『YMO BOOK/OMIYAGE』を今、見てみる

2010年04月11日 20:08

OMIYAGE表紙

YMO人気絶頂期に発売された、
現在入手困難な写真集『OMIYAGE』を棚の奥から引っぱりだし、
ちょこっと見てみようのコーナーです。

第1回目は細野晴臣ロングインタビューのなかの言葉から抜粋。


細野 ぼくがそれまでにやっていたようなエキゾチックな
音楽を、もっとみんなが受け入れられるような
ポップな形でやるにはどうしたらいいのかというのが、
基本的発想で、コンピューターを使うことによって、
その可能性が大きく広がったのがYMOの音楽です。

今、地球上全体に否定的な予感がただよっているけれど、
それをくつがえすような新しいパワーがつまった音楽をつくりたいですね。

今は、エネルギーはつまっているけれど、頭の中は混沌としている。
これから先のことはまったくわかっていないような状態です。




約30年前の細野さんのお言葉です。
何やら現代の世相とリンクするキーワードが、
いろいろありますね。
閉塞感に満ちた現代ですが、
30年前からそれほど変わってはいないのでしょうか?
妙に勇気づけられる感じもします。(^^)
しかし、たえず地球規模で音楽を発想する細野さん
すごすぎます。


OMIYAGE細野


ブログランキング にほんブログ村に登録しています。
ご協力おねがいしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ







コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/3-e3bbaa2c
    この記事へのトラックバック