--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林檎の成る木

2011年10月06日 20:32

アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が亡くなられました。

ボクは特にMacフリークなわけではありませんが、パソコンはMacしか使えません。
Macに触れたきっかけは、やはり仕事で使わざるを得なかったからです。
大学を卒業して就職した小さなデザイン事務所。
その頃はまだ、手作業の時代。
三角定規、ロットリング、カッター、ペーパーセメント、レイアウト用紙・・・
それらの道具を駆使し、プレゼン用カンプや版下を製作していました。
2~3年が過ぎ、一通り道具も使いこなせるようになり、仕事にも慣れてきた頃、
黒船はやってきました。

マッキントッシュというパソコンでデザインができるらしい・・・

当時勤めていた事務所の社長は、Macで制作したというチラシを見て、
鼻で笑っていました。
「こんなお粗末なフォントやデザインで、クライアントが納得するわけがない」と。

しかし、Macの技術革新のスピードは恐ろしく早く、
じわじわとデザイン業界を浸食し始めました。
気がつけば、「Macを覚えますか?」「仕事やめますか?」という
二者択一の状況に追い込まれました。

ボクはまだ20代後半。もちろん覚えます。興味もありましたし。
小さな学校に通わせてもらったり、Macに詳しい知人の家に行って教えてもらったり、
社内のパソコンオタクみたいな人に教えを請うたり・・・必死で覚えました。

それでもボクらより上の世代の人の中には、かたくなに拒んでる人もいましたね。
気持ちはわかります。
これまで何年もかけて、手に叩き込んで来た技術が、全て否定されるわけですから。
1ミリの幅に、定規を使ってロットリングで何本罫線を引けるかとか、
何の意味も持たなくなるわけですから。

コンマミリ単位の、正確な図形が子どもでも作れる時代が来てしまいました。
体で覚える技術はバッサリと省略され、
いきなりセンスで勝負しなければならない時代の到来です。

そういった意味ではMacの登場は「デザインとは何か」というテーマを本当の意味で
問い直すきっかけを与えてくれたツールなのかもしれません。

デザイナーはまだ努力で生き延びられましたが、
より深刻だったのは、写植、版下屋さんでしたね。
最終フィニッシュまで全てデザイナーひとりで、Macの中で完結できてしまいます。
分業という概念が無くなってしまいました。

昔よく使っていた、夫婦で経営していた写植屋さん、どうしたかなー。
手動写植機を操るがんこ親父と、愛想のいいおばちゃんのいる小さな写植屋さん・・・

大規模なリストラを実施したり、廃業に追い込まれた会社もいっぱいあったと思います。
それくらい、Macによる産業革命のインパクトは、大きいものでした。

技術革新によってデザイナーの働く現場は質的に大きく変わりました。
大幅に作業効率がアップした面もあれば、
これまでやらなくてもいい作業を背負い込んでしまった面もあります。
総じて言えば、何倍も作業は早くできるようになったのですが、
給料が、まったく比例しないのはなぜでしょう(泣
浮いたコストはいったいどこに吸収されてしまったのか!

いつの間にか愚痴になってしまいました(笑)

このように人それぞれ、様々な影響をもたらしたアップルという存在。
業界に荒波をもたらしたその衝撃は、はかりしれないものがありました。
しかし、いつの時代にも変化の波は訪れます。
その波に乗るか、沈むかはその人次第なのでしょう。

今、ボクの生活の中で、アップルの存在はとても大きなものになっています。。


Mac、iMac、iPod、iPad、iPhone・・・
天才スティーブ・ジョブズ氏の発明は、多くの人々に夢と豊かさをもたらしました。
何よりも「変化する」ことの価値を教えてくれました。
そして、ボクの生活を支えてくれるものを発明してくれました。
感謝いたします。ありがとうございました。





ジョブズ






スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
カーマイン・ガロ
日経BP社
売り上げランキング: 7



ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. PPPHIVE | URL | -

    知らぬ間に

    色んなものに囲まれてますよね。
    また、ずば抜けてた彼のプレゼン能力…
    動画を良く見させられたものです(笑)

    スティーブ、安らかに
    Rest in Peace.

  2. mtst | URL | WU..WH7.

    あこがれ

    初めてAppleを知ったのは「ゲームセンターあらし」を描いていたすがやみつるさんを通して。
    一体型のかわいいパソコンを目にしたとき一目惚れでした。
    当然買える訳は無くいつかあんなのが欲しいと思ってました。
    パフォーマが出た時も買えなくて電気屋さんに行っては展示品のお絵描き機能みたいな物で落書きをして帰って来てましたっけ。
    ようやく20代後半でiMacDVを手に入れた時の嬉しさ、ワクワク、「自分にもAppleが買えるようになった。」清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入したけど、とても嬉しかったのを覚えています。
    それを壊れるまで使い続け、今二台目となるMacBook Pro。
    やっぱりアップルが欲しかった。
    自分には憧れだった製品を所有している嬉しさがあるのです。
    道具以上の愛着があります。
    デザイン、作曲、DJ、年賀状(笑)、MacやPCの普及で色んな物がお手軽に誰でも出来るようになりました。確かにその影で泣いた方達も沢山おられると思います。

    これからしばらくAppleは大変かも知れません。
    新製品を発表するたびにジョブズだったらこの製品をどうしただろうと言われ続けるかもしれませんし。
    自分もロボトリアさん同様Macフリークという訳ではありません。
    でも、やっぱり買えないにせよ新製品が発表されるたびにワクワクさせてくれるようなそんなメーカーであって欲しいと思います。

  3. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    ボクはG3でした。

    そもそもPCなどそれまでほとんどいじったことのない私が初めて
    PCに触り、wordやexelを覚える前にいきなりillstratorやphotoshopを
    やってみろと言われ面くらったのが、14年前。
    チュートリアルやマニュアルもろくに読まなくても、いじっているうちに
    だんだんいろいろなことが出来るようになる操作性にハマりました。
    自宅でも仕事が出来るように、と最初に奮発して買ったのがボンダイブルーのG3でした。

    これって昔、YMOが言っていた「楽器奏者としての訓練を受けていない人でも音楽が作れる時代」
    のさきがけとして自分たちは今いる、ってコトと同じではないか、と興奮もしました。
    スキルよりもやりたいことをどんどん進めること。コンピュータはその実現のためのツール。
    それを鮮やかに具現化してくれたのがappleでした。

    きっとMacとめぐり合ってなかったら、今だにPCをいじることをしてなかったかも知れない。
    今は仕事で使うのも、こうして自宅でネットで遊んだりするのもみんなwindowsになって
    しまったのですが、時折いじらせてもらったりすると、Macってやっぱりいいなあ、
    Macとの方が相性いいかな、と感じてしまったりします。

    この夏、スティーブ・ジョブズがappleのCEOを退任、というニュースを目にした時から
    今日のことをうっすらと覚悟していたような気がします。
    でも今朝、会社についてPCを立ち上げた時に最初にこのニュースが目に入って来た時、
    思わず身体が固まってしまいました。....ついにきた。何とも言えず寂しい気持ちになりました。

    銀座のアップルストアの前は沢山の花で埋め尽くされていた、と前を通りかかった事務所の
    同僚が教えてくれました。ありがとう。ミスター・ジョブズ。
    G3、ちょっと久々だけど起動してみようかなあ。動くかな。

  4. みふぃお | URL | -

    なつかしい…

    記事を読んで、初めて会社でMacをいじった時のことを懐かしく思い出しました。
    Illustratorで曲線を描くことからでしたが、
    「手で描いた方が早いじゃん!」とイライラしながら勉強しましたね。
    学校で散々やらされたロットリングや烏口は何だったんだ!と(笑)
    ちょっと重たい作業をするとすぐ落ちるし~、まぁいじってるのは楽しかったですが。
    でも数年であっという間に一人一台になって、版下からデータで入稿するようになって、
    今では手作業なんて逆にすごいというか、頭の中のイメージだけで指定とか、
    1文字1文字切り貼りで手詰めとかもう絶対にできません!!今ってラクだ~ヽ(^0^)ノ
    でもそのぶん全部自分で作業しなければならなくなって、
    作業はどんどん増えるのに収益があがらない…(T_T) 本当に浮いたコストはどこに~~
    みんなが手軽にパソコンでデザインが出来るようになって、
    某超一流大卒の子がデザイナーとして中途入社で入って来たときは、
    ホント技術っていらないんだなぁ、パソコンがいじれてセンスとアイデアさえあれば、
    誰でもデザイナーになれるんだ!と、衝撃を受けましたね。
    いろいろ仕事上では振り回され、コストもかかりましたが、
    でもやっぱり今の状況は総じていいものだと思うし、何よりMacは大好きだ!
    ジョブズはまだ死んでいないと思えるような、素晴らしいものをまた見せて欲しい!驚かせて欲しい!

  5. かほリン | URL | -

    これからも多分Mac

    昨日ネットを立ち上げて、いきなりジョブズ氏の画像と1955-2011の文字が。
    -2011…えっ?…えぇっ? と、突然の衝撃に息を呑みました。

    私は印刷業界に入ったのがけっこう遅かったので、Macとの付き合いは15年ほどになります。仕事でももちろん使いますが、個人的にもMacなしでは生活できません。

    これからのMacがどうなっていくのか、後進の采配が気になるところですが、私自身はこれからもMacユーザーでありつづけると思います。

    謹んで哀悼の意を表します。
    ミスター・ジョブス ありがとう。

  6. P120548 | URL | -

    うちはeMacでした

    我が家で購入した初めてのパソコンがeMacでした。

    その後、iPod、iPod Shuffle数台を購入し、

    eMac後継機としてiMacを導入して現在に至ります。

    今では、息子達がiPod miniやiPod touchなどを所有しています。

    iPhoneやiPadは未購入ですが、時間の問題?

    ロボトリア様のコメントにもありましたが、
    スティーブ・ジョブズ氏による技術革新の余波を受けて、
    中小の印刷屋さんが廃業に追い込まれ、
    ソニーのウォークマンが売れなくなり、
    数々のCDショップが閉店に追い込まれ、
    携帯業界の勢力図が大きく塗り替えられました。
    またiPadによって、ウインドウズOSの売れ行きにも大きな影響が出るのでしょう。

    一つの企業が一つのヒット商品を送り出すのに四苦八苦している間に、

    スティーブ・ジョブズ氏は
    iPod
    iTunes
    iPhone
    iPad
    という場外ホームラン級のキラーコンテンツを次々と世に送り出してきたのです。
    この間、約10年・・・

    キラーコンテンツによって息の根を止められた方たちには気の毒ですが、
    スティーブ・ジョブズ氏は私のライフスタイルを劇的に変えてくれました。

    FMをエアチェックし、カセットテープで音楽を聴いていた時代と現在とでは天と地の差です。

    スティーブ・ジョブズ氏に心から感謝すると同時にご冥福をお祈りいたします。

  7. ロボトリア | URL | -

    >PPPHIVEさん

    コメントありがとうございます。

    >また、ずば抜けてた彼のプレゼン能力…
    >動画を良く見させられたものです(笑)

    PPPさんの流れるようなトークスキルはジョブズ仕込みだったんですね(笑)
    ボクも参考にしたいです。

  8. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    おお、我が家も初めてのMac購入はiMacDVでした。グラファイトの。
    デザインを含めて所有する喜びがありましたね。ウチも壊れるまで使いました。

    >これからしばらくAppleは大変かも知れません。

    カリスマ経営者の会社はそこが大変ですよね。
    スピリッツが継承されることを祈ります。

  9. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    ボンダイブルーのG3も仕事で一時期使ってましたね。
    スピードがグンと上がった頃でした。ようやくここまで来たかという感じでしたが、
    今振り返ると遠い昔のことのようですね。

    >これって昔、YMOが言っていた「楽器奏者としての訓練を受けていない人でも音楽が作れる時代」
    >のさきがけとして自分たちは今いる、ってコトと同じではないか、と興奮もしました。

    YMOはコンピュータの導入で、それまでの高度な人力スキルを捨てることも厭わなかった人達でした。
    ボクがMacに抵抗なく移行できたのもYMOの影響があったからだと思います。

    >きっとMacとめぐり合ってなかったら、今だにPCをいじることをしてなかったかも知れない。
    >今は仕事で使うのも、こうして自宅でネットで遊んだりするのもみんなwindowsになって
    >しまったのですが、時折いじらせてもらったりすると、Macってやっぱりいいなあ、
    >Macとの方が相性いいかな、と感じてしまったりします。

    時折windowsに触れると理詰めな操作感にとても違和感を覚えます。
    お年寄りがMacやiPadに馴染んでいる状況を見ると、
    あらためてスティーブ・ジョブズの功績は大きいと思いました。

  10. ロボトリア | URL | -

    >みふぃおさん

    コメントありがとうございます。

    >記事を読んで、初めて会社でMacをいじった時のことを懐かしく思い出しました。
    >Illustratorで曲線を描くことからでしたが、
    >「手で描いた方が早いじゃん!」とイライラしながら勉強しましたね。

    まったくボクと一緒です(笑)
    まず、アルファベットの書体を下絵に、ペジェ曲線でなぞる作業から入りました。
    モニターに顔を近づけて熱中していると異常に目が疲れましたね(笑)

    >ちょっと重たい作業をするとすぐ落ちるし~、まぁいじってるのは楽しかったですが。

    当時に比べれば飛躍的に軽くなりましたが、逆にソフトに要らない機能が増え過ぎて、
    重さ感はいつまでもつきまといますね。シャ!っと手で動かすくらい速くなって欲しいです。

    >某超一流大卒の子がデザイナーとして中途入社で入って来たときは、
    >ホント技術っていらないんだなぁ、パソコンがいじれてセンスとアイデアさえあれば、
    >誰でもデザイナーになれるんだ!と、衝撃を受けましたね。

    自分の付加価値をいかに生み出すか考えるようになりましたね。
    技術とセンスだけではもう勝負できませんから(笑)

    >ジョブズはまだ死んでいないと思えるような、素晴らしいものをまた見せて欲しい!驚かせて欲しい!

    右に同じです。

  11. ロボトリア | URL | -

    >かほリンさん

    コメントありがとうございます。

    >私は印刷業界に入ったのがけっこう遅かったので、Macとの付き合いは15年ほどになります。仕事でももちろん使いますが、個人的にもMacなしでは生活できません。

    ボクとほぼ一緒ですね。最初に使ったイラストレーターは5.5でした。
    最近また会社のMacを一新する予定があるのですが、
    ソフトの進化について行くのもけっこうたいへんですよね(;^_^

    >これからのMacがどうなっていくのか、後進の采配が気になるところですが、私自身はこれからもMacユーザーでありつづけると思います。

    Macから入るとずっとMacのような気がします。これからも魅力的なツールの開発を期待したいですね。

  12. ロボトリア | URL | -

    >P120548さん

    コメントありがとうございます。

    eMacというのもありましたね!Macキューブとかも懐かしいです。

    ジョブズ氏の技術革新によって、様々な業界が荒波をかぶりましたが、
    場外ホームラン級のキラーコンテンツに地団駄を踏むばかりでなく、
    日本のメーカーにも奮起して欲しいですよね。
    かつてウォークマンがジョブズを魅了したように・・・

  13. ぷなしめじ | URL | NXXK8szM

    驚きでした

    いきなりの1955-2011の文字の意味が理解できずしばらく止まってしまいました。

    私が勤務する工務店でもiMacを使っています。
    正直に言って3Dをレンダリングするためだけにわざわざメモリ26Gも積んだ高いmac買わなくってもいいのにと思ったりしましたが、美しい納まりなどデザインを考察するための環境もデザインされているべきだと思います。
    Macの製品のソフト面にはちょっと…と思うところもあったりもしますが、デザインは細部まで美しい。「神は細部に宿る」ですね。

  14. ロボトリア | URL | -

    >ぷなしめじさん

    コメントありがとうございます。

    仕事で使うならハイスペックに越したことはないと思いますよ。
    なにせ新しいソフトが出るたびにやたらメモリを使うようになったり、勝手に進化しますから(笑)

    カッコイイ機械で仕事をすると、カッコイイものが出来る気がしてきますね♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/440-543013fc
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。