--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボッチ 私の履歴書 Part3

2011年01月27日 20:47

なぜPerfumeのことを好きと感じるのか。

このシリーズは自らの過去を遡り、
自分がかつて熱中していたものを述べることで、
その訳を探るというものです。

3回目になりますが、まだまだ小学校を卒業できませんww




Chapter5「少年チャンピオン」
少チャン

小学4年から中学2年頃まで購読する。
毎週欠かさず買っていた週刊マンガ誌は「少年チャンピオン」だけ。
70年代後半の「少チャン」の充実ぶりはすごかった。
「少チャン」の、いや、日本の少年マンガの黄金期だった。
『ドカベン』『がきデカ』『ブラック・ジャック』『魔太郎がくる!!』『750ライダー』
『エコエコアザラク』『ゆうひが丘の総理大臣』『月とスッポン』『マカロニほうれん荘』・・・
これらキラ星のごとく輝く名作群が、ほぼ同時期に連載されていたのだ!
毎週木曜が楽しみでしかたなかった。130円の頃から買っていた。

『ブラック・ジャック』は大人になって読んでも十分鑑賞に耐えうる名作中の名作。
手塚先生はやはり漫画の神様。
多くの連載をかかえながら、あのレベルの作品を毎週送り出していたなんて信じられない。
神様という言葉は安易に使いたくないが、手塚先生に関しては異論のある人は少ないと思う。
BJはボクの憧れの大人だった。
クールで、腕は神レベルで、一匹狼で、実は優しくて・・・
憎しみや悔しさを隠さない人間くさい面も好きだった。
ピノコの存在はBJのささくれた心を癒すかけがえのないものだ。

『750ライダー』は当初はハードボイルドタッチだったが、なぜか青春ほのぼのマンガに変貌する。
特に好きな作品ではなかったが、思い出すとなぜかとても甘酸っぱい気持ちになる。
石井いさみ先生の、あの絵柄が当時の「少チャン」を象徴してるように思うからだろうか。

衝撃的だったのは『マカロニほうれん荘』。
初期のギャグの破壊力は革命的だった。
絵もスタイリッシュで登場人物の服装などもおしゃれだった。
クイーンやキッスなど鴨川つばめの洋楽趣味も異彩を放っていた。
友達と一緒に読んで、腹がよじれるほど笑った。
学校でもトシちゃんやきんどーさんのギャグ「チョー! チョー!」とか飛び跳ねて遊んでいた。
ボクは小学生の頃はかなりお調子者の一面も持っていた。
今はシャイなオジサンだが、当時は授業中、となりの子とアホな話をして盛り上がり、
私語が過ぎるということで席を変えさせられる程だった。
変えた先の子とは更に馬が合い、もっとうるさくなった(笑)
人を笑わせるのが大好きだったのだ。

吾妻ひでお先生の『ふたりと5人』という作品も忘れがたい。
ちょっぴりエッチなマンガで親のいるところでは読みづらかった。
今、吾妻先生は自身のサイトで時折、Perfumeのイラストをあげてくれている。
時空を超えたこのつながりは何とも感慨深い。



つづく





「アハハ、マンガは好きでやんす」
のっち1:27
(あ~ちゃんはもっと好きでやんす。エヘ)




お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. runrun1006 | URL | v8QjPvAY

    マカロニ

    ほうれん荘、何故か知っています。トシちゃんときんどーさん、今思えば、新撰組から名前を取ってたんですね。当時は全くわからず「チョー! チョー!」に笑っていました。今はシャイになったのかもしれませんが、今も人を笑わせるのが大好きなのは変わらないですよね^^
    なので今度のキンモー会で「チョー! チョー!」楽しみにしてますヽ(´∇`)ノ

  2. poncho | URL | -

    『マカロニほうれん荘』

    『マカロニほうれん荘』読んでました。きんどうにちようさんでしたね。
    最終回はちょっと寂しかったです。ギャグマンガ家のネタが枯れた感じを
    いまでも何故か覚えてます。船出をして終わりだったような。

    すみません寂しい話しちゃいました。

  3. ロボトリア | URL | -

    > runrun1006さん

    コメントありがとうございます。

    runrun1006さんの年齢ですと、2~3歳の頃ですね。後から読まれたのでしょうか。
    とにかく初期の笑いの疾走感はすごかったです。

    >今度のキンモー会で「チョー! チョー!」楽しみにしてますヽ(´∇`)ノ

    氷結2本でやると思います(笑)

  4. ロボトリア | URL | -

    > ponchoさん

    コメントありがとうございます。

    終盤はもう見てられなかったですね。絵の劣化もひどかった。
    ギャグマンガ家は精神の消耗が激しいといいます。
    マカロニ~は特に初期の爆発力がもの凄かったので反動があったのでしょう。

    ※コメントが二重投稿されていたのでひとつ削除させていただきました。

  5. JOH-T | URL | 41kZVDiM

    毎回ツボ

    を突いてきますね。o(^-^)o
    どの作品も印象に残ってますが、やっぱり『マカロニほうれん荘』の影響は大きかったですね。

    >クイーンやキッスなど鴨川つばめの洋楽趣味も異彩を放っていた。
    私の洋楽の入り口はまさにここからでした。

  6. にっし~ | URL | /wfpEG4s

    全部知ってる~

    アニメじゃなくて 漫画でしたか!

    この時期、まじ リア見してました~w
    750ライダーの豹変ぶりには驚きましたね
    エコエコアザラク 好きだったな~
    死刑!は 学校で流行りましたね。
    PTAで見てはいけないマンガにあげられていたような。。。ww

    しかし 引っ張るなぁ~
    中学編で1週間は持ちそうな気がするでやんす(爆

  7. RM-2 | URL | -

    はまりましたね~~。

    手塚治虫、山上たつひこ、鴨川つばめ・・黄金期の少チャンはマジでオモシロかったです!
    「少チャン」以外では、小林よしのり(東大一直線)、梅図かずお(漂流教室)とか
    面白ければ何でも読みました。 萩尾望都なんていう少女漫画系まで。
    あと、ちょっとヒネてたので、先輩から借りた「ガロ」という漫画誌に掲載されてた
    筒井康隆(あのSF作家の)や、つげ義春の大人っぽい雰囲気の漫画も好きでした。  

    PS:(あ~ちゃんはもっと好きでやんす。)←この気持ちもよーくわかります!  

  8. ロボトリア | URL | -

    > JOH-Tさん

    コメントありがとうございます。

    ツボでしたか(^^) 当時、みんな読んでましたからね~。

    > >クイーンやキッスなど鴨川つばめの洋楽趣味も異彩を放っていた。
    私の洋楽の入り口はまさにここからでした。

    あの時代は今でも語り継がれ、聴き続けられる伝説のアーティストがたくさん活躍してましたね。
    あの漫画でその存在を知った人も多いと思います。

  9. ロボトリア | URL | -

    > にっし~さん

    コメントありがとうございます。

    >死刑!は 学校で流行りましたね。
    PTAで見てはいけないマンガにあげられていたような。。。ww

    がきデカも問題作でしたね~。あんなん今、許されるんでしょうか(笑)
    めっちゃ面白かったけど。

    > しかし 引っ張るなぁ~
    中学編で1週間は持ちそうな気がするでやんす(爆

    この頃は、思い出すと何かと濃い時代でした。次も多分小学生です。

  10. ロボトリア | URL | -

    > RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    やはり読んでましたね。面白かったですね~。思い出しても楽しい気分になります(^^)
    ボクは他の漫画は床屋やラーメン屋や歯医者で読んでましたね。
    漂流教室はチラ見して恐すぎで読みませんでした(笑)
    大人になって読んだら、スゴく面白かったですね。

    > つげ義春の大人っぽい雰囲気の漫画も好きでした。

    あ~~~! 続きを言ってはいけません。後々多分出て来ます(;^_^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/263-d3330c0e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。