--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfumeの曲名

2011年02月04日 21:00

Perfumeのシングルって、毎回、タイトルがアレですよね。
その、つまり・・・

ダサいですよね!(言っちゃった)

ちょっと振り返ってみます。

「ポリリズム」。
これはいいですよね。
音楽用語と知らなくてもなんかカッコイイです。
むしろ知らない方がイメージが膨らんでいいくらいです。

その次は「Baby cruising Love」。
ん? 赤ちゃん、愛の航海? なんか意味わかんないけど、
雰囲気よさげ!(笑)

で、両A面で「マカロニ」。
なんでマカロニなんだろう?
ぐつぐつ溶けるスープか、なるほど!ってマカロニと言えばグラタンだよな~(笑)

次は、「love the world」ですか。
可愛い路線で来ましたね。Lを小文字にするあたり、いつものコダワリですね。
これはオシャレでいいんじゃないでしょうか。ちょっとオジサン恥ずかしいけど・・・

そして、次は「Dream Fighter」。
なんてストレートな! ドリームファイターって・・・
これまでPerfumeとは無縁と思ってたベタな「熱血」のようなものを取り入れてきました。
格闘系ゲームソフトのタイトルみたいですね。
ドリフって略す人もいましたね。

そして2009年唯一のシングル、「ワンルーム・ディスコ」。
locksで発表されたんですけど、耳を疑いましたね。
はぁ???って。
何故にワンルーム?
最初冗談かと思いました。
「な~んて、本当のタイトルは・・・」って感じで続くのかと。
でも、本当だったんです。
今までに間取りの種類を曲名に入れたものって、ポップス史上ありますか?
しかもディスコにつなげるという・・・

さあ、次は2010年、年が明けて久々のシングルが出ます。
最初に聞こえてきたのが、「ナチュラルに恋して」。
これは驚きました。
またまた~。いくらなんでも嘘でしょ~。って。
誰かが嘘の情報を流しているのかと思いました。
考えうる限りのダサい曲名とは何か。
そんなお題で答えたかのようなタイトルだと思いました。
日本語を使ってるのって、A面としては「彼氏募集中」以来でしたね。

そして、次に明かされたのが「不自然なガール」。
そう来ましたか・・・もうね、完全に弄ばれてる・・・そう思いました。
ヤスタカ、遊んでるでしょ、と。
でも、「不自然」って他に無くてカッコイイな、とも思いました。
ちょっと陽水的な感性ですかね。

夏になると「VOICE/575」がリリースされましたね。
これは無理なく受け入れられましたね。
とくに「575」なんて記号みたいでカッコイイですね。
和風でもあるし。

そして「ねぇ」です。
「ねぇ」はねぇ。ここ最近ではいちばん好きな曲なんですけどねぇ。
正直、タイトルが個人的にもうひとつでした(;^_^


以上、たいへん好き勝手に、言いたい放題書いてまいりました。
不愉快に思われた方どうもすみません。


でもね。
曲の全貌が明らかになり、
その良さに圧倒され、
音のカッコ良さに驚嘆し、
ダンスが公開され、魅力が倍増し、
やがてライブで披露されて、フェスで盛り上がって・・・

そんな過程を経た、今になってみると、
あの頃感じた「ダサイ」という感覚はどこかに飛んでしまってますね。
むしろタイトルを聞いただけで「カッコイイ!」とさえ思ってしまいます。
「ナチュ恋」「ワンコ」キターーーーーー!!!!! みたいな。
いつもそうです。
いつも。いつも。
やっぱり遊ばれてます。
曲名って、化けるんですね。


さてさて、今度の「レーザービーム」。
果たして半年後には、
この言葉の響きは、
どのように変貌を遂げているのでしょうか?
楽しみです。



あ「次はこの曲です。Perfumeで、レーザービーム!!!」
客「うおおおおおおーーーーーーー!!!!!!!!!」








お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. JOH-T | URL | eT.d39bM

    そうそう

    前から言おうと思ってたんですけど、Perfumeの曲名って気になってたんですよ。
    例えば、いつも中田さんにしてやられるというか、ツンデレタイプの曲名って多いですよね。
    「別に売る気ないから」みたいな曲名付けておいて、聴いてみたらすっごく良かったりする曲って多いような気がします。テキトーなタイトルつけておいて、売れるための仕掛けをしっかり曲に仕込んで作曲してるでしょ、って思います。

    あとカタカナの変なこだわりが見えます。
    「エレクトロ・ワールド」は中点あるのに「コンピューターシティ」はないとか。
    チョコレートじゃなくて「チョコレイト」だったり、
    スィート・ドーナツじゃなくて「スウィートドーナッツ」だったりするところ、とか。

    英語の大文字/小文字の使い分けも気になります。
    SEVENTH HEAVENは全部大文字かと思えば、love the worldは全部小文字だし。

    細かすぎますかね・・・

  2. ロボトリア | URL | -

    > JOH-Tさん

    コメントありがとうございます。

    >ツンデレタイプの曲名って多いですよね。

    やっぱりそう思われます? 彼の座右の銘は「ツンデレ」でしょうか(笑)
    「エレクトロ・ワールド」と「コンピューターシティ」の中黒はボクも気になってました。
    きっと「見た目」な気がしますね。語感とか。
    大文字、小文字もそうですね。曲調によって変えてるのかも・・・
    可愛い曲、切ない曲とか、うーん、ホントはわかりません(;^_^

  3. Perfumer | URL | -

    Perfumeの曲って

    やっぱりタイトルのネーミングが凄いインパクトありますよね。
    もうそれだけで耳がピクッと反応しちゃいそうな。今でこそ全然違和感など皆無ですが、最初聞くとちょっと「!??」ってなるような。
    でもそれでいてそのタイトルを超耳に残る鬼キャッチーなサウンドに仕上げてしまうんですから、中田さん凄いッスね…!

    JOH-Tさんがおっしゃる細かなこだわりが、もうそれ以外だと雰囲気がまた少し違ってきて合わなかったりイメージと異なったりするくらいシビアなレベルでの研磨作業に見えるんですよね。

    それが完璧な計算なのか彼の才能やセンスのなせるrandomなものなのか…どちらにしても天才的なものを感じます。


    LBがライブでどんな立ち位置になるかはまだ予想しかねますけど、
    タイトルコール無しで、イントロと照明(松井さんのレーザー捌き)のみで「うおおおおおおーーーーーー!!!!!!!!!」ってなれるやつ希望です(笑)
    またGAMEのライトセイバー宜しく3人が構えるレーザー銃が定着したり…妄想は止まることを知りませんwww

  4. れぇざぁびぃむ♪

    「曲名ダサイ」www 全曲解説に大爆笑ww    

    マジメに考えたら「チョコディス」は、今だに意味不明ですがw

    (・・モー娘(つんく)以来、 「え?!」 って違和感に慣れてしまい、
    さほど驚かなくなっているアイドル界・・何十年か?遡ると、もっとキョーレツゴイス;な違和感がw)

    ヤスタカのばやい、こしこの感性とかも入ってるかもね? 
    女子にはキュンキュンだったり、わかる~!  ってwトコも、 違和感として解説されていて大爆笑w

  5. RM-2 | URL | -

    Perfumeの曲名って・・

    ・・私も字面的な「見た目」とか、耳にした時の「音の響き」とか・・
    そんな感覚にポイントをおいて考えられているように思ってました。
    音楽家だから特に後者ですかね。 響きがタイトとか、発音の流れがキレイとか。

    でもこちらの深読みし過ぎたったりして。実は最初にスコア右上にとりあえずメモっておいた
    デモ曲につけた「記号」が、最終的に「これでいっかぁ」みたいなのも意外とあったりして・・。

    個人的には「GAME」とか「edge」みたいな"1単語決め"が好きだったりします。
       (でも「ねぇ」はちょとねぇ(笑)・・ロボトリアさんに一票 です) 

  6. パフュ男 | URL | -

    単に

    曲名だけで、楽しませてくれる中田さん、流石ですよね。 ニヤニヤしながら曲名もつけてるんでしょうね。(笑)

  7. ロボトリア | URL | -

    > Perfumerさん

    コメントありがとうございます。

    そうなんです。違和感がいつの間にか消えるんです。
    もうみんな当たり前のように受け入れてますよね。でもよくよく見てみると
    やっぱりへんなタイトルな訳で・・・そんな思いから記事にしてみました。

    >シビアなレベルでの研磨作業に見えるんですよね。

    上手い事言いますね! まさに職人気質も持ち合わせている中田さんにピッタリです!

    >タイトルコール無しで、イントロと照明(松井さんのレーザー捌き)のみで「うおおおおおおーーーーーー!!!!!!!!!」ってなれるやつ希望です(笑)

    最近はこのパターンが多いですよね。「Perfumeで~」っていうのはかつてのインストアイベントなどで
    よく言っていたような気がしますので、その辺のギャップも好きなので使ってみました(^^)

  8. ロボトリア | URL | -

    >彩香(ストイックに「ハニャ禁」発令中)さん

    コメントありがとうございます。

    笑ってもらえて良かったです(^^)
    つんくさんもユニークなタイトルを付けていらっしゃいましたが、
    中田さんの場合は「えっ、あの人がこのタイトルを?!」という意外性が面白いですね。
    最近は馴れましたけど(笑)

    >女子にはキュンキュンだったり、わかる~!  ってwトコも、 違和感として解説されていて大爆笑w

    女子的な感覚は最も苦手な分野です。でもそれなりに楽しんでます('-'*)
    太宰治の小説に「女生徒」っていう作品があるんですけど、
    あれは究極に女子の気持ちを表現した傑作だと思いました(オマエガナゼワカル?)

  9. ロボトリア | URL | -

    > RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    磨きに磨き上げたのか、以外と適当なのか、わからないところも魅力ですね。
    これはPerfume自体のフワフワ感や簡単そうに見える高度なダンスにも通じる魅力
    のような気がしています。

    >個人的には「GAME」とか「edge」みたいな"1単語決め"が好きだったりします。

    そういうカッコイイ系のタイトルがあってこそダサめ系タイトルが際立つんですね。

    > (でも「ねぇ」はちょとねぇ(笑)・・ロボトリアさんに一票 です) 

    同意していただきありがとうございます。曲が素晴らしいだけに少し残念な思いがありました。
    しかし今では「ねぇ」以外考えられなくなってしまいました(笑)

  10. ロボトリア | URL | -

    > パフュ男さん

    コメントありがとうございます。

    >ニヤニヤしながら曲名もつけてるんでしょうね。

    こちらの反応を予測してますね。きっと。
    なんだこのタイトル?→曲微妙→ヤスタカ枯れたな→CD発売後のジャンピング土下座
    この一連の流れを見てニヤニヤしていると思います(笑)

  11. じぶらる | URL | -

    激しく同意!

    ロボトリアさん言っちゃいましたね~。
    私もそう思ってました。

    みなさんも指摘されてますが、私もystkの完璧な計算を感じます。
    ystkはPerfumeの曲にいろんな要素を盛り込んだとしても、
    最終的にはヒットチャートを賑わすJ popに仕上げる
    という明確な方針を持っていると思うんです。

    そのためにフックというか、
    聴いた人に素通りさせないために、
    違和感、引っかかりを持たせるために
    あえて題名をユニークにしてるんじゃないでしょうか?


    というか、私も言っていいですか?
    私、Perfumeというグループ名も最初ダサく感じていました・・・
    Perfumeを知った当初は名前の由来も知らず、
    Perfume(香水)という語のもともとの語感から、
    なんか売れないセクシーグループみたいな名前だなと。。。
    どうせ、事務所のお偉いさんに無理やりつけられたんだろうと。。。

    しかし、今じゃPerfume以外考えられない。
    これは3人が「Perfume」を本当に大事に思い、
    歴史を積み重ねてきたことを私自身実感してきたので、
    Perfumeという語のイメージを、
    完全に「=あ~ちゃん、かしゆか、のっち」に
    塗り替えられたからなんですけど・・・

    あれ、これって私だけですかね?

  12. ロボトリア | URL | -

    > じぶらるさん

    コメントありがとうございます。

    同意ありがとうございます(^^)
    そうですね。中田さんは、好き放題やっているように見えて、与えられた自分の
    役割をよくわかってらっしゃると思います。もうクライアントからの要求に対しての
    答えとしては、最高水準のものをいつも産み出していると感じています。
    題名も戦略の一部として考えているのでしょうね。

    Prefumeという名称に関しては、ボクはあのカッコいいロゴとセットで認識したので
    ダサイというイメージは持ちませんでした。よくぞ英語表記に変えてくれたなと思っています。
    さすがに「ぱふゅ~む」のままでしたら、ファンになってないかもしれません(笑)

    思いが、語のイメージを作っていくというのは全く同感です。

  13. mtst | URL | -

    タイトルって

    いくつか候補をあげるんでしょうかね。

    「不自然なガール」「ナチュラルに恋して」は色んな意味で表と裏の組み合わせでしたよね。
    タイトルも
    「不自然なガール」が日本語+外来語
    「ナチュラルに恋して」が外来語+日本語
    真逆の組み合わせ。
    こういう遊び心が素敵(笑)

  14. ロボトリア | URL | -

    > mtstさん

    コメントありがとうございます。

    それは明らかに確信犯ですね。「自然にLoveして」ではしっくりきませんね(笑)
    「575」が「不機嫌なboy」にならなくて良かったと胸をなでおろしています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/274-a2abce5e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。