--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕の小規模な生活」第5巻【回想編・上】

2011年11月23日 20:55

「僕規模」5巻発売中です。 あ、略し方適当です(笑)

小規模5巻表

「うち妻」より判型がひとまわり小さく、表紙の色使いも超地味だったので、
平積みだったのにかかわらず、本屋でけっこう探してしまいました。
せめて「うち妻」の隣に置いておくれよ、書泉ブッ○○ートさん!(笑)

手に持った瞬間「軽っ!」そして「薄っ!」と思いまして、
「これじゃ、帰りの電車で読み終わっちゃうな」と思った自分は浅はかでした。
30分では半分も読めませんでした。相変わらずの密度です。ねちっこさです(笑)
「うち妻」が、愚痴と妬みと妻の小ネタを4コマ風にまとめているのに対して、
こちらは、同じく生活のエピソードを描きながらも、よりマンガらしいというか、
一つのエピソードにコマをたっぷり使った、ストーリーマンガっぽい作風です。

今回は、ひょんなきっかけで、中学時代の回想編が始まっています。
作者の非モテ転落人生は、高校からだそうで、中学時代は親友こそいないものの、
さほどコンプレックスを抱くことなく、なんなら女の子とも普通に会話していたという。

そんな“僕”に、積極的に話しかけてくる同級生の女の子が現れ・・・
ものを知らぬ中学生の“僕”の振る舞いに21世紀の“僕”は身悶えしながら、
事の顛末を見守ります。

小規模5巻裏

相変わらず痛いエピソードてんこ盛りですが、なんていうんでしょう。
やっぱりこの頃の異性との出会いというのは、甘酸っぱく切ない思いがつきまといますね。
福満節炸裂で、中学生で、すでに変質者の萌芽も見え隠れしていますが、
全体を漂う空気感はあの頃特有の、甘酸っぱいじれったさです。

「初恋」を「初恋」と気付かず、不器用にただ一緒に過ごす時間は、
後から思えば宝石のような貴重な時間ですね~。

と、まるで、そんな体験があるかのように語ってしまいましたが、
ボクの中学の時は(高校も)そんな出会いはありませんでしたなー(笑)
まともに女子と会話した記憶すらないですね。
そう考えると福満さんは、やっぱすげーです。

リア充やん!!!

と、例のツッコミも入れたくなりますが、彼はこの後、
9年間もの暗黒の時代を過ごす事になるのです。。。


【回想編・上】とあるように、話は途中でして、2月発売の6巻が楽しみです。
今回、ほんとにちゃんとしてて(失礼)、映画化してもおかしくないほどの
なんというか、こう…ダイナミズムを感じましたよ!






僕の小規模な生活(5) (KCデラックス)
福満 しげゆき
講談社 (2011-11-22)


暗黒時代の話はこちらです。名作です。

僕の小規模な失敗
僕の小規模な失敗
posted with amazlet at 11.11.23
福満 しげゆき
青林工芸舎


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. runrun1006 | URL | v8QjPvAY

    暗黒の騎士参上

    暗黒って暗いんですよ~
    光も差さないので、何処に進んでいるかわかんないんですよね。。。
    こういうのを読むと自分の過去を振り返って、あまりの痛さに身悶えしちゃうので、辛いっス。ロボッチさんの記事から察するに、福満さんは十分リア充なんじゃないでしょうか。。。

  2. ロボトリア | URL | -

    >runrun1006さん

    コメントありがとうございます。

    暗黒仲間さん、こんばんは(笑) ボクはこういう自虐的なものが好きみたいです。
    うんうん、わかるわかるみたいな共有感覚を味わいたいのでしょうか。
    最近見かけなくなりましたが、ヒロシさんのネタも好きでした。
    あと、「悲しいとき~!」の、いつもここからさんとか・・・

    福満さん、今は十分リア充みたいですね。runrunさんのようにね(^_^)

  3. mtst | URL | WU..WH7.

    とうとう

    発売日に買いに行ってしまいました。
    恐るべし版元またぎの宣伝効果。

    今回の話は何かキツいです。
    元カノゼロとかいいながらちょっと楽しい時期を過ごしてるってのが腹立つ(笑)
    その後の、あの自分に対する自信のなさから来る卑屈さみたいなのとか分かる自分がイヤ。
    でもこの年になってもまだその卑屈な思考を引きずってるっていう自分がもっとイヤ(笑)
    それに自分にダブるキーワードもあったりするし…。
    福満さんてああいう事を漫画にすることで自分の中で過去の事として消化出来てるのでしょうかね。
    自分も人知れずブログでも書こかな…。
    「自分の小さな世界観での日々」みたいな(笑)
    ご本人は昆虫みたいな人生とか言ってますが
    自分なんか宙ぶらりんのミノムシみたいな人生やって思ってしまいましたよ。
    くっそ、こんな気持ちにさせやがって!
    早く次の巻を出して下さい(笑)

    runrunさん、読まない方がいいですよ。
    どよ~んとした気分になりますから。
    思い出したくない事をほじくり返されて辛くなりますから。
    ただなんか応援してしまうんですよ。
    幸せになって欲しいなって。(めんどくさい)

  4. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    版元またぎの宣伝は画期的ですね。寛容な両版元の姿勢が見えて好印象です。

    >福満さんてああいう事を漫画にすることで自分の中で過去の事として消化出来てるのでしょうかね。

    そんな感じしますね。でもマンガとはいえ、よくぞここまで過去をさらけ出せるなと
    感心してしまいます。匿名のブログとは違って面が割れてるわけですからね。
    うじうじしているように見えて、かなりの行動派ですし、“漢”っぽい印象を受けます。
    身を削って商売しているようで心配になります(笑)

    >自分も人知れずブログでも書こかな…。

    その際には、ぜひFC2でお願いします。人知れずって多分無理だと思います(笑)

    >くっそ、こんな気持ちにさせやがって!
    早く次の巻を出して下さい(笑)

    まんまと術中にはまってしまったみたいですね(笑)

    >ただなんか応援してしまうんですよ。
    幸せになって欲しいなって。(めんどくさい)

    そう思えるmtstさんは全然卑屈な人ではないですね(^^)
    runrunさんなんかきっと「このままリア充では終わらないぜ、ふふふ」と思ってますよ(笑)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/469-8b61be7a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。