--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Perfumeについて その3「ライブに行きたい!」

2010年05月05日 11:24

あ~ちゃん缶
Perfumeとの出会いについての個人的な備忘録。第3回です。

あまり需要がないと思われるこの企画ですが、
何かこれを書いておかないと次へ進めないような気がするのです。
ご容赦ください。

第1回の記事はコチラ。第2回の記事はコチラ

池袋サンシャイン噴水広場の
「ポリリズム」インストア・イベントのパフォーマンスを見て、
Perfumeはホンモノ」という確信を持ったボクは、
ちゃんとしたライブが見たい!という欲求が強くなってきました。
(画像は池袋でCD購入者がもらえた缶バッジ。すでにポリリズム初回版を持っていたので初めての複数買いでした。)

「ポリリズム」初回版のなかに購入者抽選先行受付の用紙が入っていました。

あの伝説の11/9「Perfume ~SEVENTH HEAVEN イイ気分♪~」リキッドルームのライブです。
早速登録し、「初回版購入者限定だからもしかして当たっちゃうかも(*´∇`*)」と、
期待を抱きつつ数週間、当落結果確認のためローソンのLoppiに、予約コードを入力。

「抽選の結果、チケットはご用意できませんでした。」

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

この「抽選の結果、チケットはご用意できませんでした。」という字面をその後何回みたことでしょう。

その後、名古屋、大阪、広島でもライブが決定。「よし、こうなったら名古屋にいっちゃる!!」
人生初の遠征を決意しましたが、結果は惨敗。

そう、もうこの時にはPerfumeのブレイクは始まっており、
ライブハウスのような会場のキャパでは全く収まりきれなかったのです。

失意のなか唯一の楽しみは「Perfume動画めぐり」でした。
過去のライブ映像、武蔵美学園祭、掟ポルシェ3時間など盛りだくさんでしたが、
それらを見るにつけ思うのです。「ああ、もう1年早く気づきたかった…」と。

過去動画でボクのお気に入りは「エレベーター PV」です。
テクノポップとして曲のクオリティの高さにも衝撃をうけました。
ボクのなかでは、クラフトワークの「電卓」とならびます。
このPVは番組の企画として作られた、本人たちのアイデアによるものです。
なのである意味とてもチープですが、それが「エレベーター」の軽やかさとフィットしているのと、
なによりも3人がとてもかわいい!!! なんですかコレ。
この時点でPerfuneはクラフトワークを超えましたw



やがて「感謝! 感激! ポリ荒らし!」ツアーが大好評のうち終了するのを受けて、
2/12渋谷AXにて「Perfume ソックス フィックス マックス」 開催が発表されます。
先行予約、一般発売あらゆる手をつくすもやはり、チケットはとれず(ノ_・。)

11/9リキッドルーム「Perfume ~SEVENTH HEAVEN イイ気分♪~」。
この時の2chのスレの盛り上がりは尋常ではありませんでした。
「天使をみた!」「天使っているんだな…」
それらの書き込みが、まったく誇張でもなんでもないということは、
後の『GAME』初回版特典DVDに収録された「SEVENTH HEAVEN」によって証明されました。

そしてその年の年末、「Perfume まさかのカウントダウン!?~リ〇ッドルームあの夜をもう一度
in Zepp Tokyo~」が電撃的に発表されました。
ぎりぎりまで紅白の発表を待っていたのでしょうね。
しかしこのライブもボクはチケットをとることができませんでした。

もう一生Perfumeのライブを見る事はできないのか……

12月に新曲「Baby cruising Love」発売が発表。インストア・イベントも行うとのこと。
秋葉石丸電器ソフト2、購入予約先着順でイベントチケットがゲットできるという。
その情報を知ったのが少し遅かったので、ダメもとで店員に聞いてみました。

「まだイベントのチケット残ってますか?」

「ああ今ならまだ大丈夫ですよ」

(ヤッタ!!! 半年ぶりにPerfumeに会える!!!!!)
予約申込用紙に記入する手が、かるくふるえました。
さらにその後、渋谷タワーレコード主催のイベント応募ハガキも当選し、
2/23は1日に2度Perfumeのイベントに参戦という幸福を体験することができました。

石丸のイベントでは控え室が近かったので開演直前の「ガンバルゾ!オー!」という
本人達の気合い入れが漏れ聞こえてきました。
Perfumeにとっては、こんな小さなイベントも、横浜アリーナも同じなのでしょうね。
そういうところも好きです。見習いたいです。
Perfumeが超メジャーになった今、これが最後のインストア・イベントとなってしまいました。
行く事ができて本当によかった。たいせつな思い出です。

でも、あ~ちゃんは確か、

「秋葉原は私たちにとって、とても大切な場所。いろんな偏見を持つ人もいるけど、
私たちは誇りに思っている。だからまた必ず帰ってきます!!」

と言ってくれました(ノ_-。)

話が前後しますが、
2/12渋谷AXライブの日、「当日券がでるかもしれない」という噂がながれました。
「よし、ダメ元でいってみよう。グッズが買えるかもしれないし。雰囲気だけでも…」
会社を定時でひきあげ、心臓の高鳴りをおさえつつ現地に向かいました。


当日券あっさり買えました。


「ウソだろ、今日、いまからPerfumeのライブが見れるなんて…」


足がすくみました。

しかし、当日券は当然最後尾の入場となります。
会場に入ると「ここまで詰め込むか」とうくらいの満員。
舞台のPerfumeは人と人の頭のすきまから時折見える程度だったので、
もっぱら設置されていたTVモニターを見ながらの観戦となりました。
それでも初ライブだったのでとても興奮しました。

会場のボルテージが最高潮に達したのは「ポリリズム」でした。
この時初めて「ポリループ」部分のダンスが披露されたのです。

「ウォォォォォォオオオ!!!!!!!!」

その瞬間の耳をつんざく歓声は忘れられません。鳥肌がたちました。
あの部分に振りを付けるのは不可能ではと思われてました。

「凄い!凄い!やっぱりPerfumeは凄いぞ」

誰もが思った瞬間でした。


――次回につづく

追記:続きはコチラ。



ポリリズム
ポリリズム
posted with amazlet at 10.05.05
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2007-09-12)
売り上げランキング: 2510

↑「SEVENTH HEAVEN」だけで買う価値ありです。


にほんブログ村人気ブログランキングFC2 Blog Rankingに登録しています。
ご協力おねがいしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. P120548 | URL | -

    Perfume or not.

    >過去動画でボクのお気に入りは「エレベーター PV」です。
    >テクノポップとして曲のクオリティの高さにも衝撃をうけました。
    >ボクのなかでは、クラフトワークの「電卓」とならびます。
    >このPVは番組の企画として作られた、本人たちのアイデアによるものです。
    >なのである意味とてもチープですが、それが「エレベーター」の軽やかさとフィット>しているのと、
    >なによりも3人がとてもかわいい!!! なんですかコレ。
    >この時点でPerfuneはクラフトワークを超えましたw

    私も”エレベーター”大好きです。
    毒キノコレベルの歌詞も凄いですが、
    曲のクオリティの高さはロボトリア様のおっしゃるとおりだと思います。
    もし、ロボトリア様が任天堂DSをお持ちなら、
    大合奏バンドブラザーズDXは絶対買いです。
    バンブラのサイトから”エレベーター”をダウンロードしてください。
    超絶対はまりまりまりまりま。
    ちなみに、グライダーも良いです(^^;


    実は私も以前はアイドルは馬鹿にしていたので、
    コンプリートベストも買った当初はすっごい後悔しました。
    特に”ビタミンドロップ”のPVを観て、悪い意味で衝撃を受けました。
    はぁ~、なんでこんなしょうもないものを買ってしまったんやろ~。
    げんなり。ということで、当初iTunesでのレートは☆☆でした。
    かろうじて”エレクトロワールド”のおかげで
    コンプリートベストを捨てずに済んだという感じでした。
    しばらくはコンプリートベストは休眠状態でした。
    その後、直角二等辺三角形ツアーのDVDあたりから、
    気になる気になる状態が続き、
    ん?ちょっと、待てよ?
    そういえば、この曲以外といけるぞ、みたいな展開で、
    どんどん好きになる好きになるモードに誘導され、
    あれよあれよという間に、気が付いたらずっぽりPerfume漬けになっていました。
    ちょっとした好奇心で、ほんの少し足湯につかったつもりが、
    気が付いたら、砂風呂に埋まって身動きが取れないような状態です。
    でも、全然後悔していません。
    だってチョー気持ちいいもん。

    ロボトリアさんの中で、
    Perfumeがクラフトワークを超えたように、
    私の中では、
    PerfumeはYMOを超え、ジャンミッシェルジャールを超え、ジョルジオモロダーを超え、マイクオールドフィールドを超え、ヴァンゲリスを超え、スティーりーダンを超え、バッハを超え、モーツァルトを超え、プリンスを超え、中島みゆきを超え、八神純子を超え、渡辺真知子を超え、全てを超えてしまったのです。

    今や、私の中では、音楽は二つに分類されます。

    Perfume or not.

  2. ロボトリア | URL | -

    >P120548さん

    コメントありがとうございます。

    >超絶対はまりまりまりまりま。

    (笑)りまりま~は、中田さんがいかにかしゆかの声の魅力を理解しているかがわかる事例ですね。
    ゲームはほとんどやりませんが、いろんなものがあるんですね。

    >コンプリートベストも買った当初はすっごい後悔しました。

    5曲目の壁ということがよく言われてましたね。
    ボクもここら辺の曲の良さに気が付くのは少し時間がかかりましたよ(^_^)
    ただ、それを乗り越えると未知の世界が待っているという・・・(笑)

    >Perfume or not.

    すごい言葉ですね。J-POP界においてはPerfume以前と以後という見方もできるかもしれないですね。

    ちなみに八神純子さん、渡辺真知子さん大好きです(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/27-7a58e6fe
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。