--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しあわせのパン

2012年02月11日 14:24

映画「しあわせのパン」を観てきました。

しあわせのパンパンフ


以下、もしかするとネタバレになっているかもしれないので、
少しも知りたくない方はご注意願います。
原田知世さんと大泉洋さんが演じる夫婦が、北海道で営む宿泊設備を備えたパンカフェ。
そこへ訪れる、ワケありな訪問者たち。
彼らを、美しい自然と、手作りの美味しいパンと料理、
そして心遣いで、もてなします。
いつしか、訪問者たちの心も解きほぐされていきます・・・

こう書くと、ファンタジックな大人のおとぎ話のような感じですが、
味わいは、けっこうほろ苦です。
監督の三島有紀子さんという方がドキュメンタリー出身ということもあり、
登場人物に妙にリアルな人生の重みを感じるのです。

若者、親と子、老夫婦、と、
3組の訪問者のエピソードで構成されているんですけど、
特に最後の、渡辺美佐子さんと中村嘉葎雄さん演じる老夫婦の話は、
もうあきまへんわ(笑) ハンカチ必須です。
ベテラン俳優さんの凄みを感じますなー。
あと自分が老年の境遇というものを、リアルに感じられる歳に
なってきたこともあり、たいへん心に刺さりました。


知世さん演じる“りえさん”にもどこか心に影があり・・・
その辺もこの映画のキーとなっております。



監督がインスパイアされたという、
矢野顕子の名曲「ひとつだけ」

けれども今気がついたこと
とっても大切なこと
欲しいものはただひとつだけ
あなたの心の 白い扉 ひらく鍵




原曲では、女性が男性に向けた想いとして描かれていますが、
この映画では大泉洋さん演じる“水縞くん”目線で描かれていましたね。
とても新鮮でした。

あと“りえさん”“水縞くん”と呼び合う夫婦の距離感。
これがいいですね。
後半になるにつれ、その距離感も微妙に変化していくのですが、
それでもやっぱり“りえさん”と“水縞くん”。
素敵です。


観る人によって、心にチクチクと刺さる部分もある映画ですが、
全体を包む空気は、やはり温かく優しい世界です。

美しい自然や、色とりどりの野菜などを映し出す、
フィルムの色合いがとてもキレイです。
匂い立つような、おいしそうな料理や、パンの数々。
そして、心優しき常連さんたちの温もりといったら!

その中の、あがた森魚さん、いい味出してましたねー。
北海道出身ということもあり、彼なりの思い入れもあったのではないでしょうか。
「今夜は、ワインも注文してもいいかな?」という台詞が印象的でした。
ボクの大好きなミュージシャンでもありますし、知世さんとの共演は、
感慨深いものがあります。



そして、そして。


何と言っても原田知世さん。

雪原の中の知世さんは、もう妖精にしか見えません。

美しすぎます!

断言します。この知世さんを観るだけでも1800円払う価値があります!



しあわせのパン知世



最後に、
矢野顕子と忌野清志郎の歌う「ひとつだけ」が流れるエンディング・・・
これが終わるまでに涙を拭き取ることができるか。

ここが勝負です(笑)


「しあわせのパン」。
ほどよい塩味が効いた、上質な手作りパンのような、
心あたたまる映画です。




はじめてのやのあきこ
矢野顕子 槇原敬之 小田和正 YUKI 井上陽水 忌野清志郎 上原ひろみ
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2006-03-08)
売り上げランキング: 943


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. リニアモーターボーイ | URL | mggyZOgk

    ますます観たくなってきた

    いや~。浜村純を超える解説です。(笑)
    冗談ですよ。

    知世さん主演だし大泉さんも好きな俳優さんです。
    そしてなりより「ひとつだけ」をモチーフに
    したということ。
    いったいどんな風に描かれていたのでしょうか。
    しかし最近、涙腺のリミッターが故障気味なんで
    躊躇しています。大丈夫でしょうか。
    「ひとつだけ」の冒頭のピアノでダメになって
    しまう自信200%です。
    家内と一緒に観たいと思ってたのですが。

    ロボッチさんは奥様と鑑賞なされたのですか?
    なんか夫婦で観に行きたい映画なような気がします。

  2. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    浜村純!光栄です(笑) 今の若い人知らないでしょうね(;^_^

    >しかし最近、涙腺のリミッターが故障気味なんで
    躊躇しています。大丈夫でしょうか。

    人生経験の多い人ほど、心にグッとくるものが多いと思うので、
    やはりハンカチは必須です(笑)

    「ひとつだけ」は曲だけでもヤバいですからね。
    でも、映画は曲の力に頼ることなく、それ自体魅力あるものになっていたと思います。

    妻は、一応誘ってみたのですが、今イチ興味が湧かなかったみたいです(;^_^
    「ひとつだけ」は好きなハズなんですが・・・泣かせる映画は苦手みたいっす(笑)

    ご夫婦で観に行かれるのも素敵と思いますよー(*^^*)

  3. ヤマオ・タカナ | URL | lXrMJupA

    観たくなりますぜ!


    ロボトリアさんの文の上手さもあって
    ますます観に行きたくなりました(笑)

    しあわせのパン…題名でもうほんわかした気分になります(^^)
    あー、早く観に行かなければ!

  4. ロボトリア | URL | -

    >ヤマオ・タカナさん

    コメントありがとうございます。

    いやいや恐縮です(;^_^
    女性の方の人気が高いようですよ「しあわせのパン」。
    ぴあの満足度ランキングでも1位だとか。
    是非、観に行ってほっこりしてきてくださいねー(^^)

  5. ヤジオショー | URL | -

    今、観てきました。

    さいたま初日後のオフ会で話題に出たんですよね。

    名古屋のこじんまりとした映画館(といっても100人くらいのキャパですが)で観てきました。
    (ご夫婦らしきカップルと女性二人組が多かったかな、オッサン独り観は私を含めて3人くらい…)

    私も老夫婦のところはかなり刺さりましたね~、それから水縞くんが中村嘉葎雄さん演じる旦那さんに投げかけた質問の答え(コトバの意味を問うていたんでしたが…)、意味が深い言葉ですよね。
    なぜか私、パフュブロガーの皆さんのこと連想しちゃいました…

    原田知世さんはサイコーでした。昔と変わってないな~(^_^)
    今年でデビュー30周年ですよ!

    雪原の中を歩くシーンでは「スキー教室で深町君にぶつかった芳山和子」を思い出してしまいました。(もしかしたら私をスキーに連れてってと感違いかも?)
    1800円十分もと取りました!

    ご夫婦で観られることお勧めですね、ほんとにほっこりしますから(^^)

  6. ロボトリア | URL | -

    >ヤジオショーさん

    コメントありがとうございます。

    おお!観られたんですかー(^^) さすがフットワーク軽いですねー

    >それから水縞くんが中村嘉葎雄さん演じる旦那さんに投げかけた質問の答え(コトバの意味を問うていたんでしたが…)、意味が深い言葉ですよね。

    ありゃ? なんでしたかね? 思い出せないー(>_<)
    そこかしこに、意味深な含蓄のある台詞が散りばめられてましたよね。
    うー、気になる…もう1回観に行きたくなりました(笑)

    >雪原の中を歩くシーンでは「スキー教室で深町君にぶつかった芳山和子」を思い出してしまいました。

    わかります。雪で足下がおぼつかなくなって、図らずも知世さんの少女性が
    垣間見えてしまった瞬間ですね(笑)
    ボクもかつての主演作品を思い出したシーンがたくさんあります。
    余白の多い台詞のやりとりなどは、「時かけ」の深町くんとの下校シーンを思い出しますし、
    ラストの食事のシーンは「天国にいちばん近い島」のラストシーンの
    大人版だなと思ってしまいました(;^_^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/518-b8f5d909
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。