--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大村憲司さん

2010年11月18日 20:25

12年前の今日、

日本が誇るスーパーギタリスト、大村憲司さんが天国に旅立たれました。

今日は憲司さんの名演奏を聴いてみましょう。これスゴいです。
享年49歳。
もうすぐ追い越しちゃいますね。
全然、職種は違うけど、とてもこんなかっこいい大人になれそうもありません。


憲司さんの奥様、聖子さんFC2でブログをやってらっしゃいます。拍手だけしてきました。
http://magicats7.blog121.fc2.com/blog-entry-147.html


大村憲司さん、大好きでした。

永遠に。


コメント

  1. kazz | URL | -

    そうか、命日なんですね。

    村上秀一が兄のように慕い、亡くなった時はどうしようもなく悲しみに暮れていたという・・・。

    「はっきり言って憲司はクラプトンより上手かったからね」(村上秀一)

    昔、YMOのライブ映像を見て「シンセ主体のバンドでこの人何やってんだろ?」と思っていた私は何も判ってないガキでした。

    大村氏の掌で遊ぶように弾くCharもうれしそう、いい演奏です。

    Kenji, RIP.

  2. ロボトリア | URL | -

    > kazzさん

    コメントありがとうございます。

    ボクもYMO参加時の大村さんは、なんて地味な人なんだろうという印象でした。
    全く持ってガキでしたね。その後の幸宏さんのソロなどで聴かせてくれるギターの音は
    「ああ、この人しか出せないな」と思うようになりました。
    スーザンや石川セリさん、大貫妙子さんなどのプロデュースも素晴らしいものでした。
    もちろんソロアルバムも。

  3. Buchousan(wakasa991) | URL | -

    えー

    体調が悪いことは聞いていましたが。。。。
    残念です。「春がいっぱい」レコード探そう。
    別件ですが
    UTAUのコンサートお先に失礼して行ってきました。
    良かったです。身震いしました。


  4. ロボトリア | URL | -

    > Buchousan(wakasa991)さん

    コメントありがとうございます。

    本当に残念ですね。もう12年経ってしまいました。

    > UTAUのコンサートお先に失礼して行ってきました。
    良かったです。身震いしました。

    おお、今日だったのですね。ボクは来月の回です。
    楽しみです(^^)

  5. 幾度その素晴らしいライブを目にすることが出来たか。

    憲司さんを初めてライブで観たのは80年のYMOの第2回目のワールドツアーの武道館。MAPSとかハンパなかった。
    81年は「春がいっぱい」リリース後のNHK-FM横浜放送局の公開放送を観に行きました。アルバムの曲を
    3曲くらい演奏してくれました。途中放送局のトイレで憲司さんとツレションをするという栄誉に浴する
    オマケも(笑)。
    82年はター坊こと大貫妙子さんの青学祭前夜祭のライブで。当日のバックは「Logic System」でPrm.松武秀樹、
    Sys.清水信之に憲司さん、そしてゲストが何とトノバン! この日の「Logic System」のみのパートが
    ライブCDとして来月リリースされると聞き、感無量になりました。
    84年は矢野顕子さんのオーエスオーエスツアー。YMO散開直後にDr.ユキヒロ、Sys.教授に、憲司さんのギターと
    いう涙が出そうなメンツ。「ラーメンたべたい」「ひとつだけ」もうホントに凄かった。

    その後アッコちゃんと憲司さんは88年位から六本木・ピットインで、3年くらいDr.村上秀一、Ba.高水健司
    という編成で毎年、ライブをやってくれました。レパートリーを含めやりたい放題の自由奔放のライブでした。
    そのバックバンドが流れで、92年位から「大村憲司バンド」として同じくピットインでライブを演ってた
    のも通ったなあ。憲司さんの大好きなクラプトンのカバーをはじめ、ブルースフィーリングビリビリの
    演奏がたまらんかった。ああ、そうそう。アッコちゃんと言えば渋谷のBunkamuraで演った「Super Folk Song」
    の二人きりのライブも忘れられない。ギターとピアノだけとは思えない多彩な演奏。

    不思議と縁のあった憲司さん。今書いた以外にもアレ、また憲司さんいた、というライブを何本観たか。
    だから98年のアッコちゃんのさとがえるコンサートで、不意に一か月前亡くなった盟友・大村憲司に捧げる、
    と演奏してくれた「また会おね」には泣かされた...。とめどなく涙が出た。
    それから2000年くらいに目黒のブルースアレイというライブハウスで近藤房之助が、「これは今は亡き大村
    憲司の形見です」と黒のストラトキャスターをおし抱くようにして演奏しているのを観た時も、泣いた。
    そうかあ。もう12年なんですね。

    共にクラプトンを敬愛するチャーと憲司さん。敬語使いながら一応先輩たててる「けなげなチャー」、
    らしくねー、と思いつつ観させてもらいました。ロボトリアさんのお陰で、改めて「ありがとう、憲司さん」た
    と言えることが出来ました。多謝。

  6. ロボトリア | URL | -

    > チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    いつもながら貴重なエピソードの数々、驚嘆するばかりです。
    チョービギナーさんのこのコメントによって、今回の記事がぐっと深みのあるものとなりました。
    本当にチョービギナーさんのような方に、当ブログに遊びに来ていただけるのは誇りに思いますよ。
    感謝いたします。m(_ _)m

    > 敬語使いながら一応先輩たててる「けなげなチャー」

    最後のこのやりとり、いいでしょ(^^)
    憲司さんの実力や人柄が全て現れているような気がして、胸が熱くなりました。

  7. >ロボトリア様

    こんな私でも夢中になれるものがある。それを思い出させて下さる
    「テクノの庭」は本当にありがたいと思ってます。
    その上、身にあまるお言葉。恐縮です。時折自分でもちょっと調子に乗りすぎ、
    書き過ぎ、と申し訳なく思うのですが、ロボトリアさんのご厚意に甘えさせて
    いただいております。申し訳ない。でもヨロシク、という事で(笑)。

  8. ロボトリア | URL | -

    > チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    そんな風に言っていただけるとボクもとても嬉しいです。
    なにせチョービギナーさんを始め、YMO好きな方は皆さんボクなんかよりも
    知識も経験も豊富なので圧倒されっぱなしなんですよ。
    ただ大好きだったというだけで始めたブログですが、始めた介がありました。
    長文歓迎ですので、これからもいろんなお話し聞かせてください(^^)
    ヨロシクお願いします。

    ああ、憲司さんの記事書いてよかった。
    今日はいい夜です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/199-9a9008c2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。