--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そいつはヘリでやってきた!「ウルトラヴォックス」

2010年04月24日 14:51

角瓶


昨年位からハイボールが流行しているようですね。
ウイスキーのソーダ割り。
ボクも好きです。

流行のきっかけはサントリー角瓶の、小雪さんが出演しているCMでしょうか。
天ぷらをあげて汗を拭く小雪さん、イイですね(^^)


でもサントリー角瓶のCMといったらコレでしょう!
ニュー・ヨーロピアンズ

♪ギャッギャギャ、ギャギャッギャ、
     ギャッギャギャ、ギャギャッギャ


 in a quiet street Washed by the rain
 From a room within the home~♪


ノコギリのようなギターのカッティングが印象的なこの曲とともに、
ファッションデザイナー、世界の三宅一生が
ヘリコプターから身を乗り出している。

1980年このインパクトあるCMは話題となり、
日本でのみシングルカットされ、大ヒットしました。

ウルトラヴォックスは、1975年ロンドンで結成され、ジョン・フォックスを中心に、
ブライアン・イーノをプロデューサーに迎え、パンクとエレクトロニクスを融合させた、
革新的なロックを創ってきました。
3枚目のコニー・プランクがプロデュースした『Systems of Romance』を
細野晴臣が聴いて『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』のベース音を
すべて録音し直したという逸話があります。
しかしその先進性に時代がついてゆかず、ジョン・フォックスは、脱退してしまいます。
そして、1980年新たにミッジ・ユーロが参加した最初のアルバム『ヴィエナ』の中の1曲が、
このCM曲「ニュー・ヨーロピアンズ」です。

ミッジ・ユーロが加入しサウンドは、よりコマーシャルにシフトし、
セールス的にも成功をおさめました。
『ヴィエナ』の中の「ヴィエナ」という曲は、
ニューロマンティックムーヴメントを代表する曲となりました。

ジョン・フォックス派か、ミッジ・ユーロ派か、好みがわかれるところですが、
ボクはミッジ・ユーロ派です。

そして、ボクが『ヴィエナ』よりも好きなのが、その次に発売された
『Rage in Eden』です。
流麗なバイオリンの音色と、つぶしたようなドラムの音がかっこよく、
全体に暗いトーンですが、曲と曲との展開がストーリーを感じさせ、飽きさせません。
ミッジ・ユーロの甘いヴォーカルも好きです。

あまりに良かったのでその頃の友達にテープに録って聴かせたら、
無反応でした(´д`)

ひとの好みはいろいろですね。

ちなみにその友達には高橋幸宏の『音楽殺人』と
シーナ&ザ・ロケッツの『チャンネル・グー』は、

大好評でした(^▽^)/


Vienna
Vienna
posted with amazlet at 10.04.24
Ultravox
EMD Int'l (2008-08-04)
売り上げランキング: 77344


Rage in Eden
Rage in Eden
posted with amazlet at 10.04.24
Ultravox
Chrysalis Records (2008-08-04)
売り上げランキング: 39024



ブログランキング にほんブログ村に登録しています。
ご協力おねがいしますm(_ _)m
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ




コメント

  1. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    New Europeans

    私はそれほどUltravoxに詳しくないのですが、この曲はとても好きでした。いろいろなニュー・ウェーブのミュージシャンに影響を与えたようですが、初期U2のサウンドにも影響を与えているのではないでしょうか。

  2. ロボトリア | URL | -

    Re: New Europeans

    > 初期U2のサウンドにも影響を与えているのではないでしょうか。

    U2は詳しくないのですが、少し調べたら、スティーブ・リリーホワイトやブライアン・イーノ、ダニエル・ラノワ等、重要人物と大きく関わっているのですね。
    Ultravoxは93年に突如「ヴィエナ」がリバイバルヒットをしたり、ここ数年でもリマスター版が出たりして根強いファンの多いバンドですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/15-53f84058
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。