--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テクノカットとPerfume

2011年06月14日 21:02

前記事「髪を切る」の続きというわけではありませんが・・・(^_^)


ソリステ

テクノカットとは・・・
もみあげを鋭角に剃り整え、襟足を刈り上げた髪型である。1980年代に流行した。
~Wikipediaより
日本ではやはりYMOが最初であろう。
当時、一世を風靡したテクノカットがいちばんカッコ良かったのはやはりYMOであるし、
YMOの中でも特に坂本龍一がいちばん良く似合っていたと思う。

テクノ坂本

Wikipediaによるとテクノカットは当時YMOのヘアメイクを担当していた本多三記夫の
考案によるヘアスタイルとあるが、ボクの記憶では幸宏さんか教授が、
「北京交響楽団のLPのキレイに刈り上げられた頭で演奏している楽団員の写真に影響を受けた」と
言っていたように思う。おそらく両方だろう。

当時は中国や、ソビエト等、共産圏に対して、
イデオロギーとしてではない、幻想としての憧れがあったように思う。
情報の無さゆえの妄想が膨らむのである。
ロシア構成主義や、中国的メロディを取り入れたりするのもその一例であろう。


テクノカットは世間的にも大流行した。
ボクはもみあげの剃った跡が青くなってしまうのがイヤだったのでやらなかったが、
中学、高校等でマネするやつはたくさんいた。

テクノカットは学校側を困惑させた。
それまで、学校側、つまり体制に反抗する不良のスタイルといえば、
長髪が当たり前。服装もだらしなければ、だらしない程よしとされた。

ところがテクノカットはそれまで真面目くんの代名詞であったカリアゲをも取り入れていた。
襟足すっきり、学ランもYMOの人民服よろしく上のボタンまでキッチリ留めていた。
一見真面目な生徒そのものの風体だが、その実彼らは、非常に生意気で、
物事すべて疑ってかかり、斜に構え、一筋縄ではいかない過激な思想の持ち主だったのである。
(相当穿った見方ではあります 笑)

これまで「ロックだぜ!」的世界には、今ひとつ馴染めなかった比較的温厚な人たち。
でもどこか人とは違う表現のはけ口を求めていた、ひねくれた層にテクノは受けた。

これには学校側も手を焼いたと思う。
中にはテクノカット禁止令を敢行した学校もあるという。
なんとも滑稽な話ではある。
長髪は不衛生でだらしない、よって禁止とする。ならわからないではないが、
この上なく清潔で、きっちりとした身なりのものを禁止するとはどういう事であろうか。
結局、学校側は異質なものを排除したいだけではないだろうか。
この発想はまるで旧共産圏そのものではないか。
憧れとしての共産圏から着想されたテクノカットが、
その標的にされたのはなんとも皮肉な事ではある(笑)


話が横道に逸れたが、テクノの表現としての面白味は、
テクノカットなどファッションにも現れているように、「抑制」にあると思う。

人民服のような制服を着る。
ステージでは派手なアクションはせず、あえて直立不動とする。
基本、無表情である。
ヴォコーダーなどで声の抑揚を抑える。

要するに「人間的」とされるものをすべて排除した。

そして、その隙間を縫って、どうしても溢れ出てしまうヒューマニティ。
それこそが真実であるという逆説。


まるで目の細かな濾し布から漏れ出す、
純度の高い菜種油のように・・・


雑味のないクリエイティビティ。
それこそがテクノの醍醐味ではないだろうか。


中田ヤスタカはPerfumeにおいて、そのテクノの枠組みを取り入れた。
「感情を込めるな」
「ささやくように」
表現を抑えたヴォーカルはオートチューンによって更に平板にされた。

果たしてその効果は絶大であった。

もとより、天使のように無垢で美しい声の持ち主であるPerfumeの3人である。
目の細かな濾し布から漏れ出す純度の高いその歌声が、心に響かないはずはない。

さらにPerfumeは「抑制」をダンスパフォーマンスによって
「解放」させる事に成功した、世界で初めてのテクノポップユニットである。

これはいままでありそうでなかった形態である。
テクノ、アイドル、ダンスパフォーマンス。
それらを橋渡しするきっかけが、今まではなかった。

売れないアイドルを売り出すための苦肉の策が結果として、
とんでもないものを産み出してしまった・・・


テクノの洗礼を受けたボクたちが夢中になる秘密はそこにあると思うのだ。



以上、一テクノポップファンによる個人的Perfume論でした(^^)





「というわけで、君もテクノカットにしてみないか!」
春日テクノ



「すっこんれろ! ピンクテクノ!」
怒ったのっち





お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. mtst | URL | WU..WH7.

    テクノカット

    その言葉を知ったのは中学生になってからでした。
    髪型うんぬんよりも、サイドを刈り上げてもみあげを剃ってしまう事をそう呼んでいた記憶があります。
    でも僕らの場合はYMOというよりはチェッカーズの影響だったかも。
    今考えればテクノと何の関係もない…

    剃ったもみあげの手入れが大変でした(遠い目)

  2. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    コメントありがとうございます。

    チェッカーズのヘアスタイルもYMOと同じく本多三記夫さんですよ(^^)
    その他チェックの衣装などビジュアル面でもアートディレクターの奥村靫正さんなど、
    YMOのスタッフ陣がそのまま初期チェッカーズのビジュアルイメージを作ったのです。

    当時は床屋でもモミアゲを剃るかどうか聞かれましたね(また床屋ネタ 笑)

  3. チョービギナー | URL | h7JsBsjs

    私がテクノカットにしたのは80年の6月くらい。

    それまではサイドや後ろの髪が肩につく位の「ロン毛」でしたから。
    (雰囲気として多分近いのはストーンズの「ロン・ウッド」みたいなカンジ:笑)
    それが大学2年の夏前に「バッサリ」といきました。YMOの影響、というよりは当時夢中になって
    聴き始めた「ニューウエイブ系」の音楽の影響、といった方が正しいかも。
    何だか急に自分の頭がムサいと感じた。そうか、「テクノカット」って手もあるな、そう思いついたら
    即、実行でした。ロン毛からいきなりモミアゲなし、カリ上げの「ツルツル、ザラザラ」の皮膚感覚は
    かなりショッキングな出来事だったことを覚えてます。
    それから急にポロシャツのボタンを全部上まではめ出したり、ローファーに真っ赤な靴下を合わせだしたり(笑)。
    最後は今はなき渋谷パルコPart-2の「Bricks-MONO」詣ででした。

    その翌年にリリースされたユキヒロさんの「ニウロマンティック」もそれにつぐ衝撃でした。
    「あ、テクノを止め始めてる!」そこから前回の記事の美容室に行きあたったという訳です。

    ハイ。私もその通りだと思います。「抑制と均一化」の中から漏れ出す、「個性」や「クセ」。
    それこそが「テクノ」の醍醐味に他ならないと常々感じています。
    (でも「ぴーんくテクノ」、の彼を見て、一度もテクノだと思ったことないなー。:笑)

  4. runrun1006 | URL | v8QjPvAY

    ぴーんくテクノ!

    へっ!(春日のマネ)
    私も昔ですが、テクノカットとは知らずにやってました~ヽ(´∇`)ノ
    住んでいた田舎では違う呼び方をしていたので、それがテクノカットと気付くのはしばらく後のことになります。
    抑制という足枷をしつつも溢れ出る個性、これまた難しいですね(^▽^;)でもそういった中で奇跡的に生まれる純度の高いものが、YMOであったんですね。だからこそ、今でも色褪せないんだろうなぁ。

  5. ちゃか | URL | -

    きゃ~すがっΣ

    絶対春日のこと来るだろうと思って読んでたら案の定オチでしたwww

    ヴォコーダーの声が苦手な友人などからは、「あんな声、人間味がない」「ロボットみたいでいや」とか言われるときもありますが、ystk様の作る音楽はバッキバキでも人間味がありますよね。というか、音から感情とかを消し去ろうとしてるけど、逆にあふれている感じ。これは、ほかの方が作った電子音楽と聞き比べたらすぐにわかります。まず、耳あたりが違う。音が固いのに、とがってるのに暖かい。その感覚に病み付きになって、capsuleにもPerfumeにもMEGちゃんにもはまっちゃうんですよね^^
    ロボッチさんの、「Perfumeは「抑制」をダンスパフォーマンスによって「解放」させる事に成功した、世界で初めてのテクノポップユニットだ」というとこを読んで激しく同意でした!! 今までテクノに踊りをつけようなんて誰もやってなかったですからね、ディスコ音楽でもないのに。直立不動でロボットのように口だけを動かして歌うというテクノの概念を突き破ったんですもんね。なんだろう…ほんと、書くと長くなっちゃうので自重しますが、Perfumeは本人たちの声、無機質な音楽をやりながらもとても情に厚い性格というギャップ、MIKIKO先生の振り付け、ystkサウンドなどなどがぴったり合わさって、Perfumeのパフォーマンスは「チームPerfumeの総合芸術」といえるレベルではないでしょうか?もしも日本の音楽シーンにもっと電子音やヴォコーダーがあふれるようになり、アイドルがテクノばかりを歌う時が来たとしても、もうPerfume以上のモノは生まれないと私は思います。
    …ってああ!!熱くなってしまいました^^;これだからPerfumeとかテクノについてを語ったらいけないんですよねwwwww

  6. リニアモーターボーイ | URL | mggyZOgk

    > 一見真面目な生徒そのものの風体だが、その実彼らは、非常に生意気で、
    物事すべて疑ってかかり、斜に構え、一筋縄ではいかない過激な思想の持ち主だったのである。

    正にそのとおりでして。僕の人格形成の一端を担っているのも彼らです。
    一生この性格は直らないでしょう。だからPerfumeさんに癒されるのでしょうね。

    テクノバイブルの冊子中にある、著名人のコメントに僕がリスペクトする
    今井寿氏がこう書いています。

    「僕がこんな人間になったのはYMOのせいです」  禿同です。(笑)

  7. きなこ | URL | -

    のっち・・

    そんなににらまないで♪(でもカワイイ)
    この題名を読んだとき、
    3人のテクノカット姿の画像が見れるんだと思ってました。
    それはーさすがに深読みしすぎましたね(^^ゞ
    スイマセン。

    熱いですね~
    リアルタイム世代の説得力抜群ですね。
    なんだかPerfumeがとってもよくって自分でも良くわからないけど
    はまっちゃうのは、ソコなんですね!
    あの機械処理された声であっても、
    ああも魅力的になるのは唯一無二って感じ。
    たんじゅんに、好き!です。はい。

    テクノカット禁止令なんて出たところあるんですね?
    もーむちゃくちゃですね。
    要は「ハヤリモノ」「今旬なもの」
    は、だめってことね、大人って怖いですねー

    ちなみにですね、
    私のときはローラースケートとスケボー禁止令が出ましたよ(笑)
    アイドルにしろ音楽って影響力ありましたよね。

  8. かほリン | URL | -

    いきなり懐かしい画像が…(笑)

    テクノカットかぁ…。あまり男性の髪型に興味がなかったせいか自分の周りで見かけなかったせいか、関心が薄かったかも^^;

    >売れないアイドルを売り出すための苦肉の策が結果として、
    とんでもないものを産み出してしまった・・・

    Perfumeを熱く語るエコノミスト、小幡績先生の「パフューム窯変理論」を思い出しました。
    ホントに、偶然とも運命的とも思える出会いの数々から生み出された、奇跡のユニットなんだなと。

  9. JOH-T | URL | grtSt.jg

    なつかしいなぁ

    当時中学生だった私は、床屋で「テクノカットにしてください」とはなかなか言えず、「もみあげはどうしますか?」と聞かれてはじめて「切っちゃってください」と言ってしまったのでした。
    確かに禁止されていたような気がします。

    そんな私も一応、ひねくれた層の一人なんですかね。流行ものなんかに絶対にはまらないゾ、なんていいながらYMOにはまっていました。

  10. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    チョービギナーさんのロン毛、想像できませ~ん(笑)
    また伸ばしてみては? ウサTがもっと似合うかも(^^)

    >それから急にポロシャツのボタンを全部上まではめ出したり、ローファーに真っ赤な靴下を合わせだしたり(笑)。
    >最後は今はなき渋谷パルコPart-2の「Bricks-MONO」詣ででした。

    完全に影響されまくってますね(笑)
    「Bricks-MONO」ボクも行きました~。
    店内には「Extra-Ordinary」が流れててすごく合ってました。
    しかし田舎の高校生には敷居が高かったです。それでも13000円くらいのシャツ買ったな~。
    それを着て幸宏さんのライブに行ったのはいい思い出です。

  11. ロボトリア | URL | -

    >runrun1006さん

    コメントありがとうございます。

    >住んでいた田舎では違う呼び方をしていたので、それがテクノカットと気付くのはしばらく後のことになります。

    違う呼び方? モミアゲパッツンカットとかでしょうか?(笑)

    >だからこそ、今でも色褪せないんだろうなぁ。

    そうですね。またアメリカでライブもやるみたいですし、ベスト盤もリリースされたりして
    今も活動してくれているのを見ると元気が湧いてきます(^^)

  12. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    >正にそのとおりでして。僕の人格形成の一端を担っているのも彼らです。

    ボクもYMOに出会ったのはいちばん多感な年齢でもあったので、
    影響は余計に大きかったと思います。
    自分の中の価値観の基準を作ってしまいました。
    BUCK-TICKの今井寿さんをはじめ、YMOの影響を受けた人は数えきれませんね(^^)

  13. ロボトリア | URL | -

    Re: のっち・・

    コメントありがとうございます。

    >この題名を読んだとき、
    >3人のテクノカット姿の画像が見れるんだと思ってました。

    いやー、そんな高等技術はボクは持ってません(笑)
    出来たとしても、きっと似合わないと思いますよ。
    ・・・似合うのは、のっちくらい?(笑)

    >たんじゅんに、好き!です。はい。

    ええ、それがいちばんです。
    いろいろ理屈をこねて遊んでるだけなんです(^^)

    >ちなみにですね、
    私のときはローラースケートとスケボー禁止令が出ましたよ(笑)

    それは、光なんとかの影響でしょうか。危ないから?
    今は、子どもが履いてるスニーカーにローラーがついてるやつが危ないと思います。

  14. ロボトリア | URL | -

    >かほリンさん

    コメントありがとうございます。

    懐かしいですよね、「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」。
    ボクはずっと継続して聴き続けてきたので、あまり懐かしい気は、実はしないんですよね。

    >Perfumeを熱く語るエコノミスト、小幡績先生の「パフューム窯変理論」を思い出しました。
    >ホントに、偶然とも運命的とも思える出会いの数々から生み出された、奇跡のユニットなんだなと。

    ラジオで語ってましたね(^^) おもわず「窯変」ということばググっちゃいました(笑)
    意図的には出来ない傑作という意味では、うまいこと言ったと思います(上から)

  15. ロボトリア | URL | -

    >JOH-Tさん

    コメントありがとうございます。

    テクノカットは、はじめは一部の変わり者の人がやってる髪型でしたが、
    しだいに男性アイドル歌手の人もやるようになり、一気に全国の人に広まりましたね。

    >そんな私も一応、ひねくれた層の一人なんですかね。流行ものなんかに絶対にはまらないゾ、なんていいながらYMOにはまっていました。

    ひねくれた人ほど深くハマる仕組みみたいです(^^)

  16. ロボトリア | URL | -

    >ちゃかさん

    コメントありがとうございます。

    順番が前後してしまい申し訳ないです。
    実は一度返信したんです。でもなぜか反映されておらずとてもショックです(T_T)
    なのでもう一度書きます(笑)

    >ystk様の作る音楽はバッキバキでも人間味がありますよね。というか、音から感情とかを消し去ろうとしてるけど、逆にあふれている感じ。これは、ほかの方が作った電子音楽と聞き比べたらすぐにわかります。まず、耳あたりが違う。音が固いのに、とがってるのに暖かい。その感覚に病み付きになって、capsuleにもPerfumeにもMEGちゃんにもはまっちゃうんですよね^^

    ちゃかさんも認識しているように、これはもう今さらボクがくどくど説明するような事でも
    ないと思いますが、テクノポップには昔も今もそういう面白さがあるなあと、
    あらためて思いましたので(;^_^

    >ロボッチさんの、「Perfumeは「抑制」をダンスパフォーマンスによって「解放」させる事に成功した、世界で初めてのテクノポップユニットだ」というとこを読んで激しく同意でした!!

    ありがとうございます(^^) Perfumeは更に「カワイイ」要素も取り入れて、
    テクノにありがちな「頭でっかち」なイメージを払拭することにも成功していると思います。

    チームとして総合芸術をつくりだしているテクノユニットも、珍しい存在ですね。

  17. RM-2 | URL | EIARM17s

    私もやってました(^^)

    テクノカット。 ロボ様の考察通り「ひねくれた層」の「不良のスタイル」だったと思います。
    私の周りは 思想 というより ファッション のくくりでやっていたように記憶してます。
    部屋にウォーホルとか飾りつつ、浅田彰とかニューアカと言われる人の本読んでるみたいな (苦笑)
    で、何故か黒ぶちのだてメガネかけて、部屋にはシンセとテクノデリックのポスターがありがち。(;^_^

    でもまさか、今また “テクノ系” にこんなにハマるとは!!  しかもキュートな女の子3人組って。
    (注:スターボーではありません)
    Perfumeのスタイルは「苦肉の策」の産物かもしれませんが、現在では総合的に完成度高しです。
    このまま突き進んで、世界が認めるような展開になってほしいですね。

  18. ロボトリア | URL | -

    >RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    >部屋にウォーホルとか飾りつつ、浅田彰とかニューアカと言われる人の本読んでるみたいな (苦笑)

    ウォーホルのカレンダー飾ってました(笑) 中沢新一、柄谷行人、吉本隆明とかも
    キーワードでしたね。ああ、なんて生意気なんだろう(苦笑)

    >(注:スターボーではありません)

    細野さんが手がけたテクノユニットだったんですけどね~。
    イモ欽トリオの方が成功しましたね(^^)
    やはり、本人たちのキャラクターも大事なんだという事でしょうか。

    >このまま突き進んで、世界が認めるような展開になってほしいですね。

    いやー、もうすぐ近づいてますよ(^^)

  19. 青猫のトルソ | URL | 4MaVuF3U

    時代遅れな中学生

    クラフトワーク、YMO、最近はAphexTwin、Squarepusherなどを異常なほど聞いている現在中学生のクソガキです。
    テクノカットには前々から憧れてはいたのだけれども自分には似合わないだろうとやっていなかったのだけれども、この間美容室にいったときになんとなく切ってもらいました。坂本龍一の写真を見せてね。美容師さんには流行ってるの?と聞かれました…。
    実際に切ってもらうとなかなかよかったのだけれども…。
    テクノカット クラフトワークで検索するとこの記事が出てきたので。。なかなかいい記事ですね。
    ちなみに自分はもちろん第一ボタンまできっちりはめてます。

  20. ロボトリア | URL | -

    >青猫のトルソさん

    コメントありがとうございます。

    現役の中学生の方がそのような音楽を聴き、
    またテクノカットまでされたとのことで、とても頼もしい気持ちでいっぱいです。
    時代はどうあれ、良いものは良いですから、そのままご自分の感性に自信を持って、
    聴き続けてくださいね。

    第一ボタンをはめたままで…(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/364-98a844c8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。