--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの場所で聴きたい音楽。」~ロボッチ篇(^^)

2011年11月19日 15:52

幸宏さんの後で誠に僭越ですが、
ついでに不肖ロボッチの、「あの場所で聴きたい音楽。」を紹介させてもらいますね。

今までに、聴いてる場所と音楽が、ほんとにピタっと合って「これだ!!」と思った瞬間が、
一度だけあります。
それは10年ほど前の夏に、クルマで信州へ旅行にいった時です。

ビーナスラインという八ヶ岳周辺の、緑の高原を走る爽快な道路があるんですけど、
その時カーステレオでかけた、エンヤの音楽が見事にハマりました。

高原ですので、エアコンは切って窓を全開にして走ります。
澄み切った空気を顔に浴びながら聴くエンヤサウンドは最高です。
魂が浄化されて、この上ない爽快な気分を味わえました。

高原ドライブの際には、是非エンヤを試してみてはいかがでしょうか。


ロボッチ撮影。その旅行の時のものです。写真では伝わりにくいですね~。
ビーナスライン



こんな曲を聴きながらでした(^_^)




ちょっと季節はずれでしたかねー。
でもエンヤは冬にも合いますよね。



シェパード・ムーン
シェパード・ムーン
posted with amazlet at 11.11.19
エンヤ
WEAミュージック (1991-11-10)
売り上げランキング: 68015



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. mtst | URL | WU..WH7.

    わかる~!!

    自分も一時期よく聞いてました。
    今でも好きです、癒されますね。
    妬みの多いジメジメした心を除湿してくれます(笑)

    当時すごく欲しかったユーノスロードスターを弟が中古で購入
    大阪一人暮らしでマイカーなんて買う余裕の無かった自分はお盆の帰省時にちょっと借りて1人でドライブへ、地元の高原道路を走ってる時にカーステレオで聞いてました。
    窓から入る涼しい風とピッタリ合って今でも印象に残ってます。
    ほとんど同じような状況ですね(笑)

  2. RM-2 | URL | EIARM17s

    まさにエンヤはびったり!!

    高原にエンヤは合いますよね。 私も信州方面の高原ドライブの時はエンヤ聴きますよ。
    最初「WATERMARK」というアルバムを聴いた時は本当に心地よくて クセになりました。
    高原でエンヤといえば「イブニング・フォールズ」は外せません。(PVも映画のようで秀逸) 

    高原を走るというシチュエーションだったらこんなのも合うので、今度ぜひお試しを・・
       (・・って、もうロボ様は知ってるかもねw これらも気持ちイイッス!)
    清水靖晃 (サキソフォンソロ)  「Bach : Cello Suite no.1 prelude」
    Wong Wing Tsan (Piano) 「水のうた、森のねむり」
    細野晴臣 (Bass,Syn,etc) 「Heliotherapy」 (^^)♪ 

  3. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    共感嬉しいです(^^) おお、ユーノスロードスターで高原ドライブとは最高じゃないですか!
    そんなクルマでエンヤを聴いていると、別世界に生きてる感覚に陥るでしょうね。
    旅行もそうですけど、帰ってきた時のギャップの物悲しさにいつも打ちひしがれます(笑)

  4. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    「イブニング・フォールズ」もいいですねー。
    高原で聴くと自然と一体になれるような気がして来ます。

    >清水靖晃 (サキソフォンソロ)  「Bach : Cello Suite no.1 prelude」

    あ、これ知ってる。CMかなんかに使われてましたよね。ブランデー飲みたくなります(笑)

    >Wong Wing Tsan (Piano) 「水のうた、森のねむり」

    これは知りませんでした。静謐なピアノがいいです。湖で聴きたいですね。

    >細野晴臣 (Bass,Syn,etc) 「Heliotherapy」

    これはアンビエント時代の細野さんですね。この頃、NHKでよく細野さんの特集を
    していたのを思い出しました。テクノ風味がたまらないです。

  5. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    逆にハマりすぎてて、もういいかな、と思った音楽。

    が、私にはありまして(笑)。
    今から20年以上前の伊豆旅行からの帰り。海沿いの道の大渋滞にいやけがさした私は、車で
    箱根ターンパイクへ。夕方からあたりは夜の景色へ。街路灯もほとんどない真っ暗な道を
    ひたすら走っていた時にかけてた、
     ライ・クーダーの「パリ、テキサス」http://www.youtube.com/watch?v=X6ymVaq3Fqk

    いやあ、もうちょっとハマり過ぎて怖くなる位。でもライ・クーダーの音楽に魅入られてしまった
    私は、テープを止めることもせず、途中から降り出した雨の中、ひたすら車を走らせ続けてました。
    薄気味悪さすら感じるくらいの美しさ。そんな貴重な体感をすることが出来たドライブのことを
    今、はっきりと想い出しました(笑)。

  6. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    おー、なんという渋い選曲でしょうか。さすがチョービギナーさん、
    普段は、ゆかさあああああん!などと叫んで、巧妙に隠しているダンディズムを発揮しましたね(笑)

    んー、この荒涼とした風景が浮かぶ美しい音空間。孤独感に包まれますね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/467-30ec810f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。