--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボッチ 私の履歴書 Part2

2011年01月26日 20:56

なぜPerfumeのことを好きと感じるのか。

自らの過去を遡り、自分が熱中していたものを手掛かりに、
自分というものを明らかにしてゆくこの企画。


昨日、第1弾をあげましたが、まーびっくりですわ(゚o゚)
なぜに皆さん、そんなに共通体験があるんですか?
たいへんですよー。「丸」を読んでいたPerfumeファンが何人もいますよー。
危険ですよー(笑)

個人的な自分語り記事にこれほど反響があると思いませんでした。
Perfumeの事全然触れてないのに、反応してくれるPerfume好きな皆さん・・・

好きです!

という事で、つづきです。




Chapter3「小さな巨人 ミクロマン」
ミクロマン

小学4年頃。
タカラから発売されていた「ミクロマン」という10cm程のSF的な人形にハマる。
最初に買ったのはボビーとブラッキー。
1体450円。カプセルに入っていて極小の冊子が付いている。
詳細なキャラクター設定やストーリー性があり、より夢がふくらむ。
「アクロイヤー」という敵役のキャラクターデザインもイカしていた。
ミクロマン自体、何体も種類がある他、魅力的な乗り物も無数にあるので、
いくらお金があっても足りない。
あこがれの「タワー基地」は誕生日に買ってもらった。2600円。
ミクロマンの秀逸な点はジョイント部分の規格がシリーズ全てに共通しているため、
違う製品同士さまざまな組み合わせが可能で、各自の創意工夫でオリジナルの兵器が完成する。
思い出すと今でもワクワクする。
しかし、高校の頃、大人ぶったボクは親戚の子に全て譲ってしまった。
激しく後悔している。

「エスカルゴ」というお気に入りの乗り物があったが、
これは当時、子ども向け実写TV番組『少年探偵団(BD7)』においてキカイ(ニックネーム)が、
そのまま秘密の小道具として使用していて驚愕した。





Chapter4「愛と誠」
愛と誠(1) (講談社漫画文庫)

『愛と誠』は、梶原一騎原作・ながやす巧作画の漫画。
姉が読んでいた影響でハマる。
ヒロイン早乙女愛を、幼い頃蓼科高原のスキー場で救い、額に大きな傷を負った太賀誠。
やがて高校で再開し、愛は誠に想いを寄せるも、人生を狂わされた誠は反発する。
喧嘩殺法で学園を制圧しようとする太賀誠は、関東一の不良高校・花園実業に転校させられる。
誠を追って花園実業に転入するお嬢様、愛。
愛を慕い、後を追う優等生・岩清水弘
岩清水君の「君のためなら死ねる」というセリフが印象的だった。
木陰でツルゲーネフの『初恋』を読書する美人女子高生は影の大番長・高原由紀。
本の中はくりぬかれ、ナイフが収納されている。投げナイフの名手なのだ。
高原由紀を慕う、巨漢不良学生・座王権太も誠をねらう。

数々の苦難を乗り越え、果たして愛と誠は結ばれるのか・・・

多彩な登場人物と迫力に満ちた劇画の臨場感に圧倒される。
ドロドロとした人生模様や、不条理な愛の形が描かれている。
少し背伸びして大人の世界を垣間見た、小学5年であった。




つづく(笑)





「純愛・・・憧れるなー」
のっち02
(今晩、なに食べよう?)





お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. JOH-T | URL | 41kZVDiM

    ミ・ク・ロ・マ~ン

    ってCMをやってたのを覚えてます。
    私自身は持ってませんでしたが、友達にいっぱい持っているやつがいて、そいつの家にいってよく遊んでいました。なぜかアクロイヤーというのだけは、記憶に残っています。メカのほうは、ん~、あまり覚えていません(^^;

    愛と誠はリアルタイムじゃなくて、ずっと後になってから知りました。(高校生ぐらい)
    全部ちゃんと読んだわけじゃないんですけど、ストーリーは何となく知っているんですよね。やっぱり周囲で読んでるやつとかいましたね。

    それにしてもすごい反響ですね、この企画(^_^)

    このつづきも期待してます(笑)

  2. mtst | URL | -

    覚えてます。

    ミクロマン。
    2回程買ってもらった記憶があります。
    細かい事は覚えてませんが、確かカプセル状のケースに入ってましたよね?
    検索してみたらバリエーションを増やしながら今も売ってるんですね。
    こんなのに今ハマってしまったら大変な事になりそうですね(笑)

  3. ロボトリア | URL | -

    > JOH-Tさん

    コメントありがとうございます。

    そうそう、そのミ・ク・ロ・マ~ンです。
    初期の乗り物を持ってるヤツが羨ましかったですね。
    今で言うと、おまじない☆ペロリのCD持っているのがスゴいみたいな(笑)

    愛と誠は、映画化、ドラマ化もされましたからね。有名ですね。

    反響には驚いてます。でもマニアックな事柄も出てくるかも知れないので細々と続けていきます(笑)

  4. ロボトリア | URL | -

    > mtstさん

    コメントありがとうございます。

    そうそう、capsuleに入っていて、オレンジやグリーンやイエローのボディで、
    ビタミンドロップみたいなやつです(笑)
    今でも続いてるんですか~。昔のは構造が単純で手作り感があって良かったんですよね。
    今のは・・・ワカニャイ!

  5. poncho | URL | -

    ミクロマン対抗としては
    GIジョーとサイボーグ1号です。

    もうちょっと古いです。

  6. ロボトリア | URL | -

    > ponchoさん

    コメントありがとうございます。

    サイボーグ1号はミクロマンの前身のような存在ですね。
    共に闘おうみたいなストーリーもありました。
    GIジョーは古くて逆にちょっとオシャレなアイテムになってると思います。

  7. RM-2 | URL | -

    愛と誠・・全巻買ったかも。

    たしか映画にもなりましたよね。愛と誠。
    これで、男の「正義」と「ロマン」をベンキョーしました みたいな・・。
    でも私の場合、最初のスキー場の場面しか記憶になかったりして。

    ・・で、 分析心理学的見地からすると、多感期に取り込まれた和鳥と戦闘と男気と愛という要素が
    無意識下で結合して、現在の「のっち愛」になったというわけですね。 (←テキトーだし超早合点) 

  8. きなこ | URL | -

    ミクロマンか~知らないな~
    って仕方ないか(^^ゞ
    2600円!憧れですね!そこらへんはとてもとても共感します!
    親戚のこはまだ持っていてくれてるのでしょうか?

    私が小学生のとき男子にはやってたのって・・
    ビックリマンチョコかな~
    私たちはシルバニアファミリーw

    そしてやっぱりのちおさんの「オチ」がたまりません!

    ぜったい思ってます「何食べよう?」って笑
    ヒトノハナシヲキケー笑

  9. ロボトリア | URL | -

    > RM-2さん

    コメントありがとうございます。

    >でも私の場合、最初のスキー場の場面しか記憶になかったりして。

    ボクも実は途中離脱なんです。最初の方が面白かったような気がします。

    >・・で、 分析心理学的見地からすると、多感期に取り込まれた和鳥と戦闘と男気と愛という要素が
    無意識下で結合して、現在の「のっち愛」になったというわけですね。 (←テキトーだし超早合点) 

    そうだったのか~。何となく納得しました(笑)
    その辺を解き明かすのもこの企画の趣旨なので、ありがたいです。
    でも、まだ続く予定なので、これからもお付き合いお願いします(^^)

  10. ロボトリア | URL | -

    > きなこさん

    コメントありがとうございます。

    2600円は大金でしたよ~。でも今の子はゲーム機などで数万円のプレゼントもあるとか・・・
    親も使うからかな? 時代は変わりました~(笑)

    ビックリマンチョコですかー。割と最近っていう感覚です(笑)すっかり大人。

    のっちくんにはこれからも見守ってもらいます(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/262-ec76be0a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。