KRAFTWERK『DER KATALOG』価格変動に注意!

2010年06月09日 22:29

クラフトワークの『DER KATALOG』が到着して、9日が過ぎました。

[関連記事]KRAFTWERK『DER KATALOG』到着!!

ボチボチ聴いておりますが、その前に今日anazonを覗いて驚きました。
この『DER KATALOG』ボクは10,162円で購入したのですが、
6/9現在、なんと15,195円になっています!! 英語版『The Catalogue』が13,022円
こちらの方が安いです。国内版はたしか定価で20,000円だったと思いますが、現在品切れです。

円高は現在の方が進んでいるように思いますが、どういうタイミングで変動するのかは、わかりません。
購入を検討されている方は、ドイツ語版、英語版、価格の確認をお忘れなく。

クラフトワーク公式サイトにいくと、こんなかっこいい紹介VIDEOがあります。


もちろんドイツ語版、英語版を選ぶ基準は価格ばかりではありません。
ドイツ語版の『DER KATALOG』をざっと聴いた感じはこうです。
初めて聴くドイツ語はまったく言葉の意味が把握できず、
まるで宇宙からの通信を傍受するかのようで、神秘性が増し、とても雰囲気がありました。
(『AUTOBAHN』『RADIO-AKTIVITAT』は同じです)

ただ、メロディに自然に乗っかるのは英語かも知れません。
ずっと英語でなじんできた曲、例えば「Robots」などは、♪We are the robots~
のtsの部分がアクセントとなっていましたが、
ドイツ語の「Die Roboter」では♪Wir sind die Roboter~
となり、ちょっとしまりがありません。(宮崎ロボ太~と聴こえますw)

しかし、そちらの方が本物感があって、かっこいい! という聴き方もあります。
なのでこれはあくまで好みだと思います。

国内版の『ザ・カタログ』は現在品切れのようですが、
バラでリマスター版が買えます。
マニア以外の人は、こちらの方を好きなCDだけ買うというのが現実的かもしれません。

そして実はこの国内版にも、購入する付加価値があるのです。

それは“解説文”です。

かにぬーさんのブログ「ヲタキッシュ(日本最北のヲタク)」で教えてもらった、
中野ブロードウエイにある、テクノポップ専門店「メカノ」。
そこのご主人、中野泰博さんがすべて書いているのです!!
中野泰博さんは日本屈指のクラフトワーク博士です。こちらを参照→(中野泰博インタビュー)。


とりあえず今日はこのへんで。


Der Katalog
Der Katalog
posted with amazlet at 10.06.09
Kraftwerk
(2009-11-06)
売り上げランキング: 25474




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 



コメント

  1. 霧幻露 | URL | -

    実はドイツ語しか持っていない私ですが、動画などを見た感想からすれば私も"WE ARE THE ROBOTS"とかの方がノリはよく感じますね。そして「宮崎ロボ太」も同感ですw

    それと価格、私も先日見て驚きました!
    では、これも何かの機会という事で次は英語版を・・・・・・、



    嘘です。

  2. ロボトリア | URL | -

    ありがとうございました。

    霧幻露さん、こんにちは。コメントありがとうござます。

    > これも何かの機会という事で次は英語版を

    『ヨーロッパ特急』から『THE MIX』までの英語版5枚を、
    バラで揃えるのはアリだと思いますよw
    霧幻露さんのおかげで、良いタイミングで買えました。感謝します。
    しかし、欧州危機が世界へ波及し、円高の進行具合によっては、
    1セット7000円ということもなくはありません(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/57-93bb7a9a
この記事へのトラックバック