--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傑作の予感。Perfume「ねぇ」

2010年10月23日 23:19

まだ音の悪い音源ですが、「ねぇ」を繰り返し聴いています。
聴き惜しみはいたしません(笑)

Perfumeの曲は時間の経過とともに印象がどんどん変わっていくので、
まだ掴みきれませんが、これ、かなり好きです。
capsuleの「Love or Lies」のような、エエオウアアオエオオエエイオオという
間奏のぶっ飛び感にも驚きましたが、
もっと意外だったのは、CMで聴いた秋、冬の印象とは違って、
イメージされるのは爽やかな青空、太陽の光だったということでした。

今、いちばん心惹かれているのは、そんなイメージのリフの部分です。
♪眩しくって、目が覚めた日は~のところです。

なんでしょう。この清々しさは!

少し文学的な雰囲気さえ感じさせる清潔感。
メロディも含めて、あまりに純潔な感じなので、
多分、他のアーティストが歌うとウソっぽくなりそうな気さえします。

地に足のついた前向き感。
今のPerfumeのイメージにぴったりな印象ですね。

「ねぇ、今日はどこにいこうかな?」
もう、どこにいっても恐くない。どこにだって行ってやる。
そんな自信と言うか、余裕を感じました。

「Dream Fighter」ほど、切迫していない優しい感じ。
包み込むように暖かいのだけど、心が漲ってくる感じ。

何かひとつ突き抜けましたね。



溢れる陽光の中の切なさ、高揚感。近いものを感じました。




Turning The Pages Of Life THE BEST OF YUKIHIRO TAKAHASHI IN EMI YEARS 1988-1996(SHM-CD)
高橋幸宏
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) (2009-03-11)
売り上げランキング: 60464


ねぇ(初回限定盤)(DVD付)
Perfume
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2010-11-10)
売り上げランキング: 10




「テクノの庭」のランキングは? o(^-^)o
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. runrun1006 | URL | -

    確かに良いですねぇ

    ロボトリアさんのおっしゃる通り、Perfumeの楽曲は時間の経過によって
    印象が変わるので、なかなか初聴(?)で印象を書きづらいのですが、
    私も最初に聴いた時に思ったのはcapsuleの「Love or Lies」みたいだな
    というのと、それを遂にPerufmeの曲にも入れてきたんだ、という攻めの
    姿勢が印象に残りました。

    ♪眩しくって、目が覚めた日は~ というところですが、ここは初めて
    聴いたときに原田知世さんっぽいなぁと思ったんです。ロボトリアさん
    が好きだと書かれている時に、思わず「お~、やっぱり」なんて思って
    しまいました。個人的にもすごく好きな部分です。

  2. ロボトリア | URL | -

    >runrun1006さん

    コメントありがとうございます。

    >♪眩しくって、目が覚めた日は~ というところですが、ここは初めて
    聴いたときに原田知世さんっぽいなぁと思ったんです。

    確かに知世ちゃんが歌ってもしっくりきますね!
    このメロディ、何かに似ていると思っていてずっと考えているんですが、
    そこらへんにヒントがありそうです。ご提言ありがとうございます!
    そして共感いただき嬉しいです。

    地味といえば地味なんですが、ボクがPerfumeに惹かれる要素のひとつに
    知世ちゃんにも通じる、清楚で正しい(変な言い方ですが)雰囲気があるのかもしれません。

  3. electrocat | URL | Aiam0OL6

    ロボッチ脳

    >♪眩しくって、目が覚めた日は~ というところですが、ここは初めて聴いたときに原田知世さんっぽいなぁと思ったんです。

    runrun1006さん!僕も全く同じことを感じました。
    そしてロボトリアさんが頭に浮かんだのも同じです(笑)
    僕たちはロボッチ脳になりつつあるようですね( ̄ー ̄*)v

    >なんでしょう。この清々しさは!
    清々しさ・・・ぴったんこな表現ですね~
    知世ちゃん・・・

    >他のアーティストが歌うとウソっぽくなりそうな気さえします。
    この真っ直ぐな感じ。
    知世ちゃん・・・

    こりゃロボトリアさん、好きなわけだヽ(*´∪`)ノ゛
    あ、僕もですが(笑)

  4. ロボトリア | URL | -

    >electrocatさん

    コメントありがとうございます。

    知世ちゃんファンを自認するロボッチですが、おふたりに指摘されるまで気付きませんでしたorz
    くやしいです!(\益/)

    ドームでもきっと披露されるのでしょうね。プラスマのようなキュートな振り付けかな?
    プラスマに似ているという方も多くいらっしゃいますね。
    バキバキ系も好きですが、こういう系も好きです。
    「ねぇ」はバキバキ要素も入っていて、CDで聴くのが楽しみです!

  5. チョービギナー | URL | -

    おお、MR.YT! 青空だ!!!

    これは全く意表を突かれましたね。多幸感溢れる「ねぇ」に潜む「切ない感じ」を
    読み取れるかどうかですね。

    >溢れる陽光の中の切なさ、高揚感。
    確かに。中田さんとPerfumeの創り出す世界の一つの定番でもある「切ない感じ」、
    ここにも感じることが出来ます。
    でもMR.YTにはオドロキました。「青空」、詩は森雪之丞さんなんだ。名コンビですもんね。
    これこそかつてトノバンが言ってた「空が青いと歌うだけで悲しさを表現出来る」
    ユキヒロさんの真骨頂だなあ。
    ふたつを並べて聴いてみると、私のような世代の人間にはユキヒロの切なさはリアル、
    Perfumeの切なさは見守ってあげたくなる切なさ、ですかね(笑)。

    間奏の「ア●℀×エ〒☆◆±ア<÷→▼テ≧@ネ●℀×エ〒☆◆±テ!」の
    ブッチギリのカッコ良さや、「チョコレイトディスコ」の
    「ディス」「コ」「ディス」「コ」「ディス」「コ」「ディス」「コ」のような
    3人の声を徹底的にコラージュした「ねぇ」「ねぇ」「ねぇ」「ねぇ」のリフレイン、
    どればあ、聴いたか憶えちょらん位じゃき。
    最初に聴いたときより、聴くにしたがってどんどん好きになる曲ですね。「ねぇ」は。

  6. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    明るい日射しや、真っ青な空の方がうんと悲しみが増す。
    中原中也からインスパイアされた「サヨナラ」から続く幸宏さんの叙情的な切ないシリーズ。
    幸宏さんの場合は、ある意味確信犯ですが、
    Perfumeの場合は本人たちが意識していない分、よりイノセントですね。
    聴く側が勝手に切なさを増幅している感があります(笑)
    おじさんたちがPerfumeの音楽に心惹かれるのは、これまでの経験や音楽的履歴から、
    そういったものを感じ取っているからかもしれませんね。

    >3人の声を徹底的にコラージュした「ねぇ」「ねぇ」「ねぇ」「ねぇ」のリフレイン、

    ここまで繰り返されると、しつこいを通り越して気持ちよさが勝ってきますね(^_^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/181-ce9a80eb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。