ビル・ネルソン『キメラ』

2010年06月03日 19:58

キメラ
このブログを始めてから、
自分と音楽の趣味趣向が似たような人は、
どんなレビューを書いているのだろうかと、
時折巡回しております。
皆さんそれぞれ工夫を凝らしており、
とても勉強になります。
中には凄いものもあって、
相互リンクさせていただいているreryoさんのブログ
「TECHNOLOGY POPS π3.14」
一度みていただけるとわかると思いますが、
プロ顔負けの豊富な知識と、
膨大なレビュー数に圧倒されます。
そんなブログを見ると自分の「浅さ」に
ガックリくることもありますが、
ボ、ボクはボクなりに、好きなものを気楽に
紹介していきたいと思っています。
(ガンバレ自分!)

今日、紹介するのはこのアルバム。
ビル・ネルソン『キメラ』
Bill Nelson『Chimera』(1983年)


かにぬーさんの「ヲタキッシュ(日本最北のヲタク)」というブログにたどり着いたときに、
このアルバムのレビューを発見、興味をそそられ購入してしまいました。
かにぬーさんのブログは、釣りとオーディオがメインで、テクノポップはコンテンツの一部です。
他にも興味深い怪しげなコンテンツが満載なのでオススメです。

YMO大好き世代のかたには、おなじみのビル・ネルソン
高橋幸宏の『What,Me Worry?』やYMOの『浮気なぼくら』で、
特徴的な、うなるようなギタープレイでサウンドに厚みを与えていました。

そんなビル・ネルソンのアルバムには前々から興味があったのですが、
一度も聴くことなく今日に至ります。

で、ようやく聴くことができました。

いや~いいですね。
ボクが好きだった、あの頃の音ですよ。
80年代前半のテクノポップ、ニューウェイヴ、ニューロマンティックですよ。

ボーナストラックを除く全6曲のミニアルバム。
内、4曲に高橋幸宏がドラムで参加しています。

ジャストなリズムでバシバシ叩いています。変則リズムもお手のもの。
元気いっぱい幸宏ドラム。

更になんと、ミック・カーンがベースで1曲参加しています。
腸もよじれる変態的なフレットレスベースも堪能できます。

幸宏ドラムにミック・カーンのベースの組み合わせって他にありましたっけ?
とても貴重であることはまちがいありません。
そしてその曲「Glow World」。とても良いです。
ふたりのリズム隊に、ビル・ネルソンのエキゾチックな旋律のうねるギターと、
ナルシシズムたっぷりのボーカルが絡んできて、たまりません。


なんて素敵な時代でしょう。


あの頃、聴き逃した音楽はたくさんありますが、今こうして、
まるで新譜のように聴けるのは、ある意味とても幸せなことですね。

そして、このアルバムのボクの個人的ベストトラックは「Another Day, Another Ray of Hope」。
ドラムも含めほとんどビル・ネルソンの打ち込みによるものですが、
この切ないメロディライン、ボクのツボです。シンセの音色もgoodです。
どこか高橋幸宏の「Something in the air」にも似た頽廃の中の“希望”を感じます。




かにぬーさん、素敵なアルバムを教えてくれて、どうもありがとう。

P.S.
1曲目の「Real Adventure」のアドベンチャーの「チャー」の部分が、
ビル・ネルソンの裏声とあいまって、たむけんの「ちゃ~」に聞こえてしょうがありませんw


Chimera
Chimera
posted with amazlet at 10.06.03
Bill Nelson
Universal International (2005-12-20)
売り上げランキング: 78936




クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. かにぬー | URL | LkZag.iM

    気に入っていただけたようで良かったです。
    いやぁ、それにしても素晴らしいレビューですね。

    オススメのテクノCDはまだいくつかあるので、
    気が向いたらまたブログで紹介しますね。

  2. ロボトリア | URL | -

    どうも、かにぬーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

    > いやぁ、それにしても素晴らしいレビューですね。
    恐れ多いお言葉、超ウレシイです!!

    > 気が向いたらまたブログで紹介しますね。
    期待して待っています。中野のメカノにも行ってみたくなりました。
    でも誘惑がいっぱいありそうだから、行かない方がいいですかネ(^^)

  3. かにぬー | URL | -

    是非是非メカノへ行ってみてください。
    まさにパラダイスです。

    メカノは我が家からは遠すぎます....

    首都圏にお住まいなら、
    我が家からセブンイレブンまでの距離の1/5以下の距離で行けますよね。
    (最寄りのセブンイレブンまで片道150キロです。)

  4. ロボトリア | URL | -

    Re: タイトルなし

    かにぬーさん、こんばんは!

    > メカノは我が家からは遠すぎます....
    > (最寄りのセブンイレブンまで片道150キロです。)
    ウーン、壮絶な北の大地、想像できません・・・
    最寄りのセブンイレブンは徒歩30秒です(;^_^
    かにぬーさんの思いものせて、今度行ってみようと思います。イミワカンネー(^^)

  5. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    かつてはユキヒロの兄弟、とまで言われた盟友。

    共にジャン・コクトーやアールデコが好きだったりと本当に仲の良かった二人。
    ああそうですか。「Chimera」、オリジナルのジャケットでリマスターされて出てたんですね。
    82年当時、「Love That Whirls 」のことをユキヒロさんが絶賛、その翌年にはロンドンで何と
    「Chimera」のレコーディングに参加。この2枚を求めて当時、あちこちのレコ屋を探し
    まわり、やっとゲットした記憶があります。オープニングのこれそ「神経症的攻撃ドラミング」(笑)
    丸出しの「THE REAL ADVENTURE」、まるでYMOの「ACCELERATION」とか、まるで
    JAPANの「GLOW WORLD」聴きどころ満載のアルバムでした。
    その後「Vistamax」というタイトルで出たCDを買ったのみで、この2枚がボーナストラック
    つきで出ていたことをここで初めて知りました。
    そう言えばビル・ネルソンの代名詞ともいえる「E-BOW」をこの間の「スコラ」でYMOと
    一緒に出てた小山田圭吾クンが弾いてて「オオッ」と身を乗り出して観ていました。

  6. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    ボクはビル・ネルソンについては、ほとんどノーチェックだったんです。
    この度、ひょんなきっかけでアルバムの存在を知り、聴いてみたところ、
    初めてなのに懐かしいやら素晴らしいやら、不思議な気持ちになりました。

  7. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    >ロボトリアさん

    「懐かしいやら素晴らしいやら」すごくよく判る気がします。(笑)
    ユキヒロさんのソロの中でニウロマンティックを最高峰に推す(私も全く同感!)
    ロボトリアさんならむべなるかな、という感じ。

  8. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    > ユキヒロさんのソロの中でニウロマンティックを最高峰に推す(私も全く同感!)

    同じ価値観の人に出会うのは楽しいですね。
    過去記事いろいろ読んでいただけるのは、とてもうれしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/51-62b79588
この記事へのトラックバック