--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ぴあ』のPerfume

2011年07月17日 14:18

さて、前記事で取り上げた、もうすぐ終刊となる、雑誌『ぴあ』ですが、
2007年の11/8号に、見開き2ページでPerfumeの特集が載ったことがあります。


これはロボッチのPerfume専用ファイルです(笑)切り取って保存してありました(^_^)v
ぴあ見開きPerfume

ポリリズムがヒットして、世の中からようやく注目されだした時期です。

当時『ぴあ』に載ったことで「いよいよメジャーになって来たな」という思いで嬉しくなり、
同僚にこの記事を見せました。しかし「ふ~ん」という感じで、そいつの「見る目の無さ」に
大きく失望したのも、いい思い出です(笑)

記事を拡大してみました。
ぴあPerfume右

ぴあPerfume左


MIKIKO先生コメント部分(クリックで大きくなります)
ぴあMIKIKO先生


宇多丸師匠コメント部分(クリックで大きくなります)
ぴあ宇多丸


※何ぶんスキャナーを持っていないので、見づらいとは思いますが、ご了承ください(;^_^






ポリリズム
ポリリズム
posted with amazlet at 11.07.17
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2007-09-12)
売り上げランキング: 2827



お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. poncho | URL | -

    貴重な資料

    とても貴重な資料ですね。
    見せて頂きありがとうございます。

    宇多丸師匠のコメントが本当に的確で
    師匠の本気愛を感じます。

    『ぴあ』は映画とコンサート情報主体の雑誌として
    学生時代に斜め読みしていました。

    最近はネットで情報を得られてしまうので
    雑誌の存続は厳しいですよね。

  2. ロボトリア | URL | -

    >ponchoさん

    コメントありがとうございます。

    いえいえどういたしまして(;^_^
    4年経ってもまだポリリズムが世間を賑わせているとは、
    この時は予想もできませんでしたね。

    宇多丸師匠と掟さんは二大恩人です(笑)

    雑誌は厳しいですね、衰退していく一方です(´・ω・`)

  3. runrun1006 | URL | v8QjPvAY

    そうなんですね

    ぴあという雑誌は田舎に住んでいた私にとっては、都会の象徴みたいなもので、滅多に手にとることはありませんでした。ただあの独特のイラストの表紙は印象に残っています。
    ぴあといえば、つい最近までうちの会社の向かいがぴあの本社でした。
    しかし、今年に入ってから渋谷へ移転しました(笑)

    3人も若いですね~。ホント貴重な資料ですね。ありがとうございます。

  4. ロボトリア | URL | -

    >runrun1006さん

    コメントありがとうございます。

    言われてみれば、ほとんど関東の情報ですね。文化施設も東京に一極集中してますね。
    runrun1006さんのコメントを読んで気付かされました。
    『ぴあ』廃刊というのも関東以外の人にはあまり関心のない事かもしれませんね。

    表紙の及川さんは凄いですよね。まさにライフワークです。

  5. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    2007年、かあ。

    学生時代~90年代中頃まではほとんど欠かさず毎号、買って読んでいた「ぴあ」。
    ライブや演劇、美術展などの情報を20代の頃みたいに「リアルタイムで!」と意気込んでいた
    「熱」が徐々に醒めてきた....。
    ここん家の記事によく書き込みをした80~90年代に見たライブのほとんどの情報源は「ぴあ」だった訳で。
    それが年を経るごとに少しずつ変わりはじめた....。

    ネットで同じような情報がとれるようになり始めた2000年代。
    紹介してくれた記事も駅の売店の前もスルーするようになった2007年の「ぴあ」、なんですねえ。
    全く初めて拝見をしました。こんなコトが載っていたんですね。
    考えてみれば、音楽にしろ、美術にしろ、演劇にしろ、「ネット」がフツーに生活の中に
    入り込んでくるようになってから、いろいろなことが変わってきたのだなあ、と改めて思うのです。

    懐かしく思い出したりはします。でも今のように体験をしたことを即座にブログやツイッターで
    お互いに情報をやりとりし合うこの快適さは手放せないかなあ、とも思うのです。
    そういう意味でも私とPerfumeのめぐり合いの仕方は、それまでのいろいろなアーティストの時とは
    少し違う新しいかたち、新しい楽しみ方を与えてくれたなあ、とも思います。

  6. ゆりこ | URL | -

    こんにちは

    ありがとうございます!
    見たことのない記事でした!

    ぴあ、一時まめに読んでました。
    三代目魚武濱田成夫の連載を目当てに・・・

    ネットを便利に使っておいてなんだけど、紙媒体が減っていくのは寂しいですね。
    雑誌はたくさんは買えないけど、本と漫画はなるべく買います。お金使います。

  7. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    そうですね~。ボクも社会人になってからはほとんど買わなくなってしまいました。
    仕事が忙しいというのを言い訳に、映画や美術から遠のいてしまったんですね。
    やがてネットというものが現れ、瞬時に情報を得られる時代になり、
    そんな時に出会ったのがPerfumeでした。
    昔と大きく違うのは、チョービギナーさんもおっしゃっているように、
    ブログやツイッターなどで楽しみを共有できるところですね。
    そういったものが好きなものを、より増幅しているんだと思います。

    だって、ブログ始めていなければチョービギナーさんと、
    お会いする事は、一生なかったと思いますよ(^_^)v

  8. ロボトリア | URL | -

    >ゆりこさん

    コメントありがとうございます。

    >三代目魚武濱田成夫の連載を目当てに・・・

    あ~、何となく覚えています。2~3年前まで会社に毎号届いていたんですけどね。
    いつの間にか無くなってしまいました。
    ボクは大槻ケンジさんのコラムを楽しみにしていました。
    後はパフュファンでも知られるダイノジさんもコーナーを持ってましたね。

    情報系雑誌はネットにはどうしてもかなわないですね。
    でも、漫画や本はたしかに手に取って読みたいものです。

  9. セラミックおじさん | URL | -

    楽しく読ませていただきましたヨ

    大阪でも 関西版ぴあ ってあったような気がします。
    ただ、関東版はとても分厚くて羨ましかった。
    演劇なんかの掲載量も全然違いましたもの~
    北海道に来てからは、これといった面白い雑誌もなく…雑誌を買う習慣もなくなってしまいました
    (今ではテレビブロスが楽しみで仕方ないですが(^_^))

  10. ロボトリア | URL | -

    >セラミックおじさんさん

    コメントありがとうございます。

    楽しんでいただけて何よりです(^^)
    関西版はやはり薄いんですか。様々な文化施設が東京に集中してしまっている現状ですと
    そうなってしまいますね。

    >北海道に来てからは、これといった面白い雑誌もなく…雑誌を買う習慣もなくなってしまいました

    え?北海道でも雑誌は同じように売ってますよね(;^_^
    雑誌を読む以外の楽しみを見つけられたのでは?(笑)
    TVブロスもかなり歴史のある雑誌ですよね。存続しているのは独自性があるからかも(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/385-765c6fe3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。