--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空手道ビジネスマンコース@亀戸支部~第4話

2011年03月10日 20:45

つづきです。
第1話は→コチラ
第2話は→コチラ
第3話は→コチラ




道場に通い始めて、ひと月が過ぎた。
最初は激しい筋肉痛に悩まされたが、徐々に体も慣れて来た。
亀戸支部のビジネスマンコースは月火土の週3回、夜7時から9時までだ。
来る人間は様々だ。
普通のサラリーマン、OL、公務員、自営業、教師、
リタイヤ組の年配の方や、徹夜続きの仕事の合間をぬって通う人もいる。
ストレス解消目的の人、大会を目指してハードな練習を積む人、それぞれである。

空手道場に通う人間は大きく分けて2種類だ。
格闘技が大好きで見るだけでは飽き足らず、やる側に来る人。
もうひとつは、弱い自分から少しでも脱皮したい。
空手を身につけることによって、仕事や人生に少しでも自信をつけたいと願う人たちだ。

敏夫の場合はどうであろうか。
心奪われた女性指導員がきっかけというのは極めて軟弱だが、交際したいとかデートしたいとか、
そういう事ではなかった。もちろんデートに誘われれば断る理由はないが・・・

今では、理由はどうでもいいように思えた。

普段知り合う機会の無い異業種の人たち、なんのしがらみもない人たちと、
空手の上達という単純な目的を共有し、汗を流すのが爽快だった。



その日、敏夫は亀戸道場の最寄り駅のひとつ手前、錦糸町駅で降りて、
道場まで歩くことにした。少しでも基礎体力をつけたかったのだ。
駅を出てしばらく歩くと、パチンコ屋や風俗店のひしめく薄暗い通りに迷い込んだ。
方角は合っているはずだ。早く通りすぎてしまおうと敏夫は足を速めた。

すると向こうから、3人の若い男がフラフラと近づいて来た。
ラフというにはだらしなさ過ぎるファッション。金髪。日サロ焼け。
ひとりは鼻にピアスを開けている。ひとりは眉毛がない。
ひとりは腕からタトゥーがのぞいている。

「おじさんさあ、悪いけどボクたちに金貸してくれないかな?」

(うわー、来たよこれ。親父狩りだよ。どーしよー)

習い始めてひと月の空手で撃退するには、あまりにハードルが高かった。
3人とも敏夫よりも背は高く、が体もいい。おまけに筋骨隆々だ。

(交渉は不可能とみた。ここはダッシュで逃げるべし!)

後ろに振り返ると、すでにひとりが回り込み、逃げ場をふさいでいた。

「金、持ってんだろー、おっさん。ここは穏便にいこうぜ」

金を渡したところでタダで済みそうにない。

(玉砕覚悟で行くしかないのか~、勘弁してくれ~、怖いよ~)

「やめなさいよ!」

少し鼻にかかったかわいい女の子の声がした。

(子ども?)

声の方向を見ると、ちょうど彩子先生と同じくらいの年格好の女が立っていた。
ストレートロングの黒髪がサラサラと風になびく。
前髪をまっすぐに切りそろえている。
ベージュのトレンチコートのポケットに手をつっこみ、
下はグレーのミニスカートに黒のブーツ。
すらりと引き締まった足を肩幅に広げ、大きなスポーツバッグを肩にかけている。

大股でこちらに近づいて来た。

「あ? なんだお前? 空気読んでくれよ。こっちは今お取り込み中なんだよ。
それとも、オレらと遊ぶか? かわいい顔してんじゃねーか。なー、デートしようぜ」

不用意に女に近づいたのは、男の大失敗だった。
男が女に近づいた時、女のかかとはすでに男の頭上だった。
垂直に天をつく脚。

ガコッ!

ブーツのかかとが男の脳天を見舞った。

(踵落とし!)

「って~~~! こんの、あまっ」

パンチを繰り出す男。
女は素早く体をスライドさせ、男の肩口を引っ張り込んだ。
自分の勢いで男はゴミ捨て場に飛び込んでいった。

「このやろ~」

もうひとりの男が襲いかかろうとする。
女は奥にいる男にスポーツバッグを投げつけると、スッと身をかがめる。
手のひらを軸にした地を這うような回し蹴りで、目の前の男の軸足を刈った。
グルンと男の体が宙に舞い、頭がアスファルトにぶつかるその瞬間、

パシッ。

女が手でガードした。

「ひ~~」

もはや、男たちに戦意はなかった。

「お、おぼえてやがれ」

あまりにもベタな捨て台詞を吐いて、男たちは去って行った。

「あの~(な、何者なんだ・・・)えーと・・・」

汚れた手のひらをパンパンとはらう女。何事も無かったかのようなたたずまいだ。

「あ、大丈夫でしたか? わたし、ああいうの許せないんですよね。
努力もしないで、お金をむしり取ろうなんて・・・しかも大勢で。最低ですよね。
はぁ~、ぉ腹すいたー。あ、いけない! 練習の前に腹ごしらえしとかなきゃ。じゃ、さよなら!」

アニメの主人公のような声で一方的にまくしたて、
彼女は小走りで去っていってしまった。

「は~~~」

敏夫は深いため息をつき、気をとりなおしてトボトボと歩き始めた。

………


「それでは始めま~す!」

彩子の快活な声が道場に響く。

「え~と、始める前に、今日から新しい仲間が加わるので紹介します。
美香ちゃん、ちょっと前に出て来て」

「え~、ちょっと恥ずかしいよぉ」

「いいから、照れない照れない」

「ほ~い」

肩をすくめながら渋々前に出て来た女性を見て、敏夫は目を丸くした。

「あっ、さっきの!」

女性は特徴のある例の声で挨拶を始めた。

「皆さん、初めまして。今日、ニューヨーク支部から帰国しました樫野美香といいます。
日本ではここ亀戸支部でお世話になります。えっとぉ、とにかく頑張りたいと思います。
美香です。よろしくね♡」

「お~~~」

なぜか歓声が湧きあがった。
道場生たちは拍手で美香を迎えた。



(つづく)




明日は亀戸支部は多分お休みです。
ちと小休止(;^_^A






勝手にエンディング・テーマ(笑)






お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. おとわしゅな | URL | QFk3YRjk

    カッコイイ~

    っていうベタな感想でスミマセン(^^;
    でも、美香ちゃんの登場シーンは香港映画などのテンポいいアクションシーンか
    最近のハリウッド映画の360度ぐるぐる廻る?シーンを連想してニヤけてしまいました。
    勿論美香ちゃんの格好がモロにアレでナニだったからですが(笑
    絵にしたくなっちゃいますねw

    それにしてもロボッチさん、黒帯までいったんですか!
    今回はそれが一番カッコイイかも知れませんwww

  2. poncho | URL | -

    え~

    明日はないの~

  3. ロボトリア | URL | -

    > おとわしゅなさん

    コメントありがとうございます。

    カッコイイという感想、嬉しいですよ!
    カッコイイ有香美香ちゃんを追求しましたから(^^)
    是非絵にしたところを見たいですね~。
    それができるのは、しゅなさんだけ(笑)

    黒帯は続けていれば誰でも取れます。でも続けるのもけっこうキツいです(^^)

  4. ロボトリア | URL | -

    > ponchoさん

    相変わらず切れ味するどい日本刀のようなコメントありがとうございます(笑)
    少々お待ちくださいね。
    期待していただき嬉しいです(*^^*)

  5. パフュ男 | URL | -

    美香ちゃん登場

    ということは…。 この先、どうなるのでしょう? 期待しております。(笑)

  6. runrun1006 | URL | v8QjPvAY

    ある程度

    ロボトリアさんの中でストーリーが作られていたのではないかと思えるほどのストーリー展開ですね。第一回で見切り発車と書いていたことがちょっと信じられないくらい(笑)
    ユカチャン美香ちゃん登場ですか~(* ̄∇ ̄*) 僕の嫁はいつ出ますか?

  7. ロボトリア | URL | -

    > パフュ男さん

    コメントありがとうございます。

    どうなるのでしょうか? ムフフー ご期待ください(^^)/

  8. JOH-T | URL | eT.d39bM

    美香ちゃん登場!

    いやぁ、カッコいいー
    格好良すぎで、涙が出てきました。
    予定調和な展開なんだけど、テンポのいい書きっぷりが痛快です。

    >はぁ~、ぉ腹すいたー
    ここも見逃しませんでしたよ。芸が細かいですね。

    >アニメの主人公のような声で
    ここ、ツボでした(笑)

    のってきましたね。次はどういう展開になるのでしょうか。

  9. ロボトリア | URL | -

    > runrun1006さん

    コメントありがとうございます。

    第1話を書いた後に一生懸命ストーリーを考えました。
    まだ模索中です。胃が痛くなります。小説家って凄いなと思います(笑)
    お嫁さんももうすぐ登場すると思いますよ(^^)

  10. ロボトリア | URL | -

    > JOH-Tさん

    コメントありがとうございます。

    涙でました? 嬉しいですね。
    ベタな展開ほど感情移入しやすいですね。水戸黄門と一緒です(笑)
    「ぉ」に気付いてくれてありがとうございます。一度アップしてから修正しました。
    そこは「ぉ」だろうと!(笑)

  11. ちゃか | URL | -

    !!

    こんばんは~^^
    今日もよかったです~!!
    ホント、その場で見ているように
    情景が浮かんできますよv-411
    かわいくて実はめちゃめちゃ強いとこが
    ゆかちゃんのイメージにぴったりですねぇ
    服装も、ねぇのPVのNBBのものがモチーフですか?

    更新ゆっくりでいいですからね^^∩
    無理なさらずに、いいアイデアが浮かんだら
    また続き書いてくださいね・ω・ノシ

  12. fu-tenno1988 | URL | -

    ちょっと見逃した間に、話が進んでいました・・本当に文章が、お上手です。
    perfumeの二人・・、いや彩子と美香さん(笑)が頭の中で、イキイキ動いています。体に気を付けつつ書いてくださいー

    >お、もしかしてご近所さんかも(^^)
    どこかで会っているかもしれないですねー。
    電車内に、パッツンショートで、花粉症っぽい人がいれば、それは私です(笑

  13. ぷなしめじ | URL | NXXK8szM

    美香さんの登場に

    キターとにんまりしてしまいました(笑)
    トレンチコートを着て、柔をもって剛を制すような戦いぶりが
    例のあの子のイメージにぴったりで拍手!!

  14. 神戸の空 | URL | -

    ロボッチさん、地震大丈夫でしょうか?

    パフュ・ブロガーさんお中には何時間もかけて徒歩で帰られた方もいらっしゃるようで...。
    ロボッチさんは大丈夫でしたか?

  15. mtst | URL | -

    ご無事ですか?

    大丈夫ですか?
    心配です。

  16. ロボトリア | URL | -

    >ちゃかさん

    コメントありがとうございます。

    お楽しみいただましたか。
    かっこかわいいゆかちゃんのイメージで考えてみました。(^^)

    >更新ゆっくりでいいですからね^^∩
    無理なさらずに、いいアイデアが浮かんだら
    また続き書いてくださいね・ω・ノシ

    ありがとうございます。マイペースでいかせてもらいますね(^^)/

  17. ロボトリア | URL | -

    >fu-tenno1988さん

    コメントありがとうございます。

    >頭の中で、イキイキ動いています。

    お~。そう言ってもらえると嬉しいです~。存分に動かしてやってくださいまし(笑)

    >体に気を付けつつ書いてくださいー

    う~、そういう言葉に弱いです。ありがたいです。

    >電車内に、パッツンショートで、花粉症っぽい人がいれば、それは私です(笑

    そうですか~。では来を付けてみますね(^^)
    でも総武線、普段はあまり乗らないです。(ギャフン)

  18. ロボトリア | URL | -

    >ぷなしめじさん

    コメントありがとうございます。

    イメージに合ってましたでしょうか。
    かっこいいゆかちゃんに活躍してもらいました(^^)

  19. ロボトリア | URL | -

    >神戸の空さん

    ご心配ありがとうございます。
    お気遣いが心に染みます。
    次エントリーにあるように無事に帰ってまいりました(^^)/

  20. ロボトリア | URL | -

    >mtstさん

    ご心配おかけしました。
    疲労困憊ですぐに更新できませんでした。
    日頃から歩く事をおすすめします(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/302-531996c3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。