--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たどり着いた先は「空洞」だった。「ゆらゆら帝国」

2010年05月16日 11:20

空洞です
日本を代表するサイケデリック・ロックバンド
ゆらゆら帝国をボクが認識したのは、とても遅くて
2007年にアルバム『空洞です』が発売された頃でした。

そのバンド名とアルバムタイトル名が気になり、
店頭で視聴してみました。
しかし、「う~ん、すごく単調だ……」と思い、
スルーしてしまいました。
その後、ボクの好きなバンドBOOM BOOM SATELLITESが
日比谷野音でゆらゆら帝国と対バンした際に、
BOOM BOOM SATELLITESの中野くんが公式ウェブサイト内で、その時の感想として、
「昔からファンだったけど、まだまだ全然かなわない……」みたいなことを、
打ちのめされた敗北感として語っており、再び興味を持ちました。

そして2008年にリミックスアルバム『REMIX 2005-2008』が発売になり視聴したところ、
一発でツボにはまり、即、購入しました。
単純なボクは、目先の音色の面白さにどうしてもハマってしまうんですよね(´⊆`*)ゞ
でも『空洞です』は初心者にはハードルが高過ぎますよ。

それからは、さかのぼってメジャーデビュー後のアルバムはコンプリートしました。
そしてやっと『空洞です』の底知れぬ凄さに気づいたのです。

ご存知のとおりゆらゆら帝国は今年の3月をもって、突如解散してしまいました。

ファンになったばかりで、これからの活動を固唾を飲んで楽しみにしていたので、
とても残念で、驚きました。
ライブでは新曲も何曲か披露していたので、全く予想できませんでした。

しかし、公式サイトに載せられたメッセージを読むと、納得せざるを得ませんでした。
つねに変化を続け、同じ手法で音楽を創ることをよしとしないその姿勢は、
『空洞です』以上のものはできないと判断したのでしょう。
考えてみれば当然です。突き詰めに突き詰め、
到達点はついに何もない「空洞」だったのですから。これより先は、ないのです。

『空洞です』の曲のタイトルを見てください。
おはようまだやろう/できない/あえて抵抗しない/やさしい動物/まだ生きている/
なんとなく夢を (Album Version)/美しい (Album Version)/学校へ行ってきます/
ひとりぼっちの人工衛星/空洞です

最高ですね。脱力の極みです。
スポーツや格闘技でもいかに脱力ができるか、それが鍵といわれています。

中心人物の坂本慎太郎をはじめ、メンバーがこれから形をかえて、
どうのような活動を再開するのか楽しみでなりません。





にほんブログ村人気ブログランキングFC2 Blog Rankingに登録しています。
ご協力おねがいしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/35-2c5ffc29
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。