--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『JPN』全曲レビュー その7「ねぇ」

2011年12月21日 20:18

愛あふれる小さな佳作、「時の針」が終わると、「ねぇ」です。
この流れで出てくる「ねぇ」の迫力がすごいです。
この音圧。こんなに激しい曲だったっけ、とビビります(笑)
2010年にリリースされたシングルはどれも力作揃いですが、
「ねぇ」はボクの中で「ナチュラルに恋して」と双璧です。

「ねぇ」については、あの頃、これでもかとたくさん記事を書きましたねー(笑)
なので、細かいことは省きますが、付け加えるなら、
「ナチュラルに恋して」が玄人筋に受けがいいのに対して、
「ねぇ」は、より大衆的な間口の広さがありますね。
ポップソングの王道というか、とても堂々とした佇まいです。
それだけでなく、間奏のボーカルコラージュが、
高速ステップとともに印象的なアクセントとなっていて、
平凡な音に飽き足らない貴兄のハートもキャッチしています(何この表現)。


あとはやっぱりPVでしょう。
NBBのCMと連動した、児玉監督の快心作です。
あの頃何度も書きましたが、あの普通の洋服を着て、踊るのが良かったんですよ。
紺色を基調としたシックな日常の普段着と、非日常のダンスパフォーマンスの組み合わせ。
これがすごく個人的にツボでした。
出来たらステージ衣装も、こういう普段着のテイストを取り入れて欲しいとも思っています。
「コンピューターシティ」の白い長袖の衣装も好きでしたので(^^)


のっち3人

違う角度からの映像を合成したこの映像。すごく面白いです。
この辺がアイディアなんですねー。
ダンスの面白さと服の魅力を、同時に伝えるのに成功しています。

なんですか、このNBBのCMが文化庁メディア芸術祭とやらで、
東京ドームのDVDとともに、審査委員会推薦作品に選ばれたとか?
当然でしょう。そりゃあ選ばれますよ・・・選ばいでか!!(笑)

児玉監督は、アーティストの魅力を、愛情深く描き出す事に長けていますが、
決して独りよがりにならず、誰もが納得しうるクオリティを維持しているのがスゴいです。
なにはともあれ、おめでとうございます!



これ実は合成じゃなくて、
のっちがあまりに速く移動するものだから、3人に見えるんじゃないかと思ってます。

そう、分身の術です。

見上げるのっち



1人のサスケが



Perfumeいっぱい



サスケいっぱい



サスケ

サスケ、可愛いです。
どことなく、のっちとだぶります(笑)







だいぶ横道にそれましたが、今回はこれでおわりです。


(変なレビューですね 笑)





JPN(通常盤)
JPN(通常盤)
posted with amazlet at 11.12.21
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2011-11-30)
売り上げランキング: 52


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. ororon | URL | VV.rCrK2

    「ねぇ」から「サスケ」に持って行くところがすごいですね
    でも、サスケの主題歌は覚えているのですが内容がテンで思い出せません

    でも、この「ねぇ」は車運転しながら聞くと危険です
    2番の「ねぇ、ねぇ」のところで思わず頭の上で両手をくるくる回してしまいあらぬ所に突っこみそうになります

  2. ロボトリア | URL | -

    >ororonさん

    コメントありがとうございます。

    「ねぇ」のPVは以前から分身の術のようだと思って見ていました。
    サスケは夕方5時半からのよく再放送をやってましたね。
    子どもとは思えない身体能力に憧れました(笑)

    クルマの運転中は両手離しはやめてくださいw

  3. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    ウチの奥さんも言ってました。

    我が家で何度も何度もかかる「JPN」。
    ある朝、ウチの奥さんが「ねぇってこんなにアグレッシブな曲だっけ?」と一言。
    シングルで聴いていた時より、アタックが強く聴こえたみたいで。

    私にとって「ねぇ」のイメージが鮮烈なのは、何と言っても去年暮れの幕張での「CDJ1011」。
    生まれて初めて「モッシュピット」に図らずも巻き込まれ、モミクチャにされながら
    聴いた「ねぇ」は強烈なビートと、ステージの上の「ドーム公演のプレッシャーから解放され、
    心からライブを楽しんでいるように見えた」3人の天使のような姿がものスゴク印象的で。
    ゆえに私にとって「ねぇ」とは息もつかせないハイテンションのバッキバキの曲なのでありまして。

    児玉監督のこのPVは私もホントに大好きで。
    この年の「NBB」CM2作のPVは、私にとっても宝物ですね。またPerfumeのPVやって欲しいなあ。

    P.S.
    お、そうそう。「サスケ」はリアルタイムで観てましたよ。
    TBSで確か、火曜日の夜7:00からのオンエアでしたね。
    この頃観てたTVの記憶、ってけっこう残ってるんですよ(笑)。

  4. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    やっぱりねー。「ねぇ」は今聴くと迫力満点ですよ。
    ある意味それまでのシングルの集大成的な雰囲気も感じています。
    その後のシングルでは、音の響きの方向性を変えているようにも思います。

    ライブで、しかもモッシュピットで聴くとまた全然違うでしょうね。
    もうPerfumeでは久しくそのような経験がないので、羨ましいかぎりです。

    >児玉監督のこのPVは私もホントに大好きで。
    この年の「NBB」CM2作のPVは、私にとっても宝物ですね。またPerfumeのPVやって欲しいなあ。

    ボクも児玉監督好きです。是非もう一度と思ってます(^^)

    >お、そうそう。「サスケ」はリアルタイムで観てましたよ。
    TBSで確か、火曜日の夜7:00からのオンエアでしたね。

    曜日まで憶えてるんですか! すごい(笑)
    リアルタイムではうっすらとしか憶えてないですね。
    再放送では、「カムイ外伝」とともに楽しんでいました(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/482-ff150baf
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。