--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武道館の頃

2011年08月04日 20:59

Perfumeさん、久々にゴシップ記事出ちゃいましたか。
やっぱり芸能人だったんですね~。

もちろん、ボクはこんな記事では1ミリも動じませんよ。1ミリもね。

・・・1ミクロン動じました。すいませんm(_ _)m

冗談はさておき、
こういう浮いた噂話によってPerfumeに対しての熱が冷めてしまうという事は、
ボクはまったくないです。

ただ・・・
この8月でボクがファンになって、ちょうど4年が経とうとしていますが、
その間、一度だけ冷めかけた時期がありました。


それは、2008年の武道館公演の直後くらいでしょうか・・・


2007年のポリリズムからのブレイクから、武道館までの勢いは、
本当に凄かったんです。
まさに“龍がごとく”昇りつめていきました。


2007年頃のPerfumeはまだ17~8歳。
あの頃の写真を見るとわかるように、今とはずいぶん雰囲気が変わっていますよね。
極端にいうと、あの頃はテレビや雑誌で見るたびに顔つきが変わってゆくのがわかりました。
若いから当然とも言えますが、何よりポリのブレイクによって、何かが変わりつつある、
そんな予感や期待につつまれた中で、本人たちも何か一皮むけていくような、
そんな変化を日々感じていたように思います。

その頃行われたライブハウスツアー「感謝!感激!ポリ荒らし!~あらためまして、Perfumeです~」。
そして伝説のLIQUIDROOMでの「SEVENTH HEAVEN イイ気分♪~」 。
この頃のボクのPerfumeを生で見てみたいというライブに対する飢餓感、
というか「焦り」と言った方が正しいでしょう、

ハンパなかったんです。

「今、見なければこのPerfumeは永久に見れないのだ!」
刻々と変化してゆくPerfumeに追いつけない・・・
Perfumeは走っているのです。光の速さで、輝きながら・・・


しかし、急上昇する人気に対して、あまりに小さなライブハウス。
ついにその年はライブを見る事はかないませんでした。

翌年2008年の2月、SHIBUYA-AXでのライブ。
この時、偶然当日券販売の情報を入手し、幸運にも参戦する事が出来ました。
しかし、当然最後尾の入場で、パンパンに詰め込んだ人の壁でほとんど直接見ることは出来ませんでした。
ただ、熱狂は十分味わう事ができました。

余談ですが、あの時ロッカーの500円をボクが両替してあげたお兄さんがいたんですが、
それはボクです。覚えてますか?(笑)


同じく2月にファンクラブPTA発足。
速攻入会しました。チケットをなんとしても確保したかったので。

ポリリズムの次のシングル、
BcL/マカロニも地味な楽曲ながら、好評を博しました。
特に音楽通の方面からの高い評価はPerfumeの特徴のひとつでした。

そうして、じわじわと確実にPerfume人気は高まっていきました。
「道夏大陸」を初めとするネット動画の力も大きいものでした。


そして満を持して、初のオリジナルアルバム『GAME』発売。
このアルバムで、Perfume初のオリコン1位!

泣きましたよ。この時は。

歴史の瞬間に立ち会っている気分でした。

のっちも号泣していた事を知るのは、ずっと後になってからでした。


GAMEツアーが始まります。
ファンクラブのおかげでチケットを取る事ができました。
東京、新潟と、二カ所参戦。
ライブハウスでの大規模なツアー。
盛り上がりはどこも最高潮。
これぞPerfuem。これぞボクが見たかったPerfume。

感動で打ち震えました。

変な言い方ですが、こんなかっこいいアーティストを好きになった自分を誇らしく思いました。

そのGAMEツアーで発表された武道館公演。しかも2daysだという。

ついにきた、武道館。
初期の頃は2ちゃんでもネタとして、半笑いで夢想していた日本武道館。
まさか現実になるとは・・・

ポリでブレイクと言っても、まだまだ知る人ぞ知るといったPerfume。
これで完全にメジャーの仲間入りだ。
正真正銘、大ブレイクだ。
そう思いました。


その間「新堂本兄弟」「トップランナー」「HEY!×3」等のテレビ出演でも、
着実に新たなファンを増やしていきました。

Perfumeが夏フェスに本格的に参加しだしたのもこの年からでした。
RIJ、サンマリ、モンバス、美浜、そして阿鼻叫喚となった伝説の2008サマソニ東京・・・
ロックフェスを盛り上げるアイドルという新機軸をPerfumeは打ち出しました。

途中、スーパーの屋上、ユアエルム八千代台を挟んだのも、いかにもPerfumeらしいですが(笑)


そんなこんなで日本のポップシーンを暴れ回っているうちに秋がやってきました。

11月。ついに武道館当日。
ボクの職場は実は武道館にもほど近いのですが、
忘れもしません、その日の昼休み。
外に出るとパヒュファンらしき人がうようよしていました。

すぐわかります。

黒ぶちメガネ、肩にはすでに購入したグッズのバッグ。
首もとを見れば、まばゆいばかりのPTAオレンジTシャツがのぞいているのですから!

街はパフュファンに占拠されてしまいました。圧巻でしたよ(笑)


会社を定時に終えてボクも武道館に向かいます。
大きな玉ねぎの下、たくさんのファンで周囲は埋め尽くされ、祝祭ムードにあふれていました。
看板を背に記念撮影する人。ガチャポンの交換会をする人たち・・・
あふれる人波はライブハウスとの規模の違いを否応無く感じさせます。
入場にも結構時間がかかりました。


そして、いよいよ開演です。
場内暗転し、地響きのような重低音。そして・・・

その後はDVDでもご覧になれますので、皆さんご存知ですね。

武道館という大舞台の緊張をはねのけ、
Perfumeは完璧にそのステージを3人だけでやってのけました。
(ドームもそうだったのでかすみがちですが、これは本当に凄い事)

最後に代々木の告知がサプライズ的に表示され、武道館は終了しました。


ここまでの、武道館までの道のりは、まさに完璧の一言でした。


ひとつの成功物語をファンのひとりとして、オンタイムで並走することができました。
こんな経験は自分の人生でも初めてでした。

この時、ボクは、「ひとつの物語の節目だな・・・」と、思ってしまったんです。

冷めた、という程ではありませんが、あまりに見事な成功物語を目の前にして、
それまでの熱に浮かされたようなのめり込み方とはその後、違ってきました。
この時期、Perfumeから離脱した人も中にはいたようです。


ボクは少し冷静になりつつも、相変わらず追い続けました。
2009年のゴシップ騒動の時も、少し距離を置いていたので、
まったく気にならないというか、ほとんど知らずに過ごしていました。

その頃、代々木のライブがありました。

新しいアルバムの発売もなかった時期でしたが、
それはそれは素晴らしいライブでした。

代々木disco Mix、NIGHT FLIGHT初披露の熱狂!

本当に楽しかった。

「やっぱりここまで楽しませてくれるのはPerfumeだけだ」
そう再認識させてくれたのが代々木でした。


で、現在に至るわけです。
長くなりましたので、はしょりました(笑)



今現在を見てみますと、武道館がPerfumeの成功物語の最終章だったという認識は、
大きな間違いであった事は誰の目にも明らかですね。

今は世界がPerfumeの登場を待ちわびているんですから・・・

Perfume物語はまだまだ現在進行形です。
あの頃、離脱しないで本当に良かった・・・(´▽`;)ゝ





・・・なんで、こんなに長い文章を書いているのだろうか?


まさか動揺してる?(笑)







Perfume First Tour 『GAME』 [DVD]
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2008-10-15)
売り上げランキング: 1056



Perfume 『BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!!』
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2009-04-22)
売り上げランキング: 1415




お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    ああ、やっぱり2008年は特別な一年だったんだ。

    こうやってロボッチさんの2008年を拝見していると、改めてPerfumeの「天を突くようなイキオイ」と
    いうのがひしひしと感じられますね。一気にジェットコースターのように加速するPerfume。
    その一つの終着点が「武道館」だったんですね。でもあの11月6日、7日の神保町から北の丸公園と
    武道館周辺の「祝祭空間」がどれほどスゴかったかも、少し垣間見ることが出来ました。

    なるほど。燃え尽きる、ではないにしろ一つの何かに到達した、という感覚になっても不思議では
    ないですよね。何しろ私の初参戦はその翌年の代々木なので、このあたりのコアなファンの方の
    感覚っていちいち伺うたびに「へぇ~~~~」となってしまうもので(笑)。

    その2008年のPerfumeの感じと今の2011年のPerfumeの感じはずいぶん違ったものになってはいませんか?
    でもそれも良いんですよね? 歩みのテンポが変わっても、少しずつ彼女たちが新しい面を見せて
    くれれば私たちはシアワセ....ってコトでよろしかったでしょうか(笑)。
    だから今回の記事のことも仮にその記事が事実だとしても、私は揺らがない。あの三人がPerfumeで
    いてくれる限りずっと彼女たちを見ていたいし、見守り続けたい。

    あ、そうそう。この記事の件に関してはセラミックおじさんさんが入魂の記事を書いておられて
    そこで一気に溜飲を下げることが出来ました。もうご覧になられましたか?

  2. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    少しでも追体験してもらえると嬉しいですね。
    あの頃の興奮は多くの人とわかちあいたいものです。

    >その2008年のPerfumeの感じと今の2011年のPerfumeの感じはずいぶん違ったものになってはいませんか?

    違うと言えば違いますし、変わっていないと言えば変わってないですね。
    ペースはゆっくりかも知れませんが今は、ドームとか、KIRIN氷結とか、ピクサーとか、
    あの頃には考えられない単語で、Perfumeが語られています。
    少しみんな麻痺しているんじゃないでしょうかww
    とにかくまだまだ目が離せないのは確かです。

    セラミックおじさんさんの記事、もちろん見ましたよw
    楽しませていただきました。華麗に噛みついていましたね。最高。
    チョービギナーさんのコメも面白かったです(笑)

  3. mtst | URL | WU..WH7.

    まだファンでなかった頃

    何故か覚えてるのは武道館が決まった時の事、朝のテレビで見ました。
    ファンに報告した時にあ~ちゃんが「もうどうして良いのか分からん」みたいな事を半泣きで言ってた記憶があります。
    何かスゴく大きな責任を背負わされて追いつめられたような感じに見えて瞬時に「この娘大丈夫なのかな」と思った覚えがあります。
    その後DVDで見た武道館を告げられたときのリアクション。
    やっぱり不安そうでした。ご本人が言った通り「チケット売り切れんかったらどうしよう」と言う責任感が気持ちに現れたんじゃないかと思います。

    今回の事が本当であれ、でっち上げであれ、それは別としてあんな大変な仕事をしてるんですからそれを精神的に支える人がいたって良いじゃないかって個人的には思うんです。
    ステージに立ってる彼女達を幸せな気持ちに出来るのはその場に居るファンの人達しか出来ないと思っています。
    でもステージを降りたそれ以外のところではファンである自分たちではどうする事も出来ない訳です。
    相手が好きな人であれ、ただの友達であれ、尽きない話があれば夜を明かして話せば良いし、それが次の活力につながるのであればファンとしてはそれで良いじゃないかと思うんですけどね。
    要は超浮かれぽんちな夏を過ごしてもらいたい訳です(笑)
    青春時代に歯を食いしばって頑張ってきたんですから…。

  4. PPPHIVE | URL | -

    僕も

    思い返すと色々考え深いですね…
    ロボッチさんとは逆でポリブレイクでハマって、BcLも買って、bitterも
    コンベスも買ってたのに08年2月FC入会は躊躇。7月に迷いを振り切って入会。
    武道館は一端躊躇しながらも(平日だった事とまだアイドルライブへ行く事に
    対しての躊躇)意を決して申込み全敗…。
    もう見る事は出来ないんだろうなと思ってました。
    それが僕の07~08年の凄まじい勢いで駆け登って行く
    彼女達との並走感の実態です(笑)

    その後数々の武道館ライブレポを見て感じた事。
    彼女達はもしかして武道館で燃え尽きちゃったんじゃないだろうか…
    ありえるよな、やばい…
    武道館その後を確認したいという思いばかりが募って
    代々木のチケット何とか押さえました。

    だから武道館~代々木の流れは僕にとってはアゲアゲの時期(笑)
    で実際、生で初めて見て、やっぱり彼女達は実在したんだ、あの夜な夜な
    BEE-カメに出てた彼女達はこんなに成長して目の前にいるんだ…と。
    代々木でのあ~ちゃんの発言も輪をかけて「一生ついて行くぞ!」と思わせる
    モノでしたし、だからこそ、その後の一連の騒動にも全く動じる事無く見守る事が
    出来たんだなあと…

    まあ今回の件は久々にやられたなあと言う感じ。
    並んでいる他の記事もくだらんものばかりで、ゴシップ誌は毎週何かネタが
    必要なんでねつ造やら何やら大変ですな、という醒めた感覚です(笑)

  5. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    あー、TVでもやってましたね。
    あの頃からあ~ちゃんはいつも泣いている子というイメージがついてしまったのかも(^^)
    自分からは恥ずかしくて言えなかった武道館。スタッフから告げられて、まだブレイクを
    実感していなかったあ~ちゃんはビビってしまったんでしょうね。
    のっちはすぐにやる気まんまんでしたけどww

    私生活の充実があってこそ、夢を語れる仕事が出来るんだとボクも思います。
    22歳のお年頃ですから、めいっぱい浮かれぽんちでいいと思いま~す(^^)
    でも、あえて知りたくは・・・ない(爆)

  6. ロボトリア | URL | -

    >PPPHIVEさん

    コメントありがとうございます。

    アイドルの壁を乗り越えるかどうかで、得るものが違ってきますね。
    ボクは少しヘンなところがあるので逆にそのへんは面白がって抵抗はありませんでした。
    でも今や、PPPHIVEさんのアイドルに対する情熱にはかなわないですけど(笑)

    >彼女達はもしかして武道館で燃え尽きちゃったんじゃないだろうか…
    >ありえるよな、やばい…

    なるほど。本人たちにしても、そのような思いはあったかもしれませんね。
    それまでが濃すぎましたから。

    >だから武道館~代々木の流れは僕にとってはアゲアゲの時期(笑)
    >で実際、生で初めて見て、やっぱり彼女達は実在したんだ、あの夜な夜な
    >BEE-カメに出てた彼女達はこんなに成長して目の前にいるんだ…と。

    初の生Perfumeは感動しますよね。いつまでも忘れられないものです。

    >まあ今回の件は久々にやられたなあと言う感じ。
    >並んでいる他の記事もくだらんものばかりで、ゴシップ誌は毎週何かネタが
    >必要なんでねつ造やら何やら大変ですな、という醒めた感覚です(笑)

    ええ、ボクもまったく気にしていません。
    むしろアイドルにしては少ないくらいではないでしょうか?(余裕w)

  7. そっか、こういう躱しかたがあったのかぁ~ こっちのほうが、あスマートですね。
    武道館には行けなくて、ものすごく悔しい思いをしましたね。
    だから、会場の外で漏れてくる音を聞いてるファン達の動画をネット上で探し出した時には胸が熱くなったのを憶えています。

    今回の腐れ三流ゴシップの記事みたいなもの…私は動揺しましたよ。1mmどころか5万Kmくらい。
    だって、あ~ちゃんが悲しむもの

  8. ゆりこ | URL | -

    こんにちは。

    2008年の熱狂を思い出すとゾクゾクしますね~

    セラミックガールが、アルバム発売前にラジオでオンエアされて、聴いた時に鳥肌たったのですよね~
    アルバム曲がこんなにカッコイイって・・・・!!
    「GAME」すごいアルバムなんじゃないの?!と。
    ミュージックマガジンのアルバムランキングで上位に入った事とか

    >変な言い方ですが、こんなかっこいいアーティストを好きになった自分を誇らし く思いました。

    まさに、同じように感じていました!

    GAMEツアーのチケットが取れなくて慌ててファンクラブに入り、武道館で初めてPerfumeのライブを見た時の感動は、忘れられません。(サマソニはほぼ見れなかったですし)

    私はmixiをやってたのですが、確かに武道館後と、ワンルーム・ディスコの発売後で離脱、または平熱に戻っちゃった方々がそこそこいたように思います。

    実は私もワンルーム・ディスコでちょっと熱低くなったのですよねw
    でもその後の代々木でやっぱPerfumeスゴイわ!って元通りでしたけど。

    それでも、まさか東京ドームとか、世界って言葉が聞こえてくるなんて思わなかったです。


    離脱しないでヨカッタ・・・(´▽`;)ゝ

  9. きなこ | URL | -

    うーん

    聞いてるだけで興奮しますね。
    歴史を見てきた人の生の声。

    確かにそれまで小さなライブハウスだったのが
    武道館などになったときの気持ち、
    ちょっと引いた目で見てしまう気持ち。
    わかるなあ。

    私は昔ずっとブリットポップを聞いていて、
    小さなライブハウスは行ったけど、
    武道館なんかに来ると分かったときは行かなかったですもの・・

    まあ、私とはちょっと違うけど。

    最近は本当にメジャーな感じで、
    シングルばかりだけど、
    まだまだやってくれる気がしてならない。
    次はどんな話題で驚かせてくれるのだろう?

    世界に確実にファンはできるだろうし、
    これからもがんばって、ついていかないと!

    ・・ってことでゴシップネタは知らなかったので
    相変わらずロボさんのブログ、頼りにしてまーす♪

  10. RM-2 | URL | EIARM17s

    武道館の頃?

    その頃って、知らないんですよ。 つべの動画「Edge」のセンターアングル観て衝撃をうけてからの
    二周半出遅れたファンですから。(もうしわけございません) 
    だから、この急上昇期を体験された皆様の話は本当に羨ましい限りです。
    できれば、すいーと? とか ビター?(←よく知らない) とかの当時に時間が戻ればなぁ~~と・・。

    でも「Edge」デビューだけに、Perfumeを最初からアイドルというより、アーチストとかパフォーマーと
    認識していまして、「ドームライブ」とか「世界進出」とか、私的には わりと違和感なかったです。
    だから、今回のようなゴシップ記事なんかには、1ミクロンも動じませんでした。(^o^)

    ・・・と日記にはかいておこう (TへT)    

  11. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさんさん

    コメントありがとうございます。

    躱せたのかどうかわかりませんが、右から左に受け流します(古)
    武道館は結構音が漏れるみたいですから、外にもたくさん人がいたようですね。

    >だって、あ~ちゃんが悲しむもの

    あ~ちゃんには「このクソ!」とか言って
    雑誌をビリビリに引き裂くパフォーマンスを期待しています(^_^)

  12. ロボトリア | URL | -

    >ゆりこさん

    コメントありがとうございます。

    あんな熱狂の時代は初めてでしたー。YMOでさえ若干後追いでしたから(^^)

    セラミックガールとシークレット・シークレットは衝撃でしたね。
    「これシングルじゃないの?」って思って愕然としました。
    アルバム『GAME』は間違いなく歴史に残る名盤だと思っています(^^)

    >まさに、同じように感じていました!

    そうですかー(^^) 実際のパフォーマンスを見ちゃうと尚更ですよね。

    >私はmixiをやってたのですが、確かに武道館後と、ワンルーム・ディスコの発売後で離脱、または平熱に戻っちゃった方々がそこそこいたように思います。

    やはりそうでしたか。確かにあの熱狂のテンションを長く保つのは難しいと思います。
    ワンルーム・ディスコは時間とともに大化けした曲の代表格と思ってます。
    ボクも最初聴いた時は「あっさりしてるな」という感想でしたけど、
    今や、ライブの盛り上げの火付け役になってますもんね。

    >離脱しないでヨカッタ・・・(´▽`;)ゝ

    ですね。ブログでいろんな人と知り合えたのも大収穫と思ってます(^^)

  13. ロボトリア | URL | -

    >きなこさん

    コメントありがとうございます。

    規模が大きくなって興奮してくるMAXの到達点が武道館のような気がしますね。
    東京ドームクラスになってくると、むしろそこから第二ステージの始まりかなみたいな。
    Perfumeはまさにそこにいると思います♪

    >最近は本当にメジャーな感じで、
    >シングルばかりだけど、
    >まだまだやってくれる気がしてならない。
    >次はどんな話題で驚かせてくれるのだろう?

    そう。考えもしなかった方向から驚かせてくれるのが楽しいですよね。
    カーズ2はそんな出来事のひとつでした。
    後は、変態的な楽曲の登場を個人的には望んでいます(メジャーでないという意味です)

    >・・ってことでゴシップネタは知らなかったので
    >相変わらずロボさんのブログ、頼りにしてまーす♪

    タイムリーな話題は少ないので、あまり頼りにしない方が・・・(;^_^A

  14. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    「Edge」の動画からですと、ほんとに尖ったパフォーマンス集団と思っちゃいますよね。
    間違いではないですけど(^^)

    >できれば、すいーと? とか ビター?(←よく知らない) とかの当時に時間が戻ればなぁ~~と・・。

    bitter通常盤はお持ちではないですか? これ必見ですよ~。
    昔のPerfumeもすんごいですから。ある意味悶絶死(笑)

    >・・・と日記にはかいておこう (TへT) 

    龍角散でしたっけ? 久々に聞きました。懐かしい~(≧ω≦)

  15. ぱつゆか | URL | -

    初めまして、ぱつゆかです。

    2008年の記事を読んで鳥肌が立たなかった事が無い。
    Perfumeの2008年は特別でしたね。

    本当に気づいたら大人になっていました。嬉しくもあり悲しくもありです。

    でもまたあの空気感、世界がざわついているようなそんな感じをもう一度味わいたいです。

    以前から覗いていたのですがこれからもよろしくお願いします。

  16. ロボトリア | URL | -

    >ぱつゆかさん

    初めまして! コメントありがとうございます。

    初めての人、久しぶりですごく嬉しいです(^^)
    こちらこそよろしくお願いします。

    ほんとに2007~2008年は濃い年でした。Perfumeにとっても。ボクにとっても(笑)
    Perfumeに限らずあの年頃の「人としての輝き」はかけがえのないものですね。
    ましてや、巡り合わせや、数々の奇跡の組み合わせで、努力が実り始め、
    周りを巻き込んでゆく様は、とても興奮しましたね。
    もう同じような奇跡はおこらないかもわかりませんが、
    これからの展開も期待して見守って行きたいと思ってます(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/397-d64547a1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。