ロボッチ 私の履歴書 Part6

2011年08月31日 20:48

なぜPerfumeのことを好きと感じるのか。

このシリーズは自らの過去を遡り、
自分がかつて熱中していたものを述べることで、
その訳を探るというものです。

・・・なーんて言ってますが、これは単なる自分語りであると最近気が付きました。(オセーヨ)
がしかし、ここは需要があろうとなかろうと自由にものが書ける自分のブログであります。
ですので、引き続き語ってしまいます。
先日Yahooで自分語りをする男は、女性に嫌われるというトピックを見ましたが、
無視することにします(笑)

今回は高校時代についてです。
語るのも恥ずかしい暗い青春時代ですが、印象的な出会いもありましたので、
もし、おつきあいいただけるなら幸いです。(^_^)



Chapter7「図書室」

高校時代は、暗く長いトンネルのような時期であった。

小学生時代、お調子者であったボクは中学に入ると、しゅんとおとなしくなり、
ごく少数の気の合う友人と過ごしていた。
それでもその友人たちと過ごす時は、とても楽しく濃厚なものだった。
今でも、ごくたまに会ったりする。

高校ではそんな友人たちとも別々となり、ボクはさらに無口になった。
徐々に大人びてゆく周囲の人間と、何を話していいのか、わからなかった。
授業の間の休み時間が苦痛でならなかった。

長い昼休みには、ボクの足は自然と図書室へと向かった。
時間をつぶすにはそれしかなかった。
文庫本を何冊も読んだ。

覚えているのは・・・・
松本清張「点と線」
三浦綾子「塩狩峠」
石川達三「青春の蹉跌」
太宰治「人間失格」など

暗い。
あまりにも暗い。ピース又吉さん並みの暗さである。
だが、この時期最も本を読んだと思う。
決して無駄な時間ではなかったと思っている。

そんな調子なので、気を抜く事が出来るのは授業中だけであった。
いや、授業中は本当は気を抜いてはいけない。
ノートに落書きばかり書いていた。
おかげで成績は散々であった。よく卒業できたなと思う。



Chapter8「ボクの好きな先生」

しかし、芸術科目の授業だけは別だった。
美術、書道、音楽の中からの選択制だったと思う。
迷わず「美術」を選択した。
美術の授業で絵を描いている時は、無心で没頭できて楽しかった。

高校で初めて油絵を描いた。
題材は自由だった。
ボクは自分の部屋から見た夕焼け空を描いた。
窓枠のカーテン越しに広がる、眼下の町並。
その上に大きく面積を取り、オレンジ色に染まった雲を幾重にも描いた。
実際の景色は隣の家の壁であり、それは空想の風景であった。

この時描いた絵を、美術のK先生は高く評価してくれた。

何ぶん初めて描いた油絵なので、ひどく拙いが、
構図に込められた心象を理解していただいたようだった。


K先生は、当時30歳。多摩美の日本画科出身で、
同級生に某有名女性ミュージシャンがいたことを、たいそう自慢にしていた。
髪は天然パーマ、スラッと背が高く、声は低かった。
クルマは真っ赤な初代HONDAシティを乗り回し、
上述の女性ミュージシャンのロゴステッカーをリアに貼付けていた。
作家志向で、教師でいるのは一時的と考えていたようだった。

これをきっかけにK先生は何かにつけてボクの事を気にかけてくれた。
高二の終わり頃、授業で石膏デッサンをしていると、
K先生はボクの後ろに立ち、話しかけてきた。

「君はなにか部活動やっているの?」

「!…いえ、やっていないです」
「進路は? もう決めた?」
「いえ、まだはっきりとは・・・」
「美術系に進むっていう道もあるよ。少なくとも君は商売人には向いてないよ。
もし気が向いたら、放課後美術室においでよ。いつでも相談にのるからさ」
「は、はあ・・・」

いきなりで面食らった。
これまで他人にそこまで人生に踏み込まれた事はなかった。
ボクの短所も見抜かれていた。
クラス担任の進路面接はあったが、それはあくまでも形式であった。

K先生はボクに関わる義務もないし、また関わったところで、なんの特にもならない。

ボクの心は揺れた。

何日か考えた末、ボクは清水の舞台から飛び降りるような気持ちで、K先生を訪ねた。

「先生、ボクやっぱり美術系に進みたいと思いまして、そのう・・・」
「そうか! まあ、こっちきて」

K先生は、隣の美術準備室へボクを呼び込むと、
美大や美術予備校の資料を取り出して、丁寧に説明してくれた。
ボクは緊張しつつも、何か暗い高校生活に光明のようなものが見えた気がして、嬉しかった。
しかし美大に受かるためには、高度な実技を習得しなければならない。

「予備校に通うっていう方法もあるけど、まずはここで練習したらいいよ。
どうだい? 明日から美術部員として、放課後デッサンの練習から始めるってのはどう?」

「はい!」

ボクにはもう迷いはなかった。迷う事がなくなって嬉しかった。

「じゃあ、みんなに紹介するから」
美術準備室を出ると、いつの間にか数人の部員が石膏デッサンの練習を始めていた。
授業でやっているデッサンのレベルとは明らかに違っていた。
用紙のサイズも大きいし、画材も鉛筆ではなく木炭を使用していた。

ひとり、とてつもなくウマい男子生徒がいた。

「彼も美大を目指して、ここで練習しているんだ。これからは、ふたりでがんばって行くといいよ」

K先生は、目を細めてなんだか嬉しそうだった。

「よ、よろしくお願いします」
「よろしく!」

その生徒は小柄で、リスのようないたずらっぽい目で挨拶してくれた。

「じゃあね、明日から始めるけど、食パンとガーゼを用意してきて」
「食パン、ですか?」
「うん、木炭を消すのに使うんだ。こうゆう風にね…ちょっとどいて」

K先生はデッサン中の先ほどの彼をどけると、その絵を修正しはじめた。
木炭でサッサッと描いては、パンをちぎってはシュッシュッと消す。
時にはガーゼで、時には指でこする。
するとどうだろう。みるみるそこが正確な立体となって浮かび上がってきた。
ボクは驚いた。魔法を見ているようだった。

「ね、こんな風にして描いていくんだ」

ボクのほんの少しの自信は、もうどこかに消し飛んでいた。
これから目の前に広がる、長く険しい道を想像して、気の遠くなる思いもしたが、
確かな目標が出来た事が、なにより嬉しかった。


その後、ボクは二浪した後、大学に合格する事ができた。


***



鉛筆デッサン
ロボッチ、大学1年の頃の作品。(鉛筆デッサン、A1サイズ)


***


K先生はその後教師を辞められ、
現在、日本を代表するメゾチントの版画作家となってしまいました。
それに比べ、いまだにうだつの上がらぬボクで恥ずかしいのですが、
機会があったら、いつかお会いしたいと思っています。


ボクの好きな先生、K先生へ・・・





【追記】いい歌なのでやはり貼っておきます(^_^)





初期のRCサクセション
初期のRCサクセション
posted with amazlet at 11.08.31
RCサクセション
EMIミュージック・ジャパン (2005-11-23)
売り上げランキング: 66702



お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. ororon | URL | VV.rCrK2

    美大卒だったのですか

    そういえば、RCの「僕の好きな先生」も美術の先生のこと歌っていましたね
    私なんか理系が好きだったのに、授業数が少なくて楽だからと文系の大学に入ってしまったもんで、ちゃんと目標を持って大学選ばれた方は尊敬します

  2. ロボトリア | URL | -

    >ororonさん

    コメントありがとうございます。

    >美大卒だったのですか

    はい。記事には書きませんでしたが、高校を卒業してからも
    鼻っ柱を折られる事の連続でたいへん苦労しました。
    人生でいちばん頑張った時期かもしれません、ってそんな事ではいけませんね(;^_^

    >そういえば、RCの「僕の好きな先生」も美術の先生のこと歌っていましたね

    美術の先生はどこか浮世離れしていて、いいなあと思ってました。
    K先生も職員室は嫌いだったみたいです。タバコは吸ってたかな? 忘れました(笑)

    >私なんか理系が好きだったのに、授業数が少なくて楽だからと文系の大学に入ってしまったもんで、

    僕は理系がカラッキシでしたので迷わず文系でした。
    どっちもイケるなんて逆にすごいです(≧ω≦)

  3. PPPHIVE | URL | -

    げげ!!

    このデッサンは素晴らしい…
    ううむ、18歳でこの作品ですか…
    さすが美大だけの事はありますね…ラベルが違う(笑)
    というか、絵はストレス発散になりますよ。
    って、それを仕事にしてる人にこの進言は全く
    意味無いですねww

    でも僕もめげずに頑張りまっしゅww
    またアドバイスくらさいねm(_)m

  4. ロボトリア | URL | -

    >PPPHIVEさん

    コメントありがとうございます。

    自分、浪人したのでこの頃は20歳を超えておりました!(軍隊口調)
    この頃がデッサン力のピークでしたね~(涙
    今はイラストなんかはPPPHIVEさんにかなわないですよ。
    自力のある人が羨ましいっす。ですのでアドバイスなんておこがましいです。
    これからも感想だけにしときま~す(^^)

  5. おとわ しゅな | URL | QFk3YRjk

    わわ!!

    すばらしいデッサンですね~
    私には真似できません(><)

    私も高校生の時は美術部に籍を置いてました・・・
    絵はからっきし苦手でしたが、一時期ろくろ(!)を回しておりました。
    そのイロハを教えてくださった先生もしばらくしてフランスへ
    勉強に行ってしまい、学校を辞めてしまいました。

    ロボッチさんの話を読んでちょっと
    その頃を思い出してしまいました・・・


  6. RM-2 | URL | EIARM17s

    おお ! !

    大学生ロボ様のデッサン力、ハンパないですね! (^_^)
    鉛筆デッサンは、シンプルですが画力が最も出易いといわれてますよね。 

    “図書室で太宰”って・・暗っ(笑)・・いえいえ、たぶんこのあたりの蓄積が現在のロボ様の人格や
    情報量やスキル(やテクノ好き)を育んだのですね。私も漱石とか中也とか 読んでました。(^^;)

    K先生は日本を代表する版画作家ですか!!  私はアート関係の仕事の恩恵で、加山先生・長谷川先生
    浜口先生・生田先生などのメゾチント作品を扱ったりしましたが、やはり皆 素晴らしい作品でした。

  7. runrun1006 | URL | v8QjPvAY

    カミングアウト

    遂に太宰を愛読していた頃のロボッチの暗くジメジメした過去が(失礼過ぎますね(。-人-。) )、カミングアウトされると思っていたら、意外に爽やかに終わってますね(だから失礼だってば(。-人-。))
    さすが美大に入る方はデッサンのレベルが違いますね。ロボッチさんがホントに美大入ってたんだと納得しました(今まで信じてなかったんかいっ!)

    次回は大学生編ですね。どっぷり泥沼で暗い展開期待してます(笑)
    (奥様と出会われたのは美大時代だから明るいんだろうなぁ、チクショウw)

  8. きなこ | URL | -

    なんと!

    美大卒でらしたんですね!
    それは~どおりで色々とセンスが良くてどの作品も素敵って訳ですね。
    この絵もすごすぎー!!!

    それにしても良い先生に出会えましたね。
    人生を変える出会いってあるんですね。
    そんな先生にきっと私も出会っているのかなあ。。

    私も美術というか絵が好きで、
    昔はよく描いていましたが、
    高校の美術の授業で心折れてからの
    今に至ります。
    ま、その程度だったってことですが・・。

    イトコも美大受けていたので大変さは少し分かります。

    それに美大に行っても上には上がいる・・
    みたな話を美術の先生が話していて
    ああ・・・おそろしい・・と思いました。。


    私は生物系が好きなので理系に行きましたが、
    そうでなければきっと美大だったと思います。

    まー理系も挫折して今に至りますが・・

    履歴書シリーズ、面白いですよ(^^)

  9. ゆりこ | URL | -

    こんにちは

    chapter8
    ・・なんか、すごくいいです。
    情景が見えました。放課後の美術室が。
    イーゼルの前に座る青年が見えますー。
    いい!すごくいいですー!
    物語ですね。ショートストーリーですね。

    ロボッチさん、文章も絵も巧みって・・なんかズルイw


    >先日Yahooで自分語りをする男は、女性に嫌われるというトピックを見ましたが、
    無視することにします(笑)


    でもブログだと面白いので無問題です!
    書いてる人の文章とか写真とか絵とかが魅力的だと、その人らしさを構成してるものは何なのだろう?そのセンスの所以は?って知りたくなるので、こういう記事は大好物です。
    続きもやってくださいませ!

  10. 絵うまいですね。
    もっと絵がうまくなるといいですね。

  11. ロボトリア | URL | -

    >おとわ しゅなさん

    コメントありがとうございます。

    いえいえ、昔取ったなんとやらでございます(;^_^
    今はもう描けないっす・・

    絵が苦手で美術部というのも面白いですね。
    でも今のしゅなさんのイラストを見るととても信じられませんが(笑)
    ろくろはK先生もたしか回していたように思います。
    美術室の雰囲気っていいですよね。
    石膏像の佇まいや、絵の具の匂いが束の間勉強を忘れさせてくれます(^_^)

  12. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    所詮は受験用デッサンの域を出ないと思いますが、石膏デッサンは好きでしたね。
    描けば描くほど上達するのが楽しかったです。

    >“図書室で太宰”って・・暗っ(笑)・・いえいえ、たぶんこのあたりの蓄積が現在のロボ様の人格や
    >情報量やスキル(やテクノ好き)を育んだのですね。私も漱石とか中也とか 読んでました。(^^;)

    読書は人格形成に与える影響は大きいと思います。ボクも漱石も読んでました。
    森田芳光の「それから」を見るために!(優作カッコ良かったです)

    K先生はやはり著名な作家になられたんですね。ここでもRM-2さんと接点があるようです。
    挙げていただいた中にK先生は含まれています(^_^) なお、Kは名字とは限りませんw

  13. ロボトリア | URL | -

    >runrun1006さん

    コメントありがとうございます。

    ほんとはもっと暗くジメジメした高校時代も書きたかったのですが、
    あまり書き過ぎて、引かれても嫌だなと思いまして(笑)ずるい?

    >次回は大学生編ですね。どっぷり泥沼で暗い展開期待してます(笑)
    (奥様と出会われたのは美大時代だから明るいんだろうなぁ、チクショウw)

    大学時代も地味でしたね。入学して間もなく男女数人のグループが出来まして、
    お酒を飲みに行ったり、学園祭でグループ展を開いたり、その内今の妻と知り合って、
    映画を観に行ったり、陽光きらめく海辺をドライブしたり、それはもう地味なものでした( ̄∇ ̄*)ゞ

  14. ロボトリア | URL | -

    >きなこさん

    コメントありがとうございます。

    学校がこのブログにどの程度影響してるのかわかりませんが、そう言ってもらえるのは嬉しいです。
    大学では描写力よりモノの考え方を学んだつもりですので。(うわ、ハズカシイ)
    でもちょっと褒め過ぎです(;^_^ 

    >それに美大に行っても上には上がいる・・
    >みたな話を美術の先生が話していて
    >ああ・・・おそろしい・・と思いました。。

    その通りです。大学に入って、とんでもない才能の持ち主を見るにつけ、
    つくづく自分は凡人であると思い知らされました。
    でも、そうした世界を見ることが出来た事は貴重な体験だったと思っています。

    >まー理系も挫折して今に至りますが・・

    きなこさんは、今も美の世界で努力されていて、尊敬しています!(^_^)

    >履歴書シリーズ、面白いですよ(^^)

    ありがとうございます。続ける勇気が湧いてきました(笑)

  15. ロボトリア | URL | -

    >ゆりこさん

    コメントありがとうございます。

    いいですか! ありがとうございます!!
    そう、ボクの事、というよりは物語として楽しんでください。
    書きながらボクも人の事のような気になってきました。
    でも事実に基づいているので、単なる妄想よりも書きやすいですね。

    >ロボッチさん、文章も絵も巧みって・・なんかズルイw

    あ、runrunさんみたいな事言う(笑) 恐縮です(;^_^

    >でもブログだと面白いので無問題です!

    ブログですと、読むも読まないも自由ですからね。無理矢理自分語りを聞かされるのは
    やはりウザイと思います(笑)

    >書いてる人の文章とか写真とか絵とかが魅力的だと、その人らしさを構成してるものは何なのだろう?そのセンスの所以は?って知りたくなるので、こういう記事は大好物です。
    続きもやってくださいませ!

    そう言ってもらえると嬉しいのですが、ますます普段の記事の質が問われてきますね。
    なんか自分で自分の首を絞めているようなプレッシャーを感じてきました(≧ω≦)
    これからも、しょうもない記事もいっぱい書くと思いますが見捨てないでくださいね(笑)

  16. ロボトリア | URL | -

    >ハート女さん

    コメントありがとうございます。

    >絵うまいですね。

    恐れ入ります(;^_^

    >もっと絵がうまくなるといいですね。

    はい、技術的にはこれが自分の限界と思います。
    界隈の人のようにサラッと小粋なイラストが描けるようになりたいものです(笑)

  17. ぷなしめじ | URL | NXXK8szM

    自分語りいいですよ!

    Perfume好きってだけでつながって、私は実際にはお会いしたことのないブロガーの方々ですからこういうPerfume外の話を聞かなければイメージすらできないですから。

    ロボトリアさんは美大卒なんですね!道理で文章に情緒があるというか、小説を読んでいる時のように世界観の中に連れて行かれる感があります。あ、褒めすぎましたかね笑

    でも、本当にそうなんです。細かい描写から雰囲気を作り出して、そっとその世界に引き込んでいくような文章が大好きなんですが、自分には書けないのでロボッチさんの履歴書に浸ってしまった自分に気づいてぐぎぎです笑

  18. mtst | URL | WU..WH7.

    ダメなんですね(笑)

    自分語るヤツって。
    だから自分はダメなのか~←だから早速自分を語るな(笑)

    それはさておき、暗いとおっしゃった割にはドラマチックな人生の転換期。
    高校生活に人生を左右する目標の光をともしてくれたんですね。
    そこまで踏み込んだ助言をしてくれる事ってそうそう無いと思うんですけど、
    もしかしたらその先生はロボトリアさんにかつての自分がダブってみえたんでしょうか。
    二浪されて入学ってところに当時のロボトリアさんの自分にはこの道しか無いっていう熱意を感じます。

    デッサン凄いです…。
    この前からなんて表現したら良いか考えてたんですが言葉のボキャブラリーが無くて(笑)。
    凄いしか言えない。この絵を描いている時のロボトリアさんの集中力と必死さが思い浮かびます。
    実物を見るとさらに迫力が違うんでしょうね。
    以前たまたま美術学校の生徒さんの展示作品を目にしたのですが、その時も描写の緻密さに圧倒されました。

    それに比べて自分なんか緩い人生送ってきてるな…(笑)
    必死でがんばったって覚えが無い。
    将来の事を考えず、すぐ楽な方へ逃げてしまうんだな←だから自分の事は語るなって(笑)

  19. ロボトリア | URL | -

    >ぷなしめじさん

    コメントありがとうございます。

    >Perfume好きってだけでつながって、私は実際にはお会いしたことのないブロガーの方々ですからこういうPerfume外の話を聞かなければイメージすらできないですから。

    そう言ってもらえると嬉しいですね。ボクも他のブログ等を見て、
    その人の人物像を想像出来た方が、記事の内容も楽しめるような気がします。

    >道理で文章に情緒があるというか、小説を読んでいる時のように世界観の中に連れて行かれる感があります。あ、褒めすぎましたかね笑

    褒め過ぎです!(>_<) でも正直嬉しい(*^^*) 
    これも図書室で、ひとり暗く読書に明け暮れたおかげでしょうか(笑)
    でもこんなのたくさん文章を書くようになったのは、やっぱりブログを始めてからなんですよね。
    自分でもすごく不思議な感じです。たくさん褒めていただき嬉しかったです(^^)
    ぷなさんの、思いが溢れ出た文章も素敵ですよ!

  20. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    進路については何となく普通の大学に行くのかな~、でもつまんなそうだしな~、
    デザイン専門学校がいいかな~、いやいや行ったところでどうなんだろうー、と
    ふらふらと迷っていました。そんな時、K先生がグイっと背中を押してくれた感じですね。
    ですので本当に感謝しています。

    >もしかしたらその先生はロボトリアさんにかつての自分がダブってみえたんでしょうか。

    どうなんでしょう。先生の方が全然優秀だったと思いますが、受験時代の自分を思い出したって
    いうのはあるでしょうね。「美術に携わって生きていくのは豊かな事だ」みたいなことも
    おっしゃっていました。

    >二浪されて入学ってところに当時のロボトリアさんの自分にはこの道しか無いっていう熱意を感じます。

    練習を始めたのが遅めだったので、現役合格ははじめから無理だとは思っていました。
    で、1年みっちり頑張って結構自信が付いたのですが、落ちたのでショックでした(笑)
    もうその時点で普通の大学に行くとか、潰しが効かないので突っ走るしかないんです。
    二浪目はちょっと集中力が途切れて、前に記事に書いたように映画ばっかり見に行ってましたね。
    でも、なんとか頑張って、首の皮1枚で受かりました(;^_^ 自分、本番に弱いタイプみたいっす(笑)

    >凄いしか言えない。この絵を描いている時のロボトリアさんの集中力と必死さが思い浮かびます。

    恐れ入ります(;^_^ このデッサンは大学に入ってから描いたので、もうプレッシャーもなく
    のびのびと描けたのかもしれないですね。2年間、毎日描いてたら誰でも上手になりますよ(^_^)

    >それに比べて自分なんか緩い人生送ってきてるな…(笑)
    >必死でがんばったって覚えが無い。

    何をおっしゃいますか。我々おじさんは(一緒にしてすいません)今日まで生きて来たという
    だけで、それが頑張った証しなのです! 普通に生活するってホントたいへんです(力説自分語り笑)
    適当に楽にいきましょう(^^)/

  21. GAME-edge | URL | -


    K先生との出逢い、よかったですね。その出逢いを自分の物にしたロボッチさんは流石です。

    私はそんな出逢いもなく、楽に楽にと生きて来たおかげでこんなんになっちまいますた(笑。

    ここはいつ来てもそうなんですが、読んでて知的満足を得られる場所です。とても楽しい。
    やはりセンスとテクニカルを持たれているからなんですよね。

    続編楽しみにしています。

  22. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    私も高1の美術の授業で油絵を.....。

    描きました。全員、私服に着替えさせられ、クラスの中からたがいに相手を見つけて
    人物画を描かされました。確かやたらと早く描き終わって、別の子でもう一枚描いた記憶があります。
    その時描いた2枚の絵で、顔と名前を覚えてもらい、その授業以来、大した用もないのに美術教室に
    入り浸ったのまでは、驚く位よく似てるなあー、と思いました。
    美術準備室、って何か訳のわからないモノや本がそこら中にブチまかれていて、
    何時間もそこにいても退屈しない不思議な空間でありました。

    でも私は美術の道を自分で志すこともなく、先生から進路でアドバイスをもらったこともありませんでした。
    そうかあ。あの時の自分にはこんな「別の道」への可能性とかもあったのかな、と
    何か眩しいものを見るようにこの記事を拝見してました。とても羨ましいなあ、と思えました。
    私は美術部員にはならなかったクセに、美術部の人たちが制作をしてる脇で遊んでいたり、
    準備室で先生に紅茶を淹れさせられ、一緒にケーキを食べたりとか。
    あと先生と映画も何本か観に行ったり。「タクシードライバー」とか「未知との遭遇」とか...。
    テニス部員、そんなことしててよかったのか、という高校生活でした(笑)。

  23. ロボトリア | URL | -

    >GAME-edgeさん

    コメントありがとうございます。

    >K先生との出逢い、よかったですね。その出逢いを自分の物にしたロボッチさんは流石です。

    先生との出会いには感謝していますが、自分の物に出来たかどうかは、いまだに自信がありません(;^_^
    大学に入ってからも、また社会に出てからも才能ある人を見るにつけ劣等感を抱いて今に至ります。
    ですがなんとかここまで頑張れたのも、自分の好きな分野だったからでしょうね。

    >私はそんな出逢いもなく、楽に楽にと生きて来たおかげでこんなんになっちまいますた(笑。

    いえいえ、なんだかんだGAME-edgeさんもご自分の得意分野で立派に生計を立てられているので
    尊敬します。だって必要のない電話を作る余裕まであるじゃないですか(笑)

    >ここはいつ来てもそうなんですが、読んでて知的満足を得られる場所です。とても楽しい。
    >やはりセンスとテクニカルを持たれているからなんですよね。

    うは、ちょっとくすぐったいくらい褒め過ぎです(;^_^
    それほど高尚な場所とは思いませんが、楽しくありたいとは思っています。
    これからも当ブログの良き理解者でいてくださいね。ありがとうございます。

  24. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    美術室って、直接学業とは関係のないものがあふれていて、
    なんだかホッとする雰囲気がありますよね。ちょっと大げさな言い方ですが、
    居場所が見つけられない人のための、オアシスのようなイメージです。

    >私は美術部員にはならなかったクセに、美術部の人たちが制作をしてる脇で遊んでいたり、
    >準備室で先生に紅茶を淹れさせられ、一緒にケーキを食べたりとか。

    ああ、そういえばボクも美術部員になってからは、よく先生にコーヒーを入れた覚えがあります。
    でも一緒に映画を観に行ったりはしませんでしたよ(笑)

    なんだか、現在いろんなブロガーさんの所に顔を出してはその場に馴染んでいる、
    チョービギナーさんの系譜を見る思いです。
    テニスの練習はしなくてよかったのですか?(笑)

  25. みふぃお | URL | -

    はじめまして

    いつも楽しく読ませていただいてます。
    perfume情報はもちろん、perfume以外の記事もとても楽しく、そっと見させていただいてました。

    私も高校から美大を目指し、イヤって言うほどデッサン描いてたので、
    石膏デッサンを見て懐かしくなり、思わず書き込みをしてしまいました(^_^;)
    すてきな先生との出会いですね。そして先生はロボトリアさんのセンスを見抜いてたんですね。
    どんなに一生懸命描いてもダメだった人を受験当時たくさんみました。私も同様です(T_T)
    でも苦しいながらも絵を描くのは楽しかったなぁ。いい思い出です。

    perfumeの3人を描かれた際にはぜひ公開してください!

  26. ロボトリア | URL | -

    >みふぃおさん

    はじめまして! コメントありがとうございます!

    Perfumeや音楽以外の記事を書くときは「誰に向けて書いてるんだろう?」と迷うときが
    あるので、そう言っていただくと嬉しいです(^_^)
    あと、こうして初めてコメントをいただくのもこういう記事の時が多いですね。
    ですから今の気分は、してやったりです(うそです!)

    >私も高校から美大を目指し、イヤって言うほどデッサン描いてたので、

    おお、同士よ!(笑) 無我夢中で描いてたあの頃が懐かしいですね。

    >すてきな先生との出会いですね。そして先生はロボトリアさんのセンスを見抜いてたんですね。

    はい。油絵の授業で作品が完成すると、皆の前で自分で説明しなければならなかったんですが、
    その時、先生はボクの拙い説明を「うん、うん、わかるよ!」とすごく共感してくれたんです。
    それがいちばん嬉しかったですね。

    >どんなに一生懸命描いてもダメだった人を受験当時たくさんみました。私も同様です(T_T)
    >でも苦しいながらも絵を描くのは楽しかったなぁ。いい思い出です。

    ですねー。ボクも紙一重でしたよ。でも例えだめでも後悔はなかったと思います。

    >perfumeの3人を描かれた際にはぜひ公開してください!

    ありがとうございます。以前にあ~ちゃんの誕生日に一度だけ描いて公開したんですけど、
    えらい苦労してしまいました(;^_^ 界隈の器用な人のようにサラッと描けないんですよね~。
    ですから、あまり期待しないよう・・・(笑)

    また、遊びに来てくださいね(^^)/

  27. イトウナオ | URL | -

    こんにちは

    こんなのやってます。

    http://www.tobu-dept.jp/funabashi/event/5f/art1031.html

    既知の情報でしたらごめんなさい。


    明日は、気持ち良く晴れてほしいなぁ。

  28. ロボトリア | URL | -

    >イトウナオさん

    コメントありがとうございます。

    おお、知らない情報でした。ありがとうございます(^^)

    こっそり見に行ってみようかなあ、
    もう20年以上先生とはお会いしていないので、キンチョーします!(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/418-fc253a6d
この記事へのトラックバック