--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国にいちばん近い島

2010年09月05日 10:55

異常な暑さで夏バテ気味の身体と心を、
知世ちゃんの力で回復したいと思います。

原田知世ファンブログ「テクノの庭」へようこそ(笑)

1984年『時をかける少女』『愛情物語』に次ぐ第3弾の主演映画、
『天国にいちばん近い島』が公開されました。

主人公、万里が5才の時にお父さんが話してくれたおとぎ話。

――そこはね、神様のいる天国から、いちばん近い島なんだ……
そうそう天国にいちばん近いから、いつもお日さまがあたっていて、
明るくって、とってもあたたかなんだ、だから、その島の人たちは、
みんなみんな、いつも幸せなんだよ……


16才の万里は急死したお父さんのこの言葉を確かめるために、
たったひとりでニューカレドニアに行くことを決意します。
無口でおとなしい万里は、その島で天国を見つけることができるのでしょうか。


高橋幸宏さんがそのお父さん役で出演しています。
天国幸宏


85年のお正月にひとりでこの映画を見に行きました。
薬師丸ひろ子さんの『Wの悲劇』との2本立て。映画としての評価は『Wの悲劇』の方が遥かに上。
ボクもとても感動し、ラストシーンでは号泣してしまいました。

でも『天国にいちばん近い島』は見終わったあとに、心がとってもほんわかと暖かくなりました。
ニューカレドニアでのロケがメインの美しい映像のなかで繰り広げられる、
冒険とハプニング、心優しい人たちとの出会い・・・
そして知世ちゃんのきらめく存在感!それだけで癒されるのです。



サントラ盤です。レコードは透明です。メガネの知世ちゃんです。
天国にジャケ



歌詞カードです。8ページの、写真と解説を載せた冊子になっています。
歌は「愛してる」「天国にいちばん近い島」「草冠の姫君」の3曲収録。どれも名曲。
天国に歌詞ページ



どうやって入手したかおぼえていない生写真3枚。なにかの特典か。
真ん中の写真が超お気に入り!
知世生写真



主題歌「天国にいちばん近い島」(詩:康珍化 曲:林哲司 編:萩田光雄)
夜のヒットスタジオ出演時の映像です。

なんて素敵なんでしょう(*´∇`*)





天国に砂浜
こころに南国の潮風を……





「天国にいちばん近い島」「草冠の姫君」を収録。その他アイドル時代の代表曲を網羅。
このベストはおすすめ!知世ファンは必携です。
原田知世 2000 ベスト
posted with amazlet at 10.09.05
原田知世 後藤次利 秋元康 澤田直子 谷穂ちろる 大貫妙子 来生えつこ 松任谷由実 康珍化 田口俊 松本隆
ソニーレコード (2000-07-19)
売り上げランキング: 2829



クリックするだけで管理人が大喜びするシステムです。
にほんブログ村 音楽ブログ テクノへ 人気ブログランキングへ 


コメント

  1. チョービギナー | URL | -

    この道がpupaに続いていくんだ。

    この映画を目にするとイヤでも思い出すのが「四月の魚」。ええっ?ユキヒロをスクリーンなんかに
    引っ張り出して大丈夫?とコワイモノ見たさで恐る恐る映画館へ行った記憶が。製作の順番でいくと
    天国にいちばん近い島」と「四月の魚」、どっちの方が先だったのでしょうか。「四月の魚」を
    観てると、赤座美代子、峰岸徹、泉谷しげる、とこの作品に出演した多くの人が顔を出してますし、
    ストーリーにも「南の島」が出てくる。
    私は今まで何となく「四月の魚」を天国にいちばん近い島」のスピンオフ(←その当時はこんな
    表現もなかったですね:笑)作品だったのかな、と思ってました。「四月の魚」では南の島は
    あくまでも回想としてだけ出てくるものでしたが、よく考えてみたらそのエッセンスだったかも
    知れない「天国にいちばん近い島」をまだ観てない、というのは不自然なものですね(笑)。
    何とかこの作品をキチンと観ておきたいものです。そうすれば今ハマってるpupaの
    見え方、聴こえ方にも何かしらの影響が出るのかも。それも楽しみだなあ。

  2. ロボトリア | URL | -

    >チョービギナーさん

    コメントありがとうございます。

    「四月の魚」は公開は1986年ですが、撮影は1984年ということで「天国にいちばん近い島」と
    ちょうどかぶりますね。幸宏さんを友情出演としている所をみると「四月の魚」の方が先だったのかも
    しれませんが、ちょっとわからないです(;^_^

    pupaは本当に奇跡的なバンドで、この頃、知世ちゃんが後にアーティストとして地位を確立し、
    高橋幸宏とバンドを組むようになるなんて、誰が想像できたしょう!
    どちらの大ファンであったボクは、言葉にできないほど感慨深いものがあります。

  3. electrocat | URL | Aiam0OL6

    ディープですねぇ(笑)

    僕は武道館にこそ行きましたが、この映画は観ませんでした。
    「時かけ」で完全に魂を持っていかれたのですが、その後角川映画に少々商業的な香りを感じまして・・・でも!
    この記事を読んだら観ておけばよかった~と(T_T)
    知世ちゃん、やっぱかわいいですね (*´∪`*)
    というか、今も変りませんが^^

  4. ロボトリア | URL | -

    >electrocatさん

    コメントありがとうございます。

    この映画の一般的な評価は、正直よくわかりませんが、ボクにとっては大切な映画です。
    この頃自分は浪人中でして、日々閉塞感を感じながら生きていた時の心のオアシスだったんです。
    ですからいっそう心に響いたのかも知れません。
    だって知世ちゃん、本当に好きすぎて胸が苦しかったんです(´⊆`*)ゞテヘ

  5. ngo900jp | URL | Zzi9DAjw

    清涼感

    知世ちゃんのもつ最大の魅力は清涼感にあるように思います。ルックスといい、声といい。

    夏にはピッタリですね。暑い午後に飲むアイス・オーレみたいです(AGFノCMノコトイッテルダケダロ)。でももちろん冬にスキーにも連れて行きたいですよね!

  6. ロボトリア | URL | -

    >ngo900jpさん

    コメントありがとうございます。

    >知世ちゃんのもつ最大の魅力は清涼感にあるように思います。

    その通りでございます。清涼感と透明感、このサントラのレコード盤のように。
    邪悪な気持ちやドロドロとした心の澱のようなものを、吹き飛ばしてくれるような気がします。

    >冬にスキーにも連れて行きたいですよね!

    はい。今でしたら彼女として水着に着替えていただきとうございます(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://robotoria.blog14.fc2.com/tb.php/136-1b56306b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。