アジアの片隅で~1989

2011年01月15日 14:45

Perfumeの3人の今年のお正月休みは、
あ~ちゃんとかしゆかはそれぞれ韓国へ。
のっちはお母さんとおばあちゃんと台湾へ。

いいですの~。なんだかんだこれからはアジアの時代ですよ。

個人的に、特に台湾にはちょっと親近感があるんですよね。

以下、Perfumeとは関係のない個人的な思い出話となりますのでご了承ください。
ちょっと長いです。


80年代後半、ボクは某美術系の大学に通っていたのですが、
アジア各国から留学生の人が数名来てたんです。
入学して間もなくその中の、ある台湾の女性の方が気さくに声をかけてきてくれました。
その人を介して、同級生だった今の妻とも一緒に行動するようになったので、ある意味恩人ですね。

その台湾の女性は年上だったんですが、とても開けっぴろげな性格で、
ちょっと変わった人でもありました。
留学生の人は留学するくらいですから、皆とても優秀なんです。
でも、その人は全然優秀じゃなかったです(笑)。
多分、バイタリティがあって熱意が感じられるから面接の受けが良かったのかも…(笑)
不器用な人で、授業の課題もボクが随分と手伝ったりしました。

学校の帰りには、本場の水餃子の作り方を、その人のアパートで教えてもらったり、
学園祭でその水餃子のお店をやったりして、楽しかったな。

最初は明るいので、みんなとすぐ仲良くなるんですが、
何度も同じ質問をしてきたり、結構感情むきだしで、突っかかってくることもあるので、
だんだんみんなウザがるんですね。
最終的には、ボクと今の妻と一緒にいることが多かったです。

卒業記念で3人でディズニーランドに行こうという事になったんですが、
妻が急に行けなくなり、その人と二人っきりで行った思い出があります(笑)
卒業後は台湾の企業に就職したようでしたが、今でも元気にしているかな……



もう一人、台湾の人の思い出。
同じく大学時代、ボクは飲食店でアルバイトをしていまして、
そこに、どういうルートかわかりませんが結構アジアの人もバイトしてたんです。

ボクより5つくらい年上の台湾の男性。
最初の話に出てきた女性は訛りはあるものの、日本語は達者でした。
しかし彼は、ほとんど片言。
それでも初めてのバイトでホール担当だったんですけと、
オーダー取りにいっちゃうんですよ。
すっごいバイタリティだなあと思いましたね。

お店ではボクが先輩でしたので、いろいろ教えてあげなければならないのですが、
なにせ日本語通じないですからね。ボクも台湾語なんてできないです。
そこで英語ですよ。中一レベルの英語でコミュニケーションしてましたね。
あとは、メモ用紙に絵に描いて説明したり。
結構、通じるもんです。

ボクは人見知りでしたので、逆にそんな感じの方が、すぐに打ち解けられましたね。
へんな気遣いや、間合いが必要なかったので。
彼はとってもユーモアがあり、頭も良かったです。
日本語もメキメキ上達して、すぐに普通に会話できるくらいになりました。

彼は美術系の大学に入学するためにやって来たということで、
希望校がまさにボクが通っていた大学でした。
生意気にも色々とアドバイスや作品の講評などもしてましたね。
でも、ホントに受かって欲しかったんです。
彼はとても描写力があったんですけど、美大独特の実技試験の傾向が掴みきれず、
最初の年は落ちてしまいました。
もう30歳くらいでしたので、けっこう落ち込んでましたね。
しかし翌年か、翌々年には確か合格していました。


バイトしていた頃、ある休みの日にみんなで遊びに行こうということで、
彼と彼の奥さん(もう結婚していた)、厨房の洗い場にいた中国人の男性(この人も面白い人)、
そしてボクの今の奥さんの5人で、千葉県のマザー牧場へドライブに行った事があります(笑)

日・中・台。今考えるとなんてシュールなドライブだったんだろうと思います。

その中国の人も結構、お調子者でみんなに可愛がられていました。
この人はいわゆる出稼ぎで、朝10時から夜の10時まで毎日働いていました。
ボクは夜の部だけでしたが、閉店後、みんなでまかないを楽しく食べていた思い出があります。
ワインなんかも飲ませてもらったり。
いろんな言葉が飛び交っていました。
二つで十分ですよ(笑)


中国の人が国へ帰る前に、秋葉原でビデオデッキを買いたいというので、
一緒に付き合った思い出があります。当時、ボクはビデオに凝っていたので。
結局、これというものが決まらないで何も買わず、ラーメン屋で昼飯を食べてお別れしました。

その後はみんな連絡を取り合うこともなく、現在に至っています。
みんな元気にやっているだろうか。
台湾の彼などはもしかしたら出世していそうな気がします。
当時から大物感がありましたから……



とりとめもなく色々書いてきましたが、特にオチはありません。

当時と今では、お互い、国の置かれる立場もたいへん変化してきましたが、
個人レベルでは、何も変わらないのかな、と。
そんな気がしています。

最後まで読んでくれてありがとうございました。









お楽しみいただけましたら、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. runrun1006 | URL | v8QjPvAY

    ロボッチさんも

    奥様とは同級生なんですねぇ。electrocatさんもそうですし、確かPPPHIVEさんとこもそうだったような気が・・・。記事に直接関係の無い話ですみません。私の数少ない海外旅行の行き先のうちの一つが台湾でした。かれこれ10年ちょっと前の話になります。台湾は原付が非常に多かったことと、カラスミが安くて美味かったことが印象にあります。のっちの話を読んで、台湾もオッシャレーな感じになったんだなぁと、しみじみ感慨に耽ってしまいました。たまにはこういう話も楽しいですねヽ(´∇`)ノ

  2. JOHーT | URL | 41kZVDiM

    韓国、台湾

    私も80年代後半、学生をしていました。(韓国語を専門で学んでました)
    台湾からの留学生もいましたのでロボトリアさんと似たような経験をしていると思います。
    その後、外資系企業に就職して中韓印の人々と仕事をしていますので、20年ちょっと、ずっとアジアな人生を送ってきています。海外もほとんどアジアしか行ったことがありません。特に
    韓国、台湾はもう何度も行ってますので親近感のある場所です。
    韓国、台湾にはPerfumeファンがいますし、けっこう受け入れられる土壌があると思います。
    東京ドームでは韓国のPerfumeファンクラブの方々とも会ってお話しすることもできました。
    韓国にはとくにプロモーションとかしていないはずですが、やはりネットで知ったとのことでした。
    MAMAへの出演後、韓国でPerfumeにかんする検索が一時的に増えたのを確認しましたし、これからもPerfumeファンは増えていくんじゃないですかね。韓国では。

    Steppin' into Asia
    当時、タイ語のラップに、575のときと同じぐらいの衝撃を受けたことを思い出しました。

  3. ロボトリア | URL | -

    >runrun1006さん

    コメントありがとうございます。

    猫さんや、PPPHIVEさんは高校の同級生ですよね。ボクは大学に入ってから知り合いましたから、
    あのお二人には負けています(笑)
    そういえば記事に出て来た台湾の彼も、電車を嫌がってバイクでお店まで来てました。
    あちらではそれが普通なのでしょうか。今はまた変わってきているでしょうね。
    このような記事にお付き合いいただき、ありがとうございます(^^)

  4. ロボトリア | URL | -

    > JOHーTさん

    コメントありがとうございます。

    JOHーTさんも国際的に活躍されている方なんですね。当時から韓国語を学んでいらしたなんて、
    時代を先取りしていましたね(^^) ボクも浪人時代に韓国の学生の方とも接する機会がありまして、
    当時はまだ韓国語の響きやハングルを目にする事が日常的になかったので、とても新鮮だった事を
    思い出しました。これからは、アジアの国同士の結びつきが大切な要になってくると思いますので、
    まずは個人レベルで交流を深めていくのが近道かも知れませんね。

    > Steppin' into Asia
    当時、タイ語のラップに、575のときと同じぐらいの衝撃を受けたことを思い出しました。

    実は当ブログに登場するのは2回目です。しかも575の時です!
    http://robotoria.blog14.fc2.com/blog-entry-119.html

  5. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    交流することは意味がありますね

    私も海外駐在時代にアジア、北中南米、ヨーロッパ、中東などいろいろな地域にある国からやってきた人と接することができました。こうした交流は大変いい経験になりますよね。もちろん日本にいてもそういう機会は作れることと思います。

    経済的にいうとインドネシアなども成長していますし、アジアは世界でも非常に重要であることは間違いないですね。台湾は一度しか行ったことがないので、また行ってみたいです。

  6. リニアモーターボーイ | URL | -

    お久しぶりです。
    Perfumeを通して昔のお友達との思い出話とは彼女たちは凄すぎますね。まさにレトロメモリーですね。(笑)
    美術系の学校に通っていらっしゃったんですね。僕も美術には興味がありますので美術館にはよく行きます。美術のセンスは全くありませんが。
    先日のミックのコメントの際、年代の事に触れていらっしゃっいましたね。僕は1968年生まれです。JAPAN解散は中二、YMO散開は中三です。そしてPerfumeデビューは40過ぎです。(笑)

  7. セラミックおじさん | URL | -

    ええ話じゃ。

    そのむかし、今から二十年ほど前にモンゴルへ旅したときのことを思い出しました。
    当時は、社会主義が崩壊したばかりで大変な時期だったのですが、草原の民たちと一緒に過ごした時間は最高でした。共通言語を持たない僕たちは、馬乳酒でコミュニケーションを図りました。
    酔っ払うと何故か気持ちが通じてしまうのですね。
    Perfumeの音楽がそして行動がなぜ、これほどまでにオッサン達を熱狂させるのか…
    今度一緒にお酒なんぞ飲みながら、ロボッチさんと語らいたいものです。

  8. ロボトリア | URL | -

    > ngo900jpさん

    コメントありがとうございます。

    やっぱりngo900jpさんはワールドワイドな人なんですね。
    知的で公平な分析力はそのような経験から蓄積されたものなんでしょうか。

    ボクは海外は92年頃にシンガポールに行ったきりです。あの国も小国ながら活気があり、
    観光に力を入れているところなど、参考にすべき点がたくさんあるように感じました。

  9. ロボトリア | URL | -

    >リニアモーターボーイさん

    コメントありがとうございます。

    のっちが台湾に行ったと聞いて、昔の事を思い出し、書き始めたら止まらなくなってしまいました(笑)

    >僕も美術には興味がありますので美術館にはよく行きます。

    素敵な趣味ですね。ボクは若い頃はよく行きましたが最近は逆に行かなくなってしまいました。
    なんか美術館に行くと緊張するんです(笑) 画集や写真集を見て楽しんでいます。

    やはり同年代でしたね。ボクは65年生まれですので(^^) Perfumeデビューは42の時でした(笑)

  10. ロボトリア | URL | -

    > セラミックおじさんさん

    コメントありがとうございます。

    モンゴルの草原ですか! セラミックおじさんさんらしいスケール感ですね!
    言葉が通じない事で逆に本音の部分で通じ合うって事ありますよね。
    一見おじさんとは縁のないアイドルであるPerfumeからも目に見えないメッセージを
    オッサン達は受け取っているのでしょうか(笑)

  11. チョービギナー | URL | -

    Perfumeデビューは48。代々木に行くの最初コワかった(笑)。

    私は1983年に経済学部を卒業したのですが、(つまりYMO散開≒大学卒業)卒業後、2~3年して
    大学のゼミOB会に行ってみると、その頃から中国、台湾からの留学生の人が毎年1人、2人入室して
    いました。私の現役の頃は学内に外国人の学生は本当にチラホラ、という程度でしたが、
    80年代後半くらいから目に見えて留学生の人が増えていたみたいです。OB会で会った中国、台湾の
    人達はみな人懐っこく、フランクで「いいヤツ」でした。と、言っても実際の年齢は私と一緒か
    少し上の人ばかりでしたが(笑)。そして何より「熱心」。立食のパーティーや2次会でも
    積極的にまだまだ拙い日本語で一生懸命話しかけてきてくれてました。

    そんな学生たちを可愛がったのがウチのゼミの先生でした。「彼等はいい。今の日本人の学生に
    ないものがある」先生自身もかつての留学生ですから、その可愛がり方は羨ましいなあ、と
    我々が感じてしまう程でした。それから数年すると、OB会に行くとその留学生たちがアメリカの
    大学院に行ったり、母国で起業していたり、という報告が入るようになりました。そのうちの
    何人かがOB会にも顔を出してくれるようになり、あの拙い日本語で話しかけてくれた彼が、OBとなり
    会に顔を見せてくれ、「センパイ」、といってビールを注いでくれた時は、何だか面映ゆいカンジでした。
    ロボッチさんのこの記事を読んでいて、ふとそんなことを思い出しました。

  12. ロボトリア | URL | -

    > チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    > 80年代後半くらいから目に見えて留学生の人が増えていたみたいです。

    確かにそんな感じがします。今のアジア諸国の隆盛はその頃日本で学んでいた人たちが
    牽引してる側面もありそうですね。うかうかしているうちに、日本はヤヴァイ事になってきました(汗
    国境を越えてやってくるわけですから、日本の学生にみられる「何となく」入ってくる人は
    いないですからね。みんなモチベーションが違います。

  13. electrocat | URL | Aiam0OL6

    心温まる

    お話をありがとうございます^^
    ロボッチさんのお人柄がうかがえますね。
    言葉が通じないと、誤魔化しがききませんから(笑)

    台湾の方って、日本を近くに感じていただいているようで嬉しいですよね^^
    やはり台湾からデビューというのは正攻法な気がします。

    斥候のっちが行ったからには間違いないですかね^^

  14. ロボトリア | URL | -

    >electrocatさん

    コメントありがとうございます。

    思い出話に付き合っていただきすいません(;^_^

    >言葉が通じないと、誤魔化しがききませんから(笑)

    そうなんですよ。でもその方が当時のボクには心地よかった面もありましたね。

    のっちはさすがですね。動物的勘で、台湾に何かを見出したのでしょうか(多分違う)。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/254-77d4ff8d
この記事へのトラックバック