | URL | QFk3YRjk

    おあああ

    きましたね~ドキドキしますね~~~~♪

    西脇さんと樫野さん。
    これから大本さんも含めた3人の間で揺れる心を描写するんですよね?!

    あ、3パターンの話とかでもオッケーですから(^^

  4. RM-2 | URL | J7hHUTVE

    おおっ!!

    役者がそろって盛り上がってまいりましたぁ! w
    ミニマルミュージック的な平坦な路線から・・
    “ドラマ”になりつつあるようです。あえて登る山を作ってしまいましたね、ここで。
    JPN全曲レビューに続き 自ら苦行の道で逝く・・もとい、道を行くロボ様に脱帽&合掌です。
    えっと・・あとは・・ 3人がそれぞれ素敵すぎて何を書くか忘れました(笑)  ・-・;
    とにかくがんばってくらさい(´▽`) 
    追記:大本さんのキャラがますます可愛いです        ファンより

  5. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    ただならぬ空気に圧倒されちゃいたーい!!

    そうなんですね。順光をとるか逆光をとるかで、画のニュアンスも変わるんですね。

    >教室を覆い尽くす、ただならぬ空気。
    >女性ヌードデッサンも何度か経験しているが、これほどの緊張感は初めてだ。
    >皆、このモデルさんのオーラというかレベルの高さに、
    >ただただ圧倒されていた。

    うわあああ! マジ やヴぁいっす!! キョーレツに妄想をしてしまいました。
    その教室の空気感。それを支配する樫野さんの存在感。
    やヴぁい、やヴぁイ、やヴぁーーーい!!!!

    なのに...。

    >ガラガラガッシャーーーン!!! て...

    のっ....じゃなかった、大本さぁ~~ん!! だからあ~~、もうォォ!!(笑)


    ...いやあ、参りました。皆さんも思ってらっしゃるでしょうけどこの展開。
    でも確か「空手道ビジネスマンコース@亀戸支部」の時も最初は大木彩子さん一人だけのおハナシ
    なのかと思ってたら、ベージュのトレンチコートを着た樫野美香さんが登場してたし....。
    うーん、これからも楽しみ!
    (あ、今思ったんですけど、こないだまで観ていたツアーの「JPNスペシャル」での3人がファイトしてる
    シーンに妙に既視感があったな、と思ってたらロボッチさんの小説だったんですね:笑)



  6. セラミックおじさん | URL | -

    で、教授の名前は?

    妄想文学の巨匠 ついに役者が出揃いました。
    彼女たちはどんな絵を描くんでしょうね〜
    こわいですね〜
    次回作品はどんな展開になるんでしょうねぇ〜
    すごいですねぇ〜

    楽しみですねぇ

  7. azu | URL | -

    続き見たいw

    妄想というタイトルでしたのでスルーしようと思ったんですが(すいませんw)、なにげに 第一話は→コチラをクリック。



    ・・・・!?


    第二話は→コチラ クリック!

    第三話は→コチラ クリック!!


    おもろい~~~!w

    当然第四話も読む。


    なんか、いいですねぇ。^^妄想のクオリティがすごくて。
    学生に戻った気分になりました。
    知らぬ間に「ボク」=自分自身に置き換えてました。
    そんな私もキモいですw


  8. PPPHIVE | URL | -

    きたきたー

    のっちだけの話にするのかと思いきや…
    やはりハードル上げるんですね(笑)

    ロボッチ小説読んでると
    とてつもなくオリジナルアトマイザー劇場を
    最初から最後まで見てみたいって気になります…
    かなわぬ夢ですが…

    ロボマイザー劇場ですねw

  9. ロボトリア | URL | -

    >おとわ しゅなさん

    コメントありがとうございます。

    ドキドキしちゃってくださ〜い!(笑)

    >あ、3パターンの話とかでもオッケーですから(^^

    3人の間を揺れ動く贅沢な展開になるかもですねー( ̄∇ ̄*)

  10. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    >ミニマルミュージック的な平坦な路線から・・

    こらからひとりづつのミニマルミュージック的展開があったりなかったり?w
    どうして3人登場させてしまったんでしょうね。
    やっぱり3人合わせて・・っていうのがあるのかもしれません。
    それとやっぱり妄想でも3人に会いたいってのもあります(笑)
    大本さん可愛いですね。同意です←

  11. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    スーパーモデル樫野さんはいかがだったでしょうか?(笑)
    チョーさんもいつもTシャツに描かれているので存在感がよくお分かりなのですね(笑)

    >「JPNスペシャル」での3人がファイトしてるシーンに妙に既視感が

    さいたまで初めて見た時、とても興奮しました。
    まさか3人の格闘シーンがほんとに見られるなんて!と。
    出来ればシルエットでないバージョンも見てみたいです(贅沢ですね)。

  12. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさんさん

    コメントありがとうございます。

    教授の名は「坂本」です(←ベタやな〜笑)

    役者、揃えちゃいましたね。そんな自分がコワいです(笑)

  13. ロボトリア | URL | -

    >azuさん

    コメントありがとうございます。

    妄想=変態な人、っていうイメージやっぱりありますかね(笑)
    界隈でもたくさん妄想する人いますけど、「妄想」ということばを自虐も込めて
    使ってたりする場合も多いですね・・・それもまたキモチワリュイですけどね(笑)

    リンクを貼ったかいがありました〜(*^^*)

  14. ロボトリア | URL | -

    >PPPHIVEさん

    コメントありがとうございます。

    そっかー、この妄想には根底にアトマイザー劇場があるのかもしれません。
    究極の即興茶番劇www
    書く時は構成を全部考えてからではなく、書きながら作っていく過程も似ているかもしれません。
    たいへん自分勝手な妄想ですが(笑)

  15. リニアモーターボーイ | URL | mggyZOgk

    こんばんは。

    面白くなってきましたね。
    っていうか自らハードルあげてません?

    これって、ロボッチ君のモテキのストーリーに
    なるんですか?
    だったら樫野さんだけは渡せませんので
    敵役として僕も登場させてください。(笑)

    っていうか(今日はこれ多いな)モテキって
    あったかな~?
    パンクスやってた頃にあったような無かったような。
    次からHNを電脳反逆児にしようかな~。

  16. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    書いてると知らず知らずハードル上がってきちゃうんですよー、助けてください(笑)

    ろぼっちくんはモテるんですかねー、それはわかりませんww
    モテたとしても石を投げないでくださいね。

    え? リニアモーターボーイさん、パンクスだったんですか!
    電脳反逆児? カッコイイ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/574-444de659
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【☆短編妄想小説☆「本日休講」第四話】

ちょっとした思いつきの妄想記事のつもりが、気が付けば第四話とか言い出してます。ほんとにいつまで続くのでしょうか?(笑)第一話は→コチラ第二話は→コチラ第三話は→コチラ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。