--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬にムーンライダーズ

2011年12月29日 22:31

年末と言えば、第九ですね。
いつからそうなったんでしょう?

ムーンライダーズが第九をアレンジすると、こうなるんですね。らしくていいです。


ムーンライダーズも、いよいよ今年いっぱいで活動休止です……
ムーンライダーズイベント券

明日は新宿タワレコにて、ルーフトップ・ギグ。
最後のライブになるかもしれません・・・


しっかりと目に焼き付けたいと思います!





No.9はこちらのアルバムに
Keiichi Suzuki:Music for Films and Games/Original Soundtracks
鈴木慶一
ソニー・ミュージックダイレクト (2010-06-02)
売り上げランキング: 22771



こちらがムーンライダーズの最新アルバムです。
Ciao!
Ciao!
posted with amazlet at 11.12.29
ムーンライダーズ
バウンディ (2011-12-14)
売り上げランキング: 388


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    おお、いよいよ今日ですか。

    「ルーフトップ・ギグ」と言えば何といってもBEATLESの映画「LET IT BE」の最後を飾った通称
    「ゲットバック・セッション」ですよね。あれを中2の頃、映画館で観て何てカッコいいんだろう、
    と感動した覚えがあります。映画「LET IT BE」は、ビートルズというバンドが崩壊していくさまを
    見せつけられるという、ファンにとってはある意味では観たくなかった映像でした。
    でも。最後の最後でロンドンのアップルレコードのある屋上にカメラを据え、セーノ! で始めた
    ライブ映像だけは別格でした。それまでの不協和音がウソのように、グイグイと演奏を続けるメンバー。
    http://www.youtube.com/watch?v=nT6325bmcsQ

    ビルの外では騒ぎを聴きつけたヤジ馬たちが押し寄せ、警官隊まで出動。近隣のビルの屋上に登って
    何とかライブを一目見ようとする人達。あの騒然としたハプニング映像だけは、いかもにイタズラ好きの
    ビートルズらしい、そして解散、という重苦しい雰囲気を一瞬忘れさせてくれるような
    「ロックな」瞬間だったなあ、と深く記憶に刻まれています。

    さて。いよいよ今日となったムーンライダースのルーフトップ・ギグ。
    最後に彼等は何をどんな風に残してくれるのかなあ....。
    いや、ホントに最後かどうかだって解りませんよ。といいたくなる今の私の気持ち。
    ロボッチさん、しっかり焼き付けてきて下さいまし!

  2. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    ムーンライダーズのルーフトップ・ギグは、文字通りビートルズを意識したものでした。
    野次馬や警官の出動こそありませんでしたが、ムーンライダーズがビートルズと
    いちばん違うのは活動期間の長さでしょう(笑)
    そんなライダーズの最後の姿をしっかりと目に焼き付けようと、集まったファンの人達は、
    噛み締めるようにライブを堪能していたように見えました。
    セットリスト等、記事にまとめようと思っています(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/487-936a926f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。